関連ページ  : 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年




6周年アップデートとみなせるものについては[6]のマークがついています

はじめに Edit

本ページは、グラブルのサービス開始から現在までを振り返って起こった出来事について記事化しているページです。
未来の日付の記事に関しては、発表された予定についてのものになります。
ページの性質上、コメントフォームの設置は行いません。

編集のルール Edit

編集をされる方は、以下のルールを読まれた上で編集をお願いいたします。
ルールから逸脱した記事は、管理人が記事内容を修正、あるいは削除いたします。
また、ルール違反が目立つ方は、アクセス規制の処置をさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 記事作成について
    • グラブル運営側が起こした行動で、プレイヤーに大きなインパクトを与えたことを記事作成の対象(良い印象悪い印象どちらも対象)とする。当時の振り返りは当wikiの雑談板過去ログ一覧、またはグラブル公式ニュースを参照
    • 脚色をしない
    • 個人的感情を含めず、客観的事実のみを書く
    • ゲーム運営に関わる人物に対する批判をしない
    • ユーザーの総意であるかのような代弁をしない
    • プレイヤー同士で起こった出来事を書かない

記事の補足、修正について

  • 情報をより明確にするための第三者の補足を認めます。
  • 記事に誤りがある場合、第三者による該当箇所の修正・コメントアウトを認めます。

現在の基本編集方針(2019年から) Edit

ほかの編集方針による加筆・編集をみとめない意図を持っているわけではありません
記事内容の一貫性を保つための参考として参照してください。
2019年から適用しています。
「大きな」の文言が示す通り、記事にするか否かは編集者の裁量が大きく反映されています。
その他例外記載も多いです。

.チャ・キャラクター
事例として重要と思われるキャラクターの追加・最終は記載
 例として、「ジャンヌダルク」のリミ化(メインストーリーでも星晶獣でもない初リミ)や、
 「サンダルフォン」(初のイベ最終)や「ゼタ」(周年イベント以外初)の最終
新シリーズの召喚石の実装の最初の1回を記載
 例として、「天司シリーズ」や「ベリアル」
キャラクターのバランス調整について、対象キャラと内容に飛べるリンクを記載

▲瓮ぅ鵐エストの更新
新章にはいるなど、大きな変化があった場合記載
運営によりメインクエストの更新方針が大きく変わった場合その最初の1回を記載

ゲーム内新コンテンツ
新マルチ、新ソロコンテンツ、新ジョブなど
「六龍HL」などの連続して同シリーズが追加されたものは最初の1回のみ記載
 ただし「○○マリス」などの長期スパンで同シリーズが実装されているものはその都度記載
コンテンツに大きな変更があった場合も記載、実装すぐの場合は実装日にまとめて記載

イベント
新開催されたもの、もしくは大きな変更要素があったものを記載
 ただし、「撃滅戦」など属性ごとに開催されるものにおける変更
 (例として六道武器の追加など)は最初の属性のみ記載

ぅ轡好謄犂慙
大きな変更があった場合記載
 例えばバトルシステムV2の実装、変更

ゥ押璽牾哀灰鵐謄鵐
公式生放送、キャラソンは記載。
それ以外は個別判断

Δ修梁
半額キャンペーンの開催は記載

なお、2019年内のみ、年内上半期を中心におこったツーラー騒動の影響力を考慮し、
不正ツール使用者に対する措置の実施を記事として記載しています。

記事テンプレ (例) Edit

●月▲日 (日にちが曖昧な場合は、上旬、中旬、下旬という書き方で構いません。) GREEでのサービス開始 Edit

GREEプラットフォームにてグランブルーファンタジーがリリースされた。過去、マルチプラットフォーム展開を公言していた同作だが、そのひとつがGREEでの展開であることが明らかになった。


2020年 Edit

5月 Edit

5月25日 アストラルウェポン正式実装 Edit

4凸でEX攻刃33%+メイン時様々な条件で上限突破要素を持つ
アストラルウェポンが正式に実装。
5凸で37%攻刃となる他、上限突破要素のメイン縛りがなくなる。

3凸及び5凸に六竜の固有素材が必要かつ5凸にはベルゼバブの素材が必要。
さらに入手にヴェルム文書、5凸にアストラが必要となっている。

5月25日 「ベルゼバブHL」実装 Edit

ルシHと同レベルの最高難易度マルチバトル。
バトルシステムV2仕様のマルチバトルで、
「予兆の解除・選別」が重要なV2らしいマルチとなっている。
くわしい内容はこちらを参照。

自発のためのフリクエがかなりの高難易度になっており、
ルシHの開幕パラロスのような足切りの意味があるとみられる。

5月25日 やりこみ要素「十天光輝の武器」実装 Edit

詳細はこちら
極みスキン入手者専用のスキン専門武器。
1個につきヒヒイロカネ1個+銀片1000+天星の欠片50+週末の暗晶50
というものすごい素材を要求される。
・・・のだが夏の生放送時点で21人が1本所持、
さらに5人もの騎空士が10本所持していることが判明。

5月15日 デレマスコラボ第8弾開催 Edit

タイトルは「シンデレラファンタジー 〜ふたたび始まる空の旅〜」

コラボキャラがSSレアキャラになってからの初めてのコラボ。
SSレア「高垣楓」がグラブル初SSレア346アイドルとして実装されたほか、
「渋谷凛&島村卯月&本田未央」のニュージェネがコンビでSSレア化

5月11日 スペリオルシリーズの5凸実装 Edit

ゴールドムーン100個(+ダマスカス分60個)で交換可能な武器、
スペリオルシリーズの5凸。

全武器に第3スキルが追加されたほか、
既存のスキルに強化が入ったり、
4凸以前のスキル毎変更が入った武器も。

従来通りのメイン武器としての使い勝手が上がったのはもちろん、
サブとしても使える可能性が出てきたのが大きい。

4月 Edit

4月29-5月10日 GW半額キャンペーン Edit

過去のプレミアムフライデーが一挙に遊べるキャンペーンが同時開催

4月22日 イベント、ガチャのボイスなし実装(〜5月前半) Edit

新型コロナの影響を受けての措置。
4月末のシナリオイベント「窮鼠迫ること勿れ」
5月開催のシナリオイベント
「シンデレラファンタジー 〜ふたたび始まる空の旅〜」、及び
4月末の新ガチャキャラがボイスなしでの実装となった。

2020年9月現在デレマスコラボ関連以外ボイスがつけられている。

4月21日 復刻イベ内で起こった不具合に対し一部アカ一時停止&回収措置 Edit

復刻「000 (トリプルゼロ) どうして空は蒼いのか Part.」内で
難易度「HELL」をスキップした際にアイテムが多く獲得できる不具合が発生。

これに対し運営が不具合を発生させたアカウントに対し一時停止&回収措置を行う。

なお、同じような対応をしたのは2017年のカジノで
デビエレの上限が不具合で上がった時以来3年ぶり。

4月16日 オイゲン役、藤原啓治さんが永眠 Edit

引継ぎは以前の病気療養中に代役を担当した山路和弘さんに

4月9日〜5月11日 「消費トレジャー0キャンペーン」開催 Edit

コロナを踏まえた緊急キャンペーン。
13日まではマグナHL&ローズクイーン、アーカーシャ
古戦場中の休止をはさみ、
20日から27日まで旧石HLとアルバハN、つよバハ
27日から翌月4日までマグナ2とルシN、リンドヴルム
4日から11日まで高級鞄HLとマリス、四大天司HL
各キャンペーンの後半部分(属性別じゃない部分)の討伐数に応じて
様々なアイテムが配布された。

4月7日 旧石系の(オールド)プライマル武器の4凸実装、一部スキル変更 Edit

2018年12月にプライマルシリーズが4凸されて以来約1年ぶりの4凸

さらに「(オールド)アルテミス」はスキル構成が
攻刃大+背水小というティア銃の上位品に大幅強化される。

4月1日 これグラ内にて古戦場の戦価ガチャ上限実装予告(翌日修正) Edit

「これからのグラブル」内にて、
「星の古戦場」の戦価ガチャのボックスに45箱の上限を設ける予告がされた。

これを受けて掲示板・SNS内で否定的意見を中心とする多数の反応、
いわゆる「炎上」が起こる。

翌日に追記され、45箱目以降の戦価ガチャが以下の様に変わる仕様に変更された。

  • 戦価ガチャからソウルシード、スキルジュエル(シャード)及びトレジャーが削除
  • 引くのに必要な量が46箱目からは4枚、81箱目からは6枚必要に
  • アイテム総数が2500個に

ここから46箱目以降の箱を俗語として「ゴミ箱」と呼ばれるように。

また、「メインターゲット」や、
超積極的ユーザー」も、
これ及びこれに関連するこれグラが元ネタ。
どのような経緯を経てこれらの言葉が使われるようになったかはリンク先参照。

4月1日 エイプリルフールイベ「深い闇」開催 Edit

毎年恒例のエイプリルフールイベント。
今年は難易度「DARKNESS」に20T撃破称号や
「1Tに与えた合計ダメージ」や「終了までの経過ターン」の
ランキングが実装。
後に夏の生放送でロベリアを使い90%を1Tで削った動画が発表された。

3月 Edit

3月31日 「スツルム」「ドランク」が恒常ガチャに追加 Edit

リミテッドキャラとして追加されたキャラが
恒常ガチャに追加されたのは初。

属性はスツルムが水、ドランクが火とお互いの属性に出張する形に。

3月24日 [6]スキルジュエル・シャードの仕様変更 Edit

詳細はこちらを参照。
その際に既存の在庫は全て回収となった。

3月24日 [6]アルバハソロ救済機能実装 Edit

天司のわっかを集めて得られる「天破の祈り」を使って
ステの大幅UPとエリクシール使用可能にする。
ただし50-30%区間は復活不可。

3月24日 [6]デュナミスシリーズ(カグヤ、グランデ)最終 Edit

どちらも召喚・加護効果に加え、’’サブ加護がつく’’方向で強化される。

  • 「カグヤ」:獲得経験値10%UP
  • 「ジ・オーダー・グランデ」:無属性の敵に対して与ダメUP(5%)

3月10日 [6]バトルシステムV2登場、 Edit

バトルシステムVer.2の主な特徴

‥┐特殊技及び行動を使う際に「予兆」を示し、
内容及び解除方法を提示してくる

  • 特定の行動をとることで、敵の特殊技(行動)を「解除」することが可能
    • 例として、30回攻撃する、チェインバーストをするなど
  • 予兆の表示やHPトリガー通過による更新は、
    アビリティや攻撃をしても表示・更新されない。
  • 召喚、もしくはポージョンを使った場合は表示・更新される。
  • 特殊行動を解除条件を満たした際にCTがMAXの場合、
    続けて特殊技の予兆が出現していたが、後に修正。

▲ャラクターに「ガード」を使うことができる。

  • 効果は防御力10倍
  • アビリティを使ったキャラクターはガードすることができない

チェインバーストの仕様が変更

  • キャラクターが奥義を使うたびに、「チェンバゲージ」が10%たまる
    • チェインをつなげることでゲージのたまる量にボーナス(4チェで+10%)
  • 100%たまると、敵に固定ダメ+属性ごとに違った効果

という仕様だったが、実装後すぐに様々な不満が出るように。
その中で、特にが
チェインバースト関連効果を持つ装備やキャラが全て意味をなさなくなるという
仕様となっていたことが致命的であった。
(ダメの固定化によりダメUP効果が意味をなさない)
そのため8月に大きな仕様変更が行われることに。(のちに変更された点を青で記載してあります)

なお、´△砲弔い董◆屮▲咾鮖箸辰晋紊紡召離廛譽ぅ筺爾HPトリガーを通過し、
予兆が出たけどガードできなくなった」という不満が語られる場合があるが、
これはおそらく召喚やポージョンを「最後に」使ったことが原因であり、
「最初に」使っておけば上記の仕様からこのようなことにはならない。

3月10日 [6]マルチ「リンドヴルムHL」&ソロ「六竜」&ドラゴニックウェポン実装 Edit

リンドヴルムは初のV2マルチで、☆5相当の中難易度HLマルチ。
六竜はこの日から約1週間毎に順次追加された
装備目安としてマグナ2完成以上が求められる高難易度ソロコンテンツ。

ドラゴニックウェポンは、「終末の神器」と同時編成不可で、

  • 3凸でEX枠の進境スキル(最大25%)
  • 4凸で属性軽減(25%)もしくは防御UP(10%)
  • 5凸で通常or方陣神威大
    と「防御よりの終末の神器」といった性能となっている。
    なお5凸には六竜のトレジャーが必要

3月10日 [6]新ジョブ「ランバージャック」「キャバルリー」実装 Edit

どちらもクラス3のないクラス4ジョブとして実装。
斧&楽器、銃&槍とあまり恵まれていない武器を得意に設定したとのこと
ランバージャック」は自動発動のアビによりフルオートで優秀
キャバルリー」は敵対心の操作が可能

3月10日 [6]6周年記念半額キャンペーン開催 Edit

  • 毎日最高100連無料10連ガチャキャンペーン
    • 最終日となる3月30日は100連確定に加えレジェフェス中での開催
      KMR氏も、「来年できるかわからない」というほどの大盤振る舞い
  • スタンプログインキャンペーン
  • キャンペーン限定クエスト追加
  • RP・EX1.5倍キャンペーン
  • AP・BP1/2キャンペーン
  • フリークエストAP1/2キャンペーン
  • エクストラクエストAP1/2キャンペーン
  • マルチバトル消費トレジャー1/2キャンペーン
  • 武勲の輝き・栄誉の輝き獲得量増加キャンペーン
  • よろず屋サポート効果UPキャンペーン
  • アーカルムパスポート追加発行キャンペーン

3月8日 6周年記念生放送 Edit

詳細はこちら

2月 Edit

2月29日 ガチャに「レイ」(リミテッドシリーズ)追加 Edit

これまでのリミキャラは法則として、

  • メインストーリーに登場したキャラクター
  • 「使徒」「天司」といった高位星晶獣+それ以上の存在(ルシオ)
  • 例外的な使徒的存在:ジャンヌダルク
    の3種に大別されていたが、今回
  • 周年イベント由来のキャラクター(+十天衆関連キャラ?)のくくりが登場

次のグラフェスでは同枠の「ムゲン」が登場

2月26日 イベント「こくう、しんしん」開催 Edit

今年の周年イベは十天衆が主役。
報酬として、好きな十天衆を1名仲間にできるという、
破格のイベントとなった。
なお、後の生放送ではイベントの主役格となったシス、シエテの取得率が高かった。

イベント報酬キャラは「シス」(SSR)と、これまた初の十天衆の配布。

2月20日 スタレ新仕様、選抜式に Edit

今回から属性を選んで回すタイプのスタレが新仕様に。

  • 火&水、土&風、光&闇の中から1つを選ぶ選ぶ
    次の同型スタレからは6属性の中から1つを選ぶように
  • 選んだ属性の中で、運営が選抜した武器or召喚石が確定枠に必ず出現

現在(2020.8)の基準は直近に追加された+武器が優秀なキャラ開放武器+優秀な召喚石。

2月21日〜3月10日 6周年前夜祭半額キャンペーン Edit

  • 1日1回レジェンドガチャ無料キャンペーン
  • スタンプログインキャンペーン
  • キャンペーン限定クエスト追加
  • RP・EX1.5倍キャンペーン
  • AP・BP1/2キャンペーン
  • フリークエストAP1/2キャンペーン
  • エクストラクエストAP1/2キャンペーン
  • マルチバトル消費トレジャー1/2キャンペーン
  • 武勲の輝き・栄誉の輝き獲得量増加キャンペーン
  • よろず屋サポート効果UPキャンペーン
  • アーカルムパスポート追加発行キャンペーン

2月18日 シードのない初めての古戦場開催 Edit

2月6日 グランブルーファンタジーVS発売!!! Edit

グラブル初のコンシューマーゲーム進出。

2月5日〜21日 グラブルVS発売記念サイドのみ半額キャンペーン開催。 Edit

  • スタンプログインキャンペーン
  • サイドストーリーAP1/2&トレジャー交換1/2キャンペーン

なお、キャンペーン中のログインボーナス配布はビィくんにかわりベリアルが担当

1月 Edit

1月28日 イベント「Spaghetti Syndrome」開催&「ゼタ」最終上限解放 Edit

周年イベント以外では初となるイベント限定トレジャーを用いた
キャラクターの最終上限解放となった。

1月22日 キャラソン18弾「彩花の契り」(ユイシス)発売 Edit

CVは立花里香さん。
特典として、ボイススタンプ2種とSレア以上ガチャチケ、エリクシール*3

1月14日&28日 キャラクターバランス調整 Edit

対象キャラは、光属性「メリッサベル」(バレンタインVer)
「ゼタ」、「バザラガ」の3人
詳細はこれぐら1月号にて

1月7日 ディレクターレター Vol.3 Edit

毎年恒例のFKHR氏によるディレクターレター
特に前半部分を中心に今後の「自分が作るゲーム」をどうしていきたいかを
情熱的に語る内容となっている。
ただ誤解を生みやすい内容となっているのもまた事実であり、
この中のトライアンドエラーは迷言として俗語集に記載された。
細かい誤解の内容や正しい発言意図(と思われるもの)はリンク先を参照。


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-20 (日) 22:13:31