マルチバトルについて | マルチバトル一覧


このページでは常設の「HIGH LEVELマルチバトル」全般について
「○○をしたいけど、何のマルチバトルに挑めばいいの?」「どれぐらい強くなればこのマルチに参加していいのか?」という疑問や
マルチバトルに参加してできることをマルチバトル別に説明しています。自分自身のしたいことに応じて、参考にして下さい。

各ボスごとのステータス及び細かい攻略法は各攻略ページを参照。

※ 参加の目安はこのwiki内のマルチ救援掲示板におけるものであり、他のサイトの基準と異なる場合があります。他所ではそちらの目安に従ってください。




HIGH LEVELマルチバトル 参加の目安・目的別TIPS Edit

「HIGH LEVELマルチバトル」は、その名のとおり高難易度のマルチバトル。ランクが101になると初めて挑戦可能となる。

敵には強力なバフ付与・参戦者の通過のたびにデバフ消去が行われるなど、対策必須の行動や他プレイヤーにも影響のある行動があるため、
stamp19.png
などのスタンプやチャットを使ってコミュニケーションを取ることが重要になります。

また、多くのHIGH LEVELマルチバトルは、エリクシール使用不可。(一部のHIGH LEVELマルチバトルでは所属騎空団員が自発した場合のみ1つ使用可能)
「最悪、復活すればいいや」「ワンパンでいいや」という軽い気持ちで挑んではいけません。
1人脱落すると他の参戦者にかかる負担の増加が大変大きく、討伐失敗の可能性が高くなります。
「討伐完了するまで戦闘不能にならずダメージを与え続けられる」ことが参加の最低条件といっていいでしょう。

[Step.1]参戦可能Rankから挑戦しても問題ないバトル Edit

マグナHL<マグナ武器を★4上限解放したい> Edit

ティアマト・マグナコロッサス・マグナリヴァイアサン・マグナユグドラシル・マグナシュヴァリエ・マグナセレスト・マグナ の6つ。

  • 参戦可能人数:30人
  • 参戦条件:Rank101以上
    ランク101未満のプレイヤーは救援一覧に表示されない。

■自発
1日2回制限。AP50と「マグナ素材」3個を消費(自発するボスに対応した素材。同じ属性の通常マグナからドロップ報酬として入手可能。)
マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★1枠をタッチして選択する
「邂逅、黒銀の翼」(プロトバハムート戦)を自発してクリア済みであること

■手に入るもの

  • 「○星の輝き」を確定で1個ドロップ。(★3にしたマグナシリーズ武器を★4に上限解放するための素材)。
  • マグナシリーズ武器・召喚石を稀にドロップ。
  • 「○のクリスタル」を稀にドロップ。(下記マグナIIHLの自発用素材)
  • 「栄誉の輝き」

参加枠が30人と多く、特定のジョブの組み合わせ必須の敵はいません。
ただし、現状、「輝き」「クリスタル」の獲得が主目的となり、上級者はソロ討伐できるのでなかなか参戦者が来てくれない場合もあります。
より上位のHLマルチバトルよりも討伐時間が長引くことがあるので注意。

■参加最低条件

  • 装備・編成
    NORMALマルチのほうの「マグナ」をソロ討伐できる程度の実力があれば十分戦えます。
    基本的に時間のかかるバトルなのでワンパン放置は非推奨。
  • 「栄誉の輝き」「青箱」(武器やクリスタルを入手できる宝箱)の入手機会であり、これらは獲得した貢献度に応じて入手しやすくなるので、真面目に戦うほうが稼ぎやすいです。
    ひとつの目安として
    「栄誉の輝き」を上限の20(自発者は40)獲得できる貢献度は「12.5~13万」。
    「青箱」をほぼ確実に入手できる貢献度は「90万」です。青箱の入手可能性を上げたければ貢献度を多く稼ぐ必要があります。
  • とりあえず討伐したい場合
    10人くらいの参戦者が各自貢献度13万を稼ぐつもりで戦えば、余裕で倒せます。
    攻略情報を必ず確認しましょう。
  • 特殊行動発生のタイミング等で他人に迷惑となる可能性があるため、HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マグナHLを読んでおきましょう。
    特にリヴァイアサン・マグナHLシュヴァリエ・マグナHLは全体に影響を与える特殊行動を持ちます。
  • 2017/09/22に参戦枠人数は最大30人に緩和されました
  • 2018/03/10にドロップ報酬に「青箱」が追加されました。

■上級者目線

人数は多いが基本的にバトル時間が長いので、デバフをきっちり入れて、最後までダメージを与えてくれればそれで良い。ワンパンはNG。
誰かがディスペルを持っていると討伐速度が上がるバトルもある(火力全振りの上級者はディスペルを持っていかないことも多い)。
※最近は個別にかかる強化効果があり、その場合はディスペルはかけた本人のみに効果を発揮し、他の参戦者の役にはたたないので攻略を確認してください。

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
10戦位まで。15戦以上になると人は集まりにくくなる。
「○星の輝き」を一気に稼ぐことを目論んだ30連戦はプレイヤーが来ない、来ても待っている間に退室する(30人集まるまで待つ時間が無駄になり、人数が多くなる分見返りが期待できなくなる)、
仮に集まったとしても上級者が瞬殺して他の旨味がなくなるためおススメしない。

旧召喚石HL <プシュケーが欲しい> Edit

ナタクフラム=グラスマキュラ・マリウスメドゥーサアポロンDエンジェル・オリヴィエの6つのマルチバトル。
初の6人制HLとして実装されたことから、しばらくの間は通称で「6人HL」と呼ばれていたが、2018年12月18日のアップデートにて18人制に変更された。

  • 参戦可能人数:6人→18人に変更された
  • 参戦条件:Rank101以上

■自発

  • 1日1回制限。AP50と「真なる○のアニマ」1個を消費。マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★2枠をタッチして選択する
  • 対応属性のマグナHLを自発してクリア済みであること
    例:ナタクHL(風属性)ならティアマト・マグナ[HIGH LEVEL](風属性)

■手に入るもの

  • 対応属性の「プシュケー」「アニマ」が必ずドロップ。
  • NORMALマルチバトルの同名ボスと同じプライマルシリーズ/オールドプライマルシリーズやマグナアニマ、その他素材目当てで参加することが多い。
  • 報酬入手方法として、通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。

防御係数(防御力)が通常の敵と比較して約2倍あるため、与ダメージが普段の半分程度になる。
難易度に見合うように報酬は通常マルチよりも豪華になっている。

■参加最低条件

  • 装備・編成
    対応した有利属性の★2〜★3のマグナ編成(スキルレベルは全て10)。は整えておきたい。
    初めて参加する場合は、攻略に必要なカット、マウント、クリアなどの要素を持つSSRキャラクターを揃えて挑もう。

    かつては6人しかいないため、ワンパン放置は失敗に直結しましたが、現在は参戦人数が18人に増えたため少しは余裕ができました。
    ワンパン放置はしないということだけを心がければ、あとは気軽に参戦していいだろう。
    高ランクの慣れている人が多ければ高速討伐もあるが、全員が最低限の装備だと、キャラ編成と敵次第では後半の攻撃が激しくなるあたりで失敗する可能性が高い。
    攻略の詳細はHIGH LEVELマルチバトル攻略法/旧召喚石マルチバトルHLは必読。

それでも最低限の戦う気がある人を集めるため、マルチルームを使って募集されることも多いです。
自発時は、自分が低RankだろうとRank指定を高めにしておいた方が上級者としては有り難かったりします。
(寄生根性丸出しと蔑まれる可能性もあります)

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
10戦程度。
18戦の募集を掛けても待つ時間が掛かり、また上級者が集まりやすいため瞬殺され旨味がなくなるため人が集まりにくい。

 

マグナII HL<マグナII武器が欲しい> Edit

シヴァエウロペブローディアグリームニルメタトロンアバター の6つ。
ボスの名称に「マグナ」とはつかないが、マグナと同様に「方陣」スキルの武器をドロップするため、
公式のアナウンスでも「マグナII」「これまでとは別の新しいマグナシリーズ」として紹介されている。

  • 参戦可能人数:30人
  • 参戦条件:Rank120以上
    ランク120未満のプレイヤーは救援一覧に表示されない。

■自発
1日2回制限。AP90と「○のクリスタル」1個を消費(○は自発するボスに対応した属性)。クリスタルは同じ属性のマグナHLからドロップ報酬として入手可能。
マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★3枠をタッチして選択する

■手に入るもの

  • 武器「レガリアシリーズ」(マグナII武器)を稀にドロップ(赤箱・青箱のみ)
  • 召喚石「マグナシリーズ」を★4に、武器「マグナシリーズ」を★5に上限解放するための必要素材をドロップ

攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マグナIIHL」を参照。

■参加最低条件
こちらも参戦枠が30人と多いので、参戦自体は気楽に行って構わない。
ただし報酬が赤箱・青箱偏重になっており、自発者になるか貢献度をたくさん稼がないと武器のドロップは望めない。
高順位・高貢献度が条件の赤箱・青箱をいかにして入手できるかが重要なため、強い人にとっては美味く弱い人にとっては不味いマルチ。
重要なドロップは全て確定出現する箱に入っているため、トレハンは役に立たない
金箱からは旧マルチの武器と低確率抽選のアニマくらいしかめぼしいものがドロップしない。

上記理由から、赤箱・青箱を上位プレイヤーに献上してくれる弱いプレイヤーは大歓迎されるので参加条件というものは存在しない。
MVP争いをし合う強者同士がお互いを排除し合うようなスラム街になっていたりする。(→キック待ち)
共闘マルチルームでよく見る「ランク○○以下募集」が全てを体現している。
(「俺より強い奴は入ってくるな」、「MVPを全部俺に寄越せ」の意味)

■上級者目線

赤箱・青箱くれ

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
6〜15戦位。
人数が多すぎてもMVPが取れなくなるので少数精鋭が望ましい。16人以上だと旨味がないのでメンバーが集まらない危険性が高い。

黄龍・黒麒麟HL <黄龍・黒麒麟武器を★5上限解放したい> Edit

NORMALマルチバトルで戦った「黄龍」「黒麒麟」を同時に相手取るマルチバトル。

自発

  • 1日1回制限。AP90と四象金印×2個を消費。
    四象金印はイベント「四象降臨」で入手できる「印符」を四属性1組揃えて交換して入手する(イベント外では入手できない)。
  • マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★3枠をタッチして選択する

手に入るもの

  • 黄龍・黒麒麟武器の上限解放素材をドロップ
  • 黄龍召喚石・黒麒麟召喚石を稀にドロップ
  • ヒヒイロカネを極極稀にドロップ(自発赤箱のみ)

■参戦条件
こちらも参戦枠が30人と多いので、参戦自体は気楽に行って構わない。
黄龍と黒麒麟を同時に相手取ることとなり、攻撃も苛烈なため、必ず攻略法を読んでから参加すること。
攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/黄龍・黒麒麟HL」を参照。

自発条件がイベント限定アイテムであり入手しづらいことから、野良に流れてくることは滅多にない(連戦ルームか騎空団内で倒すケースが多い)
また、「四象降臨」イベント中・イベント直後に自発や連戦ルームの数が増えやすい。

■上級者目線
黄龍・黒麒麟の召喚石やアニマ(マグナアニマ)が欲しい。
さらにそれも集め終わった上級者はヒヒイロカネが欲しい…に変化する。
ただし自発条件が自分も参加者も同等に厳しい(四象金印2個)ので、これらの条件を満たすルーム以外では立てないでほしい。

  • 討伐可能な面子が集まる時間帯である
  • 自発者に充分面子が集まるまで、そして討伐できるまでの時間がある事(解散ダメ、絶対)
    • 参加者も連戦に最後まで参加できる時間がある事が望ましい(それが果たせない場合ルームから追放される事も珍しくない)

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
30戦。
自発トリガーがあまりに重いので少ない連戦回数だと旨味が少なく、討伐もし辛くなるため。

[Step.2]参戦Rankで挑んでも問題ないが、ある程度装備を整えて行動予習することが望ましい Edit

ローズクイーンHL <ローズクリスタル武器・ローズクリスタルが欲しい> Edit

上記の旧召喚石HLと同時に登場した6人制HLマルチバトル。
マルチバトルリストでは旧召喚石HLと一緒の★2枠になっているが、自発素材や報酬等異なることも多い。

  • 参戦可能人数:6人
  • 参戦条件:Rank101以上

■自発

  • 1日1回制限。AP90と「虹星晶」10個を消費。
    マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★2枠をタッチして選択する
    メインクエストを第50章まで進めること

■手に入るもの

  • 「ローズクリスタルの欠片」「ローズクリスタル」をドロップ、ディールで入手可能。(武器ローズシリーズや各ジョブの証に交換できる)
  • ジョブ専用武器のレプリカを入手可能。
  • 「銀天の輝き」を稀にドロップする。
  • 報酬入手方法として、通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。

■全体的な特徴
防御係数が通常の敵と比較して約2倍あるため、与ダメージが普段の半分程度になる。
難度に見合うように報酬は通常マルチよりも豪華になっている。

現在では比較的倒しやすい敵という位置づけで、6人HLの入門に最適である。
チームの一員として戦う責任感や、他プレイヤーの動きを意識しての行動連携などを、ここで練習しよう。
(しっかりした連携が必須なほど難しくはない)
参加人数が6人と少なく、ワンパン放置すると他の参戦者にはっきりわかってしまい恨みを買うことになるので、絶対にワンパン放置だけはしないように。
2018/12/18にエリクシールの使用制限が撤廃された。

■参加最低条件
HIGH LEVELマルチバトル攻略法/ローズクイーンHLを必読。
よく分からなければ火のマグナ編成。武器のスキルレベルの平均7以上。
ソーン入りの光麻痺パは慣れている人用。
Class.IVを早く取りたい気持ちは分かるが、少なくとも立ち回りは完璧に予習しておきたい。

■上級者目線
最低でも全武器のスキルレベルを上げてから入ってきてほしい
火力を出せないなら下手に火力職を使わずにしっかりとデバフを入れてほしい(その方が早く終わるため)

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
6戦。
というか6人限定かつ1日1回制限、かつトリガーが天星器やアーカルム召喚石など様々な用途に使う虹星晶10個なのでなるべく無駄なく回数を重ねたい。

エピックHL(高級鞄HL) <召喚石の★4上限解放をしたい・エピックウェポンが欲しい> Edit

プロメテウスカー・オンギルガメッシュバイヴカハヘクトルアヌビス の6つのマルチバトル。
2019年8月6日のアップデートにて、6人制から18人制へ変更されたマルチバトル群。
SR召喚石「カーバンクル」(通称:鞄)と類似の召喚効果を持つSSR召喚石「エピックシリーズ」の星晶獣とのバトルであることから通称「高級鞄HL」と呼ばれることが多い。
※由来は「SSRのカーバンクル召喚石」→「高級カーバンクル」→「高級鞄」という流れ。

  • 参戦可能人数:18人
  • 参戦条件:Rank101以上

■自発

  • 1日1回制限。AP80と「真なる○のアニマ」1個を消費。マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★4枠をタッチして選択する。
    対応属性の旧召喚石マルチ[HIGH LEVEL]を自発してクリア済みであること
    (例:プロメテウスHL(火属性)ならフラム=グラスHL(火属性))

■手に入るもの

  • 対応する星晶獣のアニマ(召喚石・武器の最終上限解放に必要)が1つ以上ドロップ。
  • 武器「エピックウェポン」が稀にドロップ。

■全体的な特徴
このシリーズは全体を通して特徴が2つある。
1つめは、防御力が低く(マグナボスと同程度?)、体力の割には比較的柔らかい。
2つめは、真の力解放で弱体耐性が跳ね上がる傾向にあり、デバフ全般、特に累積耐性の影響も強く受ける麻痺や魅了の2回目以降はミスしやすい。
総じて厄介な行動が多く、プレイヤー同士の緻密な連携が要求される。

十分な連携を取ることができれば、防御力の低さや麻痺が入る関係で全く歯が立たないことは無いだろう。
特に最終上限解放済みの十天衆ソーンによる麻痺+延長効果を活用することで難易度が激変する。

■参加最低条件
旧召喚石HLと同じように挑むことになるが、難易度は段違いに高い。
18人マルチへの変更に伴って一人がミスると全員に重い被害が及ぶギミック(俗に言う「大縄跳び」)は廃され、ミスした当人だけが被害を被るようになった。
そのため参戦のハードルは大幅に下がったが、敵の攻撃はかなり激しく、事前に予習が必要なギミックも多い。
他人任せにせず、しっかりとした準備の上で挑むことが必要。
攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/エピックHL」のページ参照。

■マルチバトルルームでの連戦回数目安

 

マリスHL<アーカーシャHLを自発したい・マリス武器を入手したい> Edit

2019年1月に実装された6人HL。マグナHLよりも魔晶によってさらに強化された星晶獣が相手。
現在のところ、「ティアマト・マリス」と「リヴァイアサン・マリス」の2種があるが、
メインクエスト140章クリアで挑戦可能になる「フロネシス」もマリスと同じ並びで扱われることが多い。
難度としてはローズクイーンHLとアルバハHLの中間に位置づけられる。

  • 参戦可能人数:6人
  • Rank120以上

■自発
1日1回制限。マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★5枠をタッチして選択する

  • ティアマト・マリス:AP80と緑星の輝き×5または黒星の輝き×5を消費、旧召喚石HLの「ナタクHL」を自発してクリア済みであること
  • リヴァイアサン・マリス:AP80と青星の輝き×5または赤星の輝き×5を消費、旧召喚石HLの「マキュラ・マリウスHL」を自発してクリア済みであること
  • フロネシス:AP80と橙星の輝き×5または青星の輝き×5を消費、メインクエスト140章をクリア済みであること

■手に入るもの

■初参加目安
攻撃は苛烈であり、初参加前に予習必須。
参加人数が6人と少なく、ワンパン放置すると他の参戦者にはっきりわかる。
攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マリスHL」を参照。

稀に上級者がフルオート流ししている場合もあるので、それにあたったときはありがたく入らせてもらおう。

■マルチバトルルームでの連戦回数目安

 

ダーク・ラプチャーHL(ルシファーHL) <終末の神器を入手したい> Edit

  • 参戦可能人数:18人
  • Rank120以上
  • 自発;1日1回制限。AP80とミカエルのアニマ ×1、ガブリエルのアニマ ×1、ウリエルのアニマ ×1、ラファエルのアニマ ×1を消費
    マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★5枠をタッチして選択する
    「神撃、究極の竜」(アルティメットバハムートNORMAL)を自発してクリア済みであること
 

リンドヴルムHL<ドラゴニックウェポンを入手したい> Edit

  • 参戦可能人数:18人
  • 参戦条件:Rank120以上

■自発

  • 1日2回制限。AP90とジェネシス・フラグメント3個を消費。
    マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★5枠をタッチして選択する。
  • グロース島にあるフリークエスト「神龍の眼」をクリアする。

■手に入るもの

  • 「真龍の金鱗」「祖なる欠片」(ドラゴニックウェポンの入手・強化他に必要となるトレジャー)
  • 「○星の輝き」も6種からランダムにドロップする

バトルシステムVer.2が適用された初のマルチバトル。ガードシステムや予兆などの新たな仕様に触って慣れよう。
特殊行動・特殊技の前にどんな技がくるのかわかるので、それを見て進めることができるが、攻撃は苛烈なのである程度の準備も必要。
「ガード」はダメージカットなどが間に合わない時やカットとの併用など使っていきたい。

 

[Step.3]参戦可能Rank云々よりも、ある程度装備を整えて行動予習をすることが必須 Edit

邂逅、黒銀の翼HL(プロトバハムートHL)<バハムートウェポンをフツルス化したい> Edit

  • 参戦可能人数:18人

■自発

  • 1日1回制限。AP90と「バハムートの角」1個を消費。マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する
    「邂逅、黒銀の翼」(プロトバハムート戦)を自発してクリア済みであること
  • エリクシール使用1回まで可(自発者及び自発者と同じ騎空団に所属している参加者のみ)

18人参戦可能だが、かなりの強敵。
攻撃力・HPともに強く、知っていないと全滅必至の特殊行動も複数ある。
参戦者の中に、未熟な者や舐めてかかっている者が多数いると、討伐失敗になりやすい。
高難易度マルチバトル特有の連携を熟知していることが前提となる。事前にローズクイーンHLで経験を積み、精通しておくように。

18人用だが、6人用HLの上位に位置するマルチ。救援ならばランク101以上であれば参加はできる・・・が、
Rank101に上がりたてでは全く戦力にならない高難度。
終盤は常時ダメージカットをしないと瞬殺されるほどの理不尽な火力を持つため、武器はもちろんダメージカット用の召喚石も準備する必要がある。
通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。

■手に入るもの

  • 「バハムートの紫電角」をドロップ。(バハムートウェポンのフツルス化に必要)
  • 「バハムートの角」「バハムート武器」をドロップ
  • 「ヒヒイロカネ」も稀にドロップ(赤箱のみ)

■闇鍋参加の最低条件

「放置しない」「最後まで戦えるカット手段がある」「最低限の装備を整える」だけを指定している →18人プロバハHL募集板/救援ID募集の闇鍋
条件は緩いがプロトバハムートHLは自発者がおいしいため、人がそれほど入ってこないので注意。
最低限の装備:光マグナ3凸編成+メイン用武器(四天刃・真等)+3凸闇鞄+アテナorかばう(ホリセ)。シュヴァリエソード・マグナは武勲で確実に手に入る1本で良いが4凸必須。

■初参加者複数で討伐する場合の目安
光属性の★3マグナ編成完成〜★4への移行段階以上が目安。
戦力として貢献したいのであれば光マグナ★4完成を強く推奨します。

全参加者がこの程度の装備の場合は、約30分かけて討伐可能。その段階のメンバーで討伐するのであれば、参戦者全員が意思疎通をしながら自分の役割を実行する必要があります。
攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/プロトバハムートHL」のページ参照。

初挑戦の人にはスパルタ枠が推奨されています。
「ファランクスつかいます」(チャット定型文)→stamp19.png(スタンプ)
で、他人とファランクスがカブらないように配慮します。予め6人HLで慣れておきましょう。
25%以下で動くためには闇鞄(光サルナーンで1枚代用可能)2つとアテナ(水着レ・フィーエで代用可能)1つの合計3つ程度あると望ましい。

Rankとしては120〜130辺りを最低戦力ととらえている場合が多く、マルチルームではそれくらいのランク以上の制限が多いです。
(立ち回りさえ分かればよいという心が広いプレイヤーは闇鍋に多く、それ以外には少ない)
「最後まで戦えるカット手段がある」「とにかく死なない」のは当然として立ち回りを理解して「特に危険がないときはしっかり火力を出す」ことが重要です。

■マルチバトルルーム募集での目安

  • 「麻痺延長」「喪失」「フレア」などと書かれている場合
    自発者がそれらの弱体効果を一手に担い、HP50%以下でそれら強力な弱体効果+弱体効果延長を使用し敵を動けなくして、その間に一気に削り切るという戦法で討伐します。
    募集されるのは、短時間(弱体効果が効いている間)に討伐できるだけの戦力を備えた攻撃力特化のジョブです。
  • 「フルオート」「放置」などと書かれている場合
    ソロ討伐可能な上級者が、フルオート放置している部屋です。
    基本的に一人で討伐可能なので、戦力関係なく入って構いません。参戦者がだれか入ってきてくれると討伐時間が早まるので喜ばれます。

※自発素材のバハ角の価値の低さに対して、赤箱からのヒヒイロカネドロップ率がが約1%と高いため自発者の供給過多になりがち
 自発者側で麻痺延長を用意しておかないと参加者を集めるのに30分以上かかることもままある

■上級者目線
上級者になり討伐を何回も行うとバハムートの紫電角は有り余っているため、参戦の目標が変わります。

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
上級者の戦力が上がったこともあり、連戦でなく単独で行われることが増えた。
皆がきちんと殴れば1戦なのですぐ終わります。立ち回りは必ず予習すること。

 

崩天、虚空の兆(アーカーシャHL) <虚空武器を作成したい> Edit

  • Rank150以上

■自発

  • 1日1回制限。AP90とマリス・フラグメント×3を消費、共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する
    「邂逅、黒銀の翼HL(プロトバハムートHL)」を自発してクリア済みであること

2018年12月に実装された、アルバハHLと双璧をなす「Lv200」マルチバトル。
ただし18人参戦可能なので、参戦メンバーにもよるがアルバハHLより難易度は下とされる。
攻略の詳細は「HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アーカーシャHL」を参照。

 

四大天司HL<セラフィックウェポン、神石を★4上限解放したい> Edit

ウリエルラファエルガブリエルミカエル
四属性の天司が入れ替わりで相手をつとめるマルチバトル。複数の属性への対応が求められる。
Lv200表記の強敵でありながらエリクシールの使用制限がないので、ガブ飲みして貢献度上位を目指す人もいる。

火水土風の4属性で戦う事が求められ、長期戦必須となるため各プレイヤー間の連携が求められる。

  • 参戦可能人数:18人
  • 参加条件:Rank120以上

■自発

  • 1日1回制限。 AP90と4属性の「〇の羽根」を1個ずつ消費。羽根はエクストラ→素材クエストにある「四大天司の試練」で入手可能。
    マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する。
  • メインクエストを第100章まで進め、且つサイドストーリーの「失楽園」をクリアしている。

■上級者目線

連戦に挑むための準備はきちんと行った上で参戦してほしい。
スパルタや「全属性ダメージカット」持ちは連れてくるだけ無駄なので、セージなどの適したジョブや「特定属性のダメージカット」「被ダメージを○属性に変換」持ちの仲間、鞄召喚石を編成してほしい。
その上できっちり敵を殴り続けてほしい。
殴れる火力がないのならセージを担当して、ヒールオールIIIかクリアオールで支援してほしい。

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
18戦。
1日1回制限でトリガーもそれなりに重い(最低でも2日は集めるのに必要)事、野良募集と違い入ってくる危険性の高いワンパン狙い、光・闇属性を強制退室できるメリットがある事からマルチ部屋での募集が基本。
1戦を短く見積もっても10分以上掛かり、総合で3時間近く時間も掛かるので時間に余裕のある人向け。

降臨、調停の翼HL(ジ・オーダー・グランデHL) <コスモス武器を★4にしたい> Edit

  • Rank150以上
  • 自発;1日1回制限。AP90と万象の蒼角×1を消費
    マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する
    「邂逅、黒銀の翼HL(プロトバハムートHL)」を自発してクリア済みであること
 

[Step.4]参戦可能Rank云々よりも、装備をかなり整えて行動予習をすることが前提条件 Edit

神撃、究極の竜HL(アルティメットバハムートHL) <オメガ武器を作成したい> Edit

  • 参戦可能人数:6人

■自発

  • 1日1回制限。AP100と「星の欠片」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★7枠をタッチして選択する。
    「神撃、究極の竜」(アルティメットバハムートNORMAL)を自発してクリア済みであること
  • エリクシール使用不可
     

■手に入るもの

  • 「オメガユニット」を入手しやすい
  • 「銀天の輝き」「ダマスカス磁性粒子」「究竟の証」のドロップあり。
  • 「ヒヒイロカネ」のドロップも稀にあり。

現状ルシファーHARDに次ぐ高難度。参戦者全員に高い理解と装備が求められる。
Rank130に上がりたてでは全く戦力にならない。

■初参加目安

●Rank
全体HPupが取得可能な155以上必須
全体HPupIIが取得可能な185以上推奨
●キャラ
かばう(主人公不可) or 敵対心UPキャラ1人以上
●HP
主人公30000以上、仲間25000以上
●召喚石
メイン×サポート:神石×神石or属性130(140)石
サブ石:トール、アテナ
  • 全体的に火力が高く低HPではとても耐えられない。特にシリウス(無属性割合30%ダメージ4発)が非常に厄介で、低HPだとその後が壊滅的になる。
    HP確保のため、参戦ランクは主人公のリミットボーナスで「全体HPup」を取得できるRank155以上必須、「全体HPupII」を取得できる185以上を推奨される。
    慣れて立ち回れるようになれば、かばう持ちで攻撃を吸って使い捨ての盾にするなどが出来るため要求HPは大分下がる。
  • HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アルティメットバハムートHLの完全理解
    「天地鳴動」を1人が発動させた時点で参戦者が全員強制即死のほか、デバフリセットが多数あり、ミスると盛大に足を引っ張る

■マルチバトルルームでの連戦回数目安

練習部屋目安

特に条件は無い。
失敗前提で成功したらラッキーくらいなので、動きを練習させてもらうために活用しよう。
高難度のマルチバトルは慣れがとにかく重要なので、何回か練習してコツをつかもう。

六竜HL <アンセスタルシリーズが欲しい> Edit

 

ベルゼバブHLアストラルウェポンを★5にしたい> Edit

 

ダーク・ラプチャーHL[HARD](ルシファーHL(HARD)) <終末の神器を★5にしたい> Edit

  • 参戦可能人数:6人
  • Rank170以上
  • 自発;1日1回制限。AP100とダークネス・マテリアル×1を消費、マルチバトルリスト/共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★8枠をタッチして選択する
    「ダーク・ラプチャーHL(ルシファーHL)」を自発してクリア済みであること
  • エリクシール使用不可

終末の神器の★5上限解放に必要なトレジャーをドロップする。

通称「ルシファーH」と呼ばれるマルチバトル。

超高難易度のクエストの一つで、非常に難易度が高く、参戦者に高い理解と装備が求められる。
誰かがサボるとそのまま他の人にツケが回るため完璧な編成で挑みたい。
少なくともRank170に上がりたてでは全く戦力にならない。

  • 参戦する6人がそれぞれ異なる属性の編成を用意して挑むクエストであり、討伐開始前に他の参戦者との相談・調整が必須。
    マルチバトルルームに入る際は、自分の参戦属性と「十二の試練」のどれに対応可能かを報告して入り、他の参戦者と討伐の流れを調整する必要がある。
    攻略に適した編成を用意して、予習してから挑むこと。
  • 現状では武器編成はマグナか神石かという点で多少選択の余地があるが、キャラ編成は事実上ほぼ固定されていると言っても過言ではない。
    完成度の低い装備や欠けたキャラ編成でのクリア報告こそあるが、それは周りが足りない分の負担を100%カバーしているからこそなので勘違いしないように。

■初参加目安
●Rank
LBの全体HPupIIが取得可能な185以上必須
●HP
最低でも参戦キャラ全員40000以上
防御力と回復性能が極めて高い風光以外は主人公HP5万程度あると立ち回りやすい。
HP3万以下のキャラは戦闘開始と同時に(アビリティ・召喚などの行動を起こす前に)全滅する。

●攻撃力
トライアルで無属性の木人相手に、デバフなしで、1ターンに1000万ダメージを出せるだけの攻撃力

■マルチバトルルームでの連戦回数目安
慣れた参戦者が多い場合は連戦もあるが、基本的に1戦のルームが多い。

練習部屋目安

特に条件は無い。
失敗前提で成功したらラッキーくらいなので、動きを練習させてもらうために活用しよう。
高難度のマルチバトルは慣れがとにかく重要なので、何回か練習してコツをつかもう。

 
 

全体的に知っておいてほしいこと(募集について) Edit

【wiki内募集板での募集】

+ wiki内募集板

【wiki外での募集】
※編集者の方へ
特にゲーム内共闘ルームでの募集は細分化されているためここに記述しきることができません。
詳しい方は編集をお願いします。

+ ゲーム内共闘ルームでの募集(麻痺延長部屋について)
 
 

コメントフォーム Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 旧召喚石HLの文章が6人制限の頃の部分が残っているので、直せる方が居たら直した方が・・ -- {dqN9h/iPmbs} 2019-02-24 (日) 11:54:54
  • マグナ2の上から目線だけただの願望で草 -- {6NOa82UVLJQ} 2019-03-16 (土) 01:25:47
  • マグナ2の上から目線だけただの願望で草 -- {6NOa82UVLJQ} 2019-03-16 (土) 01:25:48
  • 十賢者のためにプロバハHL需要が高まってきてるんだろうけど、マナーもクソもない人間が多すぎる -- {BSDQN01sLh6} 2019-03-16 (土) 02:07:44
  • 何度かマルチルームで連戦に参加する中で感じた、「マルチバトルルームでの連戦回数目安」について追記しました。
    マルチバトルルーム設定の大まかな目安になると思いますし、目安が判らず時間を無駄にするプレイヤーも未だに多いため、それを減らせればと思いました。 -- {J7lIwu8l8eU} 2019-10-23 (水) 19:31:25
  • 汁使用制限とATが旧石HL、高級鞄HLにも18人化で適用されるようになったのでどなたか修正お願いします -- {/6WkA0YuyxQ} 2020-01-13 (月) 19:45:53
お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-29 (日) 11:24:04