このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ  : 人物SSR | 人物SR | 人物R


人物評価SSR : | | | | | | 十天衆

人物評価SR_ : | | | | | | その他

人物評価R__ : | | | | |


人物SSRの評価・考察ページです。
各人物に対する考察やデッキ加入の優先度、ネタ情報を反映していただければ幸いです。
※ある程度情報や評価が充実してきたため、「皆」で追記・修正を行って更に客観的で有意義なページに仕上げていきましょう!
情報や考察は、各キャラの個別ページにコメントとして書いていただいても結構です。



スタートダッシュ、サプライズガチャの交換で迷っている方へ Edit

スタートダッシュガチャセット*1、サプライズ!!スペシャルガチャでどのキャラを選ぶか迷っている方は、
スタートダッシュ、サプライズガチャお勧めの最新情報をご覧ください。

評価内容について Edit

以下の観点を盛り込んで記入していただけると、多くの方の参考になりやすいので助かります。

評価のポイント

  • 長所や運用方法を具体的に挙げる。
  • 保守性も鑑みて、極端な長文化はしない。
  • 奥義、アビリティ、パラメータを踏まえた評価。※紹介でなく評価
  • ゲーム上で表記されないダメージ倍率やダメージ減衰値等の反映 ※検証ページなどを参照
  • 2chスレの評価。※ネタに走り過ぎない
  • 比較対象として、特定のキャラ名称を出さない(○○属性の中でも最高クラス、などキャラ名称を出さないものならOK)。

注意点

  • ( )内の数値はLV55、LV75、最終解放後のLV90、LV100時の覚醒後の数値変化です。
  • バハムート武器・コスモス武器の実装により、種族やタイプも重要なポイントになりました。
  • 2015年7月9日のアップデートにより減衰値が大幅に変更されたため最新のデータではない可能性があります。ご注意ください。
  • 使われている単語がわからない場合はwiki内検索をするか、俗語集をご覧ください。

SSR人物一覧(水属性) Edit

関連ページ: 人物評価SR(水) | 人物評価R(水)

  • 防御と奥義周りに優れた、堅守速攻の属性。
  • 豊富な回復手段とカットで特殊技を凌ぎ、高火力奥義で減らす、堅実な戦い方を得意とする。
  • 主に主人公が扱うデバフのほとんどをキャラクターで肩代わりできるため、主人公のジョブ選択の幅が広い。
  • 欠点として麻痺などの特殊な固有デバフが乏しい、SSRのマウント持ち2名はどちらも入手期間限定キャラという点が挙げられる。
  • マウントに関してはストーリー加入のSRカタリナが居るため代用は可能だが、固有デバフは入手困難なヴァジラや最終十天頼みと厳しい。
  • キャラ性能は全体的に対火属性戦で特に真価を発揮するものに偏っている。そのため非有利属性や無属性との戦いは他属性と比べるとあまり得意とはいえない。
  • 水属性の十天衆は最終上限解放後の性能がいずれも非常に優秀。余さず運用できれば他属性HLでもMVP獲得が狙える程に攻撃面が大幅に強化される。
  • 水属性SSR武器フィンブルや十天衆の性能もあり、神石であるヴァルナ編成を組みやすく、無課金-微課金でもそこそこ強力という長所も。
  • SSRハーヴィンは全属性中最も人数が多くそれぞれが非常に優秀な為、水属性の為だけにバハムートマズルを作る価値はある。
    • フツルス化するとヒューマン・ハーヴィンが対象になる。風・光パのヒューマン染めコスモス銃編成でも使いまわせるので作って損は無いだろう。
    • また、水属性の十天衆の種族や、彼らの最終上限解放後の突出した性能を考えるとバハムートスタッフの採用も十二分に考えられる。

アルタイル (SSR) Edit

評価
攻撃アビリティは持っておらず、味方全体を援護するバフ・デバフアビリティに特化したサポートキャラ。
1、3アビがシンプルかつ極めて強力で、バッファーとして他属性PTへも出張可能な性能を誇る。
2アビは両面攻防DOWNだが素での成功率は低めで、デバッファーとしては頼れない。
バランスタイプなのでコスモスPCによるサポートもできない。

最終上限解放すると一転、2アビの成功率が大幅に強化され水属性防御DOWNも追加される。
これにより防御DOWNの効果量が合計30%に達するため、アマブレなど20%の片面防デバフと合わせて下限に持っていくことができるようになる。
しかしマルチバトルでは依然として腐りやすいため、デバッファーとしてはソロでの使用がメインになるだろう。
一方、バッファーとしては奥義に味方全体へのクリティカル確率UP、1アビに水属性攻撃UPが追加され、対火属性に特化した強化がなされた。
サポアビにパーティメンバーの弱体成功率UPもついて他キャラのデバフを支援できるようになり、PC編成に混ぜても有用になった。
また、解放後もメインはバッファーとしての起用になると考えれば、バランスタイプなのもBL編成に組み込みやすい利点と考えられる。
ただし他属性へ出張する場合は最終上限解放で強化された部分はほとんど生かせないので注意。

sd_3040001000_03.png

  1. 戦術策:方円
    味方全体の攻撃&防御UP20%(30%)/水属性攻撃UP(30%)。使用間隔:8(7)。効果時間:3T。
    高い効果量の両面バフで、レイジ等と累積する。
    最終上限解放後のLv100のフェイトエピソードクリアで戦術策:方円++に強化され、味方全体水属性攻撃UP(30%)が追加される。
    これにより通常攻刃バフと属性攻撃バフを両立し、どんな編成でもかなりの火力上昇が見込めるようになった。
  2. 戦術策:鶴翼
    敵全体の攻撃&防御DOWN(20%)/敵全体の水属性防御DOWN(10%)。使用間隔:8(7)。効果時間:180秒。
    両面デバフで、ミゼラブルミストやソシエの2アビ(25%)に上書きされる。
    強化前は命中率が低いのでメインのデバフとしての起用は難しい。効果量の面で見ても他に任せたい。
    Lv90で強化され、水属性耐性DOWN(10%)がつき合計30%の防御ダウンとなり、命中率もUPする。
    マルチバトルでは一つあたりの効果量の低さから全てNO EFFECTになる場合が多い。
  3. 戦術策:偃月
    味方全体の奥義ゲージUP(30%)。使用間隔:7。
    奥義ゲージ上昇量UPバフ(アニラの竜吟虎嘯など)やサポートアビリティの影響を受ける。
    そのため、アルタイルは自身のサポートアビリティによって多めに奥義ゲージが増加する。
    解放後は奥義効果の追加により間接的に強化されたともいえる。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】バランス 
  • 【得意武器】杖 
  • 【奥義】エングレイブルーン:水属性ダメージ(特大) 倍率4.5
        ウンターガング・ルーン:水属性ダメージ(特大)/水属性キャラクリティカル率UP(発動率70%/倍率20%) 効果時間:3T
  • 【サポート】戦賢の書:自身の奥義ゲージ上昇量UP(10%)
          兵活の書:味方全体の弱体成功率UP(Lv95で取得/効果量5%)

リリィ (SSR) Edit

評価
対火属性に特化したディフェンダー兼ヒーラー。
1アビの火属性ダメージカットが非常に強力で、ファランクス系統のカット等と併用してダメージを0にすることも可能。
回復アビリティである3アビにはクリア効果も付随する。
大ダメージ技や状態異常を連発してくる高難度バトルの火属性ボス相手に対して、その高いダメージカット性能とクリアつき回復が役立つ。
種族不明であるためどのキャラクターとも組ませやすく、種族数に応じて攻撃力が大きく上昇するサポートアビリティも持つ。
主人公とリリィの種族不明+ヒューマンなどの2種族PTでも20%UPの恩恵が常に得られるので、あまり多種族編成に拘らずとも問題はない。
限定的な編成になるが、主人公とリリィ、キャタピラとヴィーラ、エリンのみの編成ではPT内種族が種族不明のみとなり、10%UPに留まる。

sd_3040007000_02.png

  1. 氷晶結界
    味方全体の火属性ダメージカット(70%)。使用間隔:10(8)。効果時間:1(2)ターン
    CTが非常に重く対火属性限定だが、持続効果のあるダメージカットアビリティでは異例のダメージカット量。
    単独でも大きく生存率に貢献する他、他のダメージカット手段があれば容易に火属性ダメージ100%カットが可能。
    対コロマグのスペシャリストとも言える。
    ただし複属性攻撃持ちのフラム=グラス(HL含む)だと防げない攻撃も多いため過信は禁物。
  2. フローズンゲイル
    敵全体に水属性?~?(×2.5~3)倍ダメージ/氷結効果 使用間隔:7(6)。効果時間:3ターン 減衰:40万付近
    状態異常「氷結」は効果時間中の連続攻撃確率を下げ、ターン毎にスリップダメージ(9999)を与える効果。
    バランス調整によって、以前に比べてダメージ倍率と上限が上昇している。討滅戦などの雑魚敵を倒すのに有効だろう。
  3. ホワイトヒール
    味方全体のHP回復(上限1500)/弱体効果を1つ回復。使用間隔:6。
  • 【種族】不明 
  • 【タイプ】回復 
  • 【得意武器】杖 
  • 【奥義】フローズンヴィジョン:水属性ダメージ(特大)/味方全体の水属性攻撃UP(25%) 倍率4.5 効果時間 4T
  • 【サポート】シャインクリスタル:防御UP
          氷晶宮の特使:バトルメンバーの種族数に応じて自分の攻撃力UP(1種につき10%上昇、4種の場合のみ50%)

シャルロッテ (SSR) Edit

評価
アーマーブレイク、ダメージカット、ドライブバーストと有用なアビリティ群で水属性を支える防御役兼アタッカー。フルネームは「シャルロッテ・フェニヤ」。
ダメージカットを持つキャラとしては攻撃寄り。
命中率の高い片面20%防御DOWN付きのダメージアビリティの他、毎ターン自動で攻撃力と連続攻撃率が上がるサポートアビリティにより通常攻撃性能が非常に高い。

最終上限解放によって奥義に高倍率の追加ダメージが発生するようになり、奥義アタッカーとしての性能を獲得する。
また、3アビのドライブバーストはLv100のフェイトエピソードクリアによって1ターンの無敵効果(1回)付きの序アビに変化し、
3アビはダメージアビリティとして優秀になると同時にサポアビの維持の助けにもなる。
Lv95で追加される第二サポートアビリティは戦闘開始時のPTメンバー全員の奥義ゲージ+5%。
単品では気休め程度の増加量だがサブ枠に編成していても発揮されるので、他属性PTの6番手に入れておく使い方もある。
2017/07/07アップデートで性能が大幅強化された。

+ ...

sd_3040010000_03.png

  1. ブルームーン
    敵単体に水属性ダメージ/防御DOWN(20%)。使用間隔:7(6)(5)。倍率2~3(2.5~3.5)(3.5~4.5) 減衰値:45万(要検証)。
    防デバフは片面で、成功率は非常に高い。効果量は20%でアーマーブレイク相当。
    ミゼラブルミストと合わせても下限には届かないため、他キャラの水属性防御ダウン等も併用したい。
  2. ケーニヒシルト
    味方全体の被ダメージカット(50%)(+で/味方全体の防御UP10%)。使用間隔:6(5)。効果時間:1T。
    コールドフレイム等の複数の属性攻撃にも対応できる安定した全属性カットアビリティ。
    最大解放済みのカーバンクルと合わせれば任意の属性100%カットができるので汎用性は高い。
    リリィのダメージカットと異なりファランクスとの併用はできないことに注意したい。
  3. ソード・オブ・リュミエール
    オーバードライブモードの敵単体に4~5(+で5.5倍)倍水属性ダメージ/モードゲージ減少/自分の被ダメージ無効(1ターン)。使用間隔:8(6)。減衰値:62万(要検証)。
    ゲージ減少量は現在値の約10%。
    ドライブバーストにモードゲージ減少が上乗せされたような攻撃アビリティ。
    両方の効果が合わさってモードゲージの削り量が非常に大きい。
    Lv100フェイトエピソードクリアによってソード・オブ・リュミエール+に強化され、OD時という条件が撤廃されると同時に1ターンの被ダメージ無効(1回)が追加される。
    被ダメージ無効効果は自身のサポアビ維持に役立つ。
  • 【種族】ハーヴィン 
  • 【タイプ】バランス 
  • 【得意武器】剣 
  • 【奥義】ノーブル・エクスキューション:水属性ダメージ(特大) 倍率4.5
        ノーブル・エクスキューション++:水属性ダメージ(特大)/水属性追加ダメージ(上限62万程度) 倍率5.0
  • 【サポート】リュミエール聖騎士団団長:オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少(20%)/毎ターンステータスUP ◆被ダメージで解除
                       5ターン経過で効果量が最大になり、通常攻刃+30%/DA率+35%/TA率+30%
          正義の使徒(Lv95で追加):戦闘開始時にパーティの奥義ゲージUP(5%)

ランスロット (SSR) Edit

評価
高威力のダメージアビリティ、全体攻撃兼片面攻防DOWN、DA以上確定の自己加速と、優秀なアビリティ構成のアタッカー。
DA確率UPのサポートアビリティも相まって、水属性でも屈指のダメージ効率を発揮する。
最終上限解放により、奥義後に1アビを2連発できる効果が追加。瞬時に最大10倍近い火力を叩き出す。
この強力な火力とステータス向上により、アタッカーとしての価値は水属性でも高い水準にある。
他の水SSRアタッカーと比較して自己バフが無い分最大火力で劣るが、防御力や奥義ゲージなどで扱い難い要素がない安定感が強み。
他のキャラよりも奥義ゲージが先行しがちではあるが、言い換えれば水属性の強武器である玄武殻拳のデメリットを打ち消せる。
連続攻撃が出るほど追撃効果の価値も上がるので好相性。

sd_3040023000_03.png

  1. ブレードインパルス
    敵単体に水属性3.5~4.5(4~5)倍ダメージ。使用間隔:6(5)。減衰値:62万(要検証)
    バフ「ダブルインパルス」状態の時は2回攻撃に変化。合計で最大124万程度のダメージを叩き出せるようになる。
    元々攻撃アビリティとしてのポテンシャルは高かったが、最終解放後のダブルインパルスにより単体攻撃アビリティとしては屈指の威力を持つ。
  2. ヴォーゲンシュトローム
    敵全体に水属性ダメージ/攻撃&防御DOWN(10%(15%))。 使用間隔:8(7) 減衰値:40万
    攻防DOWNはそれぞれ片面扱い。LV90で++となり、ダメージとデバフ効果量・命中率が強化される。
    全体攻撃としても強力でありながら、仲間キャラや主人公の両面デバフと重ねることでデバフ状況も整えられる優秀なアビリティ。
  3. サザンクロス
    効果中必ず連続攻撃(DA確定/TA率+30%)/水属性追撃効果(30%)。 使用間隔:8。効果時間:3(5)ターン
    3ターンの間ダブルアタック以上確定になる。LV100で+になると効果時間が延び、DA確定に加えてTA率30%UPと水属性追撃効果(30%)が追加される。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】攻撃 
  • 【得意武器】剣/短剣 
  • 【奥義】ヴァイス・フリューゲル:水属性ダメージ(特大) 倍率4.5
        ヴァイス・フリューゲル++:水属性ダメージ(特大) 倍率5.0/次のブレードインパルスが2回発動
  • 【サポート】一騎当千: 自身のダブルアタック確率UP(10%)
          双剣乱舞(Lv95で追加):味方全員のダブルアタック確率UP(約10%)

ソシエ (SSR) Edit

評価
奥義効果で全体化する単体の活性+ヒール+追加ダメージバフ、ミゼラブルミスト互換の両面25%攻防ダウンにスロウと、
PTの攻防両方に貢献し戦闘を安定させるサポートキャラ。
アビリティ構成が主人公ジョブのダークフェンサーにかなり近いが、比較するとデバフ成功率は劣るので、
デバフ役を任せる場合は弱体成功率のリミットボーナスを最大まで振っておきたい。
非常に高性能かつ高回転な1アビを常に全体化で使用するためにも、PT全体で彼女の奥義加速を支援することが運用の要となる。
sd_3040044000_02.png

  1. 壱之舞・神楽
    味方単体のHPを回復(上限2000)/活性効果(回復量上限500/奥義ゲージ10%UP)/水属性追撃効果。使用間隔:5(4)。効果時間:3。
    回転の早い単体ヒールに活性と追撃が付いてくる便利なアビリティ。+が付くと4ターンに短縮。
    奥義後はこれら全てが全体化する強力無比なアビリティとなる。
    4ターンという短い使用間隔で2000回復+αというのは全キャラ通しても破格。
    水属性武器にはHPが高いほど攻撃力が上昇する「渾身」が存在するため、回復アビリティの重要性は高い。
  2. 陸之舞・美髯
    敵全体の攻撃/防御DOWN(両面枠25%)。使用間隔:8(7)。
    全キャラの中でも希少なミゼラブルミストの完全な互換アビリティ。
    主人公のようなジョブボーナスが無いぶん成功率はやや劣っていたが、リミットボーナスの実装によりカバーが可能になった。
    ダークフェンサーとの同時起用による補助役はもちろん、
    それ以外のジョブでもEXアビリティにミゼラブルミスト以外を選びやすくなるので利便性が高い。
  3. 終之舞・時詠
    敵単体に水属性ダメージ/スロウ効果。使用間隔:6。減衰値:42万
    こちらもダークフェンサーと比べると成功率は若干劣るが、リミットボーナスで改善できる。
    ダークフェンサー系列のディレイと併用すれば敵の特殊技を受ける間隔をかなり伸ばすことができる。
  • 【種族】エルーン 
  • 【タイプ】特殊 
  • 【得意武器】格闘 
  • 【奥義】白之舞・天華:水属性ダメージ(特大)/次に発動する壱之舞・神楽の効果が全体化 倍率4.5
  • 【サポート】失われた王家の末裔:自身のダブルアタック確率UP

シルヴァ (SSR) Edit

評価
奥義に特化したアタッカー。
ウェポンバースト持ちで、奥義火力とチェインバーストダメージを引き上げる1アビ、強烈なクリティカル率UPを得る2アビと併せてパーティの火力に貢献する。
最序盤は奥義の威力を実感しにくいが、武器が育つにつれて威力もぐんぐん育つ。
ブレアサ等とは違い敵の状態を問わず力を発揮できるのが強みで、アサルトタイムや奥義パーティで凄まじい瞬間火力を発揮する。
サポアビにより奥義ゲージが溜まりやすく、4番手に配置すれば64%からでもフルチェインに参加可能。
チェインバースト上限を引き上げる召喚石グラニの最終上限解放に伴い、インスタントな大火力源としての地位が更に高まった。
ただしクリティカルは有利属性以外には発動しないため、火属性以外を相手にすると火力の低下具合が大きい。
2017/2のバランス調整や天司武器・ダメージ上限UP武器、最終上限解放の実装、全キャラの奥義ダメージの上昇により
装備、環境、3アビの追撃加算次第で奥義一発で520万以上のダメージを叩き出せるようになった。

sd_3040049000_03.png

  1. イーグルアイ
    自分の奥義ダメージUP(+200%)/奥義ダメージ上限UP(+90%)/チェインバーストダメージUP(+30%)/防御力DOWN(-20%)。使用間隔:7。
    奥義ダメージが3倍になるシルヴァの肝とも言えるアビリティ。
    チェインバーストダメージアップも、自身の奥義ダメージによる計算と合わさって減衰付近を狙いやすくなるため強力。
    2017/2/22のアップデートで奥義ダメージ上限UPが追加されたおかげで、武器が揃ってからもその性能を持て余すことがなくなった。
    リミットボーナスや各種武器スキル、アビリティや召喚石による強化効果で上限をさらに上げることも可能ではあるが、
    やりすぎるとイーグルアイの奥義ダメージ200%UP込みですら上限に届かせるのが困難になるため、オーバースペックにならないラインを見極めたい。
  2. タクティシャン
    クリティカル確率UP(発動率・倍率ともに50%(75%))。使用間隔:7。効果時間:3T。
    タクティシャン+になるとダメージ上昇率は+75%程度に、発動確率も75%になり、全クリティカル系アビリティの中でも随一の性能を誇る。
    火属性敵に対して大幅な与ダメ上昇を見込める。奥義使用ターンに1アビとセットで使用することが多い。
    1アビと合わせることで奥義ダメージが最大5.25倍まで上昇する。
    3ターン持続するので、フルチェイン参加後に3アビを使用して連続で奥義を撃つことで大きく火力を稼ぐことができる。
    1アビだけで奥義ダメージが上限近くまで出せるようになってからは通常攻撃を強化する目的で使いたい。
    クリティカルは優位属性である火属性にしか発生しない為、それ以外の相手には死にアビ化する点に注意。
    連続攻撃バフを与えると通常攻撃も一人桁違いのダメージになる。
  3. デッドスペシメン
    自分が即座に奥義発動可能/奥義に水属性追撃効果(20%)。 使用間隔:7。効果時間:1T。
    いわゆるウェポンバースト。非AT時でも1アビ、2アビと併用すれば開幕に強烈な一撃をお見舞いできる。
    最終上限解放後のLv90でデッドスペシメン+に強化され、奥義使用時に1アビ等での上限UP分を含む奥義ダメージの20%分の水属性追加ダメージが発生するようになる。
    1アビと同時に使って追加ダメージ量を最大にするか、2ターンに分けてダメージを調整するかは相手によって見定めたい。
  4. ホープスナイプ
    自分とサブメンバーの一人を3ターンの間入れ替える。 ◆入れ替わったあと援護射撃を行う/再使用不可 使用可能:5ターン後 効果時間:3T。
    交代するサブメンバーは選ぶことができず、控え一番手と入れ替わる。
    入れ替わったサブメンバーに「援護射撃」のバフが付き、ターン終了時(通常攻撃/奥義の直後)に援護射撃(水属性5倍ダメージ、上限80万)による攻撃を1回行う。
    通常攻撃ならターンの進行を問わず、イングヴェイなどアビリティによって通常攻撃を発生させた場合も対象。また、睡眠などによって行動不能な場合でも発動する。
    内部的にはバフを付与されたキャラが攻撃アビリティを発動するものになっており、攻撃UPやクリティカル率UP等の効果も援護射撃に乗る。サブに入りやすいエッセルやレ・フィーエ(土属性)、赤城みりあ等では効果が薄いので要注意。
    援護射撃の威力もさる事ながら、リリィやヨダルラーハ(SSR)、イングヴェイやローアイン(SR)等の優秀なアビリティや攻撃性能を持ったキャラクターを一時的に前へ出し、アビリティを使い切ってからサブに戻すことも可能な極めて強力なアビリティ。
    再使用不可能なことと、シルヴァがフロントメンバーにいる状態で5ターン経過しなければ使用できないことが欠点。
    また、発動中にフロントメンバーが脱落するなどでシルヴァが前線に戻ってしまうと援護射撃も打ち切りになる点には注意が必要。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】攻撃 
  • 【得意武器】銃 
  • 【奥義】ヒューネラルブリット:水属性ダメージ(特大) 倍率4.5
        バリー・ブリット:水属性ダメージ(特大)/自身に回避率UP効果(3T)
  • 【サポート】静かな威圧:奥義ゲージ上昇量UP(20%)
          正射必中(Lv95で習得):敵の幻影・回避に関わらず奥義が命中する

カタリナ(リミテッドver) (SSR) Edit

評価
再生効果付きのマウントとダメージカットアビリティに加え、攻撃性能も備えた多機能サポーター。
アビリティが防御と回復のみで構成されていたSRバージョンのカタリナとはパーティへの貢献、役割が異なり、マウントとダメージカットの使用間隔・性能の違いから、場合によっては使い分けることもある。

奥義の追加効果に、水カーバンクルと共存可能な味方全体への水属性攻撃25%UPバフがあり、パーティの火力を底上げできる。
加速により奥義の高回転を期待できるジョブや装備、パーティメンバーとの相性が良い。
1アビで攻撃を行いつつ、奥義効果やマウントとダメージカットで支援をこなし、計1900回復の再生効果でダメージをケアする、バランスの取れた構成。
3アビのダメージカット率は低いが回転がとても早いため、チャージターン1以外の敵の特殊技はカタリナ一人で毎回受けられるという稀有な長所を持つ。
サポアビで強化効果消去で消されることのない食いしばりで不慮の事故にも強く、安定性の塊と言える。
ソロ・マルチバトル問わず、あらゆる場面でPTの安定性や攻撃力を高めてくれる優秀なキャラクター。
とは言えカタリナ自身の性能は防御寄りなため、火力重視の場合は他のキャラクターに枠を譲ることもあるだろう。

sd_3040054000_02.png

  1. エンチャントランズ
    敵に水属性ダメージ3.0~4.0倍(4.0~5.0倍)/次の攻撃で必ずトリプルアタック。使用間隔:7(6) 効果時間:1T
    高倍率高減衰のいわゆる序アビ。単体攻撃としても強力だが、さらにTAまでついている破格のアビリティ。
    ゲージ加速としても火力源としても期待できる。
  2. ローレンガード
    味方全体の弱体効果無効(1回)/味方全体に再生効果(回復量1000、以後ターン経過ごとに減少)。使用間隔:9(8) 効果時間:4T
    再生効果の回復量(上限)は40%(1000)→30%(500)→20%(250)→10%(150)と、ターンが経過するごとにほぼ半減。合計回復量は1900となっている。
    使用した瞬間の回復ではないのがポイントで、ダメージを受けてからの回復となるので腐りづらい。
    敵の特殊技を受ける時に使用することで、デバフをカットしつつリカバリも行ってくれる優秀なマウントアビリティ。
  3. ライトウォール・ディヴァイド
    味方全体の被ダメージカット(25%)。使用間隔:3
    使用間隔は短いもののダメージカット率は心もとないため、リリィの火属性ダメージカットやカーバンクル、アテナなどの手段も用意しておくと使い勝手が向上する。
    または特殊技のダメージカットは他キャラにまかせ、通常攻撃を軽減する目的で使用してもよい。
    使用間隔が非常に短く、スロウやグラビティでターンを稼がずとも特殊技に毎回合わせられる点も大きい。
    チャージターン1以外の敵ならば、ダークフェンサー以外のジョブであってもカタリナ一人ですべての特殊技を防ぎ切れる。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】バランス 
  • 【得意武器】剣 
  • 【奥義】グラキエス・ネイル:水属性ダメージ(特大)/味方全体の水属性攻撃UP(25%)
    奥義後3ターン持続し、他の水属性攻撃UPと共存する。
  • 【サポート】騎士の正道:一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える

ヨダルラーハ (SSR) Edit

評価
「三幕」という固有のスタックバフを消費しながら戦うピーキーなアタッカー。
三幕の初期値は3あり、攻撃・1アビと2アビの使用でそれぞれ強制的に1消費し、奥義で全て消費される。4の倍数のターン経過時、ならびに3アビ使用で残数が3に戻る。
三幕の消費によって通常攻撃がトリプルアタック確定・アビリティ性能UPなどの恩恵を得られるだけでなく、奥義発動時の三幕の残数に応じて多大な無属性追加ダメージが発生する。
三幕3つならば奥義で必ず99万9999の無属性ダメージを発生させられるので、初心者お助け役および時間短縮役としての評価が非常に高い。
装備の整っていない初心者であっても、アサルトタイムなら島HARDなど弱めのボスの討伐が容易になる。長期戦でもダメージ源となるだろう。
ただし、三幕が0になると攻防大幅DOWN+敵対心UPがかかり、戦闘不能になるリスクが一気に高まるので、長期戦では幕切れ時の防御手段を講じておきたい。
なお、それを逆手にとって早々に幕切れさせて戦闘不能にし、サブメンバーとの交代を狙うという手もある。

三幕があるかぎりTAが確定する性質は、玄武殻拳による追撃付与と非常に相性が良い。
ただし、玄武殻拳のデメリットを受けると奥義ゲージを100%にするのに最大で5ターン以上必要になる。
三幕時奥義の追加ダメージが主力になるレベルでは却って火力が落ちるので、通常攻撃火力を重視したいプレイヤー向け。
 
デメリットを伴う一発型の奥義によって初心者お助け専門キャラと思われがちだが、上級者でも短期戦などで起用を考えていける。かばうを持つため、アルティメットバハムートHLへの適性もある。騎空団サポートの奥義ゲージUPがあれば1アビTA、TA、3アビ奥義と3ターンでダメージが稼げる。このためシルヴァの4アビ交代要員としても優秀。
シャルロッテやリルル、十天衆ウーノは防御面を補助するアビリティを持つ上に種族も噛み合う為、仲間にいるなら是非とも組ませたいところ。
また得意武器に剣が含まれるので、オメガ武器の恩恵も受けやすい。

sd_3040064000_02.png

  1. 十起
    敵に4~5倍の水属性ダメージ。◆三幕効果の時2回攻撃 使用間隔:6(5) 減衰値:62万(要検証)
    三幕効果中は最終上限解放済みランスロットのダブルインパルスと同等の威力を持つ優秀な攻撃アビリティ。
    ダメージが減衰まで届くようになると、2連撃のお陰でお手軽に120万以上のダメージを出すことができる。
    百承
    敵の全ての攻撃を回避。◆三幕効果の時かばう効果追加 使用間隔:8(7)
    自身の打たれ弱さをカバーするヨダルラーハの生命線。三幕が切れた状態で狙われても無属性攻撃以外なら確実に生き延びることができる。
    三幕状態だと水では珍しいかばう効果が追加される。次元断やコールドフレイムをローリスクで凌ぐことができる。
    特定の特殊技に狙って合わせるなら3アビとセットで温存しておくのも手。
  2. 千転
    三幕を回復する。 使用間隔:15
    三幕は上限3まで回復する。サポアビの効果も同じ。
    奥義発動での三幕切れ直後に使用して弱体化を防ぐのはもちろん、中途半端な状態で奥義ゲージが溜まった場合に使用する、
    奥義を温存して6ターン連続トリプルアタックなど、これがあるとないとでは使い勝手が大幅に変わるので最優先で習得しよう。
  • 【種族】ハーヴィン 
  • 【タイプ】攻撃 
  • 【得意武器】剣/刀 
  • 【奥義】万結一閃:水属性ダメージ(特大)/三幕を全て消費し残数に応じた無属性追加ダメージ(333333×三幕の残数)
  • 【サポート】絶句:4ターン毎に三幕効果付与/ただし三幕効果が無いときステータス大幅DOWN
          二重刃:三幕効果の時、必ずトリプルアタック

リルル (SSR) Edit

評価
攻防バフに、奥義加速、回復バリアと、バッファーとヒーラーの役割を一人で高水準にこなすサポートキャラ。
サポアビにより自身の使うアビリティの効果量がキャラクターの性別によって変化するのが最大の特徴であるが、
女性キャラ相手でも十分に強力。男性が相手であれば更に効果量上乗せ、といったところ。
主人公の性別もこの影響下にあるため、普段は女性主人公を使っている場合でも、リルルをパーティに組み込む時には
一時的に主人公の性別を男性に変更する事も視野に入る。
奥義の追加効果である魅了は命中率自体は低めだがうまく入れば行動阻害率は全キャラクターの中でも2番目に高いので、
主人公をスーパースター系列以外にした場合の魅了役として組み込める。
攻防バフに奥義ゲージ加速と、一見するとアビリティ構成はアルタイルとやや被って感じられるが、
リルルのアビリティは完全独立枠のため、両者のバフは重ねがけが可能。
アルタイルは男性キャラなのでサポアビを最大限に活かすことが出来ることからもシナジーは高いといえる。
リルルは純粋に回復役としても強力であり、魅了によるダメージ軽減も期待できることから、やや中長期戦向けといったところ。
サポートキャラとしての性質から他属性PTに出張しても全アビリティが腐ることなく活躍が見込める。
ただし、リルル自体の火力はそう高くないので、アタッカーとなるキャラを据えることが望ましい。
sd_3040066000_02.png

  1. 君に逢いたくて……
    味方全体の攻防UP。使用間隔:8(7)。効果時間:3ターン。
    通常攻刃枠のバフ。現状どのバフとも重ね掛け可能な独立枠らしく、
    片面バフのレイジや両面バフであるアルタイルの方円とも重ねがけできる。
    効果量は男性の場合+35%、女性の場合+20%となかなかに強力。
  2. 翼があれば、きっと届くよ。
    味方全体の奥義ゲージUP/奥義ゲージ上昇量UP。使用間隔:8(7)。効果時間:3ターン。
    効果量は、男性:奥義ゲージ+20%/奥義ゲージ上昇量20%UP、女性:奥義ゲージ+15%/奥義ゲージ上昇量15%UP。
  3. やがて季節は廻り。
    味方全体のHP回復/バリア効果。使用間隔:8。効果時間:3ターン。
    効果量は、男性:上限3000回復/1500バリア、女性:上限2000回復/1000バリア。
    回復とバリアを合わせると相当なダメージをカバーできる。
    バリア部分はHP最大時でも有効なので、渾身の最大火力を少しの間維持しながら戦うこともできる。
    また、火属性の敵が多用する灼熱などのスリップダメージもバリアで肩代わり可能。
    なにかと便利なアビリティであるが、ややCTが重いのが難点。使いどころをよく吟味しよう。
  • 【種族】ハーヴィン 
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】楽器  
  • 【奥義】キラメキ・ライヴ:水属性ダメージ(特大)/魅了効果
  • 【サポート】胸が張り裂けそう:男性に対してアビリティ効果大幅UP

イングヴェイ (SSR) Edit

評価
奥義による「タフガイ」状態へのモードチェンジが特徴のタンク・自己バフ型アタッカー。
タフガイ状態での強烈な火力と硬さが持ち味で、3アビも載せた奥義では単騎で最大200万以上ものダメージが期待できる。
さらに、ダメージ8割軽減に近い防御力、状態異常無効、7割以上の被ターゲット率を誇る敵対心を得るため、味方を守る盾として大活躍する。
HPが十分であればコロッサス・マグナの次元断さえ耐えるほどの硬さであるため、単体特殊技・乱打系特殊技にめっぽう強い。
素殴り重視PTでは、定期的に変身して火力を稼ぎつつ味方を守ってくれるありがたい存在として活躍が見込めるだろう。
ただしタフガイ状態では毎ターン奥義ゲージを消費する強烈なデメリットを持つ。しかも維持費はターンごとに増加するので長期維持は不可能。
短期戦では無理に維持せず、すぐ奥義を撃って大火力を活かしてしまおう。
ゲージ補給手段として1アビを持つが、これは味方の負担が大きいので、アルタイル・リルル・四天奥義などの別供給手段を確保しておきたい。
タフガイ状態になったターンは奥義ゲージが50%増えるため、すぐに奥義加速をかければそのターンにも奥義を撃てる。
単純に奥義を2T続けて撃つことになるうえ、火力も破格。この運用はアサルトタイムで無類の強さを発揮する。
長期戦では逆に奥義に拘らず、ひたすら殴らせるのも有効…というかそうしないとタフガイの回転率が落ちるためイングヴェイである理由がない。
4T前後はPTの被弾を大幅に軽減しながら、タフガイ維持費により自動的にチェインバーストを回避できる。
これは素殴り・ヴァルナ編成の需要と噛み合う。
維持費が足りず変身が解除された場合、その時に持っていたゲージは消費されずに残る。長時間維持していると多めに残りやすい。

sd_3040088000_02.png

  1. オール・カミング
    味方の奥義ゲージを吸収して自分の奥義ゲージに変換。使用間隔:8(7)。
    味方全体の奥義ゲージ吸収量は固定で50%。そのため味方への負担が非常に大きい。
    敵の特殊技の前のターンにすぐにタフガイ状態へ移行したい場合や、タフガイ状態の締めの奥義に繋ぐ手段として使うとよいだろう。
  2. ザ・ワイルド
    ターン経過なしで通常攻撃を実行。使用間隔:5(4)。
    主人公のEXジョブ、ガンスリンガーのアーリーショットに似るアビリティ。
    通常攻撃扱いなのでDAやTAが発生し、奥義ゲージも増加する。
    ダメージ目当てのほか、ゲージの緊急調達に役立つ。
    もちろん連続攻撃確率アップや追撃付与との相性がよいので、それらや3アビと合わせて使いたい。
    タフガイ状態でうまく連続攻撃が発生すれば、並のアビリティを凌ぐ火力を見せる。
  3. ノー・マーシー
    自分のクリティカル確率UP/水属性追撃効果。 使用間隔:7。効果時間:3。
    クリティカルはダメージ倍率+50%ほど、追撃は30%ほどの効果量。
    ダメージアップ量が大きいので、是非タフガイ状態の2アビや奥義に合わせたい。 
     
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】防御 
  • 【得意武器】銃/格闘
  • 【奥義】レッド・ホット・ガーディアン:水属性ダメージ(特大)/奥義ゲージUP
        フルメタル・エイムス:水属性ダメージ(特大)
  • 【サポート】タフガイ:奥義使用でタフガイ状態に変化/奥義再使用で解除/タフガイ状態中性能UP◆毎ターン奥義ゲージを消費してタフガイ状態を維持
          ボーダーライン:自分のHPが少ないほど防御UP

ナルメア(水着ver) (SSR) Edit

評価
ブレアサ持ち自己バフ型アタッカー。闇属性ver同様通常攻撃が強い。一応ディスペル要員としても機能する。
闇属性Verの特徴だった「構え変更」の概念が無くなった代わりに、「使うたびにアビリティが強化されていく」という新たな特性を得た。
これは累積バフでも強化効果でもなく、使ったアビリティが強化版に置換されていくという独自のもの。
敵からの強化効果消去によって回数がリセットされることがないので、時間こそ掛かるが確実に強化できる。
玄武殻拳との併用で更にもうひとつ追撃を付与することもでき、3アビでのブレアサにも適用されダメージが跳ね上がるため相性抜群。
しかし、アビリティに付随するデメリットにより闇属性Verに輪をかけて打たれ弱い。ダメージカットや回復持ちのキャラと組ませ保護しつつ上手く運用したい。
前述の通り耐久性に乏しいため扱いが難しく、真価を発揮させるためのハードルが非常に高い、上級者向けのアタッカーと言える。
すべてのアビリティが最終強化まで持っていけるような長期戦では水属性トップクラスのダメージディーラーとなる。
奥義効果でどれかのアビリティの再使用間隔が短縮されるのでガンガン回していきたい所。
運用環境を整えられれば追撃によって減衰の壁を大きく超えられるので、他の追随を許さない火力で活躍してくれるだろう。

sd_3040089000_02.png

  1. 胡蝶刃
    自分に弱点属性追撃効果/防御DOWN。◆胡蝶刃の使用回数に応じて性能UP(5回まで) 使用間隔:4(3) 効果時間:3
    ナルメアを象徴するアビリティ。構えの変更が消去された代わりに、使うたびに性能が強化される。
    強化段階は最大5段階。使用するたびに「弐翅」「参翅」「肆翅」「是非」とアビリティ名の頭が変化する。
    CT3ターン・効果時間3ターンと常時恩恵を受ける事ができる反面、回復不能な防御DOWNも使用の度に強化されて自分にかかる諸刃の剣。
    追撃効果は玄武殻拳の「霧氷の追牙」スキルやチェイサーと共存する。
    累積アビリティとは違い、効果時間が切れても使用回数が蓄積されるため、
    全体攻撃を行ってくる相手、またはタイミングによっては使用を控える工夫なども必要になるだろう。
  2. 臥薪嘗胆
    敵の強化効果を1つ無効化/自分の連続攻撃確率UP。◆最大HPの15%を消費/臥薪嘗胆の使用回数に応じて性能UP(3回まで) 使用間隔:7(6) 効果時間:3
    HPを最大値の15%消費して発動するアビリティ。使うたびに連撃率が上昇する。
    強化段階は最大3段階。使用するたびにアビリティ名の尾が「【発】」「【成】」と変化していく。
    デメリットのHP消費が重いため、回復アビリティを持つキャラクターを編成する等してカバーしたい。
    3アビ(ブレアサ)を連撃に乗せたいので、ディスペルが不要な相手ならどんどん使って早めに最終段階である【成】に持っていきたい。
  3. 精神一到
    自分の攻撃大幅UP(敵ブレイク時のみ/1回)/クリティカル確率UP。◆精神一到の使用回数に応じて性能UP(3回まで) 使用間隔:7 効果時間:3
    追い撃ち効果ととクリティカル率UPが共存した強力なアビリティ。使うたびにクリティカル倍率が上がる。強化段階は最大3段階。
    使用するたびにアビリティ名の尾が「【発】」「【成】」と変化していく。
    水属性では貴重なブレアサ系アビリティであると同時に、クリティカル系アビリティとして見ても非常に優秀な部類に入る。
    1アビの追加ダメージと2アビの連撃が乗った状態でこのアビリティを使い、ブレイク時の敵に攻撃(連撃)するのが理想の形。
    1アビの特性上、追撃効果部分だけはどの属性の敵に対してもクリティカル発動が可能。
  • 【種族】ドラフ 
  • 【タイプ】攻撃 
  • 【得意武器】刀 
  • 【奥義】無為自然:水属性ダメージ(特大)/ランダムでアビリティ再使用間隔2ターン短縮(既に使用可能なものが選ばれる場合もある)
  • 【サポート】質実剛健:ドラフ族の攻撃力UP(+10%)。種族:???も強化の対象。
          鍔迫合:稀にダメージを反射

シャノワール (SSR) Edit

評価 
サポーター兼デバッファー。奥義効果のランダムデバフを筆頭に様々な効果を発動できる多芸なキャラ。
スロウ兼味方全体の奥義ゲージ加速、無属性ダメージ+ディスペルや自分への幻影等、その芸は多岐に渡る。
しかしその一方で、いずれも今一つ決定力と信頼性に欠ける器用貧乏さもある。
 
奥義効果はターン制デバフの煙幕(暗闇の強化版)・魅了・麻痺とどれも強力だが、内容は自分で選べず、おまけに必中ではないのがネック。
しかし水属性の恒常SSR唯一のディスペル要員で、奥義効果の起点となるスロウ&全体ゲージ加速は優秀。
基本はスロウ・奥義加速・ディスペル要員のサポーターとして起用し、奥義効果はそのオマケと考えよう。

ソロバトルでは彼の多芸ぶりが役に立つ局面もある。例えばコロマグ確定流し〜ソロに挑戦するようなレベルでは、
スロウ・ディスペル・割合ダメージの三点セットがかなり輝く。
ソシエやリルルとはタイプ一致で、コスモス武器の恩恵を受けやすいのも長所。
デバフの命中率も上がるので編成するならば是非。

sd_3040093000_02.png

  1. 大胆なる予告
    自分に予告効果。 使用間隔:5(4)。効果時間:3ターン
    サポアビによる自己バフ(別枠:攻防+20%)を発動する。また、自身の奥義発動後に「痕跡抹消」が発動する。
    シャノワールの起点となるアビリティ。ほぼ常に予告状態で戦えるうえ、ささやかながら自己バフもつく。
    速度を重視するならば、奥義前にだけ2アビとセットで使う運用でも良いだろう。
    勿論単体運用でも問題ない。
  2. パズルトゥユー
    敵のチャージターンを盗む。◆予告効果時、盗んだチャージターンを味方全体に還元/自分にリドル効果 使用間隔:8(7)。 効果時間:3ターン
    そのままでは単なるスロウ効果を持つアビリティでしかない。
    予告状態の時に使用すれば、自分にリドル効果(幻影2回/連続攻撃確率UP)を付与し、スロウ成立時に味方全体の奥義ゲージを20%UPする。
    リドル効果時に奥義を発動することで、3種類の内からランダムで強力なターン制のデバフを発生させる。
    使用間隔7ターンで全体加速、更にバフとスロウがつくと考えるとなかなか強力なアビリティ。
    ちょっとだけ自分の足も速くなるので、遅れた時の調整にもなる。常に予告とセットで使おう。
    ただし発動すると残りターン数にかかわらず予告効果は消失し、リドルの幻影効果が消滅するとDATA率UPもろとも消失する。
    かばうなどのサポートを要するほど重要なバフではないが注意しておこう。
    ただし、コロッサス・マグナ(HL含む)の次元斬など危険な攻撃に対しては有効なので、積極的に使いたい。
  3. スプレンディドセフト
    敵の現HPに応じて1%~5%の無属性ダメージ/強化効果を1つ無効化。 使用間隔:6。上限:約70万
    クラリス(SSR)の「アトミック・レゾリューション」と同一のアビリティ。
    ディスペルとしての運用はもちろん、ハイレベルマルチをはじめとする高難度の敵の体力をごっそり持っていく。
    なお、無属性なので敵の防御効果に軽減されることがなく、コロマグのシェルターなどを貫通してダメージを与えられる。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】特殊 
  • 【得意武器】杖/短剣
  • 【奥義】ファントムシーフ:水属性ダメージ(特大) ◆予告効果時、リドル効果時に変幻自在の妙技を披露
                 予告効果時は痕跡抹消が発動(敵全体に4.5倍ダメージ(上限63万))
                 リドル効果時は煙に巻く奇術(煙幕)、心を盗む囁き(魅了)、自由を奪う劇薬(麻痺)のいずれかがランダムで発動(効果時間:3T)
  • 【サポート】怪盗の流儀:予告効果時攻防UP
          プロデュースイリュージョン:リドル効果時連続攻撃確率UP

ロミオ (SSR) Edit

評価 
サポートアビリティの英霊効果により高い火力と防御力をもつアタッカー。
3アビを絡めた1アビの3連発(合計180万前後)や、英霊時の奥義追撃(最大60万)により、1ターンで出せる火力が高い。
しかも1アビには水属性防御ダウンまでついているので、初手1アビ連発が状況を選ばず非常に強力。
素の命中率がずば抜けて高いうえ、万が一外しても3アビを使えば連発できる性質上、試行し直せるのは他にはない利点。2アビのかばうも使いどころがあり、かなり器用な立ち回りができる。
ソロ・マルチともに強みが光る優秀なキャラクターと言える。
英霊切れ時は攻撃力が激減するので、基本は通常攻撃と奥義で火力を出し、必要な時のみ増幅を使っていこう。

sd_3040098000_02.png

  1. ラーマ・アクゥータ
    敵単体に水属性2.5〜3.5(3〜4)倍ダメージ。◆英霊を1消費して敵の水属性防御DOWN(20%) 使用間隔:6。減衰値:62万
    3〜4倍ダメージ(減衰62万)の火力を備えた攻撃アビリティ。英霊1消費で水属性防御DOWNが付く。
    増幅状態で使用することで「英霊を2消費して2回ダメージ/水属性防御DOWN」に変化する。2回になるのはあくまでダメージだけで水属性防御DOWN効果は2回判定にはならない。
    英霊消費があるためか、デバフ部分の命中率は非常に高い。
    もし外しても3アビの再使用可能効果で再挑戦可能なのも利点。
  2. クレデンツァ
    敵の単体攻撃を味方の代わりに受ける。◆英霊を1消費して火属性ダメージ軽減 使用間隔:7(6)。効果時間:1T。
    かばう。英霊を1消費することで火属性ダメージ軽減(80%)が付く。
    増幅状態で使用することで、英霊を2消費して火属性ダメージ軽減効果を全体化する。
    ダメージカットではなく軽減なので100%カットにはできないが、軽減率は十分。バリアと組み合わせるのもよい。
  3. フィアンマ・ブルー
    増幅状態に移行/即座にアビリティ再使用可能。使用間隔:1(増幅解除後:10)
    増幅状態時は「増幅状態解除/英霊を5まで回復」に変化。
    増幅中の1・2アビは英霊消費が2で固定されているため、残り英霊が1のときは消費せず英霊なしの効果となる。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】バランス 
  • 【得意武器】剣 
  • 【奥義】ラルバ・ディ・ヴェローナ:水属性ダメージ(4.5倍)◆英霊を1消費して追加ダメージ(3倍/上限:約63万)
  • 【サポート】ヴェローナの守護精霊:5ターン毎に英霊効果付与/ただし英霊効果がないとき攻撃力大幅DOWN(半減) ◆英霊は通常攻撃で1消費
          英霊の加護:英霊効果時攻防UP(攻撃:別枠30%/防御:20%)

イシュミール (SSR) Edit

評価 
固有バフ「氷剣」を1本ずつ最大5本まで生成する累積型アタッカー。通常攻撃だけでなく奥義も高威力。
また、クリティカルバフで味方全体の火力UPにも貢献する。
氷剣の奥義ダメージの上がり幅的には3本からが効率的。5本の時の奥義は、装備次第で500万以上ものダメージを出すことも可能。
しかし5本まで持っていくためには、リミサポ無しの状態だと開幕から最短で8ターンは掛かるため、フルチェインに合わせるとパーティの奥義を滞らせがちなのが難点。
リミサポ取得で2アビでも氷剣生成可能となり、比較的簡単に氷剣MAXまで持っていけるため、早めに取得しておきたい。
リミボ自体、有用なものが揃っており、特にクリティカル4枠は大きい。
火属性の敵に対する最終ダメージが20%上昇する強力なサポートアビリティを持っているが、天司武器のスキルとは共存しない。

sd_3040100000_02.png

  1. ニヴルヘイム
    氷剣を追加/攻撃力UP(累積:1回につき別枠乗算4%(8%)、上限20%(40%))。使用間隔:2
    氷剣は効果時間の無い永続のバフで、奥義を使った場合のみに消去され、強化効果消去の影響を受けない。
    攻撃UP(累積)は強化効果消去でも消えない永続バフ。目に見えてダメージが伸びているのが分かる。
  2. フェアウェル
    味方全体のクリティカル確率UP(発動率50%/倍率+50%)。◆奥義ゲージを20%消費 使用間隔:6(5)。効果時間:3T。
    リミットボーナスアビリティを取得することで効率良く氷剣を貯めることが出来る。
    わざと奥義ゲージを減らすことによって奥義を撃つタイミングを一人だけずらし、氷剣を貯める用途にも使える。
    一方で、玄武殻拳と合わせると奥義ゲージ上昇量DOWNと相まって氷剣がMAXになっても奥義が打てないことにもなりうる。
  3. スティル・ビリーヴ
    自分の奥義ゲージ上昇量UP(30%)/敵対心DOWN。使用間隔:8。効果時間:3T。
    敵対心DOWNの効果量は-40%と高め。連撃バフと合わせて効率よく奥義ゲージを貯めるとよさげ。
    敵対心DOWNの有用性は以前ほどではないが、自身にダメージがかさんだときに使えるかもしれない。
  • 【種族】ドラフ 
  • 【タイプ】攻撃 
  • 【得意武器】剣 
  • 【奥義】レド・ブラスト:水属性ダメージ(特大)/氷剣を消去
  • 【サポート】白の切っ先:氷剣の数に応じて奥義ダメージ/奥義ダメージ上限UP ◆氷剣は5本まで追加可能
    氷剣を1本増やすごとに奥義ダメージ25/50/100/150/200%UP、奥義ダメージ上限10/20/50/100/150%UP。
          冷たい女:火属性の敵に対して与ダメージUP(最終ダメージに乗算20%)
    ワンド・オブ・ガブリエルのスキルとは共存せず、効果量の高い方が優先される。

アルルメイヤ(クリスマスver) (SSR) Edit

評価 
強力な属性防御DOWNとランダムバフに加えて、活性効果付きのマウントでHPの維持にも役立つオールマイティな支援キャラ。
特に1アビの防御デバフと2アビのマウントはそれだけで役割を持てる強力なアビリティであり、どちらか1つのためだけに採用する価値もある。
他属性と異なり水属性にはハーヴィンが多いため、種族染めしやすいのも長所。
そもそも種族統一が必要なく、水属性攻撃バフとの相性が良いヴァルナ編成であればその性能を余すところなく活かせる。
事象投影・解放は仕様がややこしいうえに効果がランダムと運要素が強いが、効果は強力でCTも短め。
さらに奥義効果で投影が即使えるようになるため回転が非常に早いのも利点で、事象効果を複数付けることも可能。
優秀なキャラクターだが、期間限定排出のために入手が難しいのが唯一の難点。

sd_3040104000_02.png

  1. 水天
    敵に水属性ダメージ/水属性防御DOWN(25%)。◆奥義ゲージ10%消費 使用間隔:6(5)。 効果時間:180秒
    特殊タイプのためコスモスPCにより命中率がUPする。
    同じ特殊タイプのソシエがミスト互換を持つため、二人並べると防デバフが下限に達する。
    奥義ゲージを消費するため奥義発動の際は注意。とはいえ消費量は少なく、使用間隔が短いため1ターン遅延しても大きな支障はないだろう。
  2. タブラ・ラーサ
    味方全体への弱体効果無効(1回)/活性効果。 使用間隔:9(8)。 効果時間:3
    説明不要のディスペルマウントに活性効果が付いたもの。
    活性効果中は毎ターンHPが回復(上限500)し、HPが満タンの状態、あるいは呪いでHPが回復しない状態では奥義ゲージが10%上昇する。
    使用間隔も8ターンと他キャラのマウント系アビリティ並でシンプルに強いアビリティ。
    カタリナと一緒に使うことで状態異常技が激しい敵にも対応できる。
  3. 事象投影
    水晶に事象を投影する。 使用間隔:0。 効果時間:1
    使用することで水晶に映る色がランダムで抽選され、アビリティが下記の「投影解放」に変化。
    投影解放を使用しなかった場合は次ターンに事象投影の再使用が可能。
    1度で2回アビリティを使うことになるので、討伐速度が重要なら奥義後の解放のみ使用しこちらは封印するのも手。
    投影解放
    投影された事象を開放する。 使用間隔:5。 効果時間:3 
    上記「事象投影」によって水晶に映った色に応じて、属性バフ、DATAバフ、バリアのいずれか、あるいは3種全ての複合効果が得られる全体バフ。詳細は下記参照。
    「事象投影」によって何色が選ばれるかはランダムで必ずしも自分の欲しい効果が得られるとは限らないが、いずれも中々優秀な効果量を持つ。
    奥義効果を利用すれば事象効果を複数付けることも可能なのでガンガン奥義を回して積極的にバフを付与するといいだろう。
    ちなみに、奥義効果によって投影された事象はそのターンの敵の強化効果無効化(いわゆるディスペル系効果)で消去されない。
    そのため奥義発動後に敵がディスペルを使用しても事象を消される心配はない(当然だが投影解放によるバフそのものはディスペルの対象となる)。
    赤の輝き:味方全体水属性攻撃UP(30%) 白の輝き:味方全体連続攻撃率UP(別枠 DA20%、TA10%)
    緑の輝き:味方全体バリア効果(2000) 聖夜の輝き:3種全ての効果
  • 【種族】ハーヴィン 
  • 【タイプ】特殊 
  • 【得意武器】杖 
  • 【奥義】セレネ・ディーロシー:水属性ダメージ(特大)/水晶に事象を投影する/投影解放を再使用可能にする
                  ※敵の強化効果無効化で消去されない(聖夜の出現率UP15%)
  • 【サポート】未来予知:味方全体が確率で敵の通常攻撃回避

キャタピラとヴィーラ (SSR) Edit

評価 
アビリティ使用間隔は長めだが、優秀な属性攻防デバフと攻撃アビリティを持ち、2アビで連発も可能なアビリティアタッカー。
回復が無駄になる事に目を瞑れば、1・3アビの連発だけで初回から200万を超えるダメージを叩き込む事が可能。
属性攻防DOWNも効果量が大きく、ミゼラブルミストと合わせ45%と下限近くまで敵の攻防を下げられる。
最大の特徴は「配置する位置で効果が変わる」サポートアビリティ。1・3番は防御モード、2・4番は攻撃モードとなる。
防御モードならば敵対心と防御UPによって攻撃を引き受けサプライで回復、というタンクのような立ち回りも可能。
攻撃モードならば持ち味の火力を伸ばすことができるが、防御力が下がるので何かしらのフォローが必要となる。

ちなみにキャラクターとしてはヴィーラ扱いなので、カタリナとの同時編成が可能な他、ヴィーラのスキンを使用することも出来る。 
ヴィーラ扱いだがローアインの「カタリナが居る場合〜」が適用される。掛け合いもある他、SRローアインならば攻撃モード時のフォローとしても優秀。

sd_3040116000_02.png

  1. ミサイル
    ターゲットに関わらず16回単体ダメージ(0.5倍)。 使用間隔:9(8)。上限:約5.4万x16
    最大で80万を超えるダメージを叩き出せる強力なダメージアビリティ。
  2. サプライ
    自分のHPを30%回復/他のアビリティが即時使用可能になる。 使用間隔:11(9)。
  3. エーテルビーム
    敵に水属性2.5倍ダメージ/火属性攻撃20%DOWN/水属性防御20%DOWN。 使用間隔:10。効果時間:180秒
    水属性防御DOWNに加えて、火属性攻撃DOWNという非常にレアなデバフを持っている。
    ミゼラブルミストやアローレインIIIを使った状態から更にダメージを抑えることが可能。
  • 【種族】不明 
  • 【タイプ】特殊 
  • 【得意武器】銃/格闘 
  • 【奥義】ロケットアーム:水属性ダメージ(特大)/ダブルアタック確率DOWN/自分に高揚効果(10%/3ターン)
  • 【サポート】フロント・フォーメーション:バトルメンバーの1番目、または3番目に配置された場合に自分の防御UP(40%)/敵対心UP(300%)/魅了無効
          リア・フォーメーション:バトルメンバーの2番目、または4番目に配置された場合に自分の攻撃UP(通常攻刃50%)/防御DOWN(25%)/暗闇無効

ヴェイン (SSR) Edit

評価
2アビで積極的に瀕死になることで3アビを使用し爆発的な火力を出すヒロイックなバトルスタイル。
2アビ・3アビ・サポアビの効果は強化消去で消されることはないが、2アビ使用後のHPには注意が必要。
防御タイプではあるが3アビが発動した時の火力は並の攻撃タイプを置き去るほどに圧倒的。
そのぶん発動条件が非常に厳しい上にCTが長いため起用する場面が難しい。

sd_3040117000_02.png

  1. アームゲインII
    敵に水属性ダメージ/攻撃DOWN(15%)/火属性攻撃DOWN(10%)。 使用間隔:6 効果時間:180秒 減衰値:42万前後
    それぞれの効果量は大きくないが、火属性相手に両方決まれば大きく攻撃力を削げる。
    ただし、フラム=グラスの水モードでは相手の攻撃が水属性となるため15%DOWNにしかならないので注意。
    成功率はキャラクターのアビリティとしては高め。
  2. ブレイクスルー
    自分のHPが少ないほど攻撃が大きくUP/敵対心UP(150%(累積/最大750%))。 ◆自身のHPを最大値の40%消費 使用間隔:3 効果時間:8
    HP消費と敵対心UPによって3アビを誘発しつつ、自身の攻撃力を大きく上げることが出来るアビリティ。
    3アビ使用後のHP100%状態でも別枠30%の効果があるため、かなり長めの効果時間も相まって火力に大きく貢献する。
    ただし、40%と少なくはない量を消費するのでトリガーやCTには注意が必要。
  3. ソウルイラプション
    自分のHPと弱体効果を全回復/ステータス大幅UP(攻撃力UP(200%(別枠乗算))/防御力UP(100%)/連続攻撃確率UP/奥義倍率を9.5倍に強化/ダメージ上限UP(50%)/奥義ダメージ上限UP(100%))
    ◆瀕死時のみ使用可/奥義ゲージを全て消費 使用間隔:15 効果時間:5
    これを使用してからがまさに本気。サポアビのおかげで一度なら即死級のダメージから一気に強化が可能。
    付与される強化効果は独自枠なため、マグナ編成・ヴァルナ編成のどちらでも高い効果を得られる。
    効果中の奥義ダメージ上限はダメージ上限UPと合算されて150%UPし、最大420万程度まで上昇する。
    ただし発動条件が非常に厳しい上に長すぎる使用間隔により使いにくさは否めない。
    なお、奥義ゲージは現在貯まっている奥義ゲージを全て消費のためたとえ0%の状態であったとしても発動可能。
  • 【種族】ヒューマン 
  • 【タイプ】防御 
  • 【得意武器】槍/斧
  • 【奥義】レーヴェバイン・ヤクト:水属性ダメージ(特大)/自分の防御UP(30%) 効果時間:3
  • 【サポート】膝はつかねぇ!:一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える(強化効果消去でも消去されない)

ドランク(リミテッドver) (SSR) Edit

評価
汎用性の高いデバッファー兼アタッカー。
片面枠と属性枠の高性能な攻防DOWNデバフに加え弱体耐性DOWN、ディスペル、全体弱回復など様々な役割を果たせる器用万能キャラ。
両面枠での攻防デバフを持つアルタイルやソシエ、属性防御25%DOWNのクリスマスアルルメイヤなどと組み合わせることで、主人公のアビリティの自由度が格段に広がる。
加えてサポアビの攻撃性能UP(累積)によって5ターン後には別枠攻撃力40%UP・DA35%UP・TA15%UPという独立枠の自己バフを常に持って戦えるため、アタッカーとしても一線級。
マヌーバ・スイッチの切り替えによって得られる防御性能UP(累積)もなかなか優秀。マヌーバ・スイッチ+であればリキャスト毎に使用することで攻撃性能UP効果との共存も可能。
1アビは全体攻撃としてはダメージが高く、更に全体1000のヒールもついているので、回復役としても取り入れることが可能。

欠点はグランデフェス期間限定排出である上に肝心の3アビ解禁のためにストーリー78章まで進めなければならないこと。
そこまで進むにはマグナ編成相当の装備構築が必要になるだろう。

sd_3040119000_02.png

  1. フェアトリックレイド
    敵全体に水属性ダメージ(約5.0倍)/敵全体の弱体耐性DOWN/味方全体のHP回復(最大HPの10%、上限1000)。 使用間隔:6(5)。 効果時間:180秒 減衰値:40万程度
    全体攻撃アビリティに様々な付属効果が付いたもの。全体攻撃でありながらダメージ倍率も高く、弱体耐性DOWNの強度も高い。
    標準的な回復アビリティよりも回復倍率と上限は低めだが回復効果を併せ持ち、再使用間隔も短いためサブヒーラーとしての役割も持てる。
  2. マヌーバ・スイッチ
    ターン終了時の追加効果を切り替える。 使用間隔:5(3)。
    このアビリティによって、サポアビで付与されるバフを攻撃性能UPと防御性能UPで交互に切り替えることができる。
    攻撃性能UPは攻撃力と連続攻撃確率が上昇し、防御性能UPは防御力と回避率が上昇する。
    使用間隔が短縮された後は、使用間隔の度に切り替えることで攻撃性能・防御性能ともに最大値で維持することが出来るようになる。
    リミットボーナスアビリティによって自己回復手段にもなる。
  3. インタラプト・トラップ
    敵の強化効果を1つ無効化/攻防DOWN(片面枠25%)。 使用間隔:5。 効果時間:180秒
    使用間隔5Tのディスペルに加え、アーマーブレイクII/アローレインIIIと同等の片面枠の攻防DOWNが付いている非常に強力なアビリティ。
    成功率は少々心もとないので、1アビによる弱体耐性DOWNやエリュシオンのサポートアビリティ、リミットボーナス等で成功率を上げたい。
  • 【種族】エルーン 
  • 【タイプ】特殊 
  • 【得意武器】杖 
  • 【奥義】ナインス・アワー:水属性ダメージ(特大)/火属性攻撃DOWN(10%)/水属性防御DOWN(10%) 効果時間:180秒
  • 【サポート】策謀の閃き:ターン終了時に攻撃性能UP(累積)/または防御性能UP(累積) 効果時間:4 ◆マヌーバ・スイッチ使用で切り替え
    攻撃性能UP時は1ターン毎に攻撃力8%/DA7%/TA3%UPし、5ターンで累積最大になり攻撃力40%/DA35%UP/TA15%UP。
    防御性能UP時は1ターン毎に防御力8%/回避率5%UPし、5ターンで累積最大になり防御力40%/回避率25%UP。

イシュミール(水着ver) (SSR) Edit

評価
通常版の氷剣をはじめとする自己バフがコンパクトになった代わりに、専用のフィールド効果が追加された。

最大の特徴と言えるのは水属性版フレアともいえる2アビのブリザード。
性質はフレアに似ているが、経過時間に応じて敵味方の攻撃力が山なりに変化する点で異なる。
サポアビもザルハメリナとは対照的なイシュミールのHP依存の味方全体への渾身効果。
ただしイシュミールの最大HP-15%・防御力-20%という強烈なデメリットも有する、
幸いLBに防御UPが2つあるので相殺可能だが、渾身維持のためにもなるべく被ダメは避けたい。
そのほかフィンブルによる霧氷の渾身とは加算関係にあるため、フィンブルの本数が多いほどサポアビの恩恵が薄れることにも留意。
sd_3040126000_02.png

  1. ヨトゥンヘイム
    氷剣を追加/氷剣の本数に応じて攻撃力UP 使用間隔:3(2)。効果時間:永続
    攻撃力UPは累積乗算で1本につき+10%。氷剣の本数依存なため、一度貯めてしまえば奥義や3アビで消費するまで1アビに触る必要はなくなる。
  2. ブリザード
    フィールドにブリザード効果(/味方全体の攻撃UP) 使用間隔:16(15)。効果時間:180秒(/3ターン)
    Lv75で追加される攻撃UP効果は通常攻刃枠+15%。
    フィールド効果はフレアと似た性質のものだが、フレアの攻撃力変化とは異なり72~83秒経過あたりで最大になる山なり型。
    フレアと同時に展開されている場合、より効果の高い側が適用される。
    運用上の注意点もフレア効果に準ずる。
  3. ホワイト・ウィルム
    敵に2.5〜4倍水属性ダメージ/氷剣を1消費して2回発動 使用間隔:7。ダメージ上限:40万程度
    使用間隔・ダメージ上限ともに特別高い性能とはいえず、1アビが使用可能な状態で氷剣が余っている時に使う程度になるだろう。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】レド・ブラスト:水属性ダメージ(特大)/氷剣を消去 倍率4(4.5)
  • 【サポート】真夏の夜の夢:最大HPが15%減少/防御力が20%低いがイシュミールの残りHPが多いほど味方全体の攻撃が大きくUP(渾身枠に最大15%)
          白の切っ先:氷剣の数に応じて奥義ダメージ/奥義ダメージ上限UP(倍率:6倍/9倍、上限:15%/50%) ◆氷剣は2本まで追加可能

ディアンサ(水着ver) (SSR) Edit

評価
期間限定排出のディアンサ水着バージョン。
CD特典のディアンサ(SR)とは異なり運用が容易で維持が簡単。SR版はテンション付与による一発の強化だが、こちらは連撃も含めバランスよく強化する方向性のバッファー。

奥義はダメージが発生しない代わりに水属性の味方全体の攻撃力とDA率を大きく上昇させる特殊強化。
5ターン以内に奥義を再発動させることで最大4回まで特殊強化効果が上昇し、攻撃力40~60%UP(通常攻刃枠)・DA率30~50%UPの効果が得られる。
強力なバフだが奥義回転率に依存しているため、四天刃などによる補助が欲しい。
他にも1アビによる全体加速、2アビによる味方の奥義ダメージの底上げ、3アビで2ターン持続する強力なバフ「テンション」付与と、
自身の攻撃性能が控えめな分味方全体の火力を引き上げる手段に富む。

奥義の特殊強化の攻撃UP効果は通常攻刃枠であるためマグナ編成だと効果が高く、逆にヴァルナ編成では幾分か恩恵は薄れる。
しかし装備次第で効果中DA以上を確定させられるようになるため、ヴァルナ編成であっても特殊強化には十分な期待ができるだろう。
sd_3040129000_02.png

  1. サマー・アンコール
    味方全体のトリプルアタック確率100%UP。 使用間隔:8(7)。効果時間:1ターン
    TA率DOWNのデバフを喰らってない限りは確実に味方全体をトリプルアタックさせてくれる、強力な全体バフ。
    イングヴェイのザ・ワイルドやレスラーのツープラトン等と組み合わせれば、そのポテンシャルを最大限発揮できる。
  2. オンステージ
    自分以外の味方全体の奥義ダメージUP(累積)。 使用間隔:5(4)。効果時間:7ターン
    1回の使用につき奥義ダメージ+9%。最大で3回まで累積し、奥義ダメージ+27%の効果を得られる。
    自分の奥義でダメージが発生しない分をある程度補ってくれる優秀なアビリティ。
  3. オベーション
    味方全体にテンション効果。 使用間隔:6。効果時間:2ターン
    味方全体のテンションをランダムで1~4上昇させる。召喚石「ティクニウトリ・ショロトル」を使った後に使用することでテンション2以上を確定させられる。
    効果時間が2ターンなため、十天衆カトルの3アビ「アヴィラティ」で延長可能な点が最大のメリット。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】楽器
  • 【奥義】ミディアムアイドル・オンザビーチ:自分の奥義ゲージUP(20%)/水属性キャラを特殊強化(攻撃性能UP) ★累積で効果UP 効果時間:6ターン
  • 【サポート】海辺のリバイバル:テンション時確率で敵の全ての攻撃を回避
          舞い歌う夏の巫女:与ダメージが低いが敵のターゲットにされにくい(攻撃力-10%)

アン (SSR) Edit

評価
固有のスタックバフ「英霊」を有する、典型的なタンク型のヒューマン。
PTの盾役としての働きに特化したアビリティ構成を持ち、長期戦における耐久力が極めて高いキャラクター。
独自の要素として英霊スタックがあり、初期値は3から始まりアビリティを使う毎に1減り、奥義で2回復する。
常に敵対心が高い代わりに、「英霊」効果中は自身の攻防ともに30%UP(攻撃UPは別枠乗算)する。
しかし被ダメージ毎にステータスが上がるアビリティとサポートを有している為デメリットにはなりにくい。

被ダメージで徐々に伸びる奥義ダメージ上昇は最大75%にもなる為、奥義上限を上げるイクシードや必殺と非常に相性が良い。
また2アビによる防御力アップも効果が高い為、戦闘中に適度な被ダメージと回復を繰り返す事で攻防に秀でた奥義アタッカーへと変化する。

欠点として奥義を回さねば英霊が回復出来ない為、奥義ゲージの貯まりが悪いとアビリティを持て余すか使いにくい部分が出てくる。
また全体・単体攻撃双方に対処できる2つの防御アビリティを揃えているが、あくまで敵対心アップとガード効果であり確実性とカット性は無い。
必要に応じて確実なダメージカット手段を用意した方が更に安定した運用が出来る。

sd_3040132000_02.png

  1. コリジョンスペル
    味方全体の防御力100%UP。◆英霊を1消費してガード効果追加(5ターン) 使用間隔:9(8)。効果時間:3ターン
    英霊消費で追加される5ターン持続のガード効果は召喚石ローズクイーンによるローズパレスと同種のもの。70%の確率で発動し、被ダメージを30%軽減する。
    味方全体の防御力を大きく向上させつつ、ガード効果により被ダメージ期待値をさらに21%軽減させる強力な防御アビリティ。
    再使用間隔は長めだが、3ターンの間被ダメージをほぼ半減させることができる。
    ただし固定ダメージ等、ファランクスや属性ダメージカットが必要になる攻撃に対してはガード効果を除いてほぼ無力となることに要注意。
  2. プリンセスリード
    被ダメージで反撃(2回)/敵対心UP。◆英霊を1消費して防御UP(累積) 使用間隔:5。効果時間:2ターン
    英霊消費で追加される累積防御UPの効果量はプリンセスリード+の状態で1回につき+20%、最大+100%。
    さらに累積防御UP効果は消去不可かつ永続であるため、長期戦においては他キャラクターの倍以上の防御力を持って戦えるようになる。
    カウンター(被ダメージ)のダメージ倍率は+の状態で2.5倍。また、敵対心UPの効果量は+200%で、サポアビによるものと合算される。
    敵対心UP効果中は被ターゲット率が57%程度になり、単体攻撃の半分以上を吸い寄せる。
    被ダメージが自身のサポアビの発動条件でもあるため、英霊に余裕がある時には使っていきたい。
  3. レイディアントコーリング
    自分のHPを回復(最大HPの30%/上限1500)。◆英霊を1消費して回復量UP(最大HPの40%/上限3000)/弱体効果をすべて回復 使用間隔:4。
    ダメージが嵩みやすいアンの持久力を高める自己回復アビリティ。
    アビリティ封印や麻痺・石化を受けていなければ、英霊の消費によって弱体効果を自力で解除できることも強み。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ディターレントスラスト:水属性ダメージ(特大)/英霊を2回復
  • 【サポート】学院の守護姫:敵のターゲットにされやすい(敵対心+100%)が英霊効果時攻防UP ◆英霊はバトル開始時3の状態(最大3)
          偉大なる魔術師:被ダメージで奥義ダメージUP(累積(1回につき15%、最大75%)/永続/消去不可)

ユエル(水属性ver) (SSR) Edit

評価
新たな神器「緋艶布」を身に纏い、水属性となったユエル。その利便性は火属性verに引けを取らない。
自パーティのみに影響する独自のデバフ「狐火」を付与して戦うのが特徴。
「狐火」の効果は「3ターンの間、確率で攻撃ミスを発生させる&敵のHPに応じて最大50000の継続ダメージを与える」というもの。
上記デバフを付与する2アビと3アビを交互に使用することで、ユエルのサポアビにより味方全体がほぼ毎ターン追撃ダメージを与えることが可能。追撃ダメージ値は1割。
この追撃はチェイサー等の追撃と重複可能。ただし玄武殻拳の武器スキルによる追撃とは重複せず、効果量の大きい方が優先される。
奥義は水属性ダメージを与えると同時に防御DOWNとモードゲージ減少効果を与える。防御DOWNの値は15%で、2アビの水属性防御DOWNと合わせて40%まで落とすことが出来る。
下限まで落とすにはリヴァイアサン・マグナ等の召喚効果かミスト等の他アビリティが必要になってくる。

連撃アップ、弱体成功率アップ、効果量の良いデバフ、そして追撃と総じて優秀なバッファー・デバッファーではあるが、水属性には同じように優秀なバッファー・デバッファーが多いのが悩みのタネ。
1アビの弱体成功率アップは味方全体に影響するので、ソシエ等のデバフは優秀だがLBが十分でなく成功率が不安なキャラが居た場合には共に運用することで安定するだろう。
得意武器が剣/刀となっているので、該当のオメガ武器編成を組む際は採用していける性能。
良くも悪くも「狐火」が大きな特徴の一つなので、なるべく確実に付与出来るようLBはまず弱体成功率アップに振っておいて活躍させたい。

 

sd_3040138000_02.png

  1. 夜天光
    味方全体の連続攻撃確率UP(DA30%/TA15%)/弱体成功率UP(20%) 使用間隔:7(6) 効果時間:3ターン
    連続攻撃アップ効果量、使用間隔共に良好。さらに弱体成功率アップまで付いているので、下記の2アビ3アビを使用する際は予め掛けておきたいところ。
  2. 篝火狐鳴
    敵全体に狐火を付与/火属性攻撃DOWN(10%)/水属性防御DOWN(25%)◆奥義ゲージを10%消費 使用間隔:8(7) 効果時間:3ターン/180秒
    水属性防御DOWNはミスト等と合わせて下限まで落とすことが可能。
    火属性攻撃DOWNはアローレインIII等の攻撃ダウンとは別で属性補正値に掛かるため、下限まで落としたうえで更に被ダメージを軽減させることが可能。
    そして「狐火」を付与させることが出来る。ただし、奥義ゲージを10%消費することを忘れずに。
  3. 闢之舞・大華
    敵に水属性ダメージ/狐火を付与 使用間隔:7 効果時間:3ターン
    約4倍ダメージ。減衰は47万程度。
    ダメージ上限だけ見ると回転率が良いとは言い難いが、「狐火」の付与をメインと考えれば2アビと交互に使うことで短いスパンで狐火を付与し続けられる。
  • 【種族】エルーン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】剣/刀
  • 【奥義】紅之舞・凛炎改:水属性ダメージ(特大)/防御DOWN(15%)/モードゲージ減少
  • 【サポート】緋艶布を纏いし者:狐火状態の敵に対して味方全体に水属性追撃効果

ヴァジラ (SSR) Edit

評価
トリッキーなバフ・デバフを持つ十二神将シリーズ4人目のキャラクター。忠犬ガルジャナと共に戦う。
上限解放後のバトル中POSEは「カミオロシ」状態のお堅い喋り方とモーションに変わる。

水属性唯一の恐怖持ちであり、貴重な累積弱体耐性DOWN持ちでもある。
肝心の弱体耐性DOWNの命中率は200%と非常に高いものの、累積系アビリティでありながら使用間隔は長い。
恐怖を当てたい場合は、ソウルピルファーやドランクによる通常枠の弱体耐性DOWNや、ユエルの弱体命中率UPなどのバフで補助するのが無難。
累積弱体耐性DOWNは恐怖を当てるためのものではなく、マルチバトルにおいて累積耐性を緩和するためのものと考えた方がいいだろう。

3アビはダンサーのリンガリング・セントと同等の効果にガルジャナの支援がプラスされたもの。
強力だがリキャストが長く効果時間は2Tと短め。その分カトルのバフ延長とは相性が良い。
レスラーのツープラトンやシルヴァの4アビとのコンビネーションも強力で、短時間とはいえ凄まじい火力を発揮する。
なおDA、TA、2連奥義は「攻撃行動1回分」と判定されるため、ガルジャナの追撃は一度きり。

奥義時に消去不可の累積型固有バフが発動し、合計5回の奥義発動ですべての効果を発揮する。
消去不可能であるため、アルティメットバハムートHL戦で非常に有効。
チェインバースト発動時に奥義ゲージUPのサポートアビリティもあるため、装備・編成と運用次第では10ターン程度で最大まで累積することが可能。

十二神将シリーズは排出期間が限定されており、2018年中は期間限定で入手可能。2019年から1年間は入手不可になる予定。

sd_3040147000_02.png

  1. 大口真神
    敵全体に水属性3倍ダメージ/弱体耐性DOWN(累積)。 使用間隔:7(6)。効果時間:180秒 上限:44万
    累積弱体耐性DOWNが通常枠の弱体耐性DOWNと共存することが最大の強み。
    基本命中率は200%程度と非常に高い。
    3回の命中で累積効果量が最大の30%DOWN(通常枠の楽器ソウルピルファーと同等)となる。
  2. 犬牙相制
    敵に恐怖効果。 使用間隔:7(6)。効果時間:60秒
    基本命中率自体は他SSRキャラクターの恐怖と同等。ただし敵の恐怖に対する弱体耐性の上昇率は高いため、ここぞという時に狙いたい。
  3. 飛鷹走狗
    ターン進行時に攻撃行動を2回行う/ガルジャナと一緒に戦う。◆奥義ゲージを30%消費 使用間隔:9。効果時間:2
    「ガルジャナと一緒に戦う」効果は攻撃行動終了時に水属性3倍ダメージ(上限32万)のダメージアビリティ扱いの追撃が発生するもの(消去不可)。
    効果中はターン進行時の攻撃行動が2回行われるため、1ターンにつき2回追撃が発生する。
    効果時間が短いが、連撃率・攻撃力を高めればポテンシャル自体は高い。十天衆カトルの「アヴィラティ」での延長が可能。
  • 【種族】エルーン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】金牙神然:水属性ダメージ(特大)/味方全体に強化効果 ★累積で効果UP
    累積回数強化効果
    1攻撃UP30%(攻刃枠)
    2防御UP30%
    3奥義ゲージ上昇量UP10%
    4奥義ダメージUP30%
    5ダメージ上限UP10%
  • 【サポート】犬神宮の主:奥義ゲージの最大値が増加
          仁義八行:チェインバースト発生時、チェイン数に応じ自分の奥義ゲージUP
    チェイン数強化効果
    2奥義ゲージUP10%
    3奥義ゲージUP20%
    4奥義ゲージUP30%
    オーバーチェイン奥義ゲージUP40%

ククル (SSR) Edit

評価
SSRに昇格したククル。属性も水に変更され、水属性の姉、同じく水属性(水着Ver)の妹と、姉妹でも組み合わせやすくなっている。
高い攻撃力に強化、弱体スキルをあわせ持った強力なアビリティアタッカーで、味方への強化と、最大の特徴である2アビの制圧射撃でもって戦況を有利に導いていく。
特筆すべきは奥義の追加効果でもたらされるストッピング(行動阻害)。
これは麻痺と同様、敵を短時間ながら行動不能にさせてしまう効果で、奥義の回転を早めることでその性質を存分に活かすことができるだろう。

なお、彼女の使う銃が散弾銃ということもあって、通常攻撃が見た目上「本来の攻撃力によるダメージの1/3が3回命中している」という演出になっている。
あくまで見た目だけであり、追撃バフによるダメージが本来の1/3になることはないのでご心配なく(ただし同様の理屈で与ダメージ上昇バフの効果が3倍になることもない)。

sd_3040159000_02.png

  1. エクスプロージョンケッグ
    火薬樽を全て消費して敵に水属性ダメージ。◆消費数に応じて性能強化 使用間隔:7(6)
    貯め込んだ火薬樽を爆発させ、敵に強烈なダメージを与えるアビリティ。数に応じて倍率/上限上昇と特殊効果がつく。
    2個以下では並程度の威力だが、3個以上で大幅に性能がアップするためなるべく3個以上で使いたい。
    しかし火薬樽の量はククル本人の攻撃能力に直結するため、編成や状況によっては使わずに貯めていた方がいい場合もある。
    1. 1個:約5倍ダメージ,上限約37万
    2. 2個:約6倍ダメージ,上限約48万
    3. 3個以上:約8倍ダメージ,上限約103万
      (4個で連続攻撃確率DOWN(180秒)追加、5個でスロウ効果追加)
  2. シューテム・アップ
    敵全体に4倍水属性ダメージ/攻防5%DOWN(累積/最大40%)。◆4ターンの間ターン終了時に制圧射撃を行う 使用間隔:8(7) 効果時間:180秒/4T
    SSRククルを象徴するアビリティ。
    使用後に制圧射撃というバフ(消去不可)が付与され、効果時間中敵全体に対しダメージと弱体効果を与え続ける。
    アビリティ使用時も含め、1サイクルで5回の攻撃/弱体効果付与を行う優秀なダメージアビリティ。
    ライフリングLvに応じて1発のダメージ上限が約48万/約53万/約61万と変化し、総ダメージ量は最大で300万をも超える。
    天司武器やダメージ上限アップなどの手段によっては計400万以上のダメージも狙え、全体攻撃としてもダメージアビリティとしても破格の性能を誇る。
    弱体効果についても累積1回あたりの効果量こそ小さいものの、弱体効果の累積上限は大きく弱体役としても活躍が見込める。
  3. アームズロア
    味方単体を特殊強化(攻撃UP/連続攻撃確率UP)/回避率UP。使用間隔:6 効果時間:3T
    おなじみの単体強化。効果時間は3ターンと類似のアビリティに比べると短いものの、攻撃能力だけでなく回避率を向上させるのが大きな特徴。
    他者にも使えるレンジャーのライトウェイトといった感じのアビリティ。ただし完全に回避してくれるわけではない点には注意。
    火薬樽保持を目的として火力役である自身に使ってもいいし、盾役となるキャラに使っても有効に機能してくれる。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】プロージットブリッツ:水属性ダメージ(特大)/ストッピング効果
  • 【サポート】ライフリング:奥義使用時にライフリングLv上昇(最大Lv2) ◆ライフリングLvに応じてシューテム・アップと制圧射撃のダメージ性能UP 
          火薬樽:毎ターン火薬樽が増加(最大5)/被ダメージで1失う/火薬樽の数に応じて連続攻撃確率UP ◆火薬樽は開始時3の状態 
          ※ライフリング,火薬樽ともにディスペル等による消去不可

コメントフォーム Edit

誹謗・中傷等、閲覧者が不快になるコメントは
控えていただきますようお願いいたします。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • やっぱ句読点ちゃんと使えない奴同一か
    変な文書で特定できちまうな -- {AySvFruug/w} 2017-10-02 (月) 23:48:08
  • いつかジョブ評価ページで句読点ちゃんと使えって突っ込まれて、俺は正しい、むしろお前が全ページ書き換えまくってんだろとか発狂してたやつかもね。俺はアン持ってないから書けないけど、ただ叩くだけじゃなくて書き換えてやってくれ -- {bf3ObAODafM} 2017-10-03 (火) 05:22:51
  • 18日の時点ですぐに書き換えました(小声) -- {u7t3FeB8lCs} 2017-10-06 (金) 03:09:40
  • ユエル編集した人は前に土レフィーエの評価欄にアビの説明全部書いたのと同じ人かな?評価欄で詳細にアビの説明してるとアビ欄の意味がないんだけど… -- {cF5lywIGYu6} 2017-11-06 (月) 14:30:02
  • 修正しときましたん -- {2d.307Vd25E} 2017-11-06 (月) 15:21:41
  • アビ欄で詳しく説明した方がいい場合とそうでない場合(複数アビを組み合わせて使うタイプ)がいるから、どっちかに合わせるといろいろと不都合があるのよね。ユエルは前者でいいと思うけど。 -- {vlQcHztFM2M} 2017-11-07 (火) 00:24:56
  • 水ユエルの説明にある、「ただし玄武殻拳の追撃とは重複せず、ユエル側の追撃が優先される。」っていうのいま検証してみたんですけど、主人公の奥義追撃バフは共存、玄武拳スキルの4番手追撃は武器スキルが発動しユエルのサポアビは発動しませんでした。間違いですかね? -- {y8N2e0S2ldI} 2017-11-13 (月) 19:07:18
  • 効果量の大きいほうが優先されるらしいよ -- {DE8zqvYXtlU} 2017-11-13 (月) 19:31:08
  • 本業はアタッカーでしょ? -- {gwzVFTVxO0o} 2018-01-12 (金) 07:58:37
  • タフガイが一箇所だけタフタイになってます -- {xRgXD3U3o3c} 2018-03-12 (月) 01:51:39
お名前:

投稿を行う前に利用規約をお読みください。守っていただけない方は、アクセス規制の対象となりますのでご留意ください。


TOPに戻る


*1 新規登録後1週間以内に1回限り、3000モバコインで「レジェンド10連ガチャチケット」と「スタートダッシュ交換チケット」を各1枚ずつ入手できる。交換チケットに関しては、登録時に実装されている全ての武器、バハムート以外の召喚石が交換対象となる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-23 (水) 05:02:36