//参考:各常設マルチ討伐戦のトップ画像はtwitter救援時に表示される画像を利用しています。

&size(16){[[マルチバトルについて>NORMALマルチバトル攻略法]] | [[マルチバトル一覧]]};

|LEFT:~[[NORMALマルチバトル攻略法]]|SIZE(16):[[島ボス>NORMALマルチバトル攻略法/島ボス]] / [[マグナボス>NORMALマルチバトル攻略法/マグナボス]] / [[召喚石マルチ>NORMALマルチバトル攻略法/召喚石最終解放マルチバトル]] / [[プロバハ・グランデ・黄龍・黒麒麟>NORMALマルチバトル攻略法/プロバハ・グランデ・黄龍・黒麒麟]] / [[四大天司マルチ>NORMALマルチバトル攻略法/四大天司マルチバトル]]  / [[アルバハN>NORMALマルチバトル攻略法/アルティメットバハムート]]|
|LEFT:~[[HIGH LEVELマルチバトル攻略法]]|SIZE(16):[[マグナHL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マグナHL]] / [[マグナII HL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マグナIIHL]] / [[旧召喚石HL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/旧召喚石マルチバトルHL]] / [[ローズクイーンHL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/ローズクイーンHL]] / [[高級鞄マルチHL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/高級鞄HL]] / [[プロバハHL>HIGH LEVELマルチバトル攻略法/プロトバハムートHL]] / ''アルバハHL''|

----

&size(24){''&color(#ff0000){ワンパン、放置 ダメ、絶対!};''};

#contents
----
*神撃、究極の竜HL(アルティメットバハムートHL)攻略 [#e5596e81]
**概要 [#n49441ed]

通称「アルバハHL」と呼ばれるマルチバトル。

-参戦可能人数:6人
-自発:1日1回制限。AP100と「星の欠片」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する。
[[「神撃、究極の竜」(アルティメットバハムートNORMAL)>NORMALマルチバトル攻略法/アルティメットバハムート]]を自発してクリア済みであること
-エリクシール使用不可

&size(16){''&color(red){現状最難関のクエスト};。非常に難易度が高く、参戦者に高い理解と装備が求められる。''};
&color(red){''Rank130に上がりたてでは全く戦力にならない。''};

初見かつ野良募集(共闘ルーム)における大まかな参戦基準の目安。

:●Rank|
全体HPupゼニスが取得可能な155以上必須
全体HPupゼニスIIが取得可能な185以上推奨
:●キャラ|
かばう(主人公不可) or 敵対心UPキャラ1人以上
:●HP|
主人公30000以上、仲間25000以上
:●召喚石|
サブ石:トール

**ステータス詳細 [#ge0be4a0]
#ref(img/news_ultimate.png,nolink,80%,神撃、究極の竜)
|~マルチバトル名|~参戦人数|>|>|~自発(1日1回制限)|~救援|~備考|h
|~|~|~解放条件|~必要アイテム|~消費AP|~消費BP|~|h
||CENTER:|||CENTER:|CENTER:||c
|神撃、究極の竜HL|6人|[[ベスティエ島(92/99章の場所)>ベスティエ島#q5deb5fb]]&br;Rank130以上&br;「神撃、究極の竜」を自発してクリア|星の欠片 ×1|100|5|エリクシール使用不可|

|~Lv&br;名前&br;(属性)&br;推定HP|~チャージターン&br;モードゲージ|~[[特殊技>用語集#t0kushuw]]|~特殊行動、備考|h
|100|SIZE(11):CENTER:|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|Lv200&br;アルティメット&br;バハムート(HL)&br;(無属性)&br;&br;4.2億|CENTER:◇◇◇◇&br;あり&br;&br;通常攻撃単体 |ダイダロスウィング&br; 全体無属性ダメージ、自身に「高揚」(CTが2つずつ増加)付与&br;&br;キルフレア&br; 火属性&color(inherit){多段ダメージ、最後の1撃は単体特大ダメージ 、灼熱+虚脱付与&br;&br;};&color(inherit){バース・コントロール&br; 土属性単体特大ダメージ、対象者2人は後衛とチェンジ};  |''HP100%'' 破滅ノ刻(開幕行動、フィールド追加、ダメージなし) &br;フィールド効果:敵味方クリティカル発生&br;&br;''HP95% ''ダイダロスウィング&br;(風属性全体1万ダメージ、自身に「高揚」付与)&br;''&br;HP85%'' キルフレア &br;(火属性多段ダメージ+単体特大ダメージ、バフ消去、灼熱+虚脱付与)&br;&br;''HP80%'' チャージターンMAX&br;&br;''&color(#ff0000){「ターゲッティング」};''状態中に次ターン発動:&br;レギンレイヴ(多属性多段特大ダメージ)&br;※ターゲッティングは敵通常攻撃で付与されることがある。クリア可、マウント不可、幻影で予防可|
|~|CENTER:◇◇&br;あり&br;&br;通常攻撃全体|&br;キルフレア&br; 火属性&color(inherit){多段ダメージ、最後の1撃は単体特大ダメージ 、};灼熱+虚脱付与&br;&br;バース・コントロール&br; 土属性単体特大ダメージ、対象者2人は後衛とチェンジ |''HP75% ''デバフ消去(最初の1人のみ)&br;バース・コントロール&br;(土属性単体5万ダメージ+対象含めた2キャラが後衛とチェンジ、バフ消去)&br;&br;''HP70%'' デバフ消去(参戦者全員に発動、1人につき2つ)&br;神撃(光属性全体約1万ダメージ、自身に「神光」付与)&br;※「神光」 個別バフ、3ターンの間ランダムでデバフ付与&br;&br;''HP55%'' キルフレア&br;(火属性多段ダメージ+単体特大ダメージ、防御ダウン+石化付与)|
|~|CENTER:◇◇◇◇◇◇◇&br;あり&br;&br;通常攻撃なし|天地鳴動&br; 次ターン参戦者全員に「理の超越」発動(サブも含め全滅。強制敗北)|''HP50%'' デバフ消去(最初の1人のみ)&br;シリウス(無属性 割合30%ダメージ4発、バフ消去)※かばう有効&br;             HP10%まで攻防デバフRESIST スロウグラビティRESIST&br;30%までHPトリガー以外の攻撃はしてこない&br;''&br;HP45%'' シリウス(属性多段ダメージ)&br;&br;''HP40%'' シリウス(無属性 割合30%ダメージ4発)&br;&br;''HP35%'' シリウス(属性多段ダメージ)|
|~|CENTER:◇◇◇◇&br;あり&br;&br;通常攻撃単体 |ゴッドヴォイス&br; 全体土属性ダメージ、自身にTA率アップ付与、連撃ダウン付与&br;&br;オメガブラスト&br; 全体水属性ダメージ、バフ&color(inherit){消去};&br;&br;''OVER DRIVEモード:''&br;完全なる破局&br; 全体に闇属性999999ダメージ|''HP30%'' デバフ消去(最初の1人のみ)&br;滅ビノ刻(フィールド変更、バフ消去、ダメージなし) &br;フィールド効果:敵味方クリティカル発生+攻防UPバフ無効+HP10%以下即死&br;&br;''HP28%'' チャージターンMAX&br;&br;''HP22%'' オメガブラスト(全体水属性ダメージ、バフ消去)&br;&br;''HP15%'' 完全なる破局(全体に闇属性999999ダメージ、&br;自身に「終末の光」「神光」付与、「召喚不可」付与)&br;※「終末の光」 個別バフ、3ターンの間敵行動後に無属性多段ダメージ&br;※「召喚不可」 永続デバフ、クリア&マウント不可|
|~|CENTER:◇◇◇&br;あり&br;&br;通常攻撃全体|~|''HP10% ''デバフ消去(参戦者全員に発動)&br;ビッグバン(無属性+属性多段ダメージ、バフ消去、「召喚不可」付与)&br;&br;''HP5% ''キルフレア(闇属性全体ダメージ、自身に「終末の光」付与)&br;&br;''HP1% '' ビッグバン(無属性+属性多段ダメージ)|
**解説と攻略 [#lb7a2812]
***注意事項 [#q048c843]

以下はアルバハNと同仕様

-「破滅ノ刻」永続フィールド効果(敵HP100〜30%):属性に関係なく敵味方にクリティカルが発生
-「滅ビノ刻」永続フィールド効果(敵HP30〜0%):属性に関係なく敵味方にクリティカルが発生+攻防UPバフ無効(ニオ、カリオストロ等の特殊バフは有効)+HP10%以下になると戦闘不能
-アルバハの通常攻撃は6属性からのランダム(敵HP100〜50%:火水土風から選択、敵HP30〜0%:光闇から選択)
-光・闇属性の与ダメージは減衰計算後に一定割合が減算される(敵HP100〜75%:20%、敵HP75〜50%:15%、敵HP50〜0%:10%)※暫定
-麻痺中でもHPトリガー行動が発生

***編成 [#mbdd98c3]

'''''・'''ジョブ''
セージ1、スパルタ5編成が主流。
属性は土が最も有力。光も1人いると安定するので光1土5が理想。
他属性でも勿論クリアは可能だが出来るだけ楽に&安全に倒したいなら土属性を中心に募集するといい。

パーティ全体のHPを25000ほど確保するため、ヒールオールの1000余りの回復より7割カットが多いスパルタ重視が安定する。
回復に不安がある場合は各自で回復手段を持ち込むこと。

セージのアビ構成は''クリアオール''、''リヴァイヴ''、''ディスペルシージ''でほぼ固定。
スパルタのアビ構成は''センチュリオンII''がほぼ固定、EX枠はディスペルorクリアorかばうorリヴァイヴから選択。
かばうはファランクスと合わせることで、無属性シリウスを除く単体・多段特殊技を全て無効化できるため何かと便利。

'''''・'''キャラ''
アタッカー、バッファー(カットや回復含む)、デバッファーの3人をバランスよく配置する。
更に言えば、それらの役割を複数こなせるキャラが望ましい。
「ダメージさえ稼げればいい」とアタッカーとバッファーだけでパーティを組む者もいるが、高難易度マルチではご法度。
ましてやアルバハHLは最高難易度のコンテンツのため周りとの連携を取ることを第一に考えること。
(なお、団内討伐などでデバフ専門のメンバーなどを予め決められる場合はこの限りではない)

#region(''各属性の詳細'')

''&size(16){属性選びにおいては、火力・生存力};&color(#ff0000){&size(16){以外の役割も};};持てるかが重要。''

・''&color(#ff0000){火};'':火力を背水や技巧に頼るため安定に欠ける。エッセルもアルバハに不向きなため総合的なキャラパワーも弱め。
・''&color(#0000ff){水};'':HPと火力を両立できる武器編成が容易でカット持ちキャラが複数おり、更に十天2人がどちらも強力なため安定性が高いと言われる。反面火力はなくジリ貧になることも。
・''&color(#ff0000){火};'':アニラの全属性デバフが非常に有用。エッセルがアルバハに不向きなこともあり総合的なキャラパワーは弱め。
・''&color(#0000ff){水};'':高火力武器が乏しく火力が低い。十天2人も守り向けなためジリ貧になりやすい。他参戦者をサポートするデバフ役としては優秀。
・''&color(#993300){土};'':火力の高い十天2人と抜群の防御性能を誇るブローディアが優秀。理想編成さえ組めれば火力も安定性も随一で対アルバハでは最強の属性。編成難易度が高いのが欠点。
・''&color(#00ff00){風};'':シエテによる瞬間火力とニオを始めとした防御寄りキャラを複数擁する。土と同様に火力と安定性を両立出来る。
・''&color(#00ff00){風};'':シエテによる瞬間火力とニオを始めとした防御寄りキャラを複数擁する。土同様に火力と安定性を両立出来る。
・''&color(#ffcc00){光};'':ソーンによる麻痺といち早くトールを召喚出来る事を生かした70%トール召喚役を担当する。アルバハは光闇耐性持ちのため火力が出しづらく、多くても2人いれば十分。
・''&color(#800080){闇};'':火力が背水技巧頼り、アルバハが光闇耐性持ちと非常に厳しい。
・''&color(#800080){闇};'':火力が背水技巧頼り、アルバハが光闇耐性持ちと非常に厳しい。十天のシスもあまりアルバハ向きではない。

・恐怖について
 HP50%から30%区間でCTMAXの特殊技「天地鳴動」が発動すると参戦者全員が強制敗北のため、アルバハ実装初期に重要視されていた。
 しかし、充分な火力があれば恐怖なしでも問題なく突破できること、また同じく天地鳴動対策として使用されるテュポーンと比較すると付与成功率が安定しないこともあり、現在は必須ではなくなっている。
 メンバーの火力やテュポーンの枚数に不安がある場合は、恐怖役を決めておくのもよい。

''&size(16){&color(#ff0000){(火属性)};};''
''強力なバフ・デバフを持つ最終アニラが必須''''。''火属性を起用する理由はアニラのデバフにある。
その他デバフ持ちは累積防御ダウン持ちのスツルム、50-30区間で有効な恐怖持ちのパーシヴァルの優先度が高い。両キャラとも火力も高い。
クラリスはディスペル&弱体耐性ダウン&防御+属性防御ダウン持ちであり、サポアビにより上記デバフキャラのサポートも可能と何かと便利。
シリウス対策としてはかばう持ちのアギエルバ、敵対心UP&火力が高い水着ベアトリクスが候補となる。
最終エッセルはトレハンの重要性が低く、デバフ消去のトリガーでブレイクも回復することから4アビも活かしづらいため優先度は低い。
ラカム(リミテッドVer)は2アビでブレイクを早めることができるため、最終エッセル起用や80%トリガーによる特殊技での事故を減らす際には有用。

''装備編成例''
アグニス×アグニス
・守護枠
バルムンク、ローズクリスタルボウ、[[朱雀光剣>武器/朱雀光剣 (SSR)]]・王、パラスの剣、ブリューナク
・火力枠
クリムゾンフィンガー、[[エッケザックス>武器/エッケザックス (SSR)]]、[[ベネディーア>武器/ベネディーア (SSR)]]、[[真・灼滅天の刃鎌>武器/真・灼滅天の刃鎌 (SSR)]]、オメガスウォード

サイドストーリーで入手可能かつ、守護(大)をSlv15で積めるバルムンクが便利。
これに加えてローズクリスタルボウと[[朱雀光剣>武器/朱雀光剣 (SSR)]]orパラスの剣orブリューナクを入れるとHPが2万を超える。(Rank185以上であれば2万5千前後)
クリムゾンフィンガーや[[エッケザックス>武器/エッケザックス (SSR)]]による背水を活かすにはある程度の慣れが必要。
剣得意の有用キャラが多いため、オメガ剣+スパルタ編成が動きやすい。

''&size(16){&color(#0000ff){(水属性)};};''
''最終カトルと最終ウーノの両方が必須''。
100%カットのウーノと2連かばうを使用出来るロミオなど防御面に秀でたキャラが多数おり、優秀な守護武器も多い事故率が低い属性。
また50%以降の攻防ダウン無効ゾーンにおいても効果を発揮する『喪失』を持つ最終カトルが居るため参戦者全員に恩恵がある。

''最終カトル''
様々なデバフを搭載しているため、4アビ使用時のデバッファーとしての能力は計り知れない。
2アビのグラビティとディスペルも多大な貢献をする。
奥義効果で覚醒四天並の連撃率を全員に付与するため、総合力はかなりのもの。
4アビは厄介な区間(40%-35%、15%-10%など)を通過する為に使う。

''最終ウーノ''
100%カット・かばうカウンター・無条件アサシン系・奥義で全員に渾身とバリアを付与と、火力・防御の両面において全属性を見ても最高峰のキャラクター。

デバフ役
アルタイル:クリバフ、属攻バフ、奥義加速を求めての起用が主。デバフも優秀だが個々の効果量は小さめでデバッファーが他にいる場合は腐りやすい。
ソシエ:高回転回復による渾身維持担当。ただし奥義バフはディスペルで剥がされるため奥義を撃つタイミングがシビアになる。デバフも強力だが属防デバフは持たない。
ドランク:高性能な弱体耐性ダウン所持。攻防デバフ、属防デバフ、ディスペル、少量ながら回復も持つ万能キャラ。迷ったらこいつでいい。
ヴァジラ:累積弱体耐性ダウン、恐怖、消去不可のバフを持つ。バフの性質上、採用価値はミュルグレスの本数に比例する。石化を放置するとバフが途切れる事がある。

かばう役
ロミオ:2連かばうにより55%と50%のトリガーを一人で受け持てる。1アビによる属防デバフも決まれば大きい。かばう役に迷ったらこいつでいい。
ヨダルラーハ:かばう持ち。アルバハ参戦者なら99%が所持しているであろうキャラ。ロミオがいない場合の代役、もしくは2発目のシリウス用。
アン:槍得意。セージ向け。かばうは持たないが、最大までLBの敵対心を高めればアビポチなしで庇える。主人公にシリウスが4連直撃する確率は約4000分の1。
ヴェイン:槍得意。敵対心UPによる事故率軽減と3アビの爆発力がウリ。状況により出来る事が変わるキャラなため、立ち回りが煩雑になりやすく上級者向け。

''装備編成例''
ヴァルナ×ヴァルナ
・守護枠
 フィンブル×2〜3、[[オベロン>武器/オベロン (SSR)]]×0〜4、氷晶杖orウェルギリウス×0〜1、ローズクリスタルハープ×0〜1
・火力枠
 [[ミュルグレス>武器/ミュルグレス (SSR)]]×1〜5、デュランダル×0〜4、[[真・氷逆天の戦棍>武器/真・氷逆天の戦棍 (SSR)]]×0〜2、レヴィアンゲイズ・マグナ×0〜1

HP確保の目安はフィンブル×3+[[オベロン>武器/オベロン (SSR)]]×2+ローズクリスタルハープ(HP約3万)。
渾身維持が難しい場合はフィンブルを少なめにしてウェルギリウスや[[オベロン>武器/オベロン (SSR)]]を適宜増やす。
火力は残りの枠の課金武器(主に[[ミュルグレス>武器/ミュルグレス (SSR)]])の本数と、立ち回りで渾身をどれだけ活かせるかで決まる。

''&size(16){&color(#993300){(土属性)};};''
''最終サラーサ、最終オクトーが必須''

瞬間火力の高さを生かし、40%〜35%、30%〜28%、15%〜11%等全体の流れが止まりがちな区間で削り役として動くことが求められる。
飛天2連+三寅剣モード時でおよそ3%〜4%削れてしまうため無茶なトリガー削り、先行等は避けるのが望ましい。
ただし急な削りは他参戦者を巻き込む事故も非常に多く、事故を起こさないよう細心の注意を払う必要がある。
大きくHPを削るタイミングではチャットで周りに一言声をかけること推奨。

''最終サラーサ''
効果の大きい土属性デバフを持ち、火力の起点となる。(グラゼロ後はフォローが必須)
バリアとカウンター、自己回復を持つため高い生存力と火力を両立できるのも長所。
ただし背水の管理が非常に難しいため、運用には細心の注意が必要。
4アビはオクトーの奥義と合わさるといきなり数%削り取ってしまうこともあるため他の参戦者がトリガーを踏まないように注意が必要。

''最終オクトー''
背水に依存せず、強力無比なクリティカルと飛天奥義で大火力を出すことができる。
ダメージソースが奥義にあるため、突然アルバハのHPをごっそり削り取ることが多い。
4アビの性能がアプデにより変化したため、早い段階で使用して総火力を上げていくとよい。
サラーサの4アビと同じタイミングで使用すれば、瞬間火力としても貢献できるため適切なタイミングで使用したい。
ただしサラーサ同様、他の参戦者がトリガーを踏まないように注意が必要。

''ブローディア''
個人バフの刃鏡展開は消去不可、更に奥義のディスペルは神光バフを打ち消せる。
土は火力を求められる分防御面が疎かになりがちだが、ブローディアがいれば安定と火力の両立が格段に楽になる。

他の候補としてはカイン(リミテッドver.)。
消去不可かつほぼ常時展開可能なバフで味方を補佐出来る。
命中不安ながら片面ミストとも言うべきデバフも強力。

サブ枠として優秀なのはかばう役のサラかラスティナ。
火力はややラスティナが上だが、麻痺しなかった場合はサラのカットアビが活きる事もある。

''装備編成例''
ティターン×ゴッドガード・ブローディア
ティターン×ティターン

・守護枠
ローズクリスタルクロー×0〜1、刃鏡片×1〜3(パラシュ×0〜2、裁きの鳴雷×0〜3)
・火力枠
[[エーケイ・フォーエイ>武器/エーケイ・フォーエイ (SSR)]]×1〜4、アッキヌフォート×1〜4、ストラトゥムバンカー×0〜2、ラスト・シャフレワル×1〜2
理想は刃鏡片、エーケイ・フォーエイ、ラスト・シャフレワルの組み合わせ。
パラシュ、裁きの鳴雷は刃鏡片に比べ火力が圧倒的に足りないため非推奨。
アッキヌフォート、ストラトゥムバンカーも技巧や背水に頼るため安定感に欠ける。出来れば採用は避けたい。
メインウェポンとしてはオメガ剣が最有力だが、連撃と属攻バフを他(武器スキル、オクトー奥義+ブローディア奥義)で用意出来るならラスト・シャフレワルも可。

''&size(16){&color(#00ff00){(風属性)};};''
''最終シエテと最終ニオの両方が必須。''
また、サブ石にシヴァか4凸バハが必要。

シエテの存在から奥義火力が高くHPを一気に削るので、他の参戦者がトリガーを踏まないように注意が必要。

''最終シエテ''
アルバハ攻略に最も貢献できるのは4アビの瞬間火力。シヴァやバハの召喚効果を合わせて約5%のHPを吹き飛ばす。主に15%以降での使用が一般的。
15%以降で4アビを発動させるためには22%のオメガブラストを100%カットor無敵かつ剣光より後に5つ以上バフを盛って維持するか通過後に急いで溜め直す必要がある。

''最終ニオ''
サポアビの「調律状態の敵から受ける被ダメージを20%軽減」によりパーティ全体の耐久力を上げられる。
昏睡の主な使いどころは75〜70%か70〜50%の全体通常攻撃ゾーン。
頻繁に強化効果消去がかかるため、2アビの使用や奥義による特殊強化の延長タイミングに注意したい。
4アビはDPTが非常に優秀。主に50%通過後30%までの削りに使用する。

残り1枠の編成候補としてはミスト互換のアビリティを持つアンリエット、高命中率の弱体耐性ダウンと全体幻影付与を持つカルメリーナがいる。
累積防御デバフを持つランスロットも優秀。上限は20%と控えめだが、参戦者全員の火力が最低でも25%増しになると考えれば効果は絶大。

サブメンバーには蘇生と回復とクリア2枚を持ち立て直し能力に秀でたレナ、かばう要員および回復役としてアンチラが便利。
アンチラは1アビで全員の体力を最大に戻した上で50シリウスを1人で受けられるため、その後のHP確保が非常に楽になる。
アンチラがいない場合、敵対心UPキャラとしてはユイシスやジークフリート(浴衣Ver)を使い事故率を減らしたい。

リミテッドリーシャは序盤のターゲティングをピンポイントで解除しつつニオのバフと重ねて高い火力を得られる。
しかし完全に個人プレイに専念することになるので野良では非推奨。

''装備編成例''
[[エターナル・ラヴ>武器/エターナル・ラヴ (SSR)]]×3〜5、[[リユニオン>武器/リユニオン (SSR)]]×3〜5、[[真・黄木天の箭>武器/真・黄木天の箭 (SSR)]]×1〜2、ティアマトボルト・マグナorティアマトガントレ・マグナ×1、ローズクリスタルアクス×0〜1。
片面神石の場合、[[リユニオン>武器/リユニオン (SSR)]]4本程度でHP3万を確保出来る。

&color(#ffcc00){&size(16){''(光属性)''};};
''最終ソーンと召喚石トールの両方が必須。''
得意武器を揃えつつバランスよくキャラクター編成が可能なため、オメガ剣・杖を活かしやすい。

''最終ソーン''
火力を補うクリティカルバッファー兼麻痺役。
70%でトール後に2アビ→3アビと使用し麻痺を入れるのが最も重要な役目のため、75%トリガーでの強制メンバーチェンジを考えて編成を考慮しなくてはならない。
【1】サブに編成し75%-70%区間でゲージを稼ぐ。
 他参加者が速い場合は大抵間に合わない。セルエル、ヴィーラ(リミテッドVer)等のゲージ加速用メンバーもサブに入れること。
【2】サブメンバーを編成せず最初からフロントで使う。
 事故時の対策として蘇生手段として最終フュンフやエウロペを組み込むこと。
【3】最初からフロントで使い、75%はスルーする。
 他参加者が速い場合や慣れている時用。例えば野良の185↑部屋では麻痺を入れる速度が重要なのでこちら。
 フロント編成のため、開幕2アビでのデバフ貢献もできる。(70%通過までに7ターン回す必要がある)
 【1】とは逆に、他参加者が遅い場合周りへの負担が大きくなる。低ランクが居る野良では不向き。

70%-50%区間で麻痺が入らなかった場合は、30%トール後に再度狙えるよう奥義ゲージや3アビリキャストを調整しておくこと。
4アビの使い所は30%以降のカトルの紫麻痺の延長。麻痺が入らなかった場合は1アビと合わせて15%、10%トリガー付近の削りとして使用すると良い。

''最終フュンフ''
高い回復能力を持ち、渾身+活性により全体の火力底上げに寄与する。
また、神光には2アビが有効で奥義ディスペルも持つため特にスパルタ編成で起用したい。
3アビは事故時の保険としてリヴァイヴ持ちの主人公もしくはフュンフ自身に使う。
4アビは若干使いづらい点が目立つ。
(蘇生はサブメンバーに効果が及ばないため4人生存2人死亡時は誰も蘇生しない、蘇生直前のフロントメンバーのみ蘇生のため早々に主人公が落ちている場合主人公は蘇生しない等)
サブメンバーなしの編成では上記でメリットを全て無視できるため非常に有用。

ルシオ:剣得意バランス。全体バリアと少量だが回復も持つため渾身維持にも一役買える優秀なアタッカー。
レ・フィーエ:剣得意。被回復上限UP持ち。全体幻影と全体活性で安定性を底上げ出来るが、どちらも使用タイミングがややシビア。属防ダウンを持つが効果は弱め。
セルエル:剣得意。奥義バフはソーンと共存可。全体奥義加速でソーンを引っ張るのが主な役割。1アビによるダメージ蓄積も何気に大きい。
ソフィア:杖得意。ターゲッティング解除と万一の際の保険が任務。75%トリガーの機嫌次第でフロントに居座ってしまう。火力は皆無なので安定した編成&立ち回りが出来るなら不要。
イオ(リミテッドver):杖得意。全体回復持ち。渾身維持が主な役割のため神石編成向け。ストレングスバフはフュンフと相互上書き。

かばう役
ロザミア(SSR):剣得意バランス。高火力を生かした削りとシリウス吸い寄せが主な役割。効果は弱めだが累積防デバフを持つため生き残っても腐りはしない。
バウタオーダ(SSR):剣得意。敵対心UPと全体カット持ち。防御キャラゆえに与ダメを稼ぎにくいため、出来れば早めに退場させたい。
クラリス:杖得意。属防25%デバフとディスペルを持つ。敵対心UPは上記2人より効果が弱いが、それでも主人公に4連直撃する確率は約2400分の1まで下がる。
ヴィーラ(リミテッドVer):特殊なかばう、ディスペル持ち。ビットの管理が難しいためかばう役としては上記3人を使う方が良い。

''装備編成例''
''・ゼウス編成''
 [[エデン>武器/エデン (SSR)]]×2〜4、[[ガンバンテイン>武器/ガンバンテイン (SSR)]]×1〜4、黄竜刀×0〜1、[[真・道天浄土>武器/真・道天浄土 (SSR)]]×0〜1、紅陽扇×0〜2、シュヴァリエソード・マグナ×0〜3

''・マグナ編成''
 シュヴァリエソード・マグナ×6〜8、ソード・オブ・コスモス×0〜1、バハ武器×0〜1、[[真・道天浄土>武器/真・道天浄土 (SSR)]]×0〜2
 自然と剣染めになるため、剣得意キャラとその他キャラで攻撃力にかなりの差が出る。
 

''&size(16){&color(#800080){(闇属性)};};''
//&size(12){''主に恐怖を担当する属性であり、黒騎士必須。''};
//黒騎士自体は有用だが、恐怖は現状不要論が強く、恐怖だけでは起用点になりにくいためCO
アルバハは闇光にダメージ耐性があるため、生半可な編成では貢献出来ない。
またアルバハ向きと評価される闇キャラがことごとく得意武器不一致であり、オメガ武器の恩恵を受けにくいのも向かい風。
最終解放[[ブルトガング>武器/ブルトガング (SSR)]]やグラーシーザー、ケルベロスオーダーなど
強力な武器を限界まで揃えてやっと他属性と並べるといったところ。
優秀な防御キャラも乏しく、立ち回りの面でも高いプレイヤースキルを求められる。

&size(12){''最終シス''};
強力な累積バフと自衛力が魅力で、確定完全回避を所有し無敵もあるため、キャラ単体では攻防一体で頭一つ抜けている。
麻痺中や50-30%の削り能力が非常に高いが、麻痺は時間が余ることも多く、50%-30%区間はDPSよりもDPTの方が重要なため
通常攻撃が強力というシスの強みはそれほど優秀とは言えない。
頻繁に飛んでくる強化効果消去にも弱く、無理にパーティに組み込む必要はあまりないと言える。
アタッカーとしては優秀ではあるので、他に有用なキャラがいなければ選択肢に入るだろう。

黒騎士は恐怖、ディスペル、敵対心アップに自己回復、多数のLBクリティカルなど、アルバハへの適性は高い。
恐怖の命中率もヴァジラ、パーシヴァルより上で信頼性が高い(ヴァジラは弱体耐性ダウンを持っているので実質同等だが)
累積弱体耐性ダウン持ちのケルベロス、累積防ダウンを持ち回復(バリア)も行える水着ダヌア、カリオストロ(ハロウィンVer)なども有用。
累積系のデバッファーとしては各々優れているので、参戦者を徹底的に補助する戦い方をするのも悪くない。
貢献度が稼げないため、野良では寄生と誤解される可能性もあるが…

無属性シリウスへの対策としてはシロウ(SSR)が挙げられる。
SRにはかばう持ちキャラが複数いるが、ただでさえ火力不足の闇でSRを入れる余裕は残念ながら無い。
幸い黒騎士がデフォルトで敵対心アップを持っているので、2発目のシリウスが主人公に4連直撃する確率は625分の1まで抑えられる。
事故の可能性を0には出来ないが、これで我慢するしかないだろう。

''装備編成例''
''・ハデス編成''
グラーシーザーor[[ブルトガング>武器/ブルトガング (SSR)]]×4〜6、ケルベロス・オーダー×2、ディアボロスボウ×1〜3、[[真・普天幻魔>武器/真・普天幻魔 (SSR)]]×0〜1

#endregion

''・サブ召喚石候補''
サブ石に迷ったときはアテナ1枚、トール1枚、残りの2枠にテュポーン/回復石/幻影石/etc...の編成が堅い。

#region(''召喚石詳細'')
-トール
--デバフ用。アルバハはトリガー行動でデバフ消去を頻繁に行う上、素の弱体耐性が高いことから非常に重要な存在となっている。
--&color(#ff0000){''参戦者全体で最低3枚は欲しい。''};
--担当者が事故で召喚できなくなることもあるため、予備として各自で1枚ずつ持ち込むとさらに安心できる。
--クエスト開始前に&color(#ff0000){''必ず''};誰がどこでトールを撃つのかを決めておくこと。
--使用タイミングはHP70%、HP30%、HP10%のデバフ消去トリガー後。優先度は10>70>30。
&color(#ff0000){''50%での使用は予備の減少や連撃ダウン耐性が上がってしまうため非推奨''};。
一応、属性ダウンを始めとした他デバフを入れやすくなるというメリットは有るが、30%および10%以降に連撃ダウンが入らないと事故の元となる。
--&color(#ff0000){''10%のトール召喚は低火力者が担当することを推奨。''};高火力者が担当するとHP15%から5%区間の削りに支障が出る恐れがある。
-テュポーン
--HP50%から30%区間でのCTリセット用。
--50-30区間で使用しなかった場合は28%のCTMAX時に使用するとよい。
--(全体の火力が低い場合)合体召喚を利用することで、1枚で2人分使用することができる。
意図しない合体召喚で2人分使用できなくなることを防ぐため、テュポーン使用者はCTMAXではなく一歩手前のCT6で止まっていることが望ましい。
(チャットで点呼後、CT6時に適当な石を召喚して合体召喚除去→CTMAXでテュポーン使用)
-アテナ
--55%、15%トリガーの100%カット用に1枚は欲しい。
-4凸ルシフェル
--3000回復。ステータスも高い。
-3凸グランデ
--1000×3ターンの吸収で4凸ルシがない場合の代用。
ルシフェルと比較した際の利点はカトルで1ターン延長可能な点。
欠点はグランデ同士で合体召喚した時に効果が重複せず、バフ消去に弱い点。
-4凸ティアマグ、ガルーダ、ナハト
--幻影石。単体通常攻撃や単体特殊技受け流し用。
バースコントロール、45・35の属性シリウス、30-15区間の通常攻撃と広く活躍可能。
-4凸バハムート
--HPトリガー前の押し込みに便利。ステータスも高い。
-4凸カー・オン、ヘクトル、プロメテウス、ギルガメッシュ、バイヴカハ、アヌビス
--対象属性で参戦する場合の火力補助。
神石×神石編成の場合、アルバハが無属性であることもあり効果は高い。
キルフレア用のカー・オン、完全なる破局用のヘクトル以外はカット目的では不要。
-シヴァ
--主にフルチェと合わせた特定区間の吹き飛ばし用。
無属性シリウス事故を防ぐ41-36区間や、CTMAXをスルーできる31-28区間を吹き飛ばすと良い。逆にそれ以外の区間では事故要因となるため使用厳禁。
--風パでシエテの4アビと合わせて15%~10%を吹き飛ばす用。
--再召喚不可能。
-エウロペ
--成功率100%で2人蘇生。事故時の保険用。
合体召喚を利用することで所持者以外の事故時でも使える。
--再召喚不可能。
-ゴッドガード・ブローディア
--全属性ダメージカット石。ダメージカットの割合が高く緊急時の信頼性が高い。
--再召喚不可能。
-グリームニル
--味方全体に10000のバリア。無属性シリウス、破局は防げない。
--再召喚不可能。
-3凸黒麒麟
--リキャストを待たずにファランクス等のカット使用、立て直しにヒールオールやリヴァイヴの連続使用、恐怖ミス時のフォローなど汎用性が高い。
--再召喚不可能。

#endregion
***''行動一覧'' [#ke932e72]

''&color(#0000ff){青文字};''はトール、ディスペルなどの足並みを揃える行動の推奨タイミング

HPによるトリガーが非常に多いため、慣れるまでは確認を怠らないようにしたい。
基本的にトリガーの特殊行動は70%or100%カット推奨。

HP95%、70%、10%の&color(#ff0000){3か所};で&color(#ff6600){''ハイ!スタンプ''};を使い全員の通過を確認するのが主流。

''※「バース・コントロール」について''
敵のHPが100〜50%の際の特殊技の一つ。また75%のHPトリガーで発動する技。
単体に5万超の即死級ダメージに加え、主人公以外のフロント2人とサブ2人を入れ替える。
ダメージ自体はカットや幻影でかわせるが確実にキャラが入れ替わるため事故の要因になりやすい
また、バースコントロールでキャラが落ちると5番手が出てくるだけで、キャラの入れ替わりは起こらない。
対策としては次のようなものが挙げられる。

-最終ソーン、恐怖役、50%および40%の無属性シリウスかばう役など、75%以降で確実にフロントに置きたいキャラをあらかじめサブに編成しておく。
-サブメンバーを0〜1人とし、交代人数を抑える。

-''HP95%''で「ダイダロスウィング」風属性全体1万ダメージ+高揚バフ。70%カット。
&color(#ff6600){''ハイ!スタンプ''};で全員通過したのを確認して、&color(#0000ff){''ディスペル''。};
 
-''HP85%''で「キルフレア」火属性多段大ダメージ+単体特大ダメージ+デバフ(灼熱+虚脱)+バフ消去。最低70%、できれば100%カット。
 
-''HP80%''でチャージターンMAX。全員通過したタイミングで&color(#0000ff){''グラビティ''};推奨。
ここでの特殊技では最大HP割合の無属性全体ダメージ「ダイダロスウィング」や「バース・コントロール」が飛んでくることがあり、事故が発生しやすい。
 
-''HP75%''で「バース・コントロール」土属性単体特大ダメージ+バフ消去。100%カットもしくは幻影。
また、HP75%になった瞬間(1回のみ)デバフ消去がかかる。アビで削った場合や、2人目以降はデバフを入れ直した後に通過するとよい。
さらに主人公以外の2人がサブとメンバーチェンジ。対策は上記参照。
 
-''HP70%''で「神撃」光属性全体大ダメージ+神光バフ+デバフ消去(1人につき2つ)。70%カット。
&color(#ff6600){''ハイ!スタンプ''};で全員通過したのを確認して、&color(#0000ff){''トール''};召喚。
また個別バフ「神光」がつき、ターン終了時にデバフ(攻撃ダウン、防御ダウン、連撃ダウン、ハレーション、アンデッド、強圧からランダムで1つ)が付与される。
気になるならディスペルやクリアで対処。
 
最初にODさせた一人(HP65%付近)がチャージターンMAX。
麻痺でスルーできない場合、特殊技で「キルフレア」が飛んでくることがあるため100%カット推奨。
 
-''HP55%''で「キルフレア」火属性多段大ダメージ+単体特大ダメージ+デバフ(防御ダウン+石化)。100%カット推奨。
カット役の少ない属性ではスパルタのかばう+鞄などに頼る必要も出てくるが、
モタモタしている間に50%を切ってしまうと主人公にシリウスが直撃してしまう。行動は迅速に。
またそういった事故死を招くため、55%-50%を一気に吹き飛ばすのは好ましくない。
無闇にダメージを稼がず、全員が抜けられるよう少し時間を置くと良いだろう。
 
-''HP50%''で「シリウス」最大HP割合30%の無属性単体ダメージ×4+バフ消去。無属性なのでダメージカット不可。
また、HP50%になった瞬間(1回のみ)デバフ消去がかかる。
ダメージが1キャラに集中するとHP満タンでも落ちてしまう。
カット不可だがかばうや敵対心アップによるターゲット操作は有効なため、生贄キャラをわざと落とすことで事故を防げる。
 
-''HP45%''で「シリウス」属性単体大ダメージ×4。70%カット。
 
-''HP40%''で「シリウス」最大HP割合30%の無属性単体ダメージ×4。50%同様にかばうや敵対心アップで対処。
 
-''HP35%''で「シリウス」属性単体大ダメージ×4。70%カット。
 
-''HP30%''で「滅ビノ刻」バフ消去+フィールド効果変更。ダメージ無し。
HP30%になった瞬間(1回のみ)デバフ消去がかかる。デバフが消えたのを見たら''&color(#0000ff){トール};''召喚。
 
-''HP28%''でチャージターンMAX。特殊技は70%カットor50-30%で使わなかったテュポーンで対処。
特殊技「ゴッド・ヴォイス」でTAバフがついた場合、事故要因となるのでディスペル。
HP30%の「滅ビノ刻」を踏まずアビポチ等でチャージターンMAXを誘発させた場合、特殊技をスルー可能。
(「滅ビノ刻」が特殊技よりも優先され、CTもリセットされるため)
 
-''HP22%''で「オメガブラスト」水属性全体大ダメージ+バフ5つ消去。70%カット。
 
-''HP15%''で「完全なる破局」闇属性999999ダメージ+終末の光、神光バフ+&color(#ff0000){召喚不可(クリア・マウント不可、永続)};を付与。100%カット。
これ以降召喚できなくなるため&color(#0000ff){10%のトール召喚担当者は踏まずに召喚可能状態で''待機''。};
個別バフ「神光」に加え、「終末の光」が付与。
「終末の光」効果はターン終了時に5000程度の無属性単体ダメージ*3。放置するとフィールド効果もあり死者が多発するため可能であればディスペル。
ディスペル使用時は、ディスペル・シージ等の全体判定ディスペルの場合「終末の光」が先に消え、単体判定ディスペルの場合「神光」が先に消えることに留意。
&color(#ff0000){11着地と呼ばれる方法は18/6/29より使用できなくなった。};シエテ4アビ等を使う場合も100%カットするか、確実に10%以下まで削れるタイミングで通過すること。
 
-''HP10%''で「ビッグバン」無属性+属性多段大ダメージ+バフデバフ消去+&color(#ff0000){召喚不可(クリア・マウント不可、永続)};付与。70%カット。
&color(#ff6600){''ハイ!スタンプ''};で待機者以外が全員通過したのを確認して、&color(#0000ff){待機者は''トール''を召喚し、そのままHP5%まで''待機''。};
 
-''HP5%''で「キルフレア」闇属性全体ダメージ+終末の光バフ。威力は全体7000程度のためカットしなくてもよい(全体通常攻撃の方が痛い)。
&color(#0000ff){これ以降待機者も参戦可能。};
 
-''HP1%''で「ビッグバン」無属性+属性多段大ダメージ。70%カットor奥義などで削りきる。
**募集について [#ida702da]

共闘マルチルームでは入室時に「属性+ジョブ+トール担当希望箇所」を申告することが基本となっている。
(例:「水スパ ト30」 → 意味:「水属性 スパルタ 30%トール担当希望」)

**報酬について [#i4ac9786]
|~マルチバトル名|>|>|>|>|>|>|>|~報酬内容|h
|~|~&color(#ffa500){箱1};|~&color(#ff9900){箱2};|~&color(orange){箱3};|~&color(orange){箱4};|~&color(orange){箱5};|~&color(orange){箱6};|~&color(#cc0000){自発赤箱};|~&color(#cc0000){順位赤箱};|h
||SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|SIZE(11):|c
|「神撃、究極の竜」&br;アルティメットバハムート&br;(HL)討伐戦|オメガユニット|栄光の証&br;覇者の証&br;究竟の証|栄光の証&br;覇者の証&br;ダマスカス磁性粒子|火のプシュケー&br;水のプシュケー&br;土のプシュケー&br;風のプシュケー&br;光のプシュケー&br;闇のプシュケー&br;碧空の結晶|ミカエルのアニマ&br;ガブリエルのアニマ&br;ウリエルのアニマ&br;ラファエルのアニマ&br;銀天の輝き|オメガユニット&br;ヒヒイロカネ|オメガユニット&br;ダマスカス磁性粒子&br;ヒヒイロカネ|オメガユニット&br;究竟の証&br;ダマスカス磁性粒子&br;銀天の輝き|

箱1のみ確率ドロップ。他は確定ドロップ。よって雫などのドロップアップ効果は不要。
確定ドロップの金箱から超低確率で、自発赤箱から低確率でヒヒイロカネがドロップする。

*編集者の方へ [#r488e312]

//消さないでください

現在、編集の巻き戻しが多く見受けられます。
この件に対する管理人からの回答は以下の通り。([[連絡・要望ページ]]より)

「ログを確認しますと、編集者Aさんが書いた文章を編集者Bさんが別の文章に置き換え、それを編集者Aさんがまた戻すというような、A→B→A→B→A→B→A→Bといった編集ログを確認しております。
この場合、荒らしかどうかの判断は、嘘の攻略情報や不正確な情報を意図的に書いていた場合対処いたしますが、そうでない場合は、該当ページのコメントフォームで話し合っていただくことになります。
話し合いに応じず、無視して編集を続けた場合は荒らしとして対処させていただきます。」

*コメントフォーム [#bbe7935d]

&size(28){''&color(#ff0000){ここは救援募集掲示板ではありません。};''};

-[[アルバハハード募集板/救援ID募集]]
-[[アルバハハード募集板/ルームID募集]]
をお使いください。

#pcomment(コメント/HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アルティメットバハムートHL,20,reply)
*ドロップ報告板 [#wf0adb4e]
#pcomment(コメント/HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アルティメットバハムートHL/ドロップ報告,10)

''ドロップ報告時は、なるべく詳しく書いていただけますと助かります。「何を倒した時に、どの箱から、何が出た」は必須情報です。''

IP:153.213.221.121 TIME:"2018-07-16 (月) 12:49:34" REFERER:"http://gbf-wiki.com/index.php?cmd=edit&page=HIGH%20LEVEL%A5%DE%A5%EB%A5%C1%A5%D0%A5%C8%A5%EB%B9%B6%CE%AC%CB%A1%2F%A5%A2%A5%EB%A5%C6%A5%A3%A5%E1%A5%C3%A5%C8%A5%D0%A5%CF%A5%E0%A1%BC%A5%C8HL" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_5) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1.1 Safari/605.1.15"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS