''最終更新日'':&lastmod;

&size(24){''オススメ装備編成''};

|BGCOLOR(#DEDEFF):COLOR(blue):&size(15){''Step.1''};|BGCOLOR(#DEDEFF): [[オススメ装備編成]] / [[召喚石の編成>オススメ装備編成/召喚石の編成]]|武器や召喚石などの装備編成変化の概要|
|BGCOLOR(#FFDEDE):COLOR(red):&size(15){''Step.2''};|BGCOLOR(#FFDEDE):[[初心者〜中級者向け>オススメ装備編成/初級・中級編成例]]|おまかせ装備〜マグナシリーズ編成(マグナ編成・基本編)|
|BGCOLOR(#DEFFDE):COLOR(green):&size(15){''Step.3-1''};|BGCOLOR(#DEFFDE):[[上級者向けその1>オススメ装備編成/上級編成例]]|方陣スキル系武器編成(マグナ編成・応用編)|
|BGCOLOR(#DEFFDE):COLOR(green):&size(15){''Step.3-2''};|BGCOLOR(#DEFFDE):[[上級者向けその2>オススメ装備編成/上級編成例(オプティマスシリーズ)]]|オプティマスシリーズ(ゼウス系)編成|
|BGCOLOR(#dbbbff):COLOR(purple):&size(15){''EXTRA''};|BGCOLOR(#dbbbff):''特殊な編成例''|ジョブ専用武器、アーカルム編成等|

----
#contents
*はじめに [#l5ec305b]

この特殊上級編成の項目では、「[[上級者向け編成例>オススメ装備編成/上級編成例]]」の項目よりもより専門的に特化したパーティを作る際に目指すような装備編成を紹介するページです。
そのため、ここまでくると''&size(14){&color(#ff0000){ほぼ趣味の領域に突入するようなもの};};''です。

また、ここは攻撃力計算や武器スキル、召喚石の加護を理解している方に向けてのページとなりますので、
それらが何かわからない人は、まず[[オススメ装備編成]]ページを見ることをオススメします。

''&color(#ff0000){このページにおけるオススメ装備編成とは「連続攻撃やクリティカル等を勘定した、ターン当たりのダメージ期待値が最も高い編成」と定義します。};''
(実際の戦闘においては、数%攻撃力を伸ばすよりも守護+αの武器を組み込んでHP頼みでターンを回す、背水の許容値を増やす等の方が[[DPS>俗語集/アルファベット、数字他#f3e8efc7]]上は上回る事が多いです)
各人の考え方によって理想形が異なる場合もありますが、その場合はそれぞれを解説します。
HPについては、最大HPを増やすことが攻撃力の向上に繋がる場合のみ考慮に含めます(「渾身」「背水」が関わる場合など)。

-編集者様へ
これが100%正しいというものでもないので、修正・追加等あればご自由に行ってください。
[[オススメ装備編成/上級編成例]]や[[オススメ装備編成/上級編成例(オプティマスシリーズ)]]の項目同様各自の手持ちキャラ次第で理想が異なるため、随時追加していただけると助かります。

|>|~項目名|~概要|
|~Step.1|[[オススメ装備編成]]|装備編成変化の流れをざっくり解説|
|~Step.2|[[初級・中級編成例>オススメ装備編成/初級・中級編成例]]|グラブルを始めたばかりの人〜慣れてきた人向け。3凸マグナまでの装備編成紹介。|
|~Step.3-1|[[上級編成例>オススメ装備編成/上級編成例]]|マグナ編成の応用となるマグナ4凸編成や方陣スキル武器混合編成を紹介。|
|~Step.2|[[初級・中級編成例>オススメ装備編成/初級・中級編成例]]|グラブルを始めたばかりの人〜慣れてきた人向け。3~4凸マグナまでの装備編成紹介。|
|~Step.3-1|[[上級編成例>オススメ装備編成/上級編成例]]|マグナ編成の応用となるマグナ4~5凸編成や方陣スキル武器混合編成を紹介。|
|~Step.3-2|[[上級編成例(神石系)>オススメ装備編成/上級編成例(オプティマスシリーズ)]]|マグナ編成とはまた別カテゴリーの上級編成。基本的な神石編成やマグナ×神石などを紹介。|
|~EXTRA|''特殊な編成例''|グランデ編成やアーカルム編成など特殊な編成を紹介。|
*キャラ石×属性編成(アーカルム編成) [#b2aa7eca]

キャラ石と属性石を組み合わせた編成です。
マグナ編成を超える事の出来る高倍率のキャラ石がジ・オーダー・グランデと[[アーカルムシリーズ>召喚石概要/アーカルムシリーズ]]しか存在しないので事実上アーカルム編成を指します。
考え方は前述の属性石と組み合わせたグランデ編成と同じです。
[[キュベレー (SSR)>召喚石/キュベレー (SSR)]]なども同様の[[キャラ石>俗語集/か行#nb018bb0]]ですが、倍率が低く実用性は乏しいです。

**アーカルム編成って何? [#mb3030ba]
-■''Q.そもそもアーカルム編成とは?''
A.[[アーカルムシリーズ>召喚石概要/アーカルムシリーズ]]の中でも特に「〇属性キャラの攻撃力△%UP」加護を中心とした編成のこと。 →[[キャラ石>俗語集/か行#nb018bb0]]
こちらも同じく無課金石だが、[[十天衆]]の召喚石版と評されるほどに取得に時間がかかるため、&color(#ff0000){''長期的視点が必要''};。

-■''Q.組み合わせは?''
A.ほとんどの場合、アーカルム石×属性石が最高期待値。
例外的に、背水属性の低HP時のみマグナ石と組んだ方が強いケースもある。
なおアーカルム石はサポート設定不可のため、''この編成を組むには必ずアーカルム石を作り、フレンドに強力な属性石を揃える必要がある''。
|>|>|~属性石と組む|>|>|~背水の低HPのみマグナと組む|
|&attachref(img/2040236000.png,30%,ジャスティス);|×|&attachref(img/2040225000.png,30%,エウロペ);|&ref(img/2040238000.png,30%,デス);|×|&attachref(img/2040046000.png,30%,セレスト・マグナ);|
|[[ジャスティス (SSR)>召喚石/ジャスティス (SSR)]]| |[[エウロペ (SSR)>召喚石/エウロペ (SSR)]]|[[デス (SSR)>召喚石/デス (SSR)]]| |[[セレスト・マグナ (SSR)>召喚石/セレスト・マグナ (SSR)]]|

-■''Q.マグナを超えるの?''
A.&color(#ff0000){''一般的な召喚石3凸、武器4凸のマグナ編成は超える''};とされますが、&color(#ff0000){''理想編成の神石編成やマグナII編成には劣る''};程度です。
特にマグナ石・神石のような背水・渾身・三手等の武器スキルへの強化が一切無いため、現状ではそちらを下回ります。
また、光のみアーカルムシリーズの[[キャラ石>俗語集/か行#nb018bb0]]が無いため、どう頑張ってもまともな倍率では組めません。~
作成過程では様々な種類の武器が使え、召喚石によるデフォルト補正が大きく、''形にしやすい''利点があります。
最終形では、ほぼ全ての属性に撃滅戦シリーズのEX攻刃(特大)武器が3~4本要求されるため、[[マグナ編成>オススメ装備編成#c9010bc2]]より蒐集家向けの編成となります。((とはいえ現在は撃滅戦シリーズの2種類目追加が進んでいるためハードルは下がりつつある上、マグナIIの収集の手間を考えるとこちらの方が楽という人もいます。))
|~超える|>|~基本的に超える|>|~厳しい|~不可能|
|&attachref(img/2040236000.png,30%,ジャスティス);|&attachref(img/2040237000.png,30%);|&attachref(img/2040240000.png,30%);|&attachref(img/2040238000.png,30%);|&attachref(img/2040239000.png,30%);|&attachref(img/2040242000.png,30%);|
|水|土|火|闇|風|光|
|背水無し|>|方陣背水のハードルが高め|>|方陣背水属性|[[キャラ石>俗語集/か行#nb018bb0]]無し|

-■''Q.オススメはどれ?''
A.%%土です。次点で水と火です。(闇も後述の性質的にはお勧めですが、現在の環境ではイマイチ。)%%
作るのに時間がかかるという特性上、「更に強力な神石を引いてしまう」&color(#ff0000){「環境が変化してしまう」};という可能性が常に付きまといます。
→実際、マグナIIの実装によりマグナが強化され、&color(#ff0000){基本的にアーカルム編成は完成したマグナII編成を下回りました。};
  現状ではアーカルム召喚石は召喚効果・サブ加護、将来的に仲間にしたい[[十賢者>十賢者]]も考慮に入れて取得・強化した方がいいでしょう。
メイン用のアーカルム召喚石5種の中でもザ・ハングドマンとデスはサブ加護が与ダメージUPで、アーカルム編成をやめた場合もサブ石で使えるため、後悔は少ないと考えられます。
ただしメイン時はサブ加護の利用が出来ず、ダメージ上限に達する場合はサブに回した方が火力が出る場合もあるため、上手く使い分けましょう。
他には召喚効果も考慮して選びたいところです。
|>|~サブ加護が与ダメージUP。後に移行しても損はない|
|&attachref(img/2040237000.png,30%);|&ref(img/2040238000.png,30%,デス);|
|[[ザ・ハングドマン (SSR)>召喚石/ザ・ハングドマン (SSR)]]|[[デス (SSR)>召喚石/デス (SSR)]]|

-■''Q.注意点は?''
A.属性石×キャラ石編成なので、それぞれのバフの効きづらさを併せ持ちます(レイジ等の通常攻刃バフが薄くなる・カーバンクル等の属性バフが薄くなる)。
そのため、デバフや連続攻撃確率UPなどを多めにした方が火力が出やすいです。
|>|~相性が悪い|>|~相対的に相性が良い|
|#ref(img/14_3.png,45%)|&attachref(img/2030021000.png,20%);|#ref(img/44_4.png,45%)|#ref(img/64_3.png,45%)|
|レイジ|鞄|ミゼラブルミスト|デュアルインパルス|

**具体的な編成は? [#o03333ef]
-■''Q.基本的な考え方''
アーカルムシリーズは高倍率の[[キャラ石>俗語集/か行#nb018bb0]]なので、同じキャラ石のグランデ編成と全く同じ考え方で編成を組む。
キャラ石は「通常攻刃」×「方陣攻刃」×「EX攻刃(UNK)」×「属性石」という掛け算の通常攻刃部分へ大きく加算が行われます。
そのため、グランデと同様に''方陣攻刃とEX攻刃を中心とした編成''となります。
マグナ装備から移行するためには、EX攻刃武器を数本増やす必要があるということです。

-■''Q.具体的な編成''
武器の追加により最適編成の変化が予想されるため、念を入れて[[計算機>攻撃力計算機マニュアル]]を使うことを推奨します。
一部はSSR化を果たしたプレイヤー少ないため、計算機で試算した一例も含まれます。
※以下は理想編成であるためオメガ編成だが、オメガは必ずしも必要としない。

***[[ジャスティス (SSR)>召喚石/ジャスティス (SSR)]]編成 [#vc3313e0]

オールド・オベロンが一切不要。
//画像はとりあえず持ってきたものなので、直していただいて構いません

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~水|&attachref(img/2040236000.png,30%,ジャスティス);|&attachref(img/1040102400_icon.jpg,40%);|&attachref(img/1040101500_icon.jpg,40%);|&ref(img/1040413100.jpg,nolink,30%,真・氷逆天の戦棍);|no image|no image|
|~|~|メイン武器|レヴィアンゲイズ・マグナ|[[真・氷逆天の戦棍>武器/真・氷逆天の戦棍 (SSR)]]|[[ワンド・オブ・ガブリエル>武器/ワンド・オブ・ガブリエル (SSR)]]|オメガ武器|
|~|[[ジャスティス (SSR)>召喚石/ジャスティス (SSR)]]|1|3or4|3or4|1|1|

***[[ザ・ハングドマン (SSR)>召喚石/ザ・ハングドマン (SSR)]]編成 [#of5c2808]

[[真・裁考天の鳴弦>武器/真・裁考天の鳴弦 (SSR)]]もしくは[[ラスト・シャフレワル>武器/ラスト・シャフレワル (SSR)]]の要求数が3本必要。
マグナ4凸編成以上マグナII編成以下といったところ。
バハムートウェポン不要であり、編成が自由なことが魅力。
ハングドマンをSSRまで強化すれば開幕召喚できるためアビ封印対策になる。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~土|&attachref(img/2040237000.png,30%);|&attachref(img/1040102600_icon.jpg,40%);|no image|&ref(img/1040805800.jpg,nolink,30%,真・裁考天の鳴弦);|no image|no image|no image|
|~|~|メイン武器|世界樹の晶剣・マグナ|[[真・裁考天の鳴弦>武器/真・裁考天の鳴弦 (SSR)]]or[[ラスト・シャフレワル>武器/ラスト・シャフレワル (SSR)]]|[[白虎咆拳>武器/白虎咆拳 (SSR)]]・王等|[[グローブ・オブ・ウリエル>武器/グローブ・オブ・ウリエル (SSR)]]|オメガ武器|
|~|[[ザ・ハングドマン (SSR)>召喚石/ザ・ハングドマン (SSR)]]|1|3|3|1|1|1|

***[[ザ・デビル (SSR)>召喚石/ザ・デビル (SSR)]]編成 [#ef2715fa]

[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]が火力の要で3本以上必要。
オールド・エッケザックスを入れて背水運用をするならマグナの方が良い。
デビルをSSRまで強化することで風属性の敵にのみではあるが開幕召喚で攻防デバフを入れることができる。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~火|&attachref(img/2040240000.png,30%);|&attachref(img/1040102300_icon.jpg,40%);|&attachref(img/1040401500_icon.jpg,40%);|no image|no image|no image|
|~|~|メイン武器|コロッサスケーン・マグナ|[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]|[[ソード・オブ・ミカエル>武器/ソード・オブ・ミカエル (SSR)]]|オメガ武器|
|~|[[ザ・デビル (SSR)>召喚石/ザ・デビル (SSR)]]|1|3|4|1|1|

***[[デス (SSR)>召喚石/デス (SSR)]]編成 [#h72bb855]

現状ではマグナに勝るのは非背水編成のみ。
セレストクロー・マグナとオールド・コルタナが優秀、かつ背水起動が容易、かつデスをサブ召喚石に入れられるマグナを超えるのは厳しい。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~闇|&ref(img/2040238000.png,30%,デス);|&attachref(img/1040102800_icon.jpg,40%);|no image|&ref(img/1040908700.jpg,nolink,40%,真・普天幻魔);|no image|no image|
|~|~|メイン武器|セレストザグナル・マグナ|[[真・普天幻魔>武器/真・普天幻魔 (SSR)]]|バハ武器|オメガ武器|
|~|[[デス (SSR)>召喚石/デス (SSR)]]|1|3or4|3or4|1|1|

***[[テンペランス (SSR)>召喚石/テンペランス (SSR)]]編成・[[ジャッジメント (SSR)>召喚石/ジャッジメント (SSR)]]編成 [#b05ed124]

現状ではマグナに勝るのは非背水編成のみ。
AT初撃、HPに対して敵の火力が高いケース等、用途は限定的。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~風|&ref(img/2040245000.png,30%,ジャッジメント);|&attachref(img/1040102500_icon.jpg,40%);|&attachref(img/1040600500.jpg,40%);|&ref(img/1040209500.jpg,nolink,30%,真・黄木天の箭);|&attachref(img/1030103800.jpg,40%);|no image|no image|
|~|~|メイン武器|ティアマトガントレ・マグナ|[[真・黄木天の箭>武器/真・黄木天の箭 (SSR)]]|バハ武器|[[リング・オブ・ラファエル>武器/リング・オブ・ラファエル (SSR)]]|オメガ武器|
|~|[[ジャッジメント (SSR)>召喚石/ジャッジメント (SSR)]]|1|3|3|1|1|1|

現状の倍率では[[テンペランス>召喚石/テンペランス (SSR)]]編成ではマグナに勝る部分がほとんどない。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|c
|~風|&ref(img/2040239000.png,30%,テンペランス);|no image|
|~|~|name|
|~|[[テンペランス (SSR)>召喚石/テンペランス (SSR)]]|数|

(記述募集)

*[[ジョブ専用武器>武器概要/ジョブ専用武器]]を中心とした編成 [#u1132a1e]
**[[ジョブ専用武器>武器概要/ジョブ専用武器]]編成って何? [#ye983675]

[[&ref(img/btn_job_top.png,nolink,40%,ジョブ専用武器);>武器概要/ジョブ専用武器]]
特定ジョブにのみ装備可能な武器を利用した編成。
普通の攻刃スキルを持たないため以前は一部を除き微妙扱いでしたが、''5凸後は攻刃スキルをカバーするほどの武器が存在''する。
生かすためには、キャラや属性を吟味する必要がある。~
当然だが、[[ジョブ専用武器>武器概要/ジョブ専用武器]]をメインに装備するので四天刃等を使って連撃率を足せなくなる。
そのため、他武器で十分な連撃率を確保したり、[[アーミラ (SSR)]]、[[カトル (SSR)]]等キャラを上手く使って連撃率を確保する必要がある。

***[[ベルセルク・オクス>武器/ベルセルク・オクス (SSR)]]編成 [#a698541b]
|~ベルセルク武器|
|&attachref(img/1040308400_note.png,15%);|

奥義効果で「攻撃40%UP」と大きな上昇値を誇る武器。これは維持できればバハムートウェポンの代わりとなるほど。
バハ武器が抜けるので編成の幅は広くなるが、攻刃枠であることを考えるとマグナとの相性の方が良いだろう。
解放カトル編成時のメイン武器としても。~
奥義効果やスキルなどに「ダメージ上限UP」が付いており奥義による一撃必殺用にするのも良い。

***[[スパルタン・サイフォス>武器/スパルタン・サイフォス (SSR)]]編成 [#a97494a0]
|~スパルタ武器|
|&attachref(img/1040012600_note.png,15%);|

奥義効果で「渾身バフ・バリア」を持つ武器。加えてランダム発動でかばう(スパルタサボアビで同時に50&カット)など鉄壁の効果を持つ。
HPが減りにくくなり、渾身スキルを維持しやすく結果的に火力上昇に貢献する。~
出来れば渾身を中心とした属性で作りたいところ。
具体的にはHPを高くしやすく、アテナを擁する火か、ゴッドガードを擁する土がおすすめ。
ただし、全く同じ様な奥義効果(全体バリア&ストレングス付与)を持つ[[ウーノ (SSR)]]とは競合を起こすことに注意。
***[[メース>武器/メース (SSR)]]編成 [#y162f759]
|~ハウンドドッグ武器|
|&attachref(img/1040707500_note.png,15%);|

奥義効果で発動率80%・倍率20%のクリティカルバフがあるため平均火力は高め。他キャラ奥義との競合には注意。元から回避効果があるチャフリリースにかばう効果が追加されるため、単体乱打系の特殊技を封じることができる。
また、回避1回ごとに奥義ゲージが5%増えるため、20ヒット以上の特殊技を受ければ奥義ゲージ100%にできる。~
魔獄スキル「トワイライトゾーン中連撃率UP」により、フィールドさえ張れればオメガウェポン級の連撃率UP武器となる。
ただし、リキャストが長いため3分以上かかる戦闘ではすぐに再使用できない可能性も考慮する必要がある。~
トワイライトゾーンを活かすために火水土風の4属性から選ぶのが基本。
出来ればオメガ武器が使いづらい属性で作りたい。

*グランデ編成 [#c3be53f8]
**グランデ編成って何? [#w0c09d66]
-■''Q.そもそもグランデ編成とは?''
A.[[召喚石/ジ・オーダー・グランデ (SSR)]]を中心とした3属性混在の編成のこと。
 加護
 バトルメンバー(控えを含まない戦闘中の4名)の属性が3種類以上の時に攻撃力100%UP(最大解放で200%UP)。
この攻撃力とはキャラ攻撃UPと同じで''通常攻刃枠''となる。
このため攻刃武器は全く必要なく方陣武器とEX攻刃(UNK)武器で固めるのが定番である。
破格のUP率を持つが、控えを含まず3属性という縛りが非常に厳しい。
一方で属性の組み合わせが自由であり、通常では不可能な組み合わせ方が可能。
|>|~主に方陣とEX武器で固める|
|&attachref(img/1040101500_icon.jpg,40%);|&ref(img/1040413100.jpg,nolink,30%,真・氷逆天の戦棍);|
基本的な考え方は[[キャラ石編成>#b2aa7eca]]と同様。
属性石が使えるため、''グランデを持っていなくても組める''ことは覚えておきたい。~
余談だが、「唯一自分の好きなキャラを固めることが可能な編成」ともいわれる。
属性がバラバラな刀剣男士を並べる完全なる趣味編成もあれば、
バハムートウェポン等を用いた種族固めパーティ、など趣味と実益を兼ねた物も存在する。

-■''Q.向いているバトルがあるって聞いたけど?''
A.[[降臨、調停の翼HL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/降臨、調停の翼HL]]
&ref(img/grand_oder_HL.jpg,nolink,20%,グランデHL);
現状の用途のほとんどを占めているのが、通称「グランデHL」と呼ばれるこのマルチ。
このマルチでは''フィールド効果でフロントの属性が3属性で45%、4属性で75%''と非常に大きな補正がダメージ上限計算後にかかるため、グランデ編成を使う意義が普段以上に大きくなっています。
貢献度に応じて貴重な「ヒヒイロカネ」ドロップが狙えることから、再度注目が集まっている編成です。

-■''Q.ぶっちゃけ、強いの?''
A.一般的なバトルでは、それほど強くないです。
wikiに書かれているレベルだと、[[イベント223_(35回目)決戦!星の古戦場]](2018年1月)での活躍実績がある程度。((敵の通常攻撃が全体攻撃だったため、別属性にロゼッタを出張させるのが有効だった。))
また、HLソロなどチャレンジで有効な程度((具体的には修正前の四大天司HLのソロで使われた。複数属性のダメアビが使用できたため。))~
上記のグランデHLを除くと、ほぼ趣味で4凸実装待ちです。

**概要 [#obaeace7]

片方をグランデ、もう片方の召喚石をバハムートやルシフェルにする編成も同様に強力である。
この場合はメイン属性でないキャラクターの攻撃力が落ちるものの、両方グランデの時よりもメイン属性の攻撃力は上がる。

|>|>|~両面|>|>|~片面|
|&attachref(img/2040065000.png,30%);|×|&attachref(img/2040065000.png,30%);|&attachref(img/2040185000.png,30%);|×|&attachref(img/2040065000.png,30%);|
|>|>|全体的にUP|>|>|メイン属性の更なる強化|

3属性の攻刃を混ぜると非効率なため、普通は攻刃を1属性に統一する。
方陣武器とEX攻刃武器(UNK)で固めるのが普通だが、属性を跨いで強化可能な武器を利用する場合もある。
一例としてはコスモス武器を利用する編成。 →[[詳細>武器概要/コスモス武器]]
少し古い情報ですが、システム面の解説は[[こちら>システム仕様関連#gff14e6a]]で詳しくされています。

|>|~属性の混成は微妙|~属性を跨いで強化|
|&ref(img/1040401500.png,20%);|&ref(img/1040502600.png,20%);|&attachref(img/1040304900.png,15%);|

**メリット・デメリット [#r5b4e9b6]

属性にもよるが、''工夫次第でマグナと同等以上''程度には貢献度が稼げる。一般にゼウス系石には勝てない。
非常に臨機応変な編成が可能。
そのため必要な能力を持った他属性キャラを無理なく出張させることが出来る。
具体的には、過去の火有利古戦場の際に[[ロゼッタ (SSR)]](風)を出張する戦術があり活躍した。~
一方で、非有利属性に対して耐性を持つ敵が増えたことで、出張アタッカーはやや活躍しにくくなった。

**キャラ編成 [#n343c4ab]

攻刃属性のアタッカー2人+別属性2人という構成になる。
別属性は

-加護だけでそれなりの火力の出る[[シス (SSR)]]等のキャラを入れる
-出張価値のある[[アニラ (SSR)]]や[[カトル (SSR)]]等の強サポーターを入れる
-全く攻撃しない状態に出来るキャラ、[[セン (SR)]]等を入れて[[DPS>俗語集/アルファベット、数字他#f3e8efc7]]的には通常編成と遜色ない状態にする
などが挙げられる。

**武器編成 [#h1f21f42]

基本的には汎用編成のような編成となる。
4属性にも高倍率属性石や「[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]」など強力なEX攻刃の追加により、属性石と組むタイプも台頭してきた。
特に火属性は「[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]」がメイン武器として強力なこともあり、メイン武器に1枠通常攻刃を割く必要がないのが大きい。

***汎用編成 [#gdb234f8]

【編成例】

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~汎用|&attachref(img/2040065000.png,30%);|&attachref(img/1040102400_icon.jpg,40%);|&attachref(img/1040101500_icon.jpg,40%);|&ref(img/1040413100.jpg,nolink,30%,真・氷逆天の戦棍);|&attachref(img/1040304900.png,15%);|
|~|~|メイン武器|方陣武器|EX攻刃(UNK)|その他|
|~|[[ジ・オーダー・グランデ>召喚石/ジ・オーダー・グランデ (SSR)]]|0〜1|3〜6|2〜5|0〜2|

※その他はバハムートウェポンやコスモス武器、オメガウェポン等の属性跨ぎ強化武器を入れる。
火力目当てというより、HPなどのステータス補強が大きい。

コスモス武器を入れると多少攻撃力が下がる可能性もあるが、HPとタイプ別のステータス上昇を望める。
アンノウン武器に4凸が解放されたため昔と同じように1:1で並べるのが理想になった。
コスモス武器を入れる場合は3:5+コスモス、入れない場合は4:4+バハ武器、4:5(攻撃力が高い方を5本)となる。

***[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]編成(グランデ×グランデ) [#wa7d9e7a]

火属性は[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]](4凸EX・特大)とブラックアックス(4凸EX・大)、属性140%石のシヴァがあるので編成の幅が広い。
特に四天刃と互換性のある奥義効果を持つ[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]の登場により、編成から通常攻刃武器を追い出すことに成功したことが大きい。
[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]は最大6本まで、増えれば増えるほど攻撃力がどんどん伸びていく。
また、[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]が6本になるとコロッサスケーン・マグナを3本まで減らせるようになり、コスモス斧の恩恵を最大限に受けることができる。
下記のグランデ×グランデ編成例の場合少なく見積もっても有利120万前後、グランデ×シヴァ編成例の場合有利150万前後の火力になる。
([[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]の本数や装備のプラス、召喚石の攻撃力次第でさらに伸ばせる)
キャラ2人のみで一般マグナ編成4人分の火力を出せる十分有用な編成と考えていいだろう。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~火|&attachref(img/2040065000.png,30%);|no image|no image|&attachref(img/1040401500_icon.jpg,40%);|&attachref(img/1040304900.png,15%);|
|~|~|[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]|4凸EX攻刃|コロッサスケーン・マグナ|サイス・オブ・コスモス|
|~|[[ジ・オーダー・グランデ>召喚石/ジ・オーダー・グランデ (SSR)]]|メイン1|4or5|3or4|1|

4凸EX攻刃は[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]が足りない分は、同じく斧のブラックアックス等を使う。

***[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]編成(グランデ×シヴァ) [#c4e34643]
||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~火|&attachref(img/2040185000.png,30%);|no image|no image|&attachref(img/1040401500_icon.jpg,40%);|no image|&attachref(img/1040304900.png,15%);|
|~|~|[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]|4凸EX攻刃|コロッサスケーン・マグナ|バハムートアクス・フツルス|サイス・オブ・コスモス|
|~|[[シヴァ (SSR)>召喚石/シヴァ (SSR)]]|メイン1|4|3|1|1|

同様の編成は、メイン武器にやや苦心するが他属性でも可能である。
(記述募集)

*最終解放オーディン編成 [#dcd76ce2]
**オーディン編成とは? [#y0ced48c]

[[召喚石/オーディン (SSR)]]を中心とした編成のこと。

|最終解放の済んだオーディンに追加される加護&br;バトルメンバーに&color(#ff6600){光};と&color(#800080){闇};の2属性がいるとさらに性能UP(光と闇属性キャラ攻撃力30%/DA確率3%)|

「さらに性能UP」と省略されている部分がかなり強力。

これを最大限に活用するのがオーディン編成となります。

|>|~両面最終オーディン|
|&attachref(img/2040029000.png,30%);|&attachref(img/2040029000.png,30%);|

**概要 [#ue032d19]

キャラ攻撃力が掛かる分通常攻刃武器の必要性が薄く、倍率を押し上げる方陣武器やEX攻刃武器(UNK)を多く編成する傾向があります。

サポート石も最終解放オーディンにすると「&color(#ff0000){光と闇の属性攻撃150%UP&キャラ攻撃力60%UP&DA確率6%増&HP30%UP};」と凄まじい加護となる。
バハルシに比べると属性攻撃力が90%低い代わりに、通常攻刃武器3本分のアドバンテージがあると言える。オーディン編成の方がカーバンクルの召喚効果をはじめとした属性バフの恩恵を強く受けることができるなど差別化はできている。
バハムート編成、ルシフェル編成に近い火力を出しつつ、光闇キャラ限定でグランデ編成よりも緩い縛りで編成が可能なパーティが組める。

**メリット・デメリット [#ye005818]

編成次第でマグナと同程度の火力は出る。ただし理想的なゼウス系石には勝てない。
また、光闇混成により普段できない組み合わせができるのも魅力。
オーディン一つで光と闇の編成をカバーでき、召喚石の育成の手間が省けるメリットも。

**キャラ編成 [#l8011612]

キャラクター編成は光3人闇1人(闇3人光1人)となる。
ブースター役の1人側のキャラは打撃力にはほとんど貢献しないので、
不足しがちなサポートとして奥義加速の&color(#ff6600){アーミラ};、確定TAと奥義ダメージ増加の&color(#ff6600){フェリ};、ディスペルの&color(#800080){ヴァンピィ};やマウントの&color(#800080){ヴィーラ};、オーディンの加護のみでも一応戦える&color(#800080){シス};などを加えると良いでしょう。
壁役としてバウタオーダやシロウ、コウもおすすめです。

※&color(#ff6600){アーミラ};と&color(#800080){ヴィーラ};は変身後は対属性の追加ダメージと同属性の被ダメージ軽減を持つので、戦力として数えられます。
**具体的編成 [#xe066418]
***両面編成 [#c272782f]

武器構成は基本的に以下のようになります。

・攻刃武器:1本(メイン武器用)
・方陣武器:3〜6本
・アンノウン武器:2〜5本
・バハムートウェポン:1本

*対黒麒麟・黄龍編成 [#p38351b5]

[[靂天の境界、紫電の黎明(黒麒麟討伐戦)>NORMALマルチバトル攻略法/プロバハ・グランデ・黄龍・黒麒麟#fb4f26aa]]など用の編成について。

**ポイント [#c22f9cde]

黒麒麟・黄龍戦においては武器スキルが無効となります。
そのため、単純に武器を攻撃力順・戦力順にソートし上から並べるのが基本となります。
加護も無視のため、メイン・サポート召喚石の属性は無視で構いません。~
''奥義効果は無効にならない''ため、メイン武器を何にするかが重要となります。~
またスキルによる強化が無いため、キャラの属性に拘りすぎる必要はありません。

||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c

|~特殊|&attachref(img/2040185000.png,30%);|&attachref(img/1040102200_icon.jpg,40%);|no image|
|~|~|メイン武器|高ステータス武器|
|~|[[シヴァ (SSR)>召喚石/シヴァ (SSR)]]|1|9|

**メイン武器 [#ja6d9b4e]
-三手が使えないため、特に「四天刃」「オメガウェポン」が強力です。
-30連だと、一、二撃程度で決着がついてしまうことも多いため、枠被りの起きにくいバフの入る「十狼雷」も選択肢です。
メカニックとの相性も良いです。

**キャラ編成 [#n77c88e3]

-「キャラ奥義倍率が高い」
簡単には上限に到達しないため、例えば[[クラリス (SSR)光属性バージョン]]の1アビ「自分の奥義ダメージUP(650%)」の恩恵をフルに受けることが出来ます。
奥義倍率が4.5倍であるので、「奥義一回が通常攻撃約34回分」となります。
他にも[[シエテ (SSR)]](未開放可)は、「味方全体の奥義ダメージUP(1.5倍)」となり、強力です。
-「攻撃バフ持ち」
バフとスキルと加護が加算なので、普段はバフの恩恵が薄れることが多々あります。
しかし、黒麒麟戦では恩恵を100%受けることが出来ます。
[[ジャンヌダルク (SSR)]]、[[ルシオ (SSR)]]や[[ルリア (SR)]]といったシンプルなバフ持ちは単純ですが強力です。
この他、[[コルワ (SSR)]]のフィル10時の攻撃力「145% UP」もフルに恩恵を受けられます。
特にある程度削ってから流すつもりの場合は便利です。
-「ポンバ持ち」
上限に届かないため、単純に「奥義倍率5倍なら通常攻撃5発分」となります。
そのため、ポンバ(即時奥義発動)系はいつもより重要です。
具体的には、全員が奥義発動可能となる[[シエテ (SSR)]]が強烈です。
もちろん主人公でメカニックを選ぶのも手でしょう。
他にも、[[江戸川コナン (SSR)]]、[[サーヴァンツ ドロシー&クラウディア (SSR)]]、やや変則的ですが[[ルリア (SR)]]などが該当します。
-「連撃率を上げる」
スキルが無く元の連撃率はかなり低くなるため、相対的に連撃バフが強力になります。
また、上記の通り奥義の重要性が高いため、奥義を連発しやすいのもメリットです。
[[アーミラ (SSR)]]のような扱いやすいバフ持ちは採用しやすいです。
[[コルワ (SSR)]]もフィル10を維持できればトップクラスのバッファーとなります。
-「アビリティ倍率が高い・引き上げるキャラ」
上記ほどではないですが、アビリティダメージも上限にかかりにくい都合で相対的に強くなります。
具体的には、[[ルシオ (SSR)]]の2アビ「9倍×2」などが強力です。

**召喚石の編成 [#df813dd0]
[[召喚石/バハムート (SSR)]]の「20%バフ+奥義ダメージ80%UP」と[[召喚石/シヴァ (SSR)]]の「味方全体の攻撃大幅UP(2倍)」が強力です。
この他、[[召喚石/ルシフェル (SSR)]]や各種カーバンクルの攻撃バフも便利です。

*対アルバハHL編成 [#t64ed702]

//上級者の都合で「初心者入ってくるな」というためのページではありません。あくまで身内でやるのに十分な編成です
//どのように妥協していけるか、を書いてあげてください。
''野良での確実にクリアを求めた編成はこちらを[[参照>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アルティメットバハムートHL]]''。光以外は基本的にゼウス系石編成。HPが2万程要求され、かつ火力も維持する必要があるため普段のゼウス系石編成とは少し異なる編成になっている。~
それに対しこちらでは、同レベルの身内などで集まってプレイするのに十分な編成を記載している。
&color(#ff0000){''初心者ほど高HPの編成を組んだほうが良いこと、''};
&color(#ff0000){''妥協編成で討伐できたからといっても野良に行くと多大な迷惑がかかること''};の2点は忘れないでおきたい。

**具体的編成 [#a4ef7b7c]
***シュヴァリエ・マグナ編成 [#n54b6dd9]
||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~光|&attachref(img/2040047000.png,30%);|no image|no image|no image|no image|no image|
|~|~|【メイン武器】&br;七星剣・真|シュヴァリエソード・マグナ|ソード・オブ・コスモス|[[真・道天浄土>武器/真・道天浄土 (SSR)]]|バハ武器フツルス|
|~|[[シュヴァリエ・マグナ (SSR)>召喚石/シュヴァリエ・マグナ (SSR)]]|1|5〜7|0〜1|1~2|0〜1|

上記が野良に行ける光マグナの基本型。妥協してもシュヴァリエソード・マグナ(以下シュヴァ剣)が銃や琴になるだけで武器の比率は変わらない。
マグナ召喚石は必ず4凸すること。
フレ石はルシフェル4凸安定。もちろん逆でも良い。
マグナ×マグナは一見HPの確保がしやすそうに感じるが、火力の激減に加えルシフェル召喚の回復が使えなくなるデメリットが大きいので不採用。~
身内での光マグナで参戦ハードルを下げるためにはシュヴァ剣をどこまで妥協できるかという話になってくる。
石にもよるがRank155以上、かつシュヴァ剣4本で各キャラのHP25000弱、3本でHP20000ほどといったところ。これを下回るとターン回しが一気に厳しくなるのでこの辺りが最低ライン。
他の編成からプラスをかき集めて少しでも多くHPを盛っておきたい。
空いた分の武器はシュヴァ銃(or琴)の4凸で埋める。
守護のみの武器を編成すると火力が落ち、ただ参戦しているだけになりかねないためしないように。~
EX攻刃枠は1本だけなら黄竜拳4凸に変更できる。おまけとはいえ闇属性ダメージ軽減も嬉しい。~
初心者用なのでメイン武器には七星剣・真を採用。いざというときに召喚石を使わずに100%カットできる保険になる。
慣れたらメインを[[真・道天浄土>武器/真・道天浄土 (SSR)]]に交換すると、奥義高揚によってソーンの奥義回転が早まり火力アップが期待できる。~
またこのページの趣旨とは異なるが、光マグナは最終ソーンの奥義効果が火力に直結している。光で参戦する場合は必ず最終上限解放をすること。
***ユグドラシル・マグナ編成 [#a1e24102]
||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~土|&attachref(img/2040027000_02_full.png,30%);|no image|no image|no image|no image|no image|
|~|~|【メイン武器】&br;七星剣・界&br;オメガウェポンなど|[[ニーベルンホルン>武器/ニーベルン・ホルン (SSR)]]|[[ニーベルン・クリンゲ>武器/ニーベルン・クリンゲ (SSR)]]|[[真・裁考天の鳴弦>武器/真・裁考天の鳴弦 (SSR)]]|バハムートウェポン・フツルス|
|~|[[ユグドラシル・マグナ (SSR)>召喚石/ユグドラシル・マグナ (SSR)]]|1|3|3|2|1|

十分な火力とHPを確保できる編成。
スキルだけ見ると水無課金ヴァルナ編成に近い。

EX攻刃武器は慣れるまでローズクリスタルクローが良い。不意の風クリティカルTAのような事故を防げる可能性がある。
[[ニーベルン・クリンゲ>武器/ニーベルン・クリンゲ (SSR)]]の妥協として世界樹の雫枝・マグナもある。
七星剣・界は初心者用なので慣れたら別武器へ入れ替えもっと火力を上げたい。

また光同様、火力の大部分は最終サラーサや最終オクトーに依存することとなる。
装備面のハードルは世界樹の雫枝・マグナ等で妥協すれば低い(火力はかなり下がるが…)、キャラは充実させておきたい。
***リヴァイアサン・マグナ編成 [#n12d18e1]
||BGCOLOR(#ffffe0):|CENTER:|c

|~水|&attachref(img/2040028000_02_full.png,30%);|no image|no image|no image|&ref(img/1040413100.jpg,nolink,30%,真・氷逆天の戦棍);|no image|
|~|~|ミュルグレス|オールド・オベロン|レヴィアンゲイズ・マグナ|[[真・氷逆天の戦棍>武器/真・氷逆天の戦棍 (SSR)]]|バハムートウェポン等|
|~|[[リヴァイアサン・マグナ (SSR)>召喚石/リヴァイアサン・マグナ (SSR)]]|1|3〜6|0〜1|1〜2|0〜1|

オールド・オベロンや[[オベロン>武器/オベロン (SSR)]]でHPをかなり確保できる編成。ヴァルナ編成の劣化。
妥協しようにも、HPと火力を盛れる武器はオールド・オベロン、[[オベロン>武器/オベロン (SSR)]]、フィンブルぐらいであり、オールド・オベロン以外は加護対象外なので穴埋め程度にしかならない。

[[真・氷逆天の戦棍>武器/真・氷逆天の戦棍 (SSR)]]をローズクリスタルハープで妥協するのは手。事故率が減らせる。

他属性同様、火力は最終ウーノと最終カトルに依存する。

総じて集めるのは大変な割に下位互換という微妙な立ち位置。
ヴァルナ編成同様の死ににくさだけはトップクラス。

*[[アーカルム用特化編成>攻略まとめ/アーカルムの転世攻略#sb9028bf]] [#w35b5dea]

詳細は[[こちら>攻略まとめ/アーカルムの転世攻略#sb9028bf]]。
片面編成となる都合上、マグナ石やゼウス系石編成はやや弱くなり、属性石やキャラ石が活きやすい。
そのため属性×属性に近い構成となる。

*それ以外のピンポイント編成 [#z0588570]
**鞄/高級鞄 編成 [#g3346ade]

カーバンクルは攻撃力のアップしない加護だが、''「弱体耐性UP」''という貴重な加護を持つ。(高級鞄は加えてクリティカルがある)
古戦場など「上限を叩きやすい」かつ「敵のデバフが鬱陶しい」ケースでの周回では結構便利だったりする。
尤も、かなり装備やキャラを整える必要がある。
**[[ミスラ>召喚石/ミスラ (SSR)]]編成 [#dd166240]

加護の攻撃力アップ値は貧相だが、''「風キャラの弱体成功率UP」''という貴重な加護を持つ。
[[リュウ (SR)]]達の気絶や[[ニオ (SSR)]]の昏睡といったデバフが入りやすくなる。
主に、団コンテンツで火力になれないプレイヤーがサポート目的で使用する。

*コメントフォーム [#r4b8ae34]
#pcomment(,10,reply)
-当wikiはユーザー皆様が更新できるサイトです。
特に装備編成に関しては情報が最新でないことが多々あります。そのような点を見つけましたら追記・修正を御願い致します。

TIME:"2021-01-07 (木) 03:22:33" REFERER:"https://gbf-wiki.com/index.php?cmd=edit&page=%A5%AA%A5%B9%A5%B9%A5%E1%C1%F5%C8%F7%CA%D4%C0%AE%2F%C6%C3%BC%EC%CA%D4%C0%AE%CE%E3"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS