このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ  : 人物SSR | 人物SR | 人物R


人物評価SSR : | | | | | | 十天衆

人物評価SR_ : | | | | | | その他

人物評価R__ : | | | | |


土属性の人物SRの評価・考察ページです。
各人物に対する考察やデッキ加入の優先度、ネタ情報を反映していただければ幸いです。
主観でいいので、活発に編集していきましょう。
情報や考察は、各キャラの個別ページにコメントとして書いていただいても結構です。



評価内容について Edit

以下の観点を盛り込んで記入していただけると、多くの方の参考になりやすいので助かります。

評価のポイント

  • 長所や運用方法を具体的に挙げる。
  • 保守性も鑑みて、極端な長文化はしない。
  • 奥義、アビリティ、パラメータを踏まえた評価。※紹介でなく評価
  • ゲーム上で表記されないダメージ倍率やダメージ減衰値等の反映 ※検証ページなどを参照
  • 2chスレの評価。※ネタに走り過ぎない
  • 比較対象として、特定のキャラ名称を出さない(○○属性の中でも最高クラス、などキャラ名称を出さないものならOK)。

注意点

  • ( )内の数値はLV55、LV75、最終解放後のLV90、LV100時の覚醒後の数値変化です。
  • バハムート武器の実装により、種族も重要なポイントになりました。
  • 2015年7月9日のアップデートにより減衰値が大幅に変更されたため最新のデータではない可能性があります。ご注意ください。

SR人物一覧(土属性) Edit

関連ページ: 人物評価SSR(土) | 人物評価R(土)

  • SSR同様に強力なアタッカーが多い。
  • 防御、回復、全体バフ、デバフにマウントなど支援系も豊富。
  • アマブレ、レイジ、マウント、ピルファーなど一部、同属性SSRを上回るキャラも複数存在する。
  • バフデバフは土SSRの弱点であり、不足を補う目的でSSRに混じって起用できるキャラが多い。
  • 主にヒューマン&ドラフに固まっているのもバハ武器の恩恵を受けやすく利点であり、SRキャラ同士のシナジーも高い。
  • 逆にハーヴィンはイベ配布のスカル、マキラと期間限定のミムルメモルのみ、エルーンも1人のみである。

オイゲン (SR) Edit

評価
アウギュステ列島で仲間になる歴戦の兵。旧知の仲であるラカムを始め顔が広い。
特記すべきはウェポンバースト持ちである点で、奥義を中心としたパーティを組むことができる。
火属性SRのカレン(ガチャバージョン)とのクロスフェイトにより、攻撃力も配布キャラに近い水準に上昇する。
また、メインクエスト32章クリアで4段階目、さらに97章をクリアすることにより5段階目の上限解放が解禁され、
他のSRキャラの最終上限解放と同等の性能にまで伸びる。
(ただし公式のアナウンスでは最終上限解放と言われてはいない)

sd_3030007000_03.png

  1. 徹甲弾
    敵に2〜2.5(3〜3.5)倍土属性ダメージ。使用間隔:6。減衰:20万付近。
  2. インターセプト
    敵の通常攻撃を回避して反撃(3回)。使用間隔:6。効果時間:1(2)T
    Lv65で持続時間2ターンに強化され使い勝手が増す。
  3. イグニッション
    自分が即座に奥義発動可能/自分の奥義ダメージUP(1回)。使用間隔:7。
    いわゆるウェポンバースト。ソロ奥義でPTのゲージを増やしたり、サブから即チェインに参加したり対応力が高い。
  4. ドミナンス
    水の障壁解除/次の攻撃で必ずトリプルアタック/敵対心UP。使用間隔:9。効果時間:1T
    敵対心UPのデメリットがあるため、2アビと合わせて使いたい。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ディー・アルテ・カノーネ:土属性ダメージ(大)
        ディー・ドラッヘン・カノーネ:土属性ダメージ(特大)/土属性防御DOWN
  • 【サポート】熟練:攻撃UP
  • 【入手方法】メインクエスト10章クリア

ガイーヌ (SR) Edit

評価
華麗な剣舞で敵を倒す美しき踊り子。パートナーと喧嘩別れしたらしい。(どっかで聞いた)
攻撃能力と生存能力、支援能力を高い水準で併せ持ち、模範的な性能のキャラクターといえる。
レイジと高倍率ダメージアビリティでPT火力を確実に向上させるうえ戦闘不能になりにくいので、癖がなく初心者でも使いやすい。
最終上限解放で大きくパワーアップを果たしたSRキャラの一人で、育成にやや時間はかかるが非常に高いポテンシャルを持つ。
四天刃などで奥義加速PTを組むことで、ダメージレースでもSSR同等以上の火力源になり得る。

かつては貴重なバッファーとしての立ち位置が強かったが、現在ではSSRキャラに全体バフ持ちが増えており、そこまで貴重ではなくなった。
一方でオメガ剣(無垢剣)と相性が良いバッファーという新たな独自性も出てきている。

sd_3030009000_03.png

  1. トライバルソード
    味方全体の攻撃10%(20%)UP/ダブルアタック確率UP 使用間隔:5 効果時間:3T
    Lv.45で攻撃UP(中)に強化され、攻刃枠20%のレイジ狂澳好丱佞法
    Lv.90で++となり「味方全体へのDA確率20%UP」が追加される。
    ファンタズマゴリア++や捨て身系などの両面バフ、真・四天刃の奥義効果などと組み合わせを狙いたい。
  2. カルシルマ
    敵の全ての攻撃を回避 使用間隔:5 効果時間:1T
    ライトウェイト系の1ターン完全回避アビリティ。
    Lv.65で「自分のDA確率UP」が追加される。こちらは3ターン継続。
    最終解放での強化は無いが、1アビ・3アビとのシナジーが生まれて価値は上がる。
    ダブルアタック強化、ダメージ回避、リピートステップ維持に強化消去を回避など使いどころは多い。
  3. 剣の舞
    敵に4〜5倍土属性ダメージ 使用間隔:6(5)T
    アレーティアの「序」と同等の倍率を誇る強力なアビリティ。ダメージ上限は40万付近。
    最終解放後は、「リピートステップ」を消費することで2回ダメージが発生するようになる。
    ATなどでは滑り出しから瞬時に80万ダメージを叩き出せるようになり、強力無比。
    Lv80時点で+がついてリキャスト短縮され、全てのアビリティがリキャスト5ターンで統一される。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】サーブリャム・ステップ:土属性ダメージ(大)
        ソード・カルーセル:土属性ダメージ(特大)/次の剣の舞が2回発動
    公式には正確な説明が無いが、実際は奥義発動時に自身に特殊バフ「リピートステップ」を付与する。
    リピートステップは剣の舞を使用するか「強化効果消去」されるまで持続する。
  • 【サポート】ダンサーステップ:ダブルアタック確率UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ラム・ダオ)

ラムレッダ (SR) Edit

評価
酒と出会いを求める呑んだくれの修道女。酒好きはバイトしていた酒場で飲みまくった挙句クビになるほど。
回転率のよい自己回復+バフにより生存性が高いアタッカーよりのマウント持ちキャラ。
貴重なマウント系アビ持ちでありアルルメイヤ (SSR) よりマウント使用間隔が1ターン短い点は評価できる。
またTA率上昇の自己バフにより奥義ゲージを貯めやすい。
「自身の別verキャラとのクロスフェイトエピソード」を持つ人物のひとりでもある。
HPが底上げされ、より生存性が上がるので、Rバージョンのラムレッダが居るならぜひ回収しておきたい。

sd_3030013000_02.png

  1. いい気分にゃ〜
    自己HP回復+攻撃UP+防御UP。使用間隔:7(6)。
    バフの上昇量は20%程度で3ターン継続。回復上限値は1500。
    自己回復+α系アビリティの中では回復量・リキャスト共に優秀。
    戦線維持に、奥義時のブーストに、3アビと併用して素殴り強化などにもりもり使っていこう。
  2. 乾杯にゃ〜
    パーティを状態異常から守るマウント系アビリティ。使用間隔:9(7)。
    例によって弱体完全シャットアウトは強力。他のキャラで補えないならこれ目的に採用してしまってもいいだろう。
    上限突破が3段階のままだとリキャストが若干早い利点が活かせない。
    栄光の証の在庫とも相談し、重用するならぜひ4段階まで上限解放してあげよう。
  3. 身体が熱いにゃ〜
    3ターンの間、自身のトリプルアタック発生率を上昇させる。使用間隔:8。
    ムラがあるが火力やゲージUPに。3ターン中1〜2回ほどTAが出る程度の確率。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】スロッピードランク:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】飲み比べ勝負にゃ〜:敵のオーバードライブ抑制
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ツォンペリ)

ソリッズ (SR) Edit

評価
素手で岩をも砕く百戦錬磨の老兵であり、男のロマン(女性風呂の覗き)を追求するエロ爺。
蓄積型の自己攻撃バフにより、討滅戦のような長期戦には特に強いアタッカー。
アビ3の累積バフをかけ続ければ、奥義とDA率UPされた通常攻撃の火力はSSRを凌ぐほどになる。
最大ポテンシャルは高い一方で、マルチバトルなど速度や瞬間火力を求められる場面にはやや不向きか。
☆5への最終上限解放が可能なひとり。
解放後は奥義がSSRと同等の特大にアップし、カウンターにDA率UPバフが追加、アビ3の上限が延長される。

sd_3030020000_03.png

  1. ロックスマッシュ
    敵に2~3倍(3~4倍)土属性ダメージ 使用間隔:5 減衰:20万程度
    倍率は高いが上限が低め。
  2. クロスカウンター
    敵の通常攻撃を回避して反撃(1倍(+で1.5倍)/3回)/ダブルアタック確率UP 使用間隔:8(7) 効果時間:3
    Lv65で+になればカウンターそのものの威力も高くなる。
    DAバフは単体枠で奥義++のDAバフとも累積し、効果中はかなり高頻度でDAが発生するようになる。
    自前で敵の攻撃を吸うことはできないが、白虎牙杖やジャミルのハイドを併用し敵対心を調整することでカウンターを活かしやすくなり、パーティ全体の被害低減につながる。
  3. マッスルフューリー
    自分の攻撃10%UP(累積)、上限50%(60%) 使用間隔:2 効果時間:5 
    切れる前にかけ直すことで効果が増していく累積バフ。乗算枠なので編成を問わないのが強み。
    5回まで累積(戦闘開始から7ターン目)し、最大1.5倍の攻撃力となる。
    Lv90で+がつくと6回まで累積されるようになり、最大1.6倍まで上昇する。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】剛破天衝:土属性ダメージ(大)
        剛破天衝++:土属性ダメージ(特大)/ダブルアタック確率UP
  • 【サポート】老いて益々盛ん:攻撃5%UP (キャラ枠)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(インパクトナックル)

サラ (SR) Edit

評価
雨神マナウィダンを封印するために巫女として生を受けた少女。星晶獣の砂神グラフォスを身体に宿している。
カウンター、反射、ダメージ無効化など自己防御に特化したアビリティと高いHPを持つ、落とされにくい防御重視型のキャラ。
アビはどれも回数制限があり多段攻撃と相性が悪い、リキャストも非常に長く運用が難しい。

sd_3030021000_02.png

  1. アーススパイク
    効果3Tの反射系防御アビリティ。使用間隔:6。反射による自身のダメージカット量は+で60%。
  2. サンドウォール
    攻撃を1回だけ無効化するセンチュリオン系のアビリティ。攻撃を受けるまで永続する。使用間隔:10(9)。
    ミラージュフィストやアーススパイクと同時に使用すると、そちらの効果を優先するがこのアビリティもしっかり剥がれてしまう。
  3. ミラージュフィスト
    効果時間1ターン、反撃威力2倍のカウンターアビリティ。使用間隔:9。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】テラ・イーラ:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】砂神グラフォスの加護:防御UP
  • 【入手方法】『砂神の巫女』戦貨ガチャ(砂城の尖塔)

ジン (SR) Edit

評価
さすらいの剣客。異彩を放つ装束は憧れの御仁と関係があるらしい。
サポアビも含め、奥義ゲージ加速に特化した奥義アタッカー。捨て身の影響もあり若干体力に難があるので注意。

騎空団の「出陣の銅鑼がね」Lv2以上、ファイター系主人公、アレーティア、オイゲン、ジンの4人で非ATでも開幕4チェインが可能。
(銅鑼Lv2で25%、【心眼】からの【巌一閃】で+30%、ジンまでの3チェイン分で+45%増加するため)

sd_3030022000_02.png

  1. 脇構え
    自分の攻撃30%UP/防御25%(15%)DOWN 使用間隔:8(6)。効果時間:5
    レイジ等の片面バフと累積できる「捨て身の型」系バフ。
    Lv45で強化されるとデメリットが軽減される。
  2. 巌一閃
    敵に土属性ダメージ/奥義ゲージUP。使用間隔:8(7)。上限:約23万
    未強化での威力は2.0~2.5倍で、奥義ゲージアップは20%。
  3. 心眼
    自分の奥義ゲージ上昇量50%UP。使用間隔:10。効果時間:3
    通常攻撃やチェインによる増加が10%→15%となり、巌一閃の奥義ゲージアップも20%→30%となる。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】岩戸神斬:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】武士ノ一分:奥義発動後に奥義ゲージ10%UP
  • 【入手方法】『陰謀の涙雨』戦貨ガチャ(漆弓)

ファラ (SR) Edit

評価
SRバージョンとなったファラ。レアリティ向上により、ステータスが大幅に強化された。
奥義にはコケそうになるパターンとコケるパターンのふたつがあり見物である。

バランスタイプではあるが、アビリティが攻撃系のみで構成されており、純アタッカーとして活躍できる。
高倍率の全体攻撃を持つので、討滅戦での適性が高い。

sd_3030037000_02.png

  1. 気合っす!
    敵に(1.5~2倍)の土属性ダメージ/自身のダブルアタック率確率UP。使用間隔:3。効果時間:1。上限:約21万
    威力は控えめだがリキャストの短く、ターンあたりのダメージ量は一般的なダメージアビリティとそう変わらない。
    マルチバトルでの貢献度争いには向かない反面、敵のHPの微調整に向く。
    ささやかながらバフもつくので撃てる限りはどんどん撃っていきたい。
  2. キメる時はキメるっす!!
    オーバードライブ時の敵に4倍土属性ダメージ/モードゲージ減少。使用間隔:8。上限:約46万
    非OD時は1.5倍程。
  3. ブレードダンス
    2〜2.5倍の全体攻撃。使用間隔:6。上限:約22万
    全体攻撃の中では高めの威力で、単体の敵相手にも見劣りしない。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】真・無双破斬:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】やるっす!:オーバードライブ時の敵に対して攻撃UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ソード・オブ・リスブラン)

ユーリ (SR) Edit

評価
熱い帝国魂を燃やす若き騎士。曲がったことが大嫌いで、部下を駒としか考えないポンメルンやフュリアスとの相性は最悪。
アビリティ構成・サポートアビリティ共に堅実で癖がなく、使いやすいキャラクター。
かばう持ちであることからリヴァイアサン・マグナの潰崩のタイダルフォールのような乱打系の特殊技を引き受けるのに役立つ。

sd_3030038000_02.png

  1. アンガーストライク
    2〜2.5倍(+で3〜3.5倍)の土属性攻撃。使用間隔:5。上限は16万までは確認されている。
  2. かばう
    敵の単体攻撃を味方の代わりに受ける貴重なアビリティ。(+で防御アップ追加) 使用間隔:6ターン 効果時間:1ターン
    敵ボスの強力な乱打系の特殊技を一身に集中させて散る…といった局所的な運用も可能。
  3. ウォークライ
    攻撃力が25%/防御力が25%強化される両面バフ。 使用間隔:5ターン、効果時間:3ターン
    持続が長く、戦闘中ほとんどの間自己強化状態で戦えるのが強み。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】トライアタック:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】熱血:ダブルアタック確率UP
  • 【入手方法】『若き義勇の振るう剣』信頼度750達成

マライア (SR) Edit

評価
亡き姉を想う槍術士。星晶獣マルドゥークと因縁がある。アビリティセットがSRファラと似ているが、リキャストがやたらと長い。
反面、ATKは全SRキャラでも上位に食い込むくらい高い。アルシャとのクロスフェイトでATKが更に460上がる。
またサポートアビリティにより4番目に配置すればチェイン1回で11ずつ増えるため、67%でフルチェインに参加可能。

sd_3030045000_02.png

  1. ペネトレイター
    敵に土属性ダメージ&自身の奥義ゲージ22%上昇(サポートアビリティ込)。使用間隔:8。
  2. オールクラック
    敵全体に1.5〜2倍ダメージ(+で2〜2.5倍)。使用間隔:9(8)。
  3. デストラクション
    オーバードライブモードの敵には4〜5倍ダメージ。使用間隔:9。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】オブスタクルブレイカー:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】揺らがぬ執念:奥義ゲージ上昇量UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(フレアグレイブ)

ラカム(クリスマスver) (SR) Edit

評価
クリスマスバージョンのラカム。土属性に変化し、ストーリー加入キャラの欠点である奥義の威力の低さが改善している。
特徴的な攻撃アビや、勝利後のユラユラ揺れる踊り(?)など、総じて公式4コマ漫画のネタ感が色濃く反映されている。
デュレーションに加えて3アビの無属性固定ダメージを持ち、高防御の敵に真価を発揮する。特にスライム狩りに有用。
一見してネタ技のきらいが強いが、瞬時にHPを減らせることから背水編成においては役割を持つことができる。
また背水編成でなくとも、サブ一番手にしておく使い方も考えられるだろう。
スタメンが落ちた際に登場させれば、スタメン蘇生成功後に自爆、スタメンの素早い復帰を狙うという動きが可能。

sd_3030048000_02.png

  1. ラピッドファイア
    土属性ダメージを与えつつ3ターン自身のダブルアタック確率UP。使用間隔:8(7)。威力は+で3倍程。
  2. デュレーション
    オーバードライブモードのモードゲージを減少させる。使用間隔:5。+で性能強化。
  3. コラテラルダメージ
    現在HPから99%を削り、その10倍の固定ダメージを無属性で敵全体に与える。使用間隔:9。
    使用後は瀕死に。HPの底上げで威力が増すものの、頑張っても5桁のダメージにしかならず、代償の割には物足りない。
    2度使える機会は無いだろうから長めの使用間隔は無視できる。一部スライムなど通常ダメージが通らない相手には真価を発揮する。
    能動的な背水の起動や、あえて落ちやすくなることでサブメンバーとの交代を狙った使い方も有用。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】バニッシュピアース:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】デュレーショニズム:ダブルアタック確率UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ホーリーチャンター)

ファスティバ (SR) Edit

評価
愛の伝道者であるオネェ系デュエリスト。イッツァ、ラァアアヴ!
防ダウン持ちの高性能なアタッカー。成功率・効果はかなり低いが全アビリティに魅了効果があるのがユニーク。
パーティメンバーにいる男性の数だけ攻撃力アップというサポートアビリティを持ち、最大で約2割上昇と強力。
編成によっては数字以上の火力を叩き出すので、使用時は主人公性別変更推奨。

sd_3030055000_02.png

  1. 漢女心100%
    自身の攻撃/防御アップの自己バフ&魅了効果使用間隔:7(6)。
  2. 愛のサブミッション
    敵に3回土属性ダメージ(約3倍ダメージ)&防御ダウン&魅了効果。使用間隔:7(6)。
    防ダウン効果は+時点で20%程の片面判定で、ミゼラブルミストと重ね掛けが可能。
    防御ダウンの成功率はあまり高くなく、有利属性相手にも割と外すのが玉に瑕。
    3回攻撃なのでリヴァイアサン・マグナの水鏡を剥がすのにも使える。
  3. 抱きしめてア・ゲ・ル!
    敵に土属性ダメージ&魅了効果。使用間隔:8。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】ラヴマックス・ボンバー:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】イッツァ、ラァアアヴ!:パーティの男性の数に応じて攻撃UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(メタルグローブ)

ボレミア (SR) Edit

評価
『砂縛の涙、ひとしずく』の開始に伴い、イベント加入キャラとしてSRに昇進したボレミア。
実直で使命に忠実だが、人の感情にやや鈍いのは相変わらず。

防御支援に特化しており、所持アビリティが全て味方のダメージ軽減に関与している。Rで持っていた反射、かばうは無いので注意。
サポートアビリティは「サラと同PTの時に攻防アップ」。 サラの位置は5、6人目でも良い。
この手のアビリティの中では属性が一致するため活かしやすい。
SSRサラであれば、ボレミアが被ダメを下げることで背水を維持しやすくなり双方に利がある。

sd_3030056000_02.png

  1. レーション
    味方一人のHPを750回復する。使用間隔:5(4)。
    地味に見えるがリキャストが早めで、手数でPTのHPを支える。
    気軽に使っていけるため、使い時が難しい全体ヒールのサポートに据えることで安定度が高まる。
  2. ガードスタンス
    継続3ターンの全体にかかる防御バフ。効果は15%程度。(+で20%)使用間隔:5。
  3. スタンブル・エッジ
    敵に土属性ダメージ&攻撃15%DOWN。使用間隔:5。
    前述の【ガードスタンス】と組み合わせることで敵味方両面から被害を減らせるのが真骨頂。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】
  • 【奥義】コンヴィクション・エッジ:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】サラ専属の護衛:サラがパーティにいる場合に攻撃UP/防御UP(10%)
  • 【入手方法】『砂縛の涙、ひとしずく』信頼度750達成

クラウディア (SR) Edit

評価
可憐な少女を愛するロリコン鉄拳メイド。ルリアの保護者であるカタリナが目の上のたんこぶ。
クールな立ち居振る舞いでメイドとしての職務に忠実だが、一方で目を開けたまま居眠りするような変人でもある。
主人公を子供扱いするわりに、主人公が女性でもなぜか辛辣な態度は崩さない。

強力なアビリティアタッカー。特徴的なのは2アビのグランツファウスト。
倍率・減衰共に非常に優秀な攻撃アビリティだが、引き換えに命中率が100%ではなく4割ほどの確率でmissしてしまう博打アビリティ。
3アビのシエスタで欠点を解消出来るので、併用すると良いだろう。
2つ組み合わせた場合の性能は『12倍ダメージ、自身の防御30%DOWN』と
デメリットこそ大きいものの並のSSRキャラを凌ぐ数値を叩き出す。
なおシエスタ1回だと稀に外してしまうことに注意。

奥義の追加効果に土属性防御デバフを所持しているのもポイント。
効果量は10%と低めだが属性デバフは通常の防御DOWNと競合せず所持者もあまり多くないため、
両面デバフ(ミゼラブルミストなど)+片面デバフ(アーマーブレイク、カリオストロ1アビなど)+クラウディア奥義といった具合に組み合わせることで
敵の防御を下限まで落とすことが出来る。

装備が整ってなくとも2アビ+3アビで容易に高いダメージを叩き出すことができる点や、1アビの追加効果を考えると、
これからリヴァマグに挑戦しようというような時期に最も輝くキャラと言える。
頻繁にシエスタを使用すると防御面に不安が出るので、連れて行く際はサラやガラドアにも同行して貰うと良いだろう。

sd_3030057000_02.png

  1. ボディブロー
    敵単体に土属性ダメージ(+で威力2.5倍)/ダブルアタック確率DOWN。使用間隔:4。減衰:35万程度
    2アビに比べると地味に見えるが、こちらも攻撃アビリティとしては高性能。
    威力は並だが減衰が高く回転率も良いため、リキャストごとに打ち込むと結構なダメージソースになる。
    ダブルアタック確率DOWNの効果量はそれなりで付与率も80%とやや不安な数値だが、短いサイクルで打ち直せるので一度付与してしまえば長時間持続可能。
  2. グランツファウスト
    8倍(+で8.5倍)ダメージ。ただしmissの可能性あり。使用間隔:5。減衰:70万程度
    破格の高倍率にリキャストも短めと非常に優秀だが、基礎命中率が低いため攻撃アビリティであるにも関わらず頻繁にミスになる。
    基礎命中率は60%前後(水以外の雑魚敵に20回使用して12回命中)とのこと。
  3. シエスタ
    自分のアビリティダメージとアビリティ命中率UP(1回/累積)/使用ターン防御30%DOWN。使用間隔:2。
    フォーカスと同じく攻撃アビリティが1回命中するまで永続。ダメージUPの効果量は1回につき+50%で3回まで累積可能。アビリティ倍率を最大2.5倍まで高められる。
    2017/7/7のアップデートでCT5→2へ大幅短縮され、1アビ・2アビの使用タイミングの合う方へ適宜使うことが出来るようになった。
    またアビリティ命中率UPの効果が追加され、1度の使用で2アビがほぼ命中するようになり安定感が飛躍的に増した。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】フルメタル・インパクト:土属性ダメージ(大)/土属性防御DOWN(効果量10%、命中90%)
  • 【サポート】慇懃無礼:対象がブレイク時にアビリティ命中確率UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(スウィーピングモップ)

双葉杏 (SR) Edit

評価
異世界から召喚された自宅警備系アイドル。諸星きらりと二人一組で戦闘し、SDキャラも二人分存在する。
アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。渋谷凛を参照。
貴重なディスペルを持ち、味方にバフをかけつつ敵にデバフをかける支援型キャラ。
各アビの使用間隔が長く奥義加速は活かしづらい。
奥義の追加効果の条件がデバフではなく自身の行動なので安定して発生させられる。

sd_3030071000_03.png

  1. 頑張らない魔法
    味方全体にバリア効果(上限300(500))/きらりをすぐに呼び出せる。 使用間隔:9(8)。効果時間:3T
    発動時に「諸星きらり」「[ラブリーナイト]きらり」の待機時間をリセットする効果を持つ。複数でも可。
    このバリアの効果中に「[ラブリーナイト]きらり」を召喚すると肩代わり出来るダメージが1500に増える。
    きらり召喚石と組み合わせて使うのがほぼ前提といえる。
    なお、ファランクスやカーバンクルなどのダメージカットと併用した場合、カット後の残りダメージをバリア分削減する。
    またアロザロウス石やティターン石などの効果で即死回避を狙う時に使えば、バリアの耐久値だけHPが残せるという使い方も。
    Lv90で++に強化され、バリアの強度が500(ラブリーナイトきらり使用後1700)になる。
  2. 飴くれ
    敵の強化効果を1つ無効化/味方全体の攻撃UP。使用間隔:10(9)。効果時間:3T
    いわゆるディスペルに攻撃UP10%ほど(レイジ1未満)が付随するアビリティ。
    ディスペルは対リヴァイアサン・マグナHLで役立つ。CTが長く連続で消せない事に注意。
  3. 甘やかせ
    敵の攻撃DOWN(効果量15%)/自分の攻撃UP。使用間隔:7。効果時間:180秒/3T
    発動したターンに杏の奥義を使うと、次のターン杏にダブルアタック確定効果が付与される。
    最終上限解放後はダブルアタック確定からトリプルアタック確定に強化される。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】きらり!任せたよ!:諸星きらり(大)/甘やかせを使用直後に発動した場合に次のターン必ずダブルアタック
        きらり!任せたよ!++:諸星きらり(特大)/甘やかせを使用直後に発動した場合に次のターン必ずトリプルアタック
  • 【サポート】ファンタジーでも寝てたい:アビリティ使用時に奥義ゲージUP
          あんきら!?狂騒曲:被ダメージ時に確率で「頑張らない魔法」使用間隔1ターン短縮(Lv80で追加)
  • 【入手方法】『シンデレラファンタジー 〜新たなる来訪者〜』貢献度1,000,000以上で獲得

オイゲン(水着ver) (SR) Edit

評価
水着バージョンのオイゲン。特記すべきはストーリーで加入するオイゲンと同じく、ウェポンバースト持ちである点と、
徹甲弾がドライブバースト系アビリティである、ミニマムレンジへ変更になる点。
ステータスは通常版を若干上昇させた程度。ただしこちらにはカレンとのクロスフェイトがないため、場合によってはこちらが下回る。
反面、ミニマムレンジはダメージ上限が徹甲弾の倍近い値に引き上げられており、結果的にこちらのほうが大きいダメージを出しやすくなる。
カウンターも使用間隔が伸びる代わりに効果時間が1T延長されているので、リキャストは通常版と変わらないものの反撃チャンスは増えている。
奥義威力もガチャ産SRと同等に底上げされており、ミニマムレンジ以外はストーリー加入バージョンの強化版として扱えるだろう。

sd_3030085000_02.png

  1. リコン
    使用間隔8、2ターンのカウンターアビリティ。使用間隔:8。+で使用間隔7、持続3ターンになる。
    バランス調整により防御ダウンのデメリットがなくなり使いやすくなった。
    持続が延びて通常攻撃に強くなった反面、カウンターできない攻撃には留意しよう。
  2. ミニマムレンジ
    オーバードライブ時の相手に4倍の土属性ダメージと、モードゲージ減少効果。使用間隔8。(+でxx〜xx倍)。
  3. イグニッション
    即座に奥義発動を可能とする、いわゆるウェポンバースト。使用間隔:7。
    通常版オイゲンが保持するものと同様のアビリティ。主人公や仲間キャラとチェインを発動したり、
    サブから補充されたとき即座にチェイン発動を組み上げたりと対応力が高いアビリティ。 
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス 
  • 【得意武器】銃 
  • 【奥義】ディー・ヴォーゲ・カノーネ:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】ミックファニング:オーバードライブ時の敵に対して攻撃UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(デザートアームズ)

ジン(克己浪人) (SR) Edit

評価
EXジョブ「侍」を思わせる性能を得たジン。ウェポンマスターと好相性だった元祖ジンに対し、こちらは汎用性が増している。
サポアビで奥義ゲージが200まであり、豊富な奥義ゲージを生かした立ち回りが特徴。
奥義ゲージを譲渡するアビによりチェインの足並みを揃える事ができる。アビ2により自身のゲージもたまり易い。
奥義発動時のゲージ量が200%なら、2連続奥義発動が可能。もちろん4人目配置なら170%でも可。
(ただし5人チェインしてもチェインバーストは通常の4人フルチェイン時と同じ倍率)
奥義はダブルアタック率ダウンとトリプルアタック率ダウンのデバフが付いている。SRながら貴重。

sd_3030086000_02.png

  1. 丹田喝
    自分の攻撃30%UP ◆奥義ゲージを10%消費 使用間隔:6(5) 効果時間:3
    両面枠の攻撃バフ。捨て身との違いは防デバフが消えた反面、リキャストが1ターン伸び、奥義ゲージ消費式になった事。
  2. 巌瞬閃
    敵1体に土属性1.5倍ダメージ/奥義ゲージUP(+20) 使用間隔:5 上限:約23万
    威力はそれほどでもないが、リキャストの早さ、奥義ゲージ増加の効果ともども優秀な攻撃アビリティ。
  3. 婆娑羅
    味方一人に自分の奥義ゲージを譲渡する ◆奥義ゲージを20%消費 使用間隔:7
    自分の奥義ゲージの20%分を任意の戦闘メンバーに分け与える。
    リキャストが長めなので早々連発はできないが、フルチェインに少し足りないゲージを補える有用なアビリティ。
    ダークフェンサーなど足の遅いジョブを確実に補える功績は大きい。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】刀 
  • 【奥義】天荒刃:土属性ダメージ(大)/連続攻撃確率DOWN
  • 【サポート】心頭滅却:奥義ゲージの最大値が増加
  • 【入手方法】『薫風、白波を蹴立てる』信頼度750達成

三村かな子 (SR) Edit

評価
異世界から召喚されたアイドルの少女。こちらの世界に来てから、お菓子を生み出す魔法を使えるようになった。
アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。渋谷凛を参照。
奥義が魅了状態の敵に闇ダメージを追加するもので、自身で完結しているアイマスコラボ勢の中では珍しいキャラ。
ポーション生成と全体クリアを所持している希少な土ヒーラー。マグナ戦はもちろん水属性HL戦でも非常に役に立つ。
欠点は長い使用間隔で、アイマスコラボキャラ特有の奥義回転率は活かしづらい。クリアの空打ちも視野に入る。

sd_3030089000_02.png

  1. 甘い魔法
    土属性ダメージ+魅了付与のアビリティ。使用間隔:7(6)。
    アンデッド状態の敵に用いると、奥義ゲージ上昇量が20%になる。
    上述の通り、魅了付与によって自身の奥義ダメージを底上げできる。
  2. とろける魔法
    味方全体の弱体効果をひとつ回復。使用間隔:7(6)。
    リヴァイアサン・マグナの厄介な「水の楔」や、マキュラHL戦で即死技の起点となる印を消去するにも有効。
    クリアが不要な場面でも、奥義ゲージ増加に使える。
    デバフ【ショート】が入っている時は、クリア対象がショートの時、解除された後に奥義ゲージが+10%される。
  3. メルティスイート
    キュアポーションを生成。使用間隔:9。
    リキャストが長いが、ダメージを待たず即使用できるため使い勝手は良い。生成さえすればポーションは常時使用可能。
    回復の上限値が無いため、最大HPが高いほど有用になる。戦闘後は生成したポーションもルピに換金される。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】回復
  • 【得意武器】杖 
  • 【奥義】スウィーツ・スプライツ:土属性ダメージ(大)/魅了状態の敵に闇属性ダメージ
  • 【サポート】ふわふわスマイル:アビリティ使用時に奥義ゲージUP
  • 【入手方法】『シンデレラファンタジー 〜迷える魂よ、安らかに〜』開催中にぷちデレラで他プロデューサーにいいねを10回

ガラドア (SR) Edit

評価
SRに昇格したガラドア。
性能はザザと全く同じだったが、2017年2月22日のキャラ調整で防御性能が強化され1アビに敵対心UPが追加、
LBも考慮に入れるとまさに鉄壁の働きをする。
ハレゼナ等の介護や、ヒューマン枠を開けるためにSSRサラのかわりに編成しても十分な働きが出来るようになった。

sd_3030094000_02.png

  1. フォーサイト
    自分の防御UP(両面60%)/敵対心UP。使用間隔:9(7)。効果時間:5
    サポアビと合わせてほぼ常時ダメージを4割軽減出来る。
    敵対心UPはそこまで強くないので肉壁にするなら白虎牙杖と組み合わせたい。
  2. アイアンガーディアン
    敵の単体攻撃を味方の代わりに受ける。使用間隔:6 
    +で被ダメージ20%カットが付き、3アビ+凸カーバンクルとも合わせれば乱打技を100%カット可能に。
  3. スヴェルII
    味方全体の被ダメージを40%カットする。使用間隔:5
    R時代のスヴェルと違い、ファランクスと累積できないので注意。 
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】
  • 【奥義】グランドノッカー:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】ドラブンスミス:防御15%UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(グレートハンマー)

ジャスミン (SR) Edit

評価
SRに昇格し、ヒーラーとしての性能が大きく向上したジャスミン。レンジャーネームは"タイガーアイ" ターコイズと呼ぶと怒られる。
「3ターンの間味方全員の弱体耐性100%UP」という、きわめて強力な防御アビリティを持つ。
デバフ対策としてはSSRまで含めても最高峰と言ってよく、玄武やフェンリルなど立て続けに複数のデバフを付与してくるような相手に対して特に有効。
初期に仲間になれば長期間お世話になるだろうし、より上位のヒーラーが来た後も、SRフェローや武勲の輝きボーナス要員として随所で起用が見込める。
なおクロスフェイトによれば意外なことに、動物たちの言葉はわかった気になっているだけで本当に意思疎通できているわけではないらしい。

sd_3030102000_02.png

  • 特製ポーションII
    味方全体のHPを20%+200回復(上限800→+で上限1200に性能強化)。使用間隔:6。
    グロースポーション使用時、上限1500。
  • レジストポーション
    味方全体の弱体耐性100%UP。使用間隔:9(8)。効果時間:3T。
    強化効果消去と奥義ゲージ減少以外の全デバフを3T無効化する、完全耐性のお薬。
    四象の玄武戦等、短い間隔で複数のデバフを仕掛けてくる相手に対して、有能な働きぶりを発揮できる。
    召喚石等の効果に「弱体耐性DOWN」がある場合、100%無効化できなくなるので注意。
  • グロースポーション
    味方全体の連続攻撃確率UP/回復量50%、上限25%UP 使用間隔:9 効果時間:3
    連撃率はDA10%/TA5%で主人公のクイックと相互上書き。
    回復UPは自分以外のヒーラーにも有効、3ターン続くのでリジェネ系との相性も良い。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】回復
  • 【得意武器】 杖
  • 【奥義】フォレスト・フレンズ:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】薬草の知識:キュアポーションとオールポーションの効果UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(フラワークラウン)

ヤイア (SR) Edit

評価
病気の父親のため、薬の素材を集める旅に出た6歳の女の子。
見た目、ボイス、生い立ちと、騎空士たちの保護欲をかきたてる。
アビリティ構成、サポートアビリティ、奥義の全てが自身や味方を強化回復する完全なサポートタイプ。

奥義の強化効果が特に強力でしかも、独自枠のため他の奥義バフと共存できるのだが、ヤイア自身に効果が及ばないのが欠点。
敵対心DOWNのLBを二つ持ち、両方に最大までポイントを振ると単体攻撃の対象にならなくなるという特徴を持つので、
ヤイア自身の身はこれを利用して守ると良いだろう。全体攻撃は1アビで躱してしまえば問題ない。

「味方の強化に特化している」「ヤイア自身を単体攻撃の対象から外すことができる」という2点から
カウンターアビリティを持つキャラとの相性が特に良い。
優秀なカウンターを持ちながらかばうや敵対心アップの手段を持たないサラーサやパリスと組ませると
ヤイアの火力の低さを上手く補ってくれるだろう。

土属性はドラフが多いためバハ剣を運用しやすく、さらにヤイア自身の得意武器が剣なために、ユグ剣主体のマグナ編成や人気の高いオメガウェポン(剣)とも噛み合う。
アビリティや奥義効果の性質を見ても、マグナ編成の方が特に活躍が見込めるキャラと言えるだろう。

sd_3030111000_03.png

  1. こむらがえり
    こむらがえりがまもってくれる(敵の全ての攻撃を回避◆HPが最大のときには「かばう」効果が追加) 使用間隔:5 効果時間:1T
    +で自己のDA率UP(++でDA確定/TA率UP)が追加。
    なお、こむらがえりとはヤイアのおともだちのテディベアのこと。
  2. おかゆ
    みんなだんだん元気になるのー!(味方全体に再生効果) 使用間隔:7(6) 効果時間:4T
    1ターンあたり500上限の4ターン持続。
    遅効性のリジェネだが効果時間・総回復量ともに優秀で、サラ (SSR)やアイル (SSR)の背水維持にも役に立つ。
    ユグドラシル・マグナの召喚効果と併せて回復量を上乗せするのが定石で、この点で土属性のリジェネ持ちには微かながら優位性がある。
  3. ふれー!ふれー!
    味方全体の攻撃20%UP 使用間隔:6 効果時間:5T
    シンプルな片面バフだが、5T/3Tの一般的なレイジ系バフよりCT-効果時間比に優れており、また操作量も少なくてすむため、相対的に優秀なアビリティ。
    レイジIIIには効果時間ごと上書きされてしまうので注意。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ヤイアのちゃーはん!:みんなでいただきます♪(自分以外の味方全体のHP20%回復(上限2000)/攻防50%UP(通常攻刃枠))
        笑顔:ヤイア、おうえんするね!(自分以外の味方全体のHP回復(2500)/攻防UP(50%/4T)/チェインバースト性能UP(ダメージ30%、上限20%))
  • 【サポート】護りたい、この笑顔:自分以外の味方の攻撃5%UP/防御10%UP/自分以外の味方のクリティカル率を上昇(Lv80で追加)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(フライパン)

スカル (SR) Edit

評価
自由を求めるハーヴィンの青年。オツムが弱いのか運が悪いのか、決まってよくドジを踏む悪運を持つヒャッハーな人。
相手がOD状態時に真価を発揮し、3アビ発動からの一撃はサポアビの効果も相まってかなりの火力を叩き出す。
攻撃アビを二種類持っている為アビアタッカーとしても運用できるが、HPがかなり低く回避スキルを持たないため、デメリットのある3アビ使用後はさらに打たれ弱くなる。
3種のアビで引っ掻き回した後に散って後続に続けるという、キャラ通りの鉄砲玉として運用することも考えられる。
テスカトリポカ実装によって種族がバラバラになることに価値が生まれた結果、数少ない(SRでは唯一の)土ハーヴィンとしての価値も生まれた。
反骨、そしてリミットアビリティにOD時追撃を持つため、短期決戦ではSSRを抜いての起用も視野に入る。
ちなみに、バハ武器の銃を得意とする初のハーヴィン。

sd_3030112000_02.png

  1. トライバースト
    ターゲットに関わらず3回単体ダメージ(0.6倍、+で0.9倍) 使用間隔:7 減衰値:約7.3万×3
    3回攻撃なのでリヴァマグの水鏡を剥がすのにも使える。
  2. ボンファイア
    敵に2.5~3倍(+で3~3.5倍)土属性ダメージ。使用間隔:5 減衰値:約25万
    威力もリキャストも平凡だが、故に使いやすい汎用性のある攻撃スキル。
  3. クレイジーブリッツ
    自分の攻撃大幅アップ(敵オーバードライブ時のみ/1回)、自分の防御50%ダウン(2ターン)、敵対心アップ(1ターン)。使用間隔:7
    反骨状態を付加する。(1ターン攻刃+20%、1回のみ攻撃・アビリティ2.5倍/奥義2倍)
    被ダメージ倍増と敵対心UPはデメリットでもあるが、交代前提の戦法を組んでメリットにしてしまう使い方もアリ。
  • 【種族】ハーヴィン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】レイン・オブ・バレット:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】フォアフロント:オーバードライブ時の敵に対して攻撃10%UP
  • 【入手方法】『自由をその手に』信頼度750達成

十時愛梨 (SR) Edit

評価
異世界から召喚された天然系アイドル。暑がりで脱ぎ癖持ち。
アイドルマスターシンデレラガールズからのコラボキャラのひとりで、共通する特徴がいくつかある。渋谷凛を参照。
防御タイプでHP重視のステータスだが、独自のバフ「体温」を有しており実際は火力がかなり高い。一風変わった捨て身系キャラクターといえる。
体温バフは1アビか3アビを使うごとに1ずつ上昇、最大3まで上昇する。
奥義を撃つまで永続し、体温1につき自身の攻撃8%UP/奥義ダメージ20%UP/ダブルアタック確率UP/防御10%DOWNの効果。
奥義は体温が高いほどダメージUPの効果があるが、体温Lvがリセットされる。
体温Lv3での奥義はSSRに匹敵する。他のアイドルと違い追加ダメージではないためチェインバーストの威力も高まる。

sd_3030121000_02.png

  1. センシティブ・トゥ・ハート
    敵に土属性1.5(2.0)倍ダメージ/魅了効果/自分の体温上昇 使用間隔:6(5) 効果時間:180秒 上限:約18万
    ダメージはそこそこだが若干リキャストが短めで回転率に優れる。魅了の付与率は高めで、必中ではないが信頼できるレベル。
  2. スイートスマイル
    味方全体のHPを30%回復。上限800 使用間隔:8(7)
    SRキャラの持つ平均的なヒールに比べると、リキャストの長さ、回復量ともに劣る。
    体温上昇でHPが減りがちな自分のフォロー程度に。
  3. リトルバーナード
    自分の攻撃30%UP(両面)/ダブルアタック確率UP/体温上昇 使用間隔:4 効果時間:2
    体温バフに加えて攻撃・DAアップを自分にかけるので攻撃性能がグンと上がる。
    効果時間が短いが、リキャストも短いので連発しやすく奥義に合わせるのも容易。
    サポアビにより奥義ゲージ増強にも貢献する。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】
  • 【奥義】アイリスラッシュ:敵に土属性ダメージ(大)/体温が高いほどダメージUP ◆体温はリセットされる 倍率:3.0(3.5)
  • 【サポート】勝負はやっぱり真剣勝負ですっ:アビリティ使用時に奥義ゲージUP
  • 【入手方法】『シンデレラファンタジー 〜少女たちの夢の続き〜』シンデレラガールズでLv39達成

レッドラック (SR) Edit

評価
フードファイターにしてゼエン教の生臭坊主でもある男。
アビリティを使うたびに500ダメージを受けるが、奥義には「自分のHPを最大3000回復する」特性がある。
この性質は背水の発動と維持にも有用。
雪月花により、土属性にとって需要の高い弱体耐性ダウンや防御ダウンを使い分けることができることが最大の強み。
また落花流水による火力も破格のもので、デバフが不要な場面でも腐るどころか大活躍する。
レアケースではあるがアンデッドの状態異常には要注意。

sd_3030122000_02.png

  1. 浪漫・雪月花
    敵に1~1.5倍の土属性ダメージ 使用間隔:3(2) ◆雪・月・花の順で敵に弱体効果を付与
    それぞれ雪は連続攻撃確率ダウン、月は弱体耐性ダウン(-10%)、花は防御ダウン(-25%)となっている。
    使う毎に弱体効果が切り替わるので、雪・月・花が二つ以上並ぶことはない。
    マルチバトルで複数人の使用者がいる場合、他のプレイヤーに効果を切り替えられることもある。
    弱体アイコンも独自のもので、既存の弱体と累積する。特にミスト+花の組み合わせは防デバフの下限到達が可能。
    雪の連続攻撃ダウンも非常に効果が高くリヴァイアサン・マグナの高確率DAをかなり抑制してくれる。
    3アビによるコンボ仕様のせいかリキャストも短く連発しやすい。唯一の欠点は付与率がそこまで高くないところ。
    主人公にデバフが一任されがちで特に防御下限化が難しい土属性においては、弱体耐性ダウンも防御ダウンも非常に役立つ。
  2. 落花流水
    敵に土属性ダメージ/浪漫・雪月花の効果を消去 使用間隔:7(6) ◆敵に付与されている雪・月・花の状態に応じてダメージUP
    上記の雪・月・花を消費して大ダメージを与える。威力は1倍/3倍/5倍/9.5倍ほど。
    倍率も減衰もSRとは思えないほど高く、月や花ならば70万を越すダメージを叩き出すことも。
    こちらも複数人のレッドラック使用者がいた場合、雪月花の取り合いになりえる。
  3. 再戒
    浪漫・雪月花をもう一度使用できるようにする 使用間隔:4
    これのおかげで落花流水で消去された雪月花を速やかに付け直せる。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】大食我人生:土属性ダメージ(大)/自分のHPを100%回復(上限3000)
  • 【サポート】無敗の胃袋:スキル「守護」の効果による自分のHP上昇量30%UP
          自己犠牲:自分がアビリティを使用する度に500ダメージを受ける(HP1以下には減らない)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ビッグフォーク)

ラグナ (SR) Edit

評価
意思を持つ武器『ウォーマーの記憶』を振るう、とある小さな国の衛兵を務めるドラフの女性。
SRにしてすべてのキャラでも珍しい加速スロウ持ち。

自身の能力が複数強化されるサポアビ『ウォーマーの記憶』と、同効果を味方全体に数ターンばら撒ける2アビが特徴のキャラクター。
ターン経過、被ダメージ、LBサポアビによって徐々に効果が増していき、攻撃・防御・弱体耐性・弱体成功率の4項目が最大20%強化される。
基本的に常に恩恵を得られるラグナにとっては十分な効果量と言えるが、反面2アビによる効果は4ターンしか持続しない。
2アビのリキャストは9ターンと長くここぞという時に使いたいアビリティだが、ここぞという時に使うにしては頼りない性能なのが残念なところ。
敵の攻撃が激しくなる終盤まで温存しておき、最後の畳み掛けに活用するのがいいだろう。

白虎牙杖との相性がよく、被ダメでウォーマーの記憶を蓄積し、その蓄積された防御UP効果と1アビのHP吸収で粘り強く戦う事が出来る。
流石に全ての攻撃を受けきれるほど固いキャラではないので、白虎杖運用をするならリミットボーナスは防御系統に振っておきたい。
3アビのスロウ効果も合わせて活用すれば、パーティ全体の安定性を増してしてくれるだろう。

ガラドア(SR)とのクロスフェイトで攻撃力が強化される。
ウォーマーの記憶を加味しても火力が不足しがちなラグナにとっては有難い補正なので、ガラドアがいるなら是非見ておきたい。

sd_3030133000_02.png

  1. クルースハンド
    敵に土属性ダメージ/自分のHP回復(上限1000) 使用間隔:9(8) 減衰:260,000付近
    一般的なHP吸収攻撃。打たれ強いラグナと相性のいいアビリティ。
  2. ウォーマーシェア
    蓄積されたウォーマーの記憶を解放し味方全員に強化効果 使用間隔:10(9) 効果時間:4
    ※強化効果:攻撃UP/防御UP/弱体成功率UP/弱体耐性UP
    使用すると累積した記憶を全て消費し、消費した数に応じた強化効果を得る。
    バフはそれぞれ片面枠で、上昇幅は1ごとに1%,2%,3%,4%,6%,8%,10%,14%,18%,20%と後半ほど伸びが高い。
    (ただし弱体成功率UPのみ最大でも10%未満 ※要検証)
    自己バフがリセットされるうえ、CTが長めなので使うタイミングは慎重に。
  3. インディキーゲイン
    敵のチャージターンを1つ吸収して自分の奥義ゲージに変換(+20%) 使用間隔:8
    奥義加速とスロウを同時に行う強力なアビリティ。
    成功率も比較的高めなので安心して使っていける。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】アン・ライ・バルド:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】ウォーマーの記憶:戦いの記憶が蓄積されターン経過と被ダメージで自分のステータスUP(最大10)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(バリアントスパイク)

ジャミル (SR) Edit

評価
かつてエルステに仕えた暗殺者一族の末裔。
「追い討ち(ブレアサ)をタイミングを選ばず発動できる」という類まれなる長所を持つ。当然ながら非常に強力。
オブジェクティヴで付与したヒットマークは追い討ちや奥義追撃で消える事はなく、自身の攻撃性能を常に強化する。
長期戦においても、土には豊富なカウンター・回避持ちにハイドで敵対心をなすりつけることでシナジーを形成できる。
2016/11のアップデートにて、ハイドの効果量がさらに強化。アプデ前でもほぼ被弾しない効果量だったので、明確な狙いを持って使えるように。

sd_3030134000_02.png

  1. オブジェクティヴ
    敵にヒットマークを付与 使用間隔:6(5)T 効果時間:90秒
    敵に90秒間持続するヒットマークを付与する。
    ヒットマークがついている敵に対してはスマートキルの追い討ち効果と奥義の追撃が発生し、サポアビで常に自身の火力が上がる。
    付与成功率は非常に高く、ダークフェンサーですらデバフをMISSする首忘れアシオンに対しても付与できる。
  2. スマートキル
    自分の攻撃大幅UP(ヒットマーク状態の敵のみ/1回) / 自分の攻撃UP(20%) 使用間隔:9(8) 効果時間:1
    オブジェクティヴによりヒットマークがついている敵に対しての次のダメージを数倍にする。(通常2.8(3.3)倍/奥義2.2(2.5)倍)
    その効果はブレアサに相当するが、タイミングが限定されるというブレアサの欠点がほぼ無くなっている脅威のアビリティ。
    ただし使用間隔は長め。短期決戦では気にならないが、長期戦では素早いターン回しを心がけたい。
  3. ハイド
    自分の敵対心を味方になすりつける 使用間隔:5 効果時間:3
    指定した味方ひとりに敵対心30UP、自分に敵対心10DOWNを付与するという、ジョブ「アサシン」のバニッシュと同じ効果、こちらのほうが少し回転が早い。
    他の敵対心操作がない場合、効果中の被ターゲット率はかけた相手が66%程、ジャミルは0%になる。
    カウンター持ちのオイゲン、アイル、ソリッズや、回避持ちのガイーヌなどに敵対心をなすりつけることで高い効果を発揮するだろう。
    回避アビ持ちに付与すれば疑似的なかばう回避となるが、残る二人への敵対心は変わらないため全体防御手段としては博打になる。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】短剣
  • 【奥義】irjas:土属性ダメージ(大)/対象がヒットマーク状態時追加ダメージ (倍率1倍の攻撃アビリティ扱い/上限約14万)
  • 【サポート】暗殺術:ヒットマーク状態の敵にダメージUP (キャラ枠+50%)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(キルナイフ)

アルメイダ (SR) Edit

評価
荒くれ鉱夫達をたばねるバルツ鉱山の現場監督。イオや大公ザカとは馴染み。
バルツのドラフらしく理想の武器製作に情熱を燃やし、年頃の乙女らしく仮面の男バザラブ(バザラガ)に淡く焦がれる。
奥義待機時のポーズは必見。可愛い。
高性能な弱体耐性DOWNと累積防デバフ、攻バフにより、味方のデバフ付与と攻撃を側面支援する器用なアタッカーである。
通常の防デバフが効かないガブリエル戦でも時間はかかるが確実に防御力を下げられるのは大きな強み。
防デバフ・攻バフ持ちとはいえ全体的に長期戦向きの設計なので、PT火力を一気に向上させるというよりは格上相手の戦いを楽にしてくれるキャラ。
ただしAT時のベルセルクと相性が最高で、この条件に限り瞬発的な支援能力も非常に高くなる。
アビリティ火力は低めでどちらかというと特殊タイプに近いが、後発キャラらしく素のステータスは高い。
サポアビの攻撃力UPは5%程度(要検証)で、バハ武器と同様に主人公の攻撃力も上げることができる。

sd_3030139000_02.png

  1. バジャービット
    敵に土属性ダメージ/敵の弱体耐性DOWN(20%) 使用間隔:10(9) 効果時間:180秒
    弱体耐性DOWNの効果は非常に高くSRとしては破格の効果。
    主人公の楽器ソウルピルファーの効果には劣るものの、主人公や仲間キャラ、召喚石のデバフ補助に有用。
    暗闇付与の命中率が今一つなウォフマナフやサタンとの相性も良好な模様。
    これさえ通れば楽になる局面は多く、バジャービット自体の命中率も80%と実戦で信頼に足るレベルだが、必中という訳ではないことには注意。
  2. アーマーマイニング
    敵に土属性ダメージ/防御DOWN(累積) 使用間隔:5(4) 効果時間:180秒
    効果量は1回5%ずつと少ないものの、片面両面の防デバフに上乗せできる累積型デバフ。
    ミスト+アマブレやミスト+コラプス(カリオストロ)では足りない残り分を埋める事ができる。
    バジャービット無しでも命中率は90%とかなり高い。
  3. グリースバフ
    味方全体の攻撃UP/チェインバーストダメージUP ◆奥義ゲージを30%消費 使用間隔:7 効果時間:2T
    攻撃力アップ(両面15%)とチェインバーストダメUP(10%?)により奥義火力を底上げする。
    ダメージ上限上昇は付いていない為、フルチェインだとチェンバダメUPが機能しない事が多々。
    ゲージ加速手段のないアルメイダにとっては効果量の割にデメリットが重く、基本的には1・2アビのおまけ程度に考えた方がよい
    ただし、片面攻撃UPとダメージ上限上昇手段を持ち、防デバフの信頼性だけが弱点となるクラス4ベルセルクとはぴったり噛み合う。
    AT時なら4人目に置けばデメリットも気にならないため、開幕フルチェインの火力を確実にMAXまで引き上げることに大きく貢献できる。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ストリーク・サン:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】鉱山の女:ドラフ族の攻撃力UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(フレイメルンハンマー)

サラ(水着ver) (SR) Edit

評価
海で子供らしく遊びつつ笑顔を見せるようになった水着バージョンのサラ。グラフォスともすっかり打ち解けたようだ。
ジンやボレミアとの絆もさらに深まり、同時に編成するとバージョンを問わず、かけあいを聞くことができる。
性能面では対水属性に特化したやや特殊な防御タイプ。1アビで恒常的に被ダメ軽減できるので白虎牙杖との相性は良好。
敵の攻撃を引き付け、パーティ全体の防御としての役割が一番適している。攻撃DOWNのサポアビがあるので、火力は期待しない方がいいだろう。
全体攻撃には3アビを使い被ダメを抑える。奥義の荒ぶる浮き輪は必見。

sd_3030147000_02.png

  1. グルテン・オーラム
    グラフォスが水属性攻撃を吸収して被ダメージを軽減するようになる ※水属性の被ダメージ時「みずあそび」効果付与
    ◆再使用で吸収した力を解き放つ ※敵に土と水ダメージ・みずあそびLvに応じて攻撃回数増加
    使用間隔:10ターン 効果時間 -

    リミロゼの結界と似たタイプのアビリティ。しかし効果時間は存在せず、再度使用して力を解放するか、強化効果消去を受けるかしない限り永続する。
    水属性攻撃を被弾するごとにみずあそびLvが1ずつ上昇し「攻撃DOWN、連続攻撃確率DOWN、防御UP」がかかり、受けるダメージが少なくなってゆく。
    Lvを上げるにはダメージを受けなくてはならないためバリア、魅了、暗闇などの相性はよくない。
    最大でLv10まで上昇し、Lv3、6、9に到達したときは敵の攻撃終了時点で500、1000、1500の自己回復が発生する。

    再度使用すると力を解放し、(土+水ダメージ)*みずあそびLvの回数分だけ敵を攻撃。そこから再使用時間10ターンのカウントがはじまる。
    Lv1,2程度でも他キャラと比べて被ダメが軽減されていることが体感でき、Lv10にもなると通常の3割程度しか受けなくなる。白虎牙杖とセットで使うことでパーティ全体の被ダメの軽減に大いに役立つ。
  2. アリーナ・ルードゥス
    敵の攻撃10%(15%)DOWN/自身の敵対心UP。 使用間隔:7ターン 効果時間:3ターン
    1アビで水遊びモードになりつつ、こちらのアビリティを使って敵のタゲを引き付けよう。
    敵対心UPは単品では効果が薄いので、白虎牙杖を装備して3番手に配置したり
    ジャミルと並べてヘイトを上げてもらったりなどすると信頼性が高まる。
    攻デバフ要員としても優秀。
  3. ベニニタス
    味方全体の被ダメージカット(40%) 使用間隔:5ターン 効果時間:1ターン
    味方全体のダメージカットアビリティ。他キャラの同種のものと同様に特に全体攻撃において有用。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】テラ・イラエ:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】砂神グラフォスの信頼:みずあそびLvが高くなるほどグラフォスの動きが鈍くなり硬くなる
    ※みずあそび:攻撃DOWN、連続攻撃確率DOWN、防御UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(さざ波の砂弦)

アウフスタ (SR) Edit

評価
全体バフ専門のサポーター。
福岡公演特典らしく、博多弁(というより、北九州や久留米などの混合?)で喋るチェロ弾き。
味方全体の攻防を強化する演奏バフは使用間隔が効果時間より短く、PTを常時強化状態にしておけるのが強み。
演奏は2アビによって更に強化可能。代償として攻撃不能になるが、サポアビでゲージ問題はケアされている。
集中状態では3凸鞄並の火力UP効果と無凸鞄並のダメージ減少効果が得られるので強力。
常時演奏をかけて戦いつつ、奥義・ブレアサ・敵の特殊技への防御など、ここぞという時に集中を合わせていこう。
演奏バフがある状態で奥義を撃てば味方全体に追加攻撃が乗るため、追い討ち持ちジョブやジャミルとの相性は抜群。

sd_3030143000_02.png

  1. アダージョ
     楽曲を演奏する 効果時間:4T。使用間隔:4(3)T。
     味方全体に「アダージョ」を付与し、防御力を10%、土属性攻撃力を20%上昇させる。
     途切れないバフなので、長期戦になるほど効果が発揮されるだろう。
  2. コンサントレ
     演奏に集中して演奏効果をUPさせる
     ◆演奏に集中している間は攻撃しない/再使用で集中をやめる 使用間隔:5(4)T。
     使用すると集中状態となり、一切攻撃を行わなくなる。
     サポアビにより毎ターン10%ゲージが上昇するので、最低限の足並みは揃えられるのが嬉しいポイント。
     集中状態の時に1アビを使用することで、その効果を150%UP(防御力25%、土属性攻撃力45%)する。
     常時ダメージを軽減しつつ3凸鞄を発動しているような状態になるので、奥義やブレアサに合わせたい。
     すでにかかっている1アビを強化するわけではない。1アビ中に集中してもただ動けないだけなので注意。
     必ず集中してから1アビを使用すること。
     逆に言えば1アビ使用時に集中していればよいので、集中→1アビ→即集中解除としても4Tは強化状態となる。
     なお、解除は集中開始した次のターンから行える。
  3. フィナーレ
     敵全体に土属性ダメージ ◆味方全体の全ての演奏効果を消去 使用間隔:5T。減衰77万(?)付近。
     そのまま使用すると全体1倍ダメージを与える。アダージョ付与時は3倍ダメージ。
     ナーヴェなど他オーケストラ公演キャラの演奏効果を重ねていた場合の効果は要検証。 
     使用すると演奏効果は消えてしまうが、3アビを撃ってすぐ演奏をかけなおせばデメリットにならない。
     なお演奏効果を消費する代償か、非常に減衰上限が高い。
     倍率はSR相応だが、背水やバフが整っていれば、SRどころかSSR単体アビを上回るダメージを全体攻撃で繰り出せる。
     たとえ上限に到達せずとも、SRフェローにつきものの雑魚散らしには使いやすいだろう。
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】楽器
  • 【奥義】ハレリアス・ロンド:土属性ダメージ(大) ◆演奏効果の数に応じて追加発動効果
                 アダージョのみの場合、味方全体に自属性追加攻撃(倍率10%、効果時間3T)を付与
  • 【サポート】アッチェンタート:演奏に集中している場合ターン終了時に奥義ゲージUP
  • 【入手方法】GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA -SORA NO KANADE-福岡会場来場特典

J・J(水着ver) (SR) Edit

評価
水着バージョンとなり、土属性への変遷を遂げたリリックポエマー。
割と良好な評判が広まっており、ファンもちらほら発生してきている様子。
光SR時代同様に、累積タイプの補助アビリティで3枠全てが埋まっているが、通常ver.とは異なり攻撃バフ計5つあり、こちらは特に火力増強に貢献できる。

sd_3030149000_02.png

  1. クロスフェード
    味方全体に奥義ダメージアップ/チェインバーストダメージアップ2Tを交互に付与。◆味方全体の奥義ゲージを10%消費 使用間隔:1T 効果時間:2T
    J・Jの持つ他の累積アビとは使用感がかなり異なる。効果時間が短いため、毎ターン使用することを忘れないように。
    リキャスト1Tのため毎ターン累積可能だが、「パーティ全員」の奥義ゲージを消費することに注意。
    基本的に使用ターンは奥義を撃てなくなる。また奥義ゲージが溜まっていない状態だと、累積を切らさずに奥義を撃つことが至難の業となる。
    よって序盤から累積するのではなく、奥義発動可能状態から使用し、数T以内に奥義を撃つという運用が無難。奥義を温存したい場合にも攻撃時のゲージ上昇を余すことなく使えてよい。
  2. リミックスノーツ
    味方全体にアビリティダメージUP/アビリティダメージ上限UP5Tを交互に付与。使用間隔:3T 効果時間:5T
    3種の累積アビリティでは唯一デメリットがないので、安心して使用が可能。通常ver.とは異なり上限UPできる点が強み。
  3. チル・アウト
    味方全体に土属性攻撃UP/水属性ダメージ軽減5Tを交互に付与。 使用間隔:3T 効果時間:5T
    使用から3T後に、味方全体の連続攻撃率低下1T
    水属性ダメージ軽減は、カットではない点に注意。デメリットこそあるが攻撃・防御UPを常に維持できる。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】楽器
  • 【奥義】ヴァイナル・スクラッチ:土属性ダメージ(大)/味方全体に焼きそば効果
  • 【サポート】Do or Die:味方全体の攻撃UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(シルバーリング)

パリス (SR) Edit

評価
ジュリエットの祖国、キャピュレットと同盟を結んでいる、とある国の公爵。
イアゴの一件で復興に尽力した結果、直接的にキャピュレットに属していないにも関わらず、絶大な信頼を得るに至った。
アンジェに似たカウンター型アタッカー。
そのままでは死に難いだけのキャラだが敵対心付与と相性がよく、四象武器である白虎牙杖との相性は最高。
白虎杖装備時に三番手に置くことで、全アビリティを最大限に活用できる。
無論、ジャミルのハイドとも非常に好相性。

sd_3030157000_02.png

  1. アゴ・デレ・アピ
    自身への通常攻撃をカウンター(3T/5回)し、自分の防御ダウン3T。使用間隔:8(7)
    アンジェ (SR)のものとほぼ同一の性能だが、土属性のパリスはジャミル (SR)ネネ (R)での敵対心操作が容易なため、より使いやすい。
     
  2. ベッコ・ディ・ファルコ
    自分のHPが低いほど攻撃が大きくUP(/クリティカル確率UP)。使用間隔:6。効果時間:3
    効果は最大で30%ほど、HPが満タンでも10%ほど上がるのであまり勿体ぶらずに使える。
    3T持続するのでカウンターや奥義と併用していくのが望ましい。
    Lv65で確率・倍率30%程のクリティカル効果が追加。
     
  3. シレンツィオ
    1Tの間、敵の全ての攻撃を回避。◆奥義ゲージを20%消費 使用間隔:6
    発動に奥義ゲージを要するが、奥義発動で20%返ってくるのでコスト捻出に困る場面は少ない。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】防御
  • 【得意武器】
  • 【奥義】トリオンフォ・カンツォーネ:土属性ダメージ(大)/奥義ゲージUP(+20%)
  • 【サポート】退路無き攻防:被ダメージで防御UP(5T/累積)
  • 【入手方法】『この想いを、何に喩えようか』信頼度750達成

ジェシカ(土属性ver) (SR) Edit

評価
生き別れの弟と再会し、家族の絆を深めたジェシカ。
アイル(SSR)を徹底的にサポートするアビリティ構成で、同じ男性土アタッカーであるオイゲン(SSR)ソリッズ(SR)のサポートにも向く。
sd_3030159000_02.png

  1. フィール・エアフォルク
    味方単体に高揚効果(10%)◆奥義ゲージを20%消費。使用間隔:5(4)。効果時間:3
  2. ブロカーデ
    敵全体に土属性1.5倍ダメージ/暗闇効果。使用間隔:8(7)。効果時間:180秒
  3. ナハトアングリフ
    味方単体のクリティカル確率UP/敵対心UP。使用間隔:8。効果時間:3
    クリティカル倍率は75%とかなり高い。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ディッケ・ベルタ:土属性ダメージ(大)/暗闇効果
  • 【サポート】婉麗な姉:土属性男性キャラが水属性の敵に対して与ダメージ10%UP
               (減衰計算後にかかるので上限UPとしても機能する)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ハンディ・アークゥイバス)

ヘリヤ (SR) Edit

評価
SRへと昇格したヘリヤ。支援も可能なブレアサアタッカー。
別枠乗算の累積バフ・サポアビ・LBアビリテイにより素の攻撃性能が高く、高揚によりゲージ加速も可能。
最大の特徴はブレアサのCTが非常に短いことで、1度のBREAKに複数回狙いやすい。
嬉しい片面防御デバフを持つのも長所だが命中率は低い。
またサポアビ以外で自身の連撃率を上げられないため、ブレアサTAを出したければフォローが必要となる。
sd_3030175000_02.png

  1. 叱咤
    味方単体の攻撃30%UP(両面枠)/高揚付与(+10) 使用間隔:8(7)ターン 効果時間:3ターン
    遅れがちな主人公のゲージ加速が可能。自身に使用してもよい。
  2. 砕打II
    敵に土属性1.5~2倍ダメージ/防御15%DOWN(片面)/自分の攻撃10%(15%)UP(累積、上限30%) 使用間隔:5ターン 効果時間:180秒/6ターン
    減衰20万程度。デバフの命中率は70%と低め。
    累積バフは奥義と合わせればすぐに立ち上がり、クールごとに使えば維持も容易。
  3. 追討
    自分の攻撃大幅UP(その他枠20%、敵ブレイク時のみ別枠230%/1回) 使用間隔:5ターン 効果時間:1ターン
    SRのブレアサとしては倍率が高め、CTも短くブレイク中に2回使用も狙える。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】バランス
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ラウンドブレード:土属性ダメージ(大)/自分の攻撃10%UP(累積、上限30%)
  • 【サポート】複雑な乙女心:主人公が男性の場合ダブルアタック確率UP(30%程)/女性の場合クリティカル確率UP (倍率50%)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(グレートソード)

ジン(水着ver) (SR) Edit

評価
風邪をひいた主人公の快癒祈願のため滝行に赴いたジン。戦闘中どこからともなく降り注ぐ滝は必見。
攻撃的だった侍系から一転、相手の水属性ダメージをこれでもかと低下・軽減させるアビリティ構成となっている。
特に水属性攻撃力DOWNは稀有。
通常の攻防デバフが無効になる天司マルチや、通常攻撃が痛いリヴァマグなどに重宝するだろう。

sd_3030178000_02.png

  1. 雨露払い
    敵に土属性2.5~3倍ダメージ/水属性攻撃20%DOWN 使用間隔:6(5) 効果時間:180秒 減衰:約18万
    デバフは属性相性枠にかかるため、ミゼラブルミスト+アローレインの下限とは乗算で3割ほど下げられる。
  2. 乾布摩擦
    味方単体に乾布摩擦効果 使用間隔:6 効果時間:1(2)
    「水属性ダメージを受けた直後に30%分回復」という乾布摩擦効果を付与。
    実質3割軽減だが、致死ダメージ・自動復活では回復されない。
    ティターン召喚などの即死回避と組み合わせると有用。
  3. 暗夜の太刀
    目をつむり動きを止め、会心の一撃のみを見舞う…… 使用間隔:8 効果時間:3
    攻撃力が大幅UPするが攻撃や奥義を行わないことがある。(奥義3倍、攻撃・アビリティ4倍程度)
    通常攻撃や奥義ダメージを数倍にまで高められるものの、3ターン空振りということもままある。
    攻撃しなかった場合奥義ゲージは貯まらず、チェインバーストも阻害されるのが難点。
    1アビには確実に乗せられ、低戦力でも簡単に上限ダメージを出せる。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】回復
  • 【得意武器】
  • 【奥義】月冴ゆる水簾:土属性ダメージ(大)/自分の水属性耐性20%UP (3ターン)
  • 【サポート】滝行:敵のターゲットになりやすいが水属性ダメージ30%軽減
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(赤虎刀)

カイン (SR) Edit

評価
ナル・グランデ空域のクルーガー島で仲間になる、イデルバ王国の将軍。
扱いやすいバッファー兼アタッカー。強力な捨て身バフにより高い火力を持つ。
防御DOWNのデメリットも奥義効果やサポアビである程度フォローができる。攻防DAUPの全体バフでPTへの貢献も可能。
その使用感は同じ土属性SRのガイーヌに近い。DAUP以外は共存するため併用も可能。
LBサポートアビリティの回避時反撃を活かしやすそうなキャラの一人で、サポアビとLB回避率UPの効果で勝手に反撃してくれるかもしれない。

入手条件が89章クリア(ナル・グランデ突入後)と遠く、マグナより強いストーリーボスの連戦を勝ち抜く実力が必要。
配布キャラとしてはなかなか強力であるが、彼が仲間になる頃には既に強力なキャラが揃っている場合が多い。
メインクエスト加入キャラだが、最初から4段階目までの上限解放が可能になっている。(ミスラのアニマも必要ない)

sd_3030184000_02.png

  1. 八卦斬
    ターゲットに関わらず8回土属性ダメージ 使用間隔:6(5) 減衰値:約3万x8
    倍率は0.5倍程。強力な自己バフを持つわりに上限が低すぎて攻撃アビリティとしては残念な性能。
  2. 死中活
    自分の攻撃50%UP/防御40%DOWN 使用間隔:6(5) 効果時間:3
    独立枠で消去不能の捨て身バフ。
  3. 義勇決起の采
    味方全体の攻防10%UP(両面枠)/ダブルアタック確率20%UP(全体枠) 使用間隔:6 効果時間:3
    攻防UPはレイジ系と共存可能。DAUP部分はガイーヌのものと同じ枠で相互上書き。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】乾坤陣:土属性ダメージ(大)/自分の防御UP
  • 【サポート】謀将の備え:一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える
          機知縦横:自分の残りHPが少ないほど回避率UP
  • 【入手方法】メインクエスト89章クリア

ウェルダー(イベントver) (SR) Edit

評価
森・海・雪・空の全てを踏破した結果、レンジャーかつヒーローとなった新生ウェルダー。
8ターン目解禁の3アビリティのモードチェンジで真価を発揮する。それまではR版とほぼ同じ。
チェンジ後はかばう回避と一度きりの強力な自己バフが使用可能になる。
イベント『俺達のレンジャーサイン!』ではEXボスの特殊技を無条件で回避できる特殊なスキル(隠し効果)が付与されていた。
(※正確にはEXボスが「はずしてくれている」と思われる)

sd_3030197000_02.png

  1. ブラックダウン
    敵に土属性3倍ダメージ+暗闇付与。使用間隔:6(5)。上限:約30万
    暗闇の付与率は高めだが強度はソフィの双月と並んで最弱。
  2. カモフラージュ
    1ターンの間、全ての攻撃を回避する。使用間隔:7(?)
    3アビの発動まで生き延びることが重要なので、特殊技の回避に使いたい。
  3. ウェルダースーパーモード
    ウェルダースーパーモード状態となり、全てのアビリティが変化。使用可能:戦闘開始から8ターン経過(フロントメンバーにいないとカウントが減らない)
    変身前後で各アビリティのリキャストは独立しているので、変身前に残りの二つもついでに使ってしまう方がお得。

▼スーパーモード時

  1. ブラックダウン・フル
    敵全体に土属性3倍ダメージ+暗闇付与。使用間隔:5。上限:約30万
    攻撃が全体化するが威力は変わらない。
    暗闇の強度は一段階UPしてアイドル相当になるものの、やっぱり弱め。
  2. ディヴァージャネリィ
    1ターンの間、全ての攻撃を回避し、味方への単体攻撃を自分へと引き付ける。使用間隔:6
    所謂かばう回避。優秀だが8ターン待つ必要がある。
  3. アイ・アム・ア・ヒーロー
    4ターンの間、自身の攻撃性能を超強化する。◆効果終了時大幅に弱体化 (1ターン)/再使用不可
    攻撃力が別枠+100%、防御力+200%、確定TAに加えて、20%の追撃効果まで発生するまさに切り札。
    再使用不可と弱体のリスク(攻防-50%)が大きいので、使いどころは十分に考慮の上で。
    弱体化状態は1ターンなので2アビの回避や「かばう」等で被弾を避ければリスクは減らせる。
    また、効果終了後もアビリティはスーパーモード時のまま残る。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】短剣
  • 【奥義】ULT100(アルティメットハンドレット)スティルショット:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】緊急回避:回避率UP
  • 【入手方法】『俺達のレンジャーサイン!』信頼度750達成

アイル(水着ver) (SR) Edit

評価
SSR版と同じく自傷とカウンターアビ持ちの素殴りアタッカー。
SSRと比べて火力は下がったものの、SR枠の中ではトップクラスの火力を出せる。1アビを1回使っただけでも並のSSRを超える火力が出る。
奥義とアビリティの構成はほぼ同じだが性能が変化している。
奥義の追撃効果と1アビの性能は下がっているが、2アビと3アビは火力アップの方向に調整されている。
サポアビの回避率UPは運が良ければ特殊技も回避できる可能性があるが、避けられたらラッキー程度なので過信は禁物。

フェイトエピソードはメインクエスト第12章クリアで解放される。
加入フェイトは、SSR版の3アビ取得フェイトのクリア前提の話となっており、SSR版のネタバレがあるので注意(ネタバレを避けるならばスキップ推奨。後からでもルリアノートで読める)。
なお、3アビ取得フェイトは加入フェイトの続編になっているため、こちらだけ読むのも勧められない。
 
sd_3030199000_02.png

  1. ヒートブレイク
    自分のHPが少ないほど攻撃が大きくUP ◆自分のHPを最大値の40%消費 (+で性能強化) 使用間隔:0ターン 効果時間:6ターン
    SSR版と比べて上昇量は+20%~60%(30%~90%)と控えめ、消費が増えているので細かな調整がしにくくなっており、効果ターンも短くなっている。
    サポアビはあくまで連続攻撃と回避率アップなので、背水を付与するには多めのHP消費のリスクを負って発動する必要がある。
    短期決戦では2回発動して瀕死まで減らしても良いが、長期戦での使用は1回にとどめて回復を挟んだ方が良い。
  2. シュネルカウンター
    敵の通常攻撃を回避して反撃(3回) (+で性能強化) 使用間隔:6ターン 効果時間:2ターン
    SSR版と比べると、防御に専念しないので通常攻撃と両立が可能になった上、奥義ゲージを消費しないので1ターン目から発動できる。
    発動可能回数は3回なので、連続攻撃や集中攻撃を受けるとを2ターン持たずに剥がされてしまう。
    効果的に運用するには3アビと併用する必要があるのもSSR版と同様。
  3. ラスト・スタンド
    自分の連続攻撃確率UP/敵対心UP 使用間隔:6ターン 効果時間:3ターン
    SSR版と比べて即死回避はなくなったものの、連続攻撃確率アップが付いたので火力面でも貢献できるようになっている。
    使うならば2アビと併用する必要があるが、効果時間は3アビのほうが長いので、カウンターで回避できないタイミングが1ターンあるのには注意。
    敵対心UPは「かばう」とは違って確実性はないため、スルーされる場合もある。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】デッドリー・シン:土属性ダメージ(大)/土属性追撃効果(20% 5ターン)
  • 【サポート】冷めない闘志:自分の残りHPが少ないほどダブルアタック確率UP/回避率UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(トロピカルバンテージ)

山姥切国広 (SR) Edit

評価
アニメ「活撃 刀剣乱舞」とのコラボキャラクター。
同名の刀『山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)』をモチーフとした刀剣男士。ファンからの愛称は「まんば」。
名工・堀川国広が打った霊剣・山姥切の『写し』という出自から、誇りとコンプレックスの入り混じった性格をしている。
2アビで弱体化させ、奥義効果・3アビ・LBサポートと自身のDA率を底上げして戦う構成になっている。
種族不明のためバハ武器の効果を存分に受けられるが、テスカ編成では主人公と種族が被ってしまうのが難点。

sd_3030206000_02.png

  1. 五月雨斬り
    ターゲットに関わらず5回単体ダメージ。使用間隔:6(5) 上限:約4.9万x5
    1回の倍率は0.6倍程。
  2. 杜絶
    敵に暗闇効果/防御15%DOWN(片面)。使用間隔:7(6)
    暗闇の上書き強度はウォフマナフ相当。
  3. 本歌取
    自分のダブルアタック率UP/幻影効果(1回)。使用間隔:7 効果時間:3
    幻影は消費されるまで永続。回避できるのは単体攻撃のみで全体攻撃には無力(幻影全般の仕様)。
  • 【種族】不明
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】
  • 【奥義】奥義・山姥切国広:土属性ダメージ(大)/自分のダブルアタック確率100%UP (1ターン)
  • 【サポート】帰天の境地:自分のHPが少ないほど奥義ダメージが大きくUP (最大60%)
  • 【入手方法】『活撃 刀剣乱舞 〜蒼天のえにし〜』トレジャー交換

ミムルメモル&パンプキン(ハロウィンver) (SR) Edit

評価
ハロウィンということで仮装に興じたミムルメモル。ハイテンションなカボチャ(新入り)が暴走しがち。
台座を乗り換えて楽器もトロンボーンに持ち替えている為、切り株と笛はお留守番。

奥義アタッカーだった切り株センパイから変わって、今回は防御を捨てて攻撃バフと連続攻撃で攻める素殴りアタッカーとなっている。
アビリティ使用で上昇するサポアビ効果により、最大でDA50%/TA25%UP、3アビの別枠バフも合わせて攻撃性能はかなり高い。
その反面防御力は最大で-30%とかなり脆く、防御デバフをもらうと下限を突破しうるピーキーな性能になっている。
 
sd_3030220000_02.png

  1. エキゾーストビート
    自分の連続攻撃確率UP/エキゾーストLv1上昇。使用間隔6(5)。効果時間:3。
    DA35%/TA5%UP程。
  2. カボバッグ
    敵の全ての攻撃を回避/エキゾーストLvリセット◆1ターンの間アビリティ使用不可。使用間隔:8。効果時間:1
    使用間隔が長く多用できない上にせっかく上げたエキゾーストLvがリセットされてしまうので、普段はなるべく温存しておいて
    オーバードライブ中の特殊技などの高威力のダメージを受けるタイミングに合わせる等、使いどころは考慮する必要がある。
  3. ニトロンボーン
    エキゾーストLvに応じて自分の攻撃UP/エキゾーストLv1上昇。使用間隔:5。効果時間:3
    どんな編成とも相性のいい別枠乗算バフ、効果はLv0:20% Lv1:25% Lv2:30% Lv3:50%
  • 【種族】ハーヴィン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘/楽器
  • 【奥義】????:土属性ダメージ(大)/エキゾーストLv1上昇
  • 【サポート】疾走カボチャ:エキゾーストLvに応じて連続攻撃確率UP/防御力DOWN(最大Lv3)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(パンプキンストンプ)

マキラ(イベントver) (SR) Edit

評価
毎年恒例、十二神将お役目納めのSRバージョン。
基本的な性能はSSR版のデチューンだが、エンジンの掛かりの遅さを改善する3アビや優秀なリミットボーナスアビリティと言った光る要素も持つ。
土属性では相変わらず希少なバッファー役やテスカ編成のハーヴィン枠としての起用も見込める。

sd_3030229000_02.png

  1. 暮鼓晨鐘
     
  2. 飛花落葉
     
  3. 鶏鳴之助
     
  • 【種族】ハーヴィン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】楽器
  • 【奥義】快鳥乱麻:土属性ダメージ(大)
  • 【サポート】お役目納め:敵を攻撃した回数に応じてバトルメンバーが「鼓の音」を得る◆「鼓の音」の数に応じて暮鼓晨鐘の効果UP
  • 【入手方法】イベント『年年歳歳(2017年度)』チャレンジクエストクリア

ネツァワルピリ (SR) Edit

評価
終末の予言への調査を終え、里帰りを果たしたネツァワルビリ。なお、服装がSSRから地味になっているのは里で起きた事件調査のために変装しているせい。
固有デバフ「鷹の目」でどこでもアサシン、確定TA、奥義に追撃バフを持つアタッカー。瞬間火力はSSRにも引けを取らない。
 
sd_3030237000_02.png

  1. 放鷹
    敵に土属性2~2.5(2.5~3)倍ダメージ/鷹の目を付与。使用間隔:5 効果時間:3 上限:約33万
    運用のキーとなるアビリティ。極力敵の特殊技に効果消失ターンを合わせるように撃ちたい。
    なお「鷹の目」効果は非常に命中率が高く、よほど耐性の高い敵でなければまず外れることがない。
  2. 空鳴の構え
    自分の攻撃大幅UP(鷹の目状態の敵のみ+100%(150%)/1回)。使用間隔:8(7) 効果時間:1
    モードゲージの有無を問わない、所謂いつでもアサシン。
    リキャストは長めなのでここぞという時に差し込みたい。
  3. 雄飛の構え
    効果中必ずトリプルアタック/防御DOWN。◆奥義ゲージを20%消費 使用間隔:8 効果時間:2
    ゲージ消費分は確定TAで簡単に取り戻せるのでほぼ問題にならない。リスクとなる防御ダウンは35%程で、効果中の被ダメージは1.3倍前後。
    世界樹の雫枝・マグナの存在でHPの補強は比較的簡単だが、ダメージが気になる場合は敵対心操作や防御UPバフでカバーするとよい。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】アルコン・テンペスタ:土属性ダメージ(大)/土属性追撃効果(20%/2T)
  • 【サポート】天空の慧眼:味方全体が鷹の目状態の敵から受けるダメージを軽減(10%)
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(トゥグリル)

カルメリーナ (SR) Edit

評価
 
 
sd_3030240000_02.png

  1. ベンディガーウィップ
     
  2. スタッキング・センセーション
     
  3. グレートチアー
     
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】短剣
  • 【奥義】レープハフト・ヴューネ:味方全体に様々な強化効果◆喝采が5の時のみ使用可能
  • 【サポート】ビッグ・トップ・パフォーマー:アビリティ使用時に喝采が増加(最大5)◆喝采に応じて連続攻撃確率UP/奥義使用で全て消去
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(スダルサナ)

レオナ (SR) Edit

評価
カインの副官であり、その兄であるアベルの元婚約者。いわゆる義理の姉に当たる存在。身長177cm。
立場的には自分の上司とはいえ、事あるごとに無茶ばかりするカインが心配でしょうがない様子。

グラビティ付き攻撃アビリティ、効果の高い自己バフ、味方を指定できるバリア+追撃という隙のないアビリティ構成を持つ。
特に2アビを奥義ゲージ消費で使用した場合の効果は圧巻で、3ターンTA確定+高確率回避という無双状態になれる。
さらにサポートアビリティによって回避成功でDA確率が上がり、連撃成功で攻撃力が上がるため、2アビ使用時の成果次第で性能がどんどん上がっていく。
うまくハマればSRらしからぬ活躍を見ることができるだろう。
 
sd_3030241000_02.png

  1. 石穿閃
    敵に土属性ダメージ/敵の最大チャージターン増加 使用間隔:8(7) 効果時間:180秒
    キャラクター全体で見ても珍しいグラビティ付きの単体攻撃。上限は+で40万程度。
    主人公の負担を軽減できる有用なアビリティだが、気軽に使っていると敵の耐性が上昇して2度目以降の信頼性に影響が出るのが欠点といえば欠点。
     
  2. 偃月乱舞
    自分の連続攻撃確率UP/回避率UP ◆奥義ゲージ100%時、奥義ゲージを全て消費して効果大幅UP  使用間隔:7(6) 効果時間:3
    そのままでもDA20%程度とそこそこの回避率を上乗せできる有用な個人バフなのだが、
    奥義ゲージ100%を消費することで、3ターンTA確定の上に回避率を通常時よりさらに上昇させることができる。
    発動に使用した奥義ゲージは効果時間でほぼ回収できるため、ゲージ消費での発動を行ってもほとんど損はない。
    この効果は強制消費であり任意選択は不可能なため、チェインバーストを合わせたい場合などは気を付けること。
     
  3. 才女の手直し
    味方単体にバリア効果(2000)/土属性追撃効果(30%) 使用間隔:6 効果時間:3
    任意指定で防御と攻撃両面を強化できる。自分に使ってもよし、味方のケアに使うもよし。
    自傷スキルでHPを減らしつつ背水を発動させるアイルや、絶対お世話対象のカインなどと相性が良い。
  • 【種族】ヒューマン
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】獅子烈爪斬:土属性ダメージ(大)/奥義ゲージUP(20%)
  • 【サポート】悲愴の獅子:連続攻撃発動時に攻撃UP(累積)/回避成功時にダブルアタック確率UP(累積)
          謹厳実直:自分の残りHPが多いほど回避率UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(丈八蛇矛)

ヴァンツァ (SR) Edit

評価
イベントでの敗北をきっかけにトンファーと向き合い、SRに昇格したヴァンツァ。
サポートアビリティによるデメリット無しの攻撃UP、使うたびに性能が上がっていくトンファーキック、奥義ゲージUP付きの自己回復、と長期戦向けのアビリティアタッカー。
特にトンファーキックは奥義効果もあってエーテルブラストや序アビ感覚で使用でき、ダメージ上限も最終的に100万に迫るほどに上昇する。
sd_3030243000_02.png

  1. 岩砕旋風
    ターゲットに関わらず5回土属性0.5倍ダメージ/自分のクリティカル確率UP(倍率25%) 使用間隔:7(6) 効果時間:3 減衰値:約8万x5
     
  2. トンファーキック
    敵全体に土属性4倍ダメージ/攻撃DOWN(片面10%)◆トンファーキックを使用するたびにダメージ性能UP 使用間隔:8(7) 効果時間:180秒 減衰値:約55万
    使用するごとに倍率が0.5倍、上限が約10万ずつ増加。(累積/最大4回)
     
  3. 闘志集中
    自分のHPを30%回復(上限1200)/奥義ゲージUP(20%) 使用間隔:7 効果時間:3
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】格闘
  • 【奥義】壊地穿衝:土属性ダメージ(大)/ダメージアビリティの再使用間隔を2ターン短縮
  • 【サポート】武術練磨:ダメージアビリティの使用回数に応じて攻撃5%UP(累積/上限40%) ※味方の攻撃アビリティでも発動可能
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(ミスリルトンファー)

アルメイダ(水着ver) (SR) Edit

評価
 
 
sd_3030250000_02.png

  1. アーマーボーリング
    敵全体に土属性ダメージ/防御DOWN(25%)使用間隔:9(8) 効果時間:5ターン 減衰値:約50万
    効果量は非常に高いが個別デバフであることに注意。
      
  2. ブラスティング・セット
    味方全体の奥義ゲージUP(1回) 使用間隔:9(8)
     
  3. ウェポンフォージ
    味方単体に土属性追撃効果(30%)/ガード効果/奥義ゲージUP(30%) 使用間隔:7
  • 【種族】ドラフ
  • 【タイプ】攻撃
  • 【得意武器】
  • 【奥義】ストリーク・サン:土属性ダメージ(大)/土属性防御DOWN(10%)
  • 【サポート】現場ランチ:自分のHPが半分以下になった時、一度だけHP回復
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(フレイメル・ゴールデン)

チーム・ローアイン (SR) Edit

評価
 

sd_3030252000_02.png

  1. オラついた攻撃
     
     
  2. 超鋼巨漢
     
     
  3. QK時間
     
  • 【種族】エルーン
  • 【タイプ】特殊
  • 【得意武器】短剣/剣
  • 【奥義】ハイパー漢斬り:土属性ダメージ(極大)◆ギガントエルセム起動中のみ使用可能
  • 【サポート】地元じゃ負け知らず:毎ターンパリピLv上昇(最大Lv5)◆パリピLvに応じて連続攻撃確率UP/敵対心UP
  • 【入手方法】レジェンドガチャ(マッチョハントウェポン)

コメントフォーム Edit

誹謗・中傷等、閲覧者が不快になるコメントは
控えていただきますようお願いいたします。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 土SRに山姥切国広がきたおかげでテスカ編成の幅が広がったな -- {rO8qkv0kxvs} 2017-09-11 (月) 21:37:14
  • と思ったけど、主人公とかぶるからテスカ的にはNGなのか・・失礼 -- {rO8qkv0kxvs} 2017-09-11 (月) 21:41:40
  • ジータちゃんは不明扱いだから構わないゾ -- {rw996EpNnuQ} 2017-10-18 (水) 19:26:09
  • 不明扱いだからテスカにおいて不明はデメリットなんだゾ、種族数が増えない -- {bf3ObAODafM} 2017-10-18 (水) 19:53:48
  • だからこそ不明扱いだけど種族別枠の星晶獣がありがてえ、土SRにはおらんが -- {lL2X3aowxRg} 2017-11-26 (日) 18:55:07
  • アーカルムでSRフェローモドキ復活したけど、土テスカだとエルーンとハーヴィンが絶望的なんだけど! -- {wFRIjJvapRI} 2017-12-24 (日) 18:04:44
  • デチューンって何?言葉が分からない -- {eHU0ESq3RrE} 2018-01-25 (木) 20:54:04
  • ↑目の前にある箱なり板なりで調べてみると幸せになれるからもしれない -- {agbdzN0OmGk} 2018-01-27 (土) 23:15:53
  • アーカルム用にわざわざ属性ごとに組まんよな光SRのHPの暴力で無理くり処理してるわ -- {BSRY9qZiQ.6} 2018-04-25 (水) 17:51:12
  • チームローアイン何気に初の土SRエルーンなのか -- {h82U5ZfSdPg} 2018-09-16 (日) 20:57:09
お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:36:12