このエントリーをはてなブックマークに追加

武器評価 : ジョブ専用武器 | マグナシリーズ | レガリアシリーズ |スペリオルシリーズ | オールド・プライマルシリーズ | プライマルシリーズ | エピックウェポン | ローズシリーズ | 四象武器(四象・黄龍・黒麒麟) | ヴィンテージシリーズ | 天星器 | キャラ解放武器




このページについて Edit

旧石マルチフラム、マキュラ、メドゥーサ、ナタク、アポロン、オリヴィエ
新石マルチアテナ、グラニ、バアル、ガルーダ、オーディン、リッチ

上記のマルチバトルで入手できる通常攻刃武器についての評価、運用法を書くページとなります。
※各種武器のステータス詳細についてはコチラをご覧下さい。→武器概要

プライマルシリーズ評価 Edit

召喚石マルチバトルのうち、いわゆる旧石マルチとよばれるもの(最終解放・調停の明星用)からドロップする武器群と、新石マルチとよばれるもの(最終解放・神撃、究極の竜N)からドロップする武器群をあわせた呼称。
(当初は明確な呼称がなかったが、2017年7月のアップデートの際に一部は「ハイグレード武器」と公式に名付けられ、更に2018年6月のアップデートで以下の武器が「プライマルシリーズ」と正式に命名された)。
いずれも武器スキルが通常枠という共通点がある。またドロップ確率は低い。

オールド武器の背景に薄めの集中線をつけただけのデザインで少し紛らわしいが、
こちらは通常攻刃武器で、やはりどれも強力なスキル群をクセの強い性能にまとめた一品ぞろいである。
特に神石編成に於いて一部の武器は、1、2本混ぜた形でも討滅戦武器染めなどよりも強くなれる可能性を秘めている。
より高みを目指したい人はぜひとも集めていきたい。
どの武器の組み合わせが最大期待値になるかはプレイヤー自身のクリティカルや連続攻撃バフに対する考え方次第なので、全プレイヤー共通の理想編成は存在しない。

エッケザックス Edit

noling,エッケザックス

MaxHP:664 Max攻撃力:1677 奥義追加効果:奥義ゲージUP(15%) スキル:業火の刹那・火の背水
 
剣としては高HP低ATKの特殊なステータス。マグナ編成では他の攻刃武器で良いが、アグニスを使用できる場合主力に躍り出る。
特にアグニス×アグニス編成の場合は初速は少々劣るが、技巧次第ではクリムゾンフィンガーのダメージ期待値を超える場合もある。
が、仕様上ダメージのブレが大きく、実際は思うようにダメージが伸びないことも多い。武器を並べて技巧複数発動を期待する場合は尚更。
クリムゾンフィンガーかこの武器かは火力より資金力で判断すべきポイントだろう。
エピックウェポンにパーティ全体自傷効果を持つファイア・オブ・プロメテウスが実装されており、初速問題は緩和できる。

オベロン Edit

オベロン

MaxHP:233 Max攻撃力:2166 奥義追加効果:幻影1回(3ターン) スキル:水の神威・渦潮の克己
 
神威+克己=守護(小)+攻刃(小)+二手(中)+技巧(中)。
フィンブル弱体化後のヴァルナ編成で高HPと火力を両立するために使用され始めた。
アルバハHLにヴァルナで挑む場合に3本は入るので最近需要が高い武器。
加速スキル武器としての競合対象はスラーンドとグレイプニルだが、これらを組み込まずオベロンを軸に敷き詰める編成も火力が出る。
ヴァルナ編成の武器の組み合わせについて詳しくはオススメ装備編成のページを参照。
技巧武器としての競合相手はデュランダル(とその下位互換のヴィルヘルム)である。それらとの併用の際は守護の兼ね合いはもちろん、期待値は要計算である。


単純な火力は攻刃II武器(スラーンドなど)に劣るが、期待値自体はやや劣る程度。技巧の仕様上どうしても火力のブレが大きいのが欠点。
神威(小)でHPを確保し、フィンブルの火力減少を抑えることができる。
基本的にこの武器の本数でHP(≒安定性)と火力(≒1ターンの打力)のどちらを重視していくかコントロールすることになる。
セラフィックウエポンの追加で火力とHPの両立という面ではやや割を食った感があるが、克己の加速力による強みはかわらず。

あまりHPを増やしすぎると減ったときのリカバリがしづらくはなるが、最大HPが少なければ少ないほど結局は渾身の維持も難しくなるため、最大HPが多いに越したことはない。

+ HPを増やせば増やすだけ得ということについて詳しくはこちら

ペルセウス Edit

ペルセウス

MaxHP:226 Max攻撃力:2044 奥義追加効果:攻撃UP(+?%,3ターン) スキル:土の神威・大地の羅刹
 
一本当たりの高い攻刃上昇(10%+12%)とHP確保を兼ねるのが強み。
羅刹によるDA率DOWN(-10%)は小さくは無いが、HPと火力を両立したい時には採用の余地がある。
積極的に入手を狙うほどでは無いが、入手した時は取っておいて損はないだろう。
奥義(orSA)や攻撃アビリティのみの立ち回りで良い場合などは十分な性能を発揮する。
・AT中などに、メカニックや出張させたシエテ (SSR)を交え、絶大な奥義威力を誇るオクトー (SSR)やサラーサ (SSR)で奥義のみを連発するMVP奪取編成が挙げられる。
・アーカルムの転世などにおいては、「HPの必要なサラーサ (SSR)」と「火力の必要なメカニック」を両立するキーパーツ。

ナラクーバラ Edit

ナラクーバラ

MaxHP:239 Max攻撃力:2137 奥義追加効果:防御DOWN(-10%,3分) スキル:竜巻の楚歌・乱気の暴君
 
開始8ターンのみ攻刃上昇率が大きい(7.5%+15%)。
現状では用途が局所的すぎるが、短時間で終わる戦闘なら編成しても悪くはない。
 
 

アルテミス Edit

アルテミス

MaxHP:212 Max攻撃力:2321 奥義追加効果:攻撃UP(+?%,3ターン) スキル:天光の括目・雷電の守護
 
守護武器ではあるがカウンターによって一定確率で通常攻撃に対してターン中無敵&被弾数だけ反撃による小ダメージが期待できる。
基本的にはシュヴァリエソード・マグナ4凸1〜2本のHPで足りるため不要。
 

コルタナ Edit

noling,コルタナ

MaxHP:218 Max攻撃力:2241 奥義追加効果:自分の弱体効果を1つ回復 スキル:奈落の暴君/三手
 
三手スキルと攻刃(大)を両立できるのが大きな強み。ハデス編成ならば2、3本編成することでかなり信頼できる連続攻撃率まで上昇する。
暴君スキルを持つ武器はHPの減少量も小さくないのでディアボロスボウなどでカバーしたい。
同じく三手スキルを持つケルベロス・オーダー(最終上限解放が実装済み)を2本以上編成する場合は、
三手の上限にひっかかってしまうことがあるため、特殊な編成になるがこちらではなくオールド・コルタナの採用が検討されるが、火力面とHPで決して軽くない不利を背負うことになる。
(通常の三手と方陣の三手は加算されるが上限は個別)
スキル効果を220%、340%にできるハデス編成にとってはslv10とslv15の差が大きいのでケルベロス・オーダーとどちらが良いのかは計算機で確認が必要。
現状の理想とされる本数の詳細はハデス編成を参照。

エリクトニオス Edit

noling,エリクトニオス

MaxHP:238(278) Max攻撃力:2142(2500) 奥義追加効果:一定確率でスロウ効果(++でスロウ効果に強化)
スキル:紅蓮の暴君・紅蓮の三手

暴君+三手(大)というコルタナと同様のスキル構成の武器。
三手スキルを攻刃(大)を持ったまま運用できるのが大きな強み。
下記のパラスの剣などでHPを補強できれば、攻刃+連続攻撃確率UPとかなりの火力向上が望める。
3凸以下では奥義効果がランダムスロウなのでメイン武器としては使いにくい。
4凸で確実にスロウ効果の判定が発生する(成功率は相手の耐性次第)ようになり、有利属性相手ならある程度信頼できる効果に変わる。

パラスの剣 Edit

noling,パラスの剣

MaxHP:198(232) Max攻撃力:2342(2734) 奥義追加効果:発動ターン中味方全体の全属性ダメージカット(15%(20%))
スキル:紅蓮の攻刃・業火の守護

守護(中)が付いている為、アグニス編成では上記のエリクトニオスで減ったHPの補助役として好相性。
4凸でサブ編成時はブリューナクの完全上位互換で、朱雀光剣・王には攻刃は2%負け、守護は3%で勝る。
朱雀光剣の方が入手しやすいが、こちらは恒常入手できるのがメリット。
なお、ホーリーセイバーがこれを持って奥義を撃つと、ファランクス靴畔擦擦85%(4凸で90%)カットが可能になる。
覚えておいて損は無いだろう。

シグルズの弓 Edit

シグルズの弓

MaxHP:214(250) Max攻撃力:2311(2701) 奥義追加効果:自分にバリア(?,?ターン)/防御UP
スキル:先制の氷刃(攻刃枠20%、1本まで)・渦潮の攻刃(LV120で霧氷の攻刃に強化)

4凸で攻刃(大)に強化され、先制スキルと合わせるとバハ武器や加護込みの攻刃IIIよりも強力になる。
短期戦での時短を求める際は有用。

ヴィルヘルム Edit

ヴィルヘルム

MaxHP:234(273) Max攻撃力:2161(2527) 奥義追加効果:(味方全体の)トリプルアタック確率UP(20%、1+3ターン)
スキル:霧氷の暴君・渦潮の技巧

デュランダルの廉価版で完全下位互換。
ヴァルナ編成で採用率の高いオベロン、グレイプニルは攻刃スキルの効果量が小さい為、攻刃(大)相当と技巧を兼ねる点が高評価。
一方、HP減少のデメリットは必須武器のフィンブルとは相性が悪め。一応、割合ダメージ対策にHPをほどよく抑えられるという考え方もある。
4凸になった事で技巧成分はデュランダルと同等となっており、デメリットを加味してでも採用を考えられる範疇になったと言える。

ソロモンドライブ Edit

ソロモンドライブ

MaxHP:179(209) Max攻撃力:2438(2849) 奥義追加効果:与ダメージ上昇(?,?ターン)/ダメージ上限UP
スキル:地裂の攻刃・土の背水

パッと見でわかりにくいが武器種は斧。
ステータスが優秀で、デメリットなく攻刃(大)と背水(小)を担げるスキル構成も○。 
但し、土にはガチャ産武器に背水(大)・攻刃(小)のストラトゥムバンカーなども存在する。自分の所持武器やそのLv等も考えて計算しよう。

マイムールヴィジョン Edit

マイムールヴィジョン

MaxHP:168(196) Max攻撃力:2493(2913) 奥義追加効果:自分の(味方全体の)弱体効果を一つ回復
スキル:地裂の暴君・大地の克己

土属性では数少ない二手スキルを持つ。が、HP減少のデメリットやクリティカルの不安定さから採用率は低い。
総じてスキルは攻刃大、技巧中、二手中と良質であるにも関わらず、環境や仕様にかみ合っていないのが泣き所。
編成時はHP減少を補助する為にカルンウェナンやパラシュ、4凸裁きの鳴雷を採用するなど工夫が必要。

インドラリム Edit

インドラリム

MaxHP:211(247) Max攻撃力:2326(2716) 奥義追加効果:アビリティダメージUP(?%,?ターン)/アビリティダメージ上限UP
スキル:竜巻の刹那・乱気の堅守

堅守の効果によりHPを減らせば減らすほど安定するという、他の背水編成にはないユニークな戦法がとれる。
技巧を持つ武器として見た場合は青龍牙矛・王より優先度は少々下がるが、ゼピュロス編成では優秀な武器といえる。

スパルナフェザー Edit

スパルナフェザー

MaxHP:221(258) Max攻撃力:2226(2599) 奥義追加効果:幻影効果(1回(2回),?ターン)/バリア効果
スキル:風の治癒・乱気の攻刃(++で乱気の攻刃IIに強化)

スキル治癒(小)の効果はスキルレベル10で5%アップ。
微々たる効果ではあるが、敷き詰めれば面白いかもしれない。

グングニル Edit

グングニル

MaxHP:240(280) Max攻撃力:2132(2490) 奥義追加効果:闇属性追撃効果(20%/3ターン)/光属性攻撃UP
スキル:雷電の攻刃・雷電の克己

ガンバンテインの廉価版というイメージの武器。クリティカルゆえの不安定さには注意。
奥義効果の闇属性追撃はルシフェルの加護をはじめとした光属性の攻撃力UP効果、光属性強化バフやクリティカルが乗らず、あまり火力が出ない点に注意。
 

スレイプニルシュー Edit

スレイプニルシュー

MaxHP:224(256) Max攻撃力:2054(2399) 奥義追加効果:攻防DOWN-?%(3分)
スキル:光の背水(++で雷電の背水に強化)・天光の堅守

効果量は低いが光では貴重な背水が出来る。堅守スキルで耐久力をつけたい場合は有用かもしれない。
敢えて交換する価値はあまりないと思われる。
4凸で背水(中)に強化される。

ブラック・アンド・ダークネス Edit

ブラック・アンド・ダークネス

MaxHP:262(307) Max攻撃力:2019(2355) 奥義追加効果:(味方全体に)2ターンの間アビリティ封印無効/幻影効果
スキル:奈落の攻刃(++で奈落の攻刃IIに強化)・先制の黒の結界

攻刃(大)を保ちながら戦闘開始時にダメージを軽減するバリア(SLv10で1000、SL15で1250)を付与するので、開幕の耐久力に不安がある場合は使えるかもしれない。
4凸で攻刃IIに強化される。

サンダー・オブ・ファントム Edit

サンダー・オブ・ファントム

MaxHP:163 Max攻撃力:2518 奥義追加効果:味方全体のダブルアタック確率UP(+?%/?ターン)(++で味方全体の連続攻撃確率UPに変化)

スキル:奈落の括目・憎悪の守護(++で憎悪の神威に強化)

守護武器ではあるが、カウンターによって一定確率で通常攻撃に対してターン中無敵&被弾数だけ反撃によるダメージ(通常攻撃を基準にSlv毎に倍率増加)が期待できる。
4凸で守護(中)→神威(中)に強化される。ディアボロスボウよりも若干攻撃に振った性能だが入手性にやや難。

コメントフォーム Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • AK4凸5本にバンカー4凸2本あってティタやってるけど完成マグナと大差無いのが現実だからねぇ…課金武器無しじゃ麻痺殴りみたいな特殊な状況は別として基本的にマグナの方が遥かに強いよ。初速違い過ぎるしオメガ噛み合わせにくい時点で連撃に差が出るし -- {RR7Jco3zfQI} 2018-07-26 (木) 07:47:40
  • ヴィルヘルムがフィンブルと相性最悪ってのはよくわからんなあ、基本両面て守護重なるんだし10パー程度軽くペイできるくらいに高いだろうに -- {QLEagVTEzuE} 2018-07-27 (金) 15:24:16
  • うん、そもそも現環境だとhp盛り過ぎると増えつつある無属性ダメがしんどくなるから無駄に増えすぎてる分削れるのはメリットでもあるのよね。 -- {BchZH5t19eg} 2018-07-27 (金) 16:46:47
  • HP30000越えなんてアルバハ以外、セスランスレベルが来ない限り完全に無駄。そのHPを削ってレベル15の攻刃を入れることができるのはメリットでしかない。 -- {n/g.6LfaP.6} 2018-07-27 (金) 17:53:03
  • エリクトニオスに関して
    >3凸以下では奥義効果がランダムスロウなのでメイン武器としては使いにくいが、4凸で確実にスロウ効果が発生するようになりアテにできるようになる。
    以上の解説に関して、リヴァマグ相手に試したところ失敗を確認したので訂正しました。(3回中失敗2回)
    有利の風属性相手ならばアテになるレベルで成功するかもしれませんが、確率については検証が必要です。 -- {jf./UH9f93g} 2018-08-03 (金) 00:44:02
  • 3凸以下ではスロウが発生するかどうかすら確定ではなくて、4凸でスロウが確定で発生するという意味です。スロウが100%決まるという意味じゃないですよ。 -- {InjlTewZTyU} 2018-08-03 (金) 14:52:13
  • 奥義追加のスロウ効果が確定で発生するなんて使う側からすれば大前提の話で、それが当たるかどうかがユーザーにとっての関心事です。
    その点で元の表記が紛らわしいという事は変わらないと思います。 -- {jf./UH9f93g} 2018-08-04 (土) 20:08:19
  • シグルズ他のスキル強化は++じゃなくてLv120ですね、エリクトニオスの奥義効果の所を叩き台にして作ったからかな? -- {aLrSigGeamA} 2018-08-13 (月) 10:42:48
  • うなのものは蛸のHPが無駄に見えるだろうけど、渾身はHP8割以上キープしたいからよぉ、4万あっても3万2000くらいまでなんだわ。HP戻すのキツイ割合無属性ダメージなんて使ってくる相手が限られる上に、古戦場ならオルポ5本も飲めるんだし、HPはあるに越したことはないだゾ。 -- {qLG2PfPlyYI} 2018-09-14 (金) 05:30:51
  • マグナに負けてるニキはティタ×ティタでやってんかな?AK4凸5本もあったらバンカーは入れずにティタ×ゴブロ石で武器はAK×5、刃鏡片1〜2、ウリエル拳×1EX攻刃武器1〜2で殴った方が早いぞ -- {k9CvMs0HQwg} 2018-09-17 (月) 04:09:14
お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-05 (金) 22:21:52