このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者がやるべきこと | パネルミッション | 序盤の進め方 | よくある質問 | 特筆事項




はじめに Edit

このページでは、新米騎空士の最初の大まかな道筋をまとめてあります。
グランブルーファンタジーは、SSRを大量に持っていても初めからすぐ強くなれる訳ではありません。
上限解放や強化など、時間をかけて育成することで初めてその強さを実感できることが多いでしょう。
わからない事があったらよくある質問プレイする際の留意事項も読んでください。ここには記載されていない重要な情報もあります。
武器や召喚石などの装備についての詳細はオススメ装備編成に書いてあります。慣れてきたプレイヤーはこちらを参考にしてください。
このページをブックマークして、気になることがあったらたまに覗いて見ると良いでしょう。

また、ゲームを始めたばかりの初心者向けにやっておいたほうがいいこと、
やってはいけないことをまとめた攻略まとめ/初心者がやるべきことページも存在します。
上記ページに書いていることを実践すれば
「2度手間」や、「重要な武器を知らずに売却、強化素材にしてしまった」等の失敗がなくなり、自身の成長効率が非常に高くなります。
逆に言えば、攻略する楽しみを削ぐことにも繋がりかねないので、閲覧にはご注意下さい。

それでは、長い長い空の物語へ、いざ進みましょう。

  • 編集者は、このページが初心者が読むことを前提に、初心者の基準で執筆してください。
    初心者とは、島HARDをソロで討伐できるまでを一時的に定義します。

公式の攻略情報を見よう Edit

攻略マンガ「はじめてのグラブル」を、MyPage内のバナーから読むことができます。
また、公式攻略動画「今日から始めるグラブル」が、2017年8月1日より公開されています。
システムや操作の基礎が紹介されているので、ぜひ見ておきましょう。

序盤の進め方 Edit

※このゲームを遊ぶ際、中盤以降はともかく序盤はガチャを全く引かずとも進行に問題はありません

  • 最初に選択する主人公のジョブは「ナイト」または「プリースト」がオススメ。 アビリティを駆使して、仲間を死なせないようにしましょう。
    • 特に「ナイト」は、最も使用頻度の高い最上級職のダークフェンサーを取得するために必須なのでJPに無駄がありません。
    • 最終的には最初に選択できるClass.Iジョブはまず全て習得することになるため単純に好みで選んでもそれほど問題はないでしょう。
    • その他のジョブについて詳しく知りたい場合はよくある質問のジョブの項を参照。
  • 最初のうちは敵も弱く、ゲームシステムに慣れるためのチュートリアルと考えて良いでしょう。
    • まずはとにかく空いている装備・召喚石スロットを埋め、ステータス向上に努めましょう。
    • 入手した武器・召喚石は他の武器・召喚石を消費することでレベルを上げる(強化)ことができます。
      • 武器・召喚石にはレベルがあり、レベルを上げることでHP・攻撃力が上昇します。また、同じ武器・召喚石を消費することでレベルそのものの上限を上げる(上限解放)こともできます。
      • 合成強化素材を獲得できる常設エクストラクエスト「エンジェルヘイロー」に通い、獲得したエンジェル武器やエンジェル召喚石で武器や召喚石のレベル上げを効率的に行えます。
        最初のうちは武器や召喚石のレベルを上げるだけで、目に見えるように戦力が強化できます。
      • 同様にキャラクターも武器を消費することで強化できますが、こちらは戦闘で得られる経験値で自然にレベルが上がって行くため
        アイテム所持数に空きがないといった場合でもない限り、キャラクターを武器で強化する必要はまずありません。
      • そのほか、強化・上限解放について詳しくは次項目を参照
    • イベント等が開催されている場合、中盤から終盤にかけても通用する強力な装備を手に入れるチャンス。
      はじめたばかりの頃ではまともに進行できない場合もありますが、可能であればそちらで戦力の充実を図っても良いでしょう。
      詳しくはWIKIメニュー>イベントの項目を参照のこと。
    • メインクエスト4章(ポート・ブリーズ)をクリアすることでキャラクター、ラカム (SR)が加入し、マルチバトルが解放されます。まずはここへの到達を目標にすると良いでしょう。
  • メインクエスト4章最終エピソードでマルチバトルによるボス戦(ティアマト戦)が発生します。
    • マルチバトルなので他プレイヤーに救援を求めることができます。大抵の場合は救援要請によってクリアさせてもらうことになるでしょう。
      救援要請してから10分経つと再び要請できるので、すぐに救援に来てくれなかった場合でも諦めずに小まめに救援要請することで可能性が上がります。
    • ただし他プレイヤーが救援に来てくれるかは多分に運の要素が絡むため、装備や召喚石の強化、パーティメンバーのアビリティ性能の把握などしっかりと準備しましょう。
  • その後は戦力の向上に努めつつ、各種クエストの進行やその時々で実施されているイベント等に参加してゲームを進めて行きましょう
    • ゲーム中のいくつかの要素はメインクエストの進行に伴い解放され、またその過程で何名かのキャラクターが仲間に加わります。14章クリア辺りまではメインクエストを優先的に進めると良いでしょう。
    • メインクエストを進めていくと、サイドストーリーをプレイすることができるようになります。こちらは過去に開催されたイベントを調整して恒常的にプレイできるようにしたものです。ストーリータイトルごとに仲間キャラ(SR)を加入させることなどができます。サイドストーリーごとに解放条件や仲間キャラ加入条件は異なるので詳細は該当ページを参照してください。
    • 14章以降は44章まで新規キャラクターの加入はありません。敵もどんどん強くなって行くので14章をクリアしたらパーティの強化を図りつつじっくり進めて行くことになります。
    • 光・闇属性キャラの上限解放に必要となるアニマは20章(光属性)・24章(闇属性)をクリアして解放されるマルチバトルから入手できるようになるため、該当属性のキャラがいる場合は多少無理してでも進行する価値はあります。
    • メインクエスト44章をクリアすることが「アーカルムの転世」の開始条件のひとつとなっているので、そこまでは急いで進めた方がいいかも知れません。
    • メインクエストをどこまで進めたらいいのかについては、「攻略まとめ/章クリアで出来るようになること」も参照。

表形式の大雑把な進行の仕方

目標やるべきこと
仲間のキャラクターを増やすキャラクターを増やす手段は主に次の通りです。
メインクエストを進める、サイドストーリーをクリアしていく、期間限定イベントに参加する(キャラクターが用意されているかどうかはイベント内容による)、ガチャを回す、サプチケなどを購入等々…。
サイドストーリーをやるにはメインクエストをある程度進める必要があるため、まずはメインクエストやイベントを進めてキャラを手に入れるのをオススメします。
属性を意識する主人公の属性はメイン武器の属性に依存する(サブ武器には依存しない)ので、敵に対して有利な属性武器をメイン武器に装備しましょう。
仲間もレア度やレベルより有利属性のキャラクターをなるべく選びましょう。同属性や不利属性だとデバフ(弱体効果)が入りにくいので、出来るだけ有利属性がオススメです。
武器の並べ方最序盤の内はガチャ武器とR武器くらいしかないと思われるので、武器スキルに攻刃と書かれた武器があれば編成に全部入れていきましょう。攻刃がなければ技巧でも構いません。基本的に攻刃と書かれた武器でなければ火力が出ない仕様です。
召喚石の並べ方編成のMAIN SUMMON枠にメインの召喚石を設定しましょう。召喚石の加護に書かれた属性と主人公(と仲間キャラ)の属性を合わせてメイン召喚石を設定すると、該当属性のキャラと武器の火力が上がります。
MAIN SUMMON枠以外の4つの召喚石枠は一般的にサブ召喚石枠と言われ、そのサブ召喚石枠に設定されている召喚石の加護は一部の召喚石を除き受けません。なので石のステータスあるいは召喚効果で並べていきましょう(サブ召喚石枠でも加護効果のある召喚石はその旨の記載があります)。
 
JPを意識しつつジョブ取得ジョブを取得するにはJP(ジョブポイント)というポイントが必要で、ポイントを消費して各ジョブを取得することが出来ます。
JPを取得するにはランクアップ時や、一部イベントでの報酬、ムーン交換と限られるため、JPが得にくい序盤の内はよく考えて取得しなければいけません。
効率を優先するのであれば、ダークフェンサーというクラス3ジョブを目標に取得していけばまず間違いないです。
ダークフェンサーというジョブを目標に勧める理由としてはソロでのクエスト進行が大幅に楽になるため。180秒間攻防ダウンするアビリティや特殊技が発動するまでの間隔を延長するアビリティを持っています。

取得する為の条件:ナイトプリーストのジョブレベルをMAXに→エンハンサーのジョブレベルMAX(取得に100JP必要)→アルカナソードのジョブレベルをMAX(取得に200JP必要)、フォートレスのジョブレベルをMAX(取得に200JP必要)→ダークフェンサーの取得が可能に(取得に300JP必要)
 
まずは島の一部のNormalボスを倒すところまでストーリーを進める序盤の武器とキャラの上限解放素材のアニマは島のNormal・Hardボス(ティアマト、コロッサス、リヴァイアサン、ユグドラシル、アドヴェルサ、セレスト)から落ちるため、最初の内は該当ボスを討伐を目標とする。
各島の武器を集める最初の内は武器スキルに方陣攻刃方陣守護と書かれている武器を集めましょう。
序盤の武器は島ボス(ティアマト、コロッサス、リヴァイアサン、ユグドラシル、アドヴェルサ、セレスト)からのみ落ちます。
※光と闇に関しては島の武器が守護武器しかない為、守護スキルの武器のみで固める形になります(イベントでのみ攻刃スキル付きの光闇武器が手に入ります)。
補足として、方陣記載のものはマグナ召喚石の加護がのる武器で、方陣記載がない武器(バハムート武器除く)はゼウス系召喚石の加護がのる武器(通常攻刃武器)です。
方陣武器が優先される理由は、ガチャ以外で手に入る召喚石で最も強いのがマグナ召喚石のため。ゼウス系召喚石はガチャと四周年記念の配布CPでしか手に入りません。
サイドストーリーをクリアするサイドストーリー(以下サイド)では特定章で仲間キャラが、エンディングまで進めると凸済みのSSR武器が、フリークエスト(HARD)の初回報酬で凸済みのSSR召喚石が手に入るので戦力アップに繋がります。
また、サイドの「どうして空は蒼いのか」の全章クリア後に出る竜の試練というクエストをクリアするとノヴム化された状態のバハムート武器が一つ手に入るため、最優先でやるのをオススメします(無難なのはバハムートダガー)。
サイドの武器はあまり強くない部類でもっと強い武器が手に入るまでの繋ぎなので育成の優先度は低めですが、EX攻刃武器やダークフェンサー用のメイン武器など比較的優秀なものもあります。
※通常攻刃はマグナ系召喚石の加護がのらないので火力が出にくいのが理由です。
 
集めた武器を装備していく序盤の内は適当に装備してしまって構いません。火力を意識する場合は後述のマグナ編成の形(方陣攻刃5〜6本、EXスキル武器(Unknown武器)2本、通常攻刃1本(主にメイン武器枠)、バハムート武器1本、天司武器1本)をとればOKです。該当編成用の武器が足りない場合は適当なSR武器で穴埋めしていきましょう。

EXスキルが付いた武器は期間限定のイベントのみで手に入ります。バハムート武器はショップの特殊武器強化→バハムートウェポン作成から作成する事が可能。天司武器はショップの特殊武器強化→セラフィックウェポン作成から作成が可能。
武器のスキルレベルを上げるクエストやマルチ戦で手に入る武器を素材に、まずは方陣攻刃武器のスキルをレベル5まで上げていきましょう。
(SRのガチャ武器を素材にするのは勧めません。後々に武器エレメントという素材を使ってマグナ武器最終やジョブ武器作成等するのですが、その武器エレメントの量がガチャ武器は多いため。R武器はエレメント化できない仕様なので餌にしてOKです)。

方陣攻刃武器を4〜5本、スキルレベル(以下sklv)5にします。
武器1本を一気にsklv10にしない理由としては餌の量が最小で済むのと、方陣攻刃スキルの合計数値が34%(SRの場合sklv4で6,0%、sklv5で7,0%。SSRの場合はsklv4で9,0%、sklv5で10,0%)からマグナ召喚石の効果が実感できるようになるため、1本を一気に上げるよりも複数本を徐々に上げていった方が早く強くなれる為です。

後はSSRのEXスキル武器もまたsklv5にしましょう(SRのEXスキル武器は効果量が低いので強化する旨味が少ないです)。EXスキル武器を5にし終えたら次はsklv10に。EX武器のスキル上げ素材がもったいないと感じる場合はマグナ武器を集め始めましょう。
スキル上げの優先順位としては方陣攻刃武器>EXスキル武器>バハムート武器(以下バハ武器)>通常攻刃武器です。バハ武器はSR武器の段階でもSSR武器以上のスキル餌が必要となるため後回しを勧めます。天使武器に関してはSSR化してからスキルが上げられる様になるため割愛します。スキル上げの詳細はスキル強化のオススメ100%組み合わせ項目を参照。
 
マルチバトルからマグナというマルチボス戦に入る入る為の前提条件がランク30かつ、各島のHardボス(ティアマト、コロッサス、リヴァイアサン、ユグドラシル、アドヴェルサ、セレスト)を討伐済みである事が条件のため、それらの条件を満たしましょう。条件を満たすとマルチバトルの救援一覧にマグナボスが出るようになります。
※マグナボスの救援が拾えてない場合は救援一覧には出ないので注意。
マグナボスで方陣攻刃記載の武器を集めていくここからは運の勝負になってくるので、地道にマグナ救援に入って方陣攻刃武器が落ちるのを願うだけの形になります。
方陣攻刃武器は基本的に★3状態で5つか6つ必要なので、20本あるいは24本集める必要があります(★3にするには同じ武器が4本必要の為)。
 
方陣攻刃武器並べマグナ編成の基本的な形は方陣攻刃5〜6本、EXスキル武器(Unknown武器)2本、通常攻刃1本(主にメイン武器枠)、バハムート武器1本、天司武器1本の形となる。
方陣武器を集めている合間にEX武器が集まるイベント周回や、バハムート武器・天司武器を作成するのがオススメです。
マグナ召喚石の確保マグナ編成の基幹となるSSR召喚石。同じ名前のマグナ星晶獣から確率でドロップ入手できる。
メインに装備すると加護効果として、同じ属性の「方陣」という言葉がつく武器スキルの効果を50%UPする。召喚石が★3まで上限解放してあれば100%UPとなる。
マグナ編成の強さはこの加護効果が理由です。★3を作成して装備することを目指しましょう。
武勲の輝きを集めてマグナ武器と交換島のボスやマルチ戦のボス(イベントマルチのボスは対象外)を倒すと武勲の輝きというものが手に入り、それを使ってショップでマグナ武器と交換することができます。
(武勲の輝き数はマイページ中央付近のSTATUS項目左下にある五角形のマークで確認可能です)
交換方法はショップ→武勲・栄誉の輝き→SSレア武器タブ選択で交換できます。武勲の輝き5000でマグナ武器一つと交換出来ます。※交換制限があり月に2つまでしか交換できません。

シュヴァリエソード・マグナ(以下シュバ剣)以外のマグナ武器は翌月に在庫が追加されます。シュバ剣のみ特殊で翌月になっても在庫が追加されず公式放送の企画でしか在庫が増えない仕様です(2018/3/10現在は在庫が8本まで)。
武勲には別枠があり、SRキャラの武勲枠とRキャラの武勲枠があります。
これらはパーティ編成のMAIN MEMBER枠にSRキャラもしくはRキャラを配置し、島のボスやマルチ戦クリア時にそのレアリティーのキャラが生き残っていれば該当枠の武勲が手に入ります。
※あくまでMAIN枠に設定したキャラのみが対象であり、SUB MEMBER枠から出てきたSR、Rキャラからは該当枠の武勲が貰えません。
これを利用すればより早く武勲が稼げるようになります。
以降は各自の自由に武勲集めをしながらマグナ編成完成を目標にしつつ、以降は各自でしたい事をこなしていきましょう。例:天星器取得や十天取得、ハイグレード武器集め等々・・・。
2018/03/22のアップデートにてアーカルム武器(方陣枠)が実装されました。入手方法はアーカルム内の宝箱から一定確率で入手、もしくはアーカルムポイントでの交換です。
どのアーカルム武器が出るかはランダムですが、アーカルム内の宝箱からそこそこ武器が出るため、アーカルムがプレイ可能となるメインクエスト44章まで進めて並行して進めるのも手です。
また光と闇属性のアーカルム武器もあり、それらは方陣攻刃武器なため、初心者の方で光や闇を鍛えたい方の救いに。
※現時点ではアーカルム武器に最終解放が実装されていないため、最終的な火力は既存のマグナ武器に劣ります。

強くなるための大まかな流れ(無課金、微課金プレイを想定) Edit

  • 6属性全てについて、少なくとも3人ずつのキャラを手に入れる。
    • まずは属性を揃えた4人パーティを組めるようになることを目指しましょう。
      敵の弱点属性で戦うことで与えるダメージは大幅に増加し、受けるダメージを大幅に減少させることができます。
      それに加え、敵との属性相性によって与えるダメージ・受けるダメージにも大きな開きが出るため
      大抵の場合、攻撃力の数字以前に敵に対して優位な属性でパーティを揃えられるかどうかが攻略難易度に直結します。
    • また、武器スキルや召喚石の加護などによる強化手段の多くは特定の属性に対して機能します。
      将来的にどのような編成を目指すにせよ、6属性それぞれに同属性で揃えたパーティを組めるようになることはこのゲームの攻略においてまともにプレイするための前提条件となります。
    • 主人公は装備するメイン武器の属性によって自身の属性を変えることができるため
      揃えたい属性のキャラが3人(+主人公がメイン武器として装備可能な目的の属性装備)いれば同じ属性で統一された4人パーティを組めるようになります。
    • SRキャラは、メインシナリオを進めるだけで手に入ったりイベント報酬として手に入ることもあります。
      最近ではシナリオイベントの多くで何らかのキャラが仲間になるため、(時間はかかりますが)ガチャを回さなくてもいずれは達成可能になるでしょう。
    • サイドストーリーでもSRキャラが手に入ります。
      サイドストーリーは、イベントと違っていつでもプレイできるので、むやみに急ぐ必要はありませんが、
      早めにキャラだけでも加入させておくと大幅に有利になるでしょう。
  • 6属性全てについて、属性攻撃力(もしくはキャラ攻撃力)40%UP以上の加護を備える召喚石を手に入れる。
    • イベント報酬として手に入る事が多いです。40%UP石を1個だけなら、初心者でも頑張ればなんとかなります。あるいは常設の討滅戦やサイドストーリーでも手に入ります。
      10%UPのプロトバハムートとは別格の強さを発揮するので、ぜひ手に入れましょう。
  • 武器を揃える
    • オススメ装備編成のページを参考に段階的に強い武器を揃えていきましょう。
    • 基礎部分の強さの多くは装備に依存しています。キャラクターのステータスの優劣よりも強い装備を揃えることの方が重要です。
    • 現状主流のマグナ編成の武器は課金要素が無く、理想の装備編成というのは全てドロップ武器で構成されています。
       
    • 難易度HARDのマルチバトル星晶獣(通称・島H)に挑む。
      • マグナボス攻略に必要な火水土風4属性の武器がここで揃います。
      • 主な狙いは「方陣・攻刃」のスキルが付いたSR武器です。これの所有数が強さに直結すると言えます。
      • いつかSSRに置き換えるまでのツナギ武器ではありますが、これをすっ飛ばしていきなりSSRを揃えようとするとかえって効率が悪くなり、長期間ずっと弱いままで耐える羽目になります。
      • 「方陣・攻刃」以外のSR武器はハズレですが、スキル餌として役に立ちます。さらにマグナ星晶獣に挑む際に必要なアニマやマグナアニマも手に入ります。
      • 序盤のうちは「攻刃」スキルが付いていない武器でも、使ったほうが強くなれる場合があります。餌にしてしまう前に「グラブル計算機」等を使って確認すると良いでしょう。
      • ヨダルラーハ (SSR)を持っていれば簡単に瞬殺できます。普段は無課金でもこのためにスタートダッシュチケットorサプライズチケットを購入する価値はあります。
        持っていない人は、救援を出して他プレイヤーに助けてもらいましょう。また他プレイヤーからの救援依頼にも応じましょう。
      • 後述する「マグナボス」と比べて報酬がマグナ編成を終えた上級者には魅力に欠けるため外部救援がほとんど望めません。RANKの近いフレンドか騎空団の人に頼みましょう。
        ただし、キャラクターの上限解放に各種ボスのアニマが必要なのと、アニマを使用して自発でマグナを呼ぼうと考えてる人も居るので、需要が全くないというわけではありません。
  • マグナ星晶獣に挑み、MVP確定流しを達成する。
    • 主な狙いは「方陣・攻刃II」のスキルが付いたSSR武器です。SRとは別次元の強さを誇り、きっと最上級者になっても使い続けることになるでしょう。
    • また「マグナ召喚石」も低確率で手に入ります。「☆3マグナ召喚石+複数の☆3~4方陣・攻刃武器」という形の「マグナ染め」編成は極めて強力であり、無課金・微課金問わずプレイヤーの大多数が目指す大きな到達点です。
    • 一人で最後まで倒しきっても(マグナソロ)、HPを半分まで削ってから救援を呼んでも(MVP確定流し)、得られる報酬には一切違いがありません。なので確定流しの達成を目指しましょう。
    • MVPを取れなくても、確率は落ちますがSSR装備が手に入る可能性はあるので、積極的にバトルしましょう。
    • 初心者でも、多少背伸びして早期から戦うと早く成長できます。
      その場合はMVPの獲得は諦めて、バトル開始後すぐに救援を呼ぶといいでしょう。
  • これらと並行して、各種イベントに参加して報酬を得る。
    • イベントは期間限定ですので、いつでも戦えるマグナより優先すべきでしょう。
      • 特に、キャラクターが加入するイベントには必ず参加して、もらっておきましょう。
        ほとんどのシナリオイベントではSRキャラが加入します。
    • また、討滅戦も報酬が比較的オイシイので、余裕ができたら積極的に挑みましょう。詳しくは討滅戦一覧参照。
    • サイドストーリーは、簡単にクリアできる上にSSR武器・SSR召喚石・SRキャラなどを貰えるのでぜひプレイしましょう。詳しくはサイドストーリー参照。
    • アーカルムの転世の開始条件にメインクエスト44章のクリアが含まれています。そこまでは急いで進めたほうがいいかも知れません。詳しくはアーカルムの転世参照。

無料十連ガチャについて Edit

現在、新規プレイヤーはチュートリアルの終了後に、無料十連ガチャを1回引くことができます。
これは、以下の6名のSSRキャラのうちランダムな1名が、必ず出てきます。

この6名は、どのキャラも十分に強いので、どれがハズレだとかいったことはありません。
しいて言うなら、他はLv80までしか成長しないのに対して、
シャルロッテ (SSR)レディ・グレイ (SSR)はLv100まで成長する(最終上限解放が実装されている)ので、
この2名を引き当てれば、少しだけ優位に立てるかもしれません。
ですが、いずれは他の4名にも最終上限解放は実装されると思われます。

基本的なバトルの操作 Edit

ターンの操作 Edit

ターン制バトルには違いないのですがターンの合間にできることが多すぎて最初は混乱します。
グラブルのターン経過の流れは以下のような繰り返しになります。

  1. プレイヤーの操作入力待ちの時間……このとき召喚石(右下をクリックして選ぶ)を召喚したりキャラクターのアビリティ(各キャラをクリックしたところにあるアイコン)を入力して実行できます。「攻撃」を押すと終了します。
    アビリティや召喚石は(使用可能な条件を満たしていれば)並び順に関係なく使用可能です。
    アビリティや召喚の入力がなくても「攻撃」を押すと各キャラクターの攻撃時間に移行します。
    オールポーションなどの回復アイテムがあれば左下の「回復」から使うこともできます。
    以後は次に入力待ち時間がまわってくるまで操作不能ですので、奥義を使う場合は奥義の発動を「オート」、奥義ゲージを溜めこむ場合は「温存」にしてから「攻撃」を押します。
  2. 各キャラクターの自動攻撃時間(入力不可)……左から順にキャラクターが通常攻撃します。このときDA(ダブルアタック。二回分攻撃が入ること)やTA(トリプルアタック。三回分攻撃が入ること)が生じることがあります。
    奥義の発動が「オート」になっており、(そのキャラクターの順番が回ってきた時点で)奥義ゲージが100%以上あれば奥義が発動します。
    奥義を発動したキャラクターが複数いれば、各キャラクターの攻撃が全て終わった時点でチェインバースト(複数人が奥義を放った後に追加されるおまけの攻撃)が発生します。
    この時間はプレイヤーはただ眺めることしかできません。
    チェインバースト目的で他のキャラクターの奥義ゲージがたまるのを待つ場合は奥義の発動を予め「温存」にしておく必要があります。
    これで味方のターンが終了です。
  3. 敵のターン(入力不可)……敵が攻撃してきます。敵の状態(後述)によって特殊技だったり強烈な技を放ってくる場合がありますが、プレイヤー側はただ眺めることしかできません。
    攻撃を受けて戦闘不能になったキャラクターは自動で控えのサブメンバー(主人公を一人目としたら5人目6人目に設定したキャラ)に代わります。
    プレイヤーキャラ及び仲間のキャラクターが全員戦闘不能になったら、復活可能なバトルであれば復活メニューが表示、復活不可なバトルであれば撤退になります。
    生き残っていれば、プレイヤーの操作入力待ちの時間に戻って自分のターンになります。

なお操作が「AUTO」になっていると、アビリティや召喚や回復などプレイヤーの入力待ち時間で行う一切の任意行動が使用されません。
キャラクターの自動攻撃時間と敵のターンのみが繰り返されます。
メンバーが強ければこれでも十分勝てますが、序盤の弱い状態でAUTO任せにするのは大変危険です。
AUTOに任せず、折角なので手動でアビリティや召喚や回復などを活用しましょう。

戦闘中のステータス効果の確認の仕方 Edit

最初はステータスの効果なんて覚えられないと思います。
詳細を表示すればその場で内容を確認できるので、慣れないうちは確認しましょう。

  • 敵のステータス……敵の画像の上の敵の名前をクリック→画面上のターゲットから敵のHPゲージ(設定のゲーム設定から表示の有無の設定が可能。是非ONに)をクリックします。ステータス異常や強化効果があれば残りの効果時間情報も含めて表示されます。
  • 味方のステータス……味方のキャラクター画像をクリック→画面下の「ステータス効果」にアイコンで表示されます。その「ステータス効果」の欄をクリックすると、アイコンの示す効果内容や残りの効果時間情報が表示されます。

バトルの流れ Edit

メインクエストをロゼッタ加入まで進める程度ならあまり問題ないですが、イベントやマルチバトルでは適当に攻撃するだけだと全滅してしまうケースも少なくありません。バトルの要点を覚えておきましょう。

  • 敵の「特殊技」とは?
    敵は名前の下にあるチャージターン(◇の形をしたゲージ)がすべて赤色になると次のターンで特殊技を使います。
    雑魚が複数いる場合は、チャージターンが少ないものを先に倒しましょう。(敵をタップすると攻撃のターゲットを変更・解除できます)
  • マルチバトルの場合、敵の残HP、モードゲージ、かかっている○印の状態異常・強化効果は参戦者みんなで共有しますが、チャージターンと◇印で表示される強化効果は各プレイヤーごとに独立しています。
  • 高難度のボスやイベントのボスは、HPを一定の割合まで減らすとチャージターンに関係なく攻撃などの行動を行なったり、チャージターンがMAXになったりする事もあります(これらの行動は特殊行動と呼ばれます)。
    • 「ゲーム設定」からHPの現在値を%で表示させることができるのでONにしておきましょう。

オーバードライブモードになったらモードゲージを削る Edit

通常モードのモードゲージ

一部の敵 (ボス級の大型モンスターなど) はモードゲージ(Modeと書かれたゲージ)を持っています。
攻撃すると敵のモードゲージが貯まり、最大に到達するとオーバードライブモード
突入します。

オーバードライブモード突入直後のモードゲージ

オーバードライブモードでは、敵は通常時より強力な特殊技を使うことがあります。
1回食らうと立ち直れなくなるものも多いので、なるべく食らわないように攻撃アビリティ奥義、チェインバーストはボスがOVER DRIVEしてから撃ちましょう。

OVER DRIVEモードのモードゲージを削りきると、敵はブレイクモードになります。
ブレイクモードでは、モードゲージ・チャージターン(◇の形をしたゲージ)が増加しなくなり、特殊技を使ってこなくなります。

  • バフデバフアビリティは開幕すぐに撃つのがいいですが、それが攻撃を伴う場合はダメージ量と相談しましょう。
  • ラカム (SR)の「デュレーション」のようなアビリティはモードゲージを現在値の割合で削るので、オーバードライブモードに突入したら一番最初に使いましょう。

ブレイクモードではアビリティのターン稼ぎ Edit

ブレイクモードのモードゲージ

ブレイクモードでは敵は通常攻撃しかせず、チャージターン(◇の形をしたゲージ)も貯まりません。
(※ただし特殊行動で攻撃してくるボスもいるので、詳しくは個別の攻略記事を参照)
ブレイクモードはボス毎に設定された一定の時間、もしくは累積ダメージが一定の値に到達するまで継続します。
通常攻撃を連打してアビリティ、召喚のターンを稼ぎましょう。召喚やアビリティを使おうと
モタモタしているとブレイクモードが終了してしまうので、通常攻撃に徹するほうが
結果が良い場合が多いです (もちろん仲間が死にかけたら回復はすること)。
調子に乗って攻撃ボタンを連打しているとブレイクモードが終了したことに気付かず
特殊技で大ダメージをもらうことがよくあるので、チャージターンがMAXの
場合はブレイクモード終了に特に注意しましょう。

奥義は全員で Edit

キャラクターの顔の下にあるゲージが100%になると奥義を撃つことができます。
4人全員で奥義を発動するチェインバーストは、2人や3人とは格段に違う大ダメージが狙えるので、
多少のゲージの差は待って4人で撃ちましょう。

ただし、自分の連続攻撃アップや奥義ゲージアップ効果のあるアビリティを持つキャラは他のキャラよりもゲージが溜まる速度が速く、
奥義を発動すれば他のキャラのゲージを10%増やすことができるので、単体で発動したほうがいい場合もあります。

  • バトル中は基本的に画面右下の「オート」を「温存」に切り替え、奥義の無駄うちを防ぎましょう。「オート」にして攻撃すると奥義を使ってくれます。

強化・上限解放について Edit

手に入れた装備の性能を引き出し、ステータスを向上させるには、
強化、上限解放が必要です。

武器 Edit

  • 武器のレベル上げ
    武器のレベルは強化以外で上がることはないため、ステータスを上げるには強化を行う必要があります。
    強化は任意の武器(素材)を消費することで、ベースとなる武器に素材のレアリティに応じた経験値を与えることができます。

    エンジェル系武器(R)・アークエンジェル系武器(SR)は装備としては非常に弱いものの、素材として用いることで大量の経験値が得られる特殊な武器です。
    入手機会は多いため、積極的に素材として消費して問題ありません。
    ただし、光属性武器が揃っていないうちはメイン武器用として、1本確保しておくのも良いでしょう。
  • 武器のスキル上げ
    スキルを持ったベース武器に、スキルを持った素材を使って強化することで一定確率でベース武器のスキルレベルが上昇します。
    初心者のうちは影響も小さく意識することはあまりありませんが、後々非常に重要になってくる要素なのでスキル強化のページなどで理解しておくと良いでしょう。
  • 武器の上限解放
    上限解放はベース武器と同じ武器を消費して、武器のレベル上限を上げることができます。
    上限解放は通常3回(★3)まで行うことが出来ます。

    また、武器によっては、★3を越えてさらに上限解放(★4、★5)出来るものがあります。
    その場合は同じ武器ではなく相当数のトレジャーが必要となりますが、レベル上限の他スキルレベル上限が上がる、新しいスキルを獲得するなどのメリットがあります。

召喚石 Edit

  • 召喚石のレベル上げ
    召喚石の強化は召喚石でしか行えません。
    武器と比べて入手機会が少ないため召喚石のレベルを上げるには相応の時間がかかります。

    武器同様、強化素材として召喚石エンジェル(R)・召喚石アークエンジェル(SR)・召喚石エンジェル・クレイドル(SSR)が存在します。
  • 召喚石の上限解放
    上限解放についても武器同様に、同じ召喚石を消費することで召喚石のレベル上限を上げることができます。
    上限解放は通常3回(★3)まで行うことが出来、(★3)することで加護効果が強化されます。(★1〜★2では加護効果は強化されません)

    また、召喚石によっては、★3を超えてさらに上限解放(★4)出来るものがあります。
    その場合は同じ召喚石ではなく相当数のトレジャーが必要となりますが、★4で加護効果はさらに強化されます。
     例:イフリート/火属性攻撃力40%アップ(★0) → 50%アップ(★3) → 60%アップ(★4)

キャラクター Edit

  • キャラクターの強化
    キャラクターの強化(経験値/EXP取得)は、武器を素材として強化を行う方法と、戦闘に参加させる方法があります。
    サブ枠にいてメイン枠に出てこなくても、バトルを行う編成にいさえすれば経験値を得ることができるため、わざわざ武器を消費してキャラクターを強化するメリットはあまりありません。
    強化する武器がなく、所持品に余裕がないなどの状況でもない限り、普通に戦闘に参加させてレベルを上げる方が良いでしょう。
  • キャラクターの上限解放
    上限解放には解放段階ごとに異なる複数のトレジャー(ドロップアイテム)が必要となります。
    最初の上限解放に必要なトレジャーは容易に手に入るものばかりですが、段階が上がるにつれて入手しづらいトレジャーを要求されるようになります。

    キャラクターの上限解放はアビリティ習得、アビリティの性能強化などメリットが多く、習得するアビリティの中にはあるかないかで戦局を大きく左右するほど強力な物もあります。
    特に殆どの追加アビリティは最低でも1段階上限解放しなければ習得できない為、新しいキャラクターが加入したらまずは1段階でも解放しておくと良いでしょう。

    メインクエスト加入キャラのうち以下のキャラクターは特に有用なアビリティを持っているため、優先的に解放しておくと良いでしょう。
  • カタリナ (SR)
    味方全体の被ダメージを40%軽減する「ライトウォール」取得(Lv35)
    ボスの特殊技に耐えられる可能性がぐっと上がる。
    また、味方全体の状態異常をを1回無効化できる希少なアビリティの「ディスペルマウント」(通称:マウント)を持つので上級者でも編成に入る事がある。
  • イオ (SR)(8章クリアで加入)
    味方全体のHP750回復する「ヒールII」取得Lv35)
    総合的なステータスは低いが、全体回復アビリティを持つ他キャラクターを入手するまでの間、カタリナとともに編成することで長期戦に持ちこむことができる。
  • オイゲン (SR)(10章クリアで加入)
    即座に自身の奥義ゲージを最大にする「イグニッション」取得(Lv35)
    土属性キャラが充実してからもさまざまな組み合わせで使うことができる使い勝手の良いキャラクター。
    ただし上限解放可能になるのは12章クリア後なので、その点は注意。

上限解放素材の主な入手先 Edit

戦闘を有利に進めるために Edit

属性について Edit

このゲームでは敵に対して有利な属性でパーティ編成するのが重要です。
与ダメージも被ダメージも状況次第で倍以上は変わります。またデバフの成功確率も変わります。

敵の属性がクエスト内で常に統一されているわけではないのでいつでも有利属性で挑めるわけではありませんが、ボス戦などは属性を意識したパーティを編成するかどうかで攻略難易度が大きく変わります。
仲間が増え、各属性で統一したパーティが組めるようになった段階でひととおりの属性パーティを編成しておくとゲームをスムーズに進行できます。
なお、クエスト開始時にサポート石を選択しますが、最初に選択されている属性は大抵そのクエスト攻略に対する優位属性になっているため覚えておくと良いでしょう。
属性相性は下記の通りです。

  
 ↗   ↘    
       ↕
 ↖   ↙   
  

各属性は の4すくみ形式です。
は相互関係 (相反する属性に与ダメ増、被ダメ減でプレイヤー側にはデメリットなし)という仕組みです。

主人公の属性 Edit

主人公の属性は装備しているメイン武器の属性で決定されます。

最低限、主人公の属性をボスの有利属性にしましょう。
チェインバーストの属性は最初に奥義を撃った者の属性で決定されるため、メイン武器がNやRだったとしてもこの方がダメージを与えられます。

特にデバッファーであるダークフェンサーは有利属性でなければ真価は発揮されません。
敵と同属性である場合、不利属性よりデバフが通らないので注意しましょう。

パーティメンバーの属性を合わせる Edit

前述の通り、ボスに対して有利な属性で挑むと状態異常アビリティの命中率が大幅に上昇(有利属性以外だと命中率が低下)、与ダメージの上昇被ダメージの減少と戦闘がとても有利になります。
攻撃力を上昇させる「武器スキル」も1属性のみを強化するものがほとんどです。
極端な話、ボスの弱点属性ではないSSRキャラよりも、弱点属性であるRキャラをメインメンバーに起用した方が良い場合もあります。
一部イベントでは弱点属性のない無属性のボスが登場することもありますが、パーティメンバーの能力値は召喚石の加護効果の影響を受けるので、「グランデ編成」と呼ばれる特殊なケースを除いて属性を統一した方が良いです。

パーティを全員ボスの弱点属性で揃えられない場合は、最低限ボスに対する不利属性でないキャラクターを編成しましょう。
(ボスに対して有効なアビリティがある場合はこの限りではない)

召喚石について Edit

召喚石の加護効果について Edit

全ての召喚石は加護効果を持ちます。召喚石がメイン召喚石かサポーター召喚石に設定されている時、何もしなくとも常にパーティに永続する効果です。適切に選択する事でダメージがかなり変わります。

  • サブ召喚石(小さい枠4つのほうで設定する召喚石)の属性は(特に序盤のうちは)基本的には影響しません。
    攻撃力・HPのステータスと召喚効果に優れたものを選択しましょう。
    RやNであっても何も無いよりはずっとマシです。
  • 初心者のうちは、召喚石の加護は「○属性攻撃力◯◯%アップ」か「◯属性キャラ攻撃○○%アップ」という加護が最適です。
    特に特定の装備がなくてもキャラクターの属性を合わせるだけでわかりやすく攻撃力がその分アップします。
    それ以外の加護は癖があり初心者のうちは性能を引き出せない事が多いでしょう。
  • 最初に持っているプロトバハムートは全属性10%アップの加護を持ちます。
    これを基準に、自分のパーティの属性に対して有利な加護を持つ石を手に入れた場合はその石でメイン召喚石を置き換える形が基本になります。
    基本的にR以下の召喚石をメインに組み込む事はないと考えて良いでしょう。
  • 強い召喚石を引いたからと言って無闇にメイン召喚石に設定するべきではありません。
    例えば、闇属性攻撃100%アップの加護を持つバハムートは強力ですが、パーティに闇キャラがいない場合はメイン召喚に設定しても意味がありません。
  • 2015/01/13のアップデートで、サポーター召喚石を属性毎にセットできるようになりました。セットしているサポ石より強い召喚石を入手したらその都度入れ替えると良いでしょう。
    • サポート召喚石のセットは自分のプロフィールから行えます。
    • 基本的には自分の召喚石の装備欄のおまかせ設定で自動的にメインに装備された物を、そのままサポーター枠にもセットしておけば問題はありません。
    • SSR石を持っていなくても、その属性に対してプロトバハムートより良いSR石があるのなら都度更新しましょう。
      低レベル帯では10%の違いは実感し辛いですが、フレンド申請の時に多少心証が良くなる・・・かもしれません。少なくともプロトバハムートのままよりはマシです。
    • ただしSR石はあくまで繋ぎに過ぎないことは理解しておきましょう。
      無課金でも討滅戦やサイドストーリーでSSR石1個はすぐに手に入れられる他、風属性はカジノで強力なSSR石「アナト」が比較的容易に手にいれられる現状では属性40%未満(光闇はキャラ30%)の石を入れてもサポ石に選ばれることはほぼありません。ガチャ等でより強力な石を手に入れたのならばともかく、初心者のうちは上記SSR石の入手をまず目指すと良いでしょう。もちろん入手後はサポ石の更新を忘れずに。

召喚石の召喚効果について Edit

全ての召喚石は召喚した際に何かしらの効果を持ちます。効果内容や再召喚の可否などは召喚石ごとに異なります。

  • サポーター召喚石は戦闘開始時から召喚可能です。ただし一回使った後、再使用可能になるまでは多少のターン経過が必要です(再召喚不可のものを除く)。
  • 自分のメイン召喚石・サブ召喚石は、使用可能になるまでには多少のターン経過が必要です。
    一回使った後、再使用可能になるまでは多少のターン経過が必要です(再召喚不可のものを除く)。
  • 召喚効果についてはサポーター召喚石とメイン召喚石とサブ召喚石の差はなく効果が得られます。
  • 序盤の序盤は、召喚時に「敵全体に○属性ダメージ(特大)」を与える召喚石を選択すると、とても頼りになります。
    序盤のキャラクターが攻撃するダメージより、召喚効果の特大ダメージのほうがずっと大きいくらいです。
    しかし再召喚可能な召喚石でも再召喚のためにはターン経過が必要です。使うタイミングを考えましょう。
    戦力が上がってキャラクターの攻撃力が強くなってくると、召喚時のダメージよりバフ効果・デバフ効果を目的として召喚する場合が増えます。
  • 効果は攻撃とは限りません。攻撃アップやバリアや奥義ダメージ強化など様々なバフ効果・デバフ効果がある場合があります。
    召喚によって得られる効果はそのターン一回限りのものも多いので、一番バフ効果が高いタイミングを考えましょう。
    (例えば奥義ダメージ強化のバフがある召喚効果なら、奥義を実行するターンで召喚しておく)。
  • 主人公のHPがゼロになり主人公が倒れると全ての召喚はできなくなります

アビリティを使おう Edit

キャラクターはそれぞれ固有のアビリティを持っています。
大きなダメージを与えたり、味方の攻撃力を上げたり(強化・バフ)、敵の防御力を下げたり(弱体・デバフ)などの特殊な効果を発揮することができ、上手く使うことで戦闘を有利に進めることができます。

  • アビリティは一度使用するとアビリティ毎に規定のターン数の間使用不能になります。
  • アビリティを使用してもターンは進まないため、基本的に敵の反撃は受けません。
    (リフレクトがかかっている敵にアビリティを使うと反射ダメージを受けるなど、例外はあります)
  • アビリティを使用する順番やタイミングによって、同じアビリティでも与えるダメージに差が出ることがあります。
    (例えば、味方の攻撃力を上げるアビリティを使ってから攻撃するアビリティを使うと攻撃力が高まった状態で攻撃できます。
    必ずしも並んでいる通りに全て同じタイミングで使用するのではなく、アビリティごとの効果や対象を考えて入力する必要があります)
  • 前のアビリティが実行中であっても、次以降のアビリティの先行入力が可能です。
    先行入力の段階でうっかり不要なアビリティを実行予約してしまった場合は、画面左側の先行入力したアビリティのアイコンが並んでいるリスト(アビリティレールという。設定のゲーム設定から使用の有無を設定できる)から該当のアビリティをダブルクリックすると予約を取り消すことができます。

主な弱体効果(デバフ) Edit

※これ以外の弱体効果については「ステータス効果一覧」参照

上記に代表される弱体効果は属性の影響を受けます。有利属性でないとMiss率が上がるため、有利属性で挑むのが重要になります。
効果は180秒続き、切れる前にまた成功させれば効果時間が更新されます。マルチバトルの場合は自分だけでなく参戦者全員が効果を共有します。
なお、敵のHPゲージの右上にあるマークを押すと現在敵にかかっている効果を詳しく確認することができます。

主な強化効果(バフ) Edit

  • 被ダメージ軽減(ダメージカット)
    効果時間中、割合でダメージを削減 (カット) する効果です*1
    ボスの特殊技のタイミングに合わせて使いましょう。
    カタリナ (SR)(ライトウォール)、ナイト(ファランクス)など。
  • 弱体予防
    本ゲームでは俗称としてマウント系などと呼ばれる効果で、効果時間中に受ける弱体効果をすべてMISSにします。
    弱体を受けるまで効果が永続します。バトル開幕時に使っておくと安心です。
    カタリナ (SR)(ディスペルマウント)など。

※これ以外の強化効果については「ステータス効果一覧」参照

なお、敵と同様、キャラクターにかかっている特殊効果マークを押すと現在そのキャラクターにかかっている効果を詳しく確認することができます。
この他にも便利なアビリティや召喚効果が色々あるので使って試してみましょう。詳しくはキャラアビリティ詳細

ミゼラブルミストについて Edit

「ミゼラブルミスト」とはダークフェンサーLv5で習得出来るアビリティです。

  • 敵全体の攻撃力、防御力をそれぞれ25%ダウンさせる、主人公が使えるアビリティの中でも特に強力なアビリティです。
  • このアビリティの効果で、大まかにですが与ダメージが1.33倍、被ダメージが0.75倍になります。
  • 更に、詳しい説明は省きますが他の攻撃力や防御力を下げるアビリティと重複するため更に与ダメージを上げ、被ダメージを抑えることが出来ます。
  • EXアビリティであるため他のジョブでも使用できるのも特徴。
  • ダークフェンサーの習得を最優先にする理由の一つでもあります。
  • 他のジョブを使用する際も、EXアビリティにセットしておきましょう。

防御DOWN効果の重要性を知ろう Edit

攻撃力は、システム仕様関連に書かれている複雑な計算式によって算出されます。
しかし、この攻撃力の数値がそのままダメージになるわけではありません。

グラブルの全ての敵キャラ・味方キャラは、「防御力」というステータス値を持っており、
実際に受けるダメージは「攻撃力÷防御力」となっています。
敵キャラは、多くの敵が「防御力10」となっています。
そのため、実ダメージは攻撃力の1/10となります。
(HLなどの強敵は、防御力がそれ以上に設定されている場合もあります)

防御力10の敵の一例
・NORMAL、HARD、VERY HARDの敵キャラのほとんど
・マグナ星晶獣(ただしティアマト・マグナは「15」)
・トライアルバトルの敵

したがって、この防御力を低下させれば、与えるダメージを増すことができます。
防御力DOWN効果は、最大で合計-50%まで累積します(それ以上の効果を与えても、-50%として計算されます)
つまり、防御力を下限である合計-50%まで低下させれば、与えるダメージは2倍となります。
非常に強烈な効果ですが、その割には達成が比較的容易と言えます。

防御DOWN0%10%20%25%30%35%40%45%50%
ダメージ量1.0倍1.11倍1.25倍1.33倍1.42倍1.53倍1.66倍1.81倍2.0倍

30~40%あたりで妥協する場合と50%まで下げる場合とで、だいぶ大きな格差が出ることに注目してください。
パーティ編成の際には、防御DOWN効果を確実に50%までかけられるように意識すると、戦いが有利になるでしょう。
上で紹介したミゼラブルミストだけで25%下がるので、あとは仲間キャラの能力などで25%下げられれば完璧です。

ただし防御DOWN効果が累積するには、条件があります。
よくある質問/アビリティ関連>攻撃DOWN、防御DOWNなどのデバフやバフって重なるの?」を参照してください。

なお、味方キャラも大抵は「防御力10」が基本値となっています(リヴァイ (SSR)のような例外もあり)。

戦力を上げよう -強くなるためのヒント- Edit

このゲームは経験値でのキャラのレベルアップや主人公のランクアップだけではほとんど強くならないので、戦力を上げる必要がある。
戦力とは、マイページ左上に表示されている主人公のHPと攻撃力の合計値のことで、簡単に言えばこの数値が高いほど強くなる。まずは戦力2万以上が目標となる。
戦力2万を超えたら次は武器スキルを意識した装備編成を目指そう。詳しくはオススメ装備編成も参考にしよう。
戦力を上げるには武器・召喚石を自分で強化することが必要。

  • 高Lvになるほど必要経験値が多くなるため、経験値用の武器が足りない序盤のうちは一つの武器、召喚石を集中的に強化するのではなく万遍なく強化しよう。
  • まずはサブ武器9個とも総パラメータ1000にすることを目指そう。
  • 武器編成は最序盤はお任せ編成で大丈夫だが、R武器は強化された高火力の物でも優先度が低く、編成から外れる場合があるので、使うならば手動編成で(メイン武器は固定すると良い)。
  • パーティの攻撃力を上げたい、武器スキルについて知りたい人はオススメ装備編成よくある質問も参考にしよう。
    • オススメ装備編成のページではゲーム内でほとんど説明されていない武器スキルについても詳しく書かれています。脱初心者を目指すのであれば一度確認してみましょう。

R武器も使おう Edit

※現在はヨダルラーハ (SSR)が実装されたおかげで、いとも簡単にSR武器が手に入るようになっており、R武器を使う機会は少ない。
ヨダルラーハがいるなら、以下は読み飛ばしても構わない。

  • R武器は、カジノの景品(メダル30000枚と交換)であるギガス鋼で上限解放できる。
    最終解放をさせてLVMAXにすると、未解放ガチャSRよりも強い武器になる事もある。
    よってSR武器が揃わないうちは、R武器を鍛え続けるのも有効。
    ギガス鋼はブロンズムーン5個、あるいはシルバームーン2個との交換でも入手できるが、ムーンは大量のAP回復アイテムやJP等とも交換できる。そちらの方がより重要なのでギガス鋼のムーンで交換するのは控える事。
    • なお、R武器には、強いR武器、弱いR武器があるので、本wikiの武器Rページ、またはゲーム内MENU「ルリアノート」の図鑑から性能差を確認しよう。
    • 例えば闇属性アサシンダガー、ジェザイルは最終解放もイベントSRに匹敵する強さ。
    • 風属性の短剣は使用頻度の割に種類が少ないので一応取っておくとよい。
  • 最初はスキルなしのミスリル武器でも戦力にはなるが、最終的には使用しなくなるので強化するのはどうしても戦力が欲しいときだけにした方がよい。

イベントSR武器を集めよう Edit

  • 各種イベントで入手可能なSR武器は、最大解放レベルマックスで総ステータス1450前後と未解放のガチャSSRよりも強くなることが多い。
    最大解放1セットを目指そう。武器が揃っていない序盤ならば、攻刃が付いていなくとも3凸を1本は確保しておいたほうが良い。
    戦貨ガチャによる大量入手で倉庫を圧迫しやすいエンジェル武器の処理先にもなる。
  • ドロップもしやすいので、初心者でも自然回復で大体最大解放を1セット作ることが出来る場合が多い。
    • それでも余ることもあるので、その場合はいらない武器をスキル上げ用の素材にするなり、もう1セット残すなり手持ちの武器と相談しよう。
    • 特に、剣、短剣、銃は使用頻度が高くステータスが高いのでぜひ持っておくべき。
    • 槍はヴァルキュリアのEXスキル「デュアルインパルス」が有用なので持っておくと便利。
    • また、楽器は入手機会が少ないので、イベントで入手できる機会があれば押さえておきたい。
    • 登場は稀だが、種類の少ない闇武器や、総ステータスが1600超(ガチャ産SRに匹敵する性能)の場合は、最大解放を多めに作っておくと後々役立つだろう。

セラフィックウェポン(通称、天司武器)を手に入れよう Edit

手に入れる理由としては低ランクの内でも火力が上がり、尚且つアップグレードする事で上級者になっても使い続ける強い武器のため。
手に入れるには、ショップ→特殊武器強化→セラフィックウェポンの作成・強化ページで好きな属性のセラフィックウェポンを作成する事で、
手に入れる事ができる(作成素材に関しては武器概要/セラフィックウェポンを参考に)。

最終的には全属性分を作る羽目になるので、好きな属性のセラフィックウェポンを作成して構いません。
武器の★2以降は初心者には厳しい強化素材のため、まずは★1まで強化を目標にしましょう。

強いとされている理由としては、◯◯の祝福が別枠でのダメージ上限アップ(SR時は10%、SSR時は20%)なのと、
SSR化で第二スキルが追加され、その第二スキルがシュバリエソード・マグナと同じ神威で強く、またスキル上げも可能なため。
また、上記の第二スキルがゼウス系召喚石(通称、神石)の加護がのる関係で神石編成で効果が更に上昇し、
マグナ編成だけでなく神石編成でも活きる武器のため。

イベントSSR武器入手を目指そう Edit

ステータスはガチャSSRに多少劣ることもあるが、最大解放しやすいのが魅力。
その時解放できなくてもイベントが復刻する場合もある。
初心者でも1つだけの入手は難しくない。Lv40でも総ステータスが1000を超えるので、
レベル上げも楽。SR武器より奥義火力も高いので持っていれば序盤から中盤の戦力の要となる。
なお、古戦場イベントのガチャで出る天星器についても、十天衆を目標にするまでは光武器の要になるのでぜひ集めよう。

各島のマルチバトルのHARD(通称島HARD)に通おう Edit

  • 序盤で攻略した各島のボス(ティアマトコロッサスリヴァイアサンユグドラシル)がドロップする○○方陣・攻刃?というスキルを持つ武器は攻撃力の計算式の関係上とても強力な武器。強くなるためにはこの島HARD討伐は避けては通れない近道。
  • 最終的にはSSRをズラリと並べたいところだが、それははるかに先の話となる。それまでの間はSR中心の編成となるので、初心者〜中級者はSR方陣・攻刃武器の収集を主な方針としよう。SR武器は武器のスキルレベルを上げるのにとても便利なのでSSR武器が何十個も余っているのでもない限り有用に使える。
  • また、武器を集める過程でマグナボスの自発に必要な「○○のマグナアニマ」、キャラの上限解放に使用する「○○のアニマ」、集めればSSR武器と交換できる「武勲の輝き」等のアイテムが集まるのも魅力(詳しくは後述)。経験値もそれなりに良いのでレベル上げにもなる。
  • ヨダルラーハ (SSR)がいるならコロッサスリヴァイアサンセレスト以外の3体は三幕を貯めた奥義の100万ダメージ一撃で倒せる。
  • マルチバトルなので救援を出すという手があるが基本的にはソロ討伐前提。
    • 島HARDの救援は人気が無い。なぜなら、ドロップアイテムがマグナボスと比べると魅力に欠けるため。ソロ討伐を狙えないようなら時間もかかるので討滅VHやランク・レベル上げ等のほかの事に優先してAPを使用したほうがいいだろう。
    • ただし、マグナボスを自発するための素材「○○のマグナアニマ」を集めたい人が救援に入ってくれる場合もあるが、あまり期待しない事。
    • 前述のヨダルラーハ (SSR)がいれば始めたばかりの初心者でもソロ討伐が可能になるので、サプチケで一番にオススメされている。
  • ちなみにアドウェルサセレストがドロップする武器には○○方陣・守護しか存在しないこと、各島の途中でで出てくるマルチバトルボス(グリフォン、ザリチュナルフレイム等)からは武器は入手出来ないことには注意しよう。
  • NORMALでもアニマやSR武器が落ち、「武勲の輝き」も獲得できるので、APに余裕がある時 or AP半額期間ならば通うと効率アップに繋がる。

また、トレジャー集めはNORMALの方を勧めます。
AP10かつ敵が弱いため、戦力が整っていない内はこちらの方が効率が良いです。

討滅戦に挑もう Edit

  • 常設の「討滅戦」には、Menu>クエスト>エクストラ から挑戦できる。
  • イフリート(火属性)コキュートス(水)ウォフマナフ(土)サジタリウス(風)コロゥ(光)ディアボロス(闇)の6種類が、それぞれ3日ごとに入れ替わる。
  • HARD、VERY HARD、EXTREME、MANIACの4つの難易度を選べる。MANIACに挑めるのは1日2回まで。
    • マルチバトルではなくシングルバトルなので、誰の手も借りず自分だけで倒さなければならない。まずはHARDの撃破を目指そう。
    • 4属性EXTREMEに挑む目安は優位属性染めパーティが組めるのであれば戦力30000を越えた辺り。
    • 未クリアであれば撤退時にAPは還付されるので、高難易度にも臆せず挑もう。ただしエリクシールを使ってまで無理やりクリアする必要はない。確実に倒せる難易度を何度も周回しよう。
  • 撃破すると交換用トレジャーが手に入り、Menu>ショップ>交換>イベント>◯◯討滅戦 から望みの報酬と交換できる。
    • 特に召喚石は極めて重要。イベントやガチャで同じ属性の攻撃向き召喚石をすでに得ているなら別だが、そうでないなら1つは最優先で取得しておきたい。
      加護用が必要なくても召喚効果のバフ・デバフや、凸しやすいのでステータス補強などにも使える。
    • 武器は、自分がなりたいジョブ/属性のメイン武器として活用できる物があれば取っておこう。またジョブとは関係なしに「◯◯の攻刃」というスキルのついた物は取る価値がある。それ以外は初心者のうちは無視で良い。
      • 討滅戦のSR攻刃武器は最終的には不要となるだろうが、それまでの繋ぎとして活用できる。
        ただし、2つ目以降の交換は必要な素材が多くなるので他のものを優先したほうがいい。
      • 火と土のSSR武器は攻刃大がつくため3凸まで交換の価値あり。
    • 他にエリクシールハーフ、JP、栄光の証、覇者の証なども手に入る。特にJPは初心者とclass.IVを目指す上級者にはとても重要。
    • まれに召喚石や武器が直接ドロップすることもある。難易度が高いほど確率が高いが、いずれにせよかなりの低確率である。
  • 討滅戦を繰り返しプレイすることで、装備や消耗品を着実に充実させることができる。また自分の強さを実感する良い目安にもなるだろう。
  • 討滅戦のローテーションスケジュールや各討滅戦攻略法については、討滅戦日程・攻略法を参照しよう。

サイドストーリーに挑戦してみよう Edit

サイドストーリーは、過去のシナリオイベントが恒常プレイ可能というコンテンツで、ここではイベント限定キャラのほか、トレジャー交換で武器や召喚石を入手可能。
難易度も抑えられているので初心者にもおすすめ。余裕があれば挑戦してみよう。

  • イベント限定のSRキャラを仲間にできる。各属性ごとのキャラクターの人数が揃っていない場合は頼もしい戦力になるだろう。
  • 武器はマグナ武器(方陣武器)とは別の系統のスキルを持っている。
    最初の間はマグナ武器集めがメインとなるが、マグナ武器やセフィラ武器が集まるまでの繋ぎやメイン武器として使うのに向いた武器になっている。
    どうしてもマグナ武器が落ちないという場合は手に入れて使うのも良いだろう。
  • 一部の召喚石は属性攻撃力50%UPと破格で、能力的に討滅戦の召喚石(★3)と同等の加護効果を持っている。
    召喚石目当てで討滅戦を回るのが面倒だという方はこちらで手に入れるのでも良い。

武勲の輝き交換を利用しよう Edit

  • 前述の恒常マルチバトルや「○○・マグナ」系のマルチボス等の恒常マルチバトルに勝利することで、そのバトルで得た貢献度に応じて「武勲の輝き」というものを獲得できる。
    • RキャラやSRキャラがフロントメンバーで生存している状態で勝利すると人数に応じてボーナスで輝きが手に入るのでRやSRのキャラにも活用機会がある。
  • 武勲の輝きを集めるとマルチバトルで手に入るトレジャーやSR・SSR武器と交換することができる。
  • 武勲の輝きの交換はショップの「武勲・栄誉の輝き」と書いてあるバナーから行える。
  • SSR武器以外の交換についてはよくある質問も確認してみましょう。
  • 好きな属性のSSR方陣・攻刃武器を交換入手しよう。以下のオススメにある7種類の武器は種類・属性は違えど、どれも同じくらい強力な武器。(マグナ編成であればティアマトボルト・マグナは他の武器に比べると一つ上の性能)
  • どうしても迷って決められない場合は4属性に比べて極端にドロップ率が低く、SRの攻刃武器が無い光か闇、
    特に古戦場武器も無く入手経路の限られたの武器を交換しておくと後から武器集めが楽になる(光闇のドロップ率は4属性に比べると半分くらいの確率と言われている)。
    • もちろん今育てている属性やお気に入りの属性、現在確定流しを目指しているマグナボスの有利属性が最優先。あくまでもどれを交換しようか迷ったときのオススメが光か闇。
  • 4属性のSSR武器を交換するときはまずキャラクターが揃っている属性の武器を集中して交換し、マグナボスの確定流しが出来るようになり次第次の属性を交換していくようにするとSSR武器・召喚石の入手手段が増えて効率が良い。
  • マグナ編成の理想編成例を見ながら悩むのもいいかもしれません。
  • その他のマグナ武器はコチラを参照。
     
  • オススメの武器(攻刃武器)は以下の7種類。
    • コロッサスケーン・マグナ(杖)
    • レヴィアンゲイズ・マグナ(短剣)
    • 世界樹の晶剣・マグナ(剣)
      • (世界樹の雫刃・マグナ(短剣)とイラストが似ているため間違えないよう注意)
    • ティアマトボルト・マグナ(銃)
    • シュヴァリエボルト・マグナ(銃)
    • セレストクロー・マグナ(格闘)
      • ティアマトボルト・マグナと同じく攻刃(中)と背水(小)を持つ武器。
        編成次第だが一例として、自石とサポ石の一方が☆3セレマグ(100%)・一方が☆3バハムート(120%)の場合、残HPが約80%以下になるとザグナルよりも強くなる(武器Lv100、武器スキルレベル10同士の比較)。
      • マグナ編成背水の仕様を理解したうえで計算機を使える人向け。ザグナルよりもドロップ率が低い(約半分と言われている)。
      • マグナ編成(編成例)や、背水状態を積極的に狙う編成を目指すのであれば、クローがオススメ。
    • セレストザグナル・マグナ(斧)
      • 最終的なマグナ編成はクロー(格闘)染めが理想とも言われているが、ステータス値ではザグナルの方が高性能であるため、クローとどちらが上かは手持ちと最終的に目指す編成次第で変わる。
      • バハムート×バハムート編成グランデ編成オーディン編成などの方陣スキルに倍率がかからない編成を目指すのであればザグナルがオススメ。
      • クローが強い理由はスキルが優秀だから。
        なのでスキルレベルを最大まで鍛えられないのなら、ステータス値で勝るザグナルの方が強い状況が多い。
        「武勲交換するなら絶対にクロー」と言う人もいれば、
        「ザグナルの方がいい場合もある」「どっちでも誤差程度」「両方を併用するのがいい」と言う人もいる。
        各自、自分で判断するか、相談板の過去ログを参考にして欲しい。
+ ザグナルとクローのスキル比較
  • ティアマトガントレ・マグナ(風・格闘)、シュヴァリエハープ・マグナ(光・楽器)、セレストホーン・マグナ(闇・槍)は攻刃武器ではあるが、それぞれ攻撃力が上記の同属性の武器と比べると劣るので、メイン武器として欲しいなど特に理由がないのであれば優先度は低い。
  • 世界樹の雫枝・マグナ(土・杖)は、方陣・攻刃(中)と方陣・守護(小)のスキルを持ち、攻撃力とHPの両方を高めてくれる(攻撃力だけ見れば晶剣に劣る)。
    最終上限解放(4凸)できる人向け。初心者が武勲交換するなら晶剣を優先で。
  • なお初心者はシュヴァリエソード・マグナ(光・剣)はオススメしない。
    シュヴァリエソード・マグナは他の武器と違い、交換の在庫が7個のみとなっており、翌月になっても在庫が一切追加されない。
    また、最終上限解放(☆4)して武器のレベルを120にしてからが強い武器なので、初心者が交換で入手しても強さに直結しにくい。
    (シュヴァリエソード・マグナはlv120になるまで第二スキルが解放されない)。
    最終上限解放が解禁可能になるRank101が近づいてから4本セットで交換をしよう。
  • SR方陣・攻刃武器も交換入手できる。島HARD星晶獣やマグナ星晶獣からのエネミードロップで集めるのが一般的だがどうしても足りず、即戦力が必要な場合は交換で補っても良い。SR武器を交換した分だけSSR武器編成の完成が遅れてしまう点には注意。
    • ヨダルラーハ (SSR)がいるのであればSR武器の交換は後から後悔することになる。SR武器はAT時に攻撃ボタンを押すだけで簡単に集めることが可能。
    • ヨダルラーハ (SSR)がいないのであればSR武器を交換して少しでも強くなった方がいい。島HARDボスを倒す速度が上がり輝き集めのペースが向上する。少しでも多くSR武器を獲得してコツコツと一歩前進しよう。
    • いずれにせよSR方陣・攻刃武器の入手はエネミードロップを狙うのが基本だが、武勲の輝き交換(1種類につき月2個まで)や玉鋼を用いての上限解放(カジノで月5個まで)を補助的に併用すると、より効率的に☆3を完成させられるだろう。

効率のいいスキル上げを Edit

上記のクエストで攻刃武器や方陣・攻刃武器の収集を行ったのち、強化や上限解放をする他にスキルレベルを上昇させる必要がある。
スキルレベルは闇雲にスキル付き武器を餌にしても確率は低くなり、なかなか上昇しない。
スキル強化のページを参考にデビルエレメントやプチデビルエレメントなども活用し、効率よくスキルレベルを上げていこう。
SSR武器は基本的にスキルレベル6,7まではSR武器でスキルレベルをあげ、それ以降はSSR武器を素材にしてスキルレベルを上げていくことになる。

共闘クエストをプレイしよう Edit

共闘クエスト」は最大4人のプレイヤーで協力して強敵と戦うマルチコンテンツです。
現在、共闘クエストはコメントに特に何か書いていないかぎり、部屋のオーナーがクエストを選ぶことが不文律となっています。
ただしゲーム内募集は非常に人気が高く、すぐに部屋が埋まってしまいます。一度ダメでもすぐに諦めず、何度も挑戦しましょう。

なるべく早いうちから進めよう Edit

「共闘クエスト」はプレイヤーRank10から開放されます。
現在、共闘の難易度は「Normal」・「Hard」・「Extra」まで存在し、更に幾つかのステージに分かれています。
これらのステージを出来る範囲で進めることは後々重要になるので、まずは強いプレイヤーに助けられながらもステージをどんどん解放することを目標に挑んで下さい。
「募集」をかけることで自分以外の参加希望プレイヤーを探すことが出来ます。他にも本Wikiの「共闘募集板」も活用しましょう。
ある程度強くなったら、今度はEXジョブを獲得するためにExtraステージを攻略していくかたちになります。
よって、まずは自身の戦力を強化しつつ自分のペースで「Normal」と「Hard」を制覇していきましょう。

共闘クエストで経験値・トレジャー・ルピ集め Edit

同じ共闘ルームにいて戦いに挑んだプレイヤー全員がアイテムや経験値・ルピなども貰えますが、APを消費するのはクエストを選んだ人だけです。
したがって他人が立てた共闘ルームに参加すると、消費APなしで経験値・アイテム・ルピが獲得できます。
共闘クエストで獲得したトレジャーはショップで売ってルピに換金したり、一部素材アイテムはエリクシールハーフの材料としてエリクシールハーフと交換することが出来ます。
またデイリーミッションをクリアすればミッションポイントで上限解放素材やガチャチケットも取得することができます。

強化素材の入手 Edit

戦貨ガチャ Edit

シナリオイベントや「決戦!星の古戦場」イベントでは、「戦貨」というアイテムを集めて「戦貨ガチャ」という無料ガチャを回すことができる。
SSR召喚石のほか、様々なアイテムや素材を入手できる。
強化素材を集めるには一番効率が良い。

マグナボス Edit

「○○・マグナ」系のマルチボスは、高確率でアークエンジェル系の強化素材がドロップする。
いわゆるハズレなのだが、初心者にはハズレでもありがたい。
※ただし、「シュヴァリエ・マグナ」の場合はうかつに行動すると他の参戦者に迷惑をかける場合があるので、専用の編成ができない場合は見送ったほうがいい。参戦するのは最低限でもディスペルを覚えてからにしないと手詰まりになる恐れがある。

運が良ければ対応した各種SR・SSR武器やSSR召喚石も手に入れる事が出来る為、将来に繋がる戦力強化が期待できる。BPが余っているならマグナを叩くのが基本。
マグナ系召喚石の加護はやりこみ要素であり、運用が難しいことに注意。
初心者でも上に挙げているシュヴァリエ・マグナ以外なら邪魔になることはまず無い。

非常に強力なボスではあるが、需要が非常に高いため人が集まりやすく、すぐに討伐成功するので戦えるようになったらどんどん発生させ、また参加していこう。
自発に必要になるマグナアニマは上記の島HARDや下記のカジノで集めることができる。
初心者にとってはこのマグナ系ボスの確定(体力を一人で半分以上削りMVPを確定する。MVPのプレイヤーは特別な報酬の通称赤箱が手に入る)が一つの目安となっている。

ポート・ブリーズ1章のフリークエスト「崩落した橋」 Edit

イベントのない間や、上限解放素材が足りている時など、APの使い道がない時に周回しよう。

  • 出現するモンスターが非常に弱く周回が早い。攻撃ボタンを押すだけのかんたんなお仕事。
  • 強化素材となるノーマル武器や、エリクシールハーフの交換素材である「風切四つ葉」を手に入れやすい。
  • 稀に出現するレアモンスターがスキル付きR武器である「マインゴーシュ」も落とすことがある
  • 消費APが5(最小)

ドロップ品の風切四つ葉10個でエリクシールハーフ1個(AP50回復)と交換できるので、1週あたり1個出ればAP無料で周回できる。
ただしショップでの交換個数は月に20個まで。
「崩落した橋」でレアモンスターに手こずる人は同じAP5の「生まれ故郷」を回ると良い。
敵も最大でレベル8、かつレアモンスターも出ない。
育成が進み「崩落した橋」では物足りなくなってきた人には「散らばった積荷」(AP15)も同様に風切四つ葉を拾うことができて効率が良い。
これについてはRank15以上から開始可能であることとRキャラのみ参加可能であることに注意。開始条件を満たした直後では苦戦を強いられる恐れもある。

エンジェルヘイロー Edit

時限クエストで、強化素材や上限解放素材を入手できます。毎日どの時間に開催されるかは公式Twitterで発表されます(自分のグループは「プロフィール」から確認可能)。
2016/11/24のアップデートで恒常化されました。その後2016/12/8のアップデートで消費APが引き下げられました。
エンジェルヘイローVERY HARDでは強化素材に加えて、その後必要となる素材も入手できます。VERY HARDを倒せない人以外はHARDよりもVERY HARDを周回するとよいでしょう。

その他 Edit

イベントに参加しよう Edit

  • SRキャラSSR召喚石やSR以上の武器、強化素材、JPといった報酬が入手できます。初心者でも積極的に参加しましょう。
    マルチバトルの救援に入り、一度でも攻撃をし、討伐に成功すれば、経験値、イベント貢献度、イベント専用ガチャが引ける戦貨が貰えます。
  • MVP以外では戦果があまりもらえなかったり、低難易度では貢献度が稼ぎにくかったりと初心者のうちは効率があまりよくないので、
    無理してSSRを狙いに行かずにデイリーミッション等最低限のことをこなすだけに留めて、次のイベントに備えソウルシード・エリクシールを節約することも大事です。
    • ヨダルラーハ (SSR)がいれば始めたばかりの初心者でも貢献度を稼ぎやすいので、積極的に参加すると良いでしょう。

カジノでアイテムを揃えよう Edit

  • グラブルのカジノはアイテム供給源として極めて重要性が高く、まず避けては通れません。
    ですが現在は1000BETポーカーがあるので、以前よりもずっと短い時間で景品アイテムが得られるようになりました。
  • カジノはメインクエスト8章クリアで開放されます。
  • 景品でAP・BP回復アイテムやマグナアニマ等が交換できます。
    • 景品交換で何を取るべきかはこちらを参照。
    • 最低限、毎日の回復アイテム分のみはやっておくとよいでしょう。
    • 安定してメダルを稼ぐ方法はこちらを参照。
      ポーカー、スロット、ビンゴがありますが、ポーカーが圧倒的に勝率がよいので、それ以外の2つをやる必要は全くありません。
  • まずはHallでメダルを拾い、1betで2CARDSのポーカー。同じ数字が出たらHOLD。ダブルアップは右側の数字が次に賭けの対象(左側)にくる数字です。
    所持メダルが500~1000枚位になったら10betポーカーに進みます。
    同様に5000~1万枚位になったら100betポーカーに進み、5万枚を越えたくらいで1000BETポーカーに移行します。
    以後はずっと1000BETポーカーの2CARDSばかりを続けていれば大丈夫です(ポーカーではめったに無いことですが、負けが続いて種銭が大きく減ったら一段階前に戻ります)
  • 1000BETポーカーの元手となるメダルは、ログインボーナスで10万枚もらうのが手っ取り早いかもしれません。
    その他、ルピでメダルを買う方法やイベント報酬でメダルをもらう可能性もありますが、ログボをもらうのが一番楽です。
  • ポーカーの1CARDは、まだあまり研究が進んでいないのですが、どうやら完全な運任せのようです。
    HI/LO/降りを自分で判断できる2CARDSよりも圧倒的に不利なので手を付けなくても良いです。

パネルミッションを攻略しよう Edit

1stから4thまであります。
チュートリアルを兼ねており、全てクリアするとSSRキャラ武器確定ガチャチケットが貰えます。
パネルミッションの詳細と攻略法は「攻略まとめ/パネルミッション攻略」を参照。

騎空団に加入しよう Edit

「騎空団」に加入すると様々な恩恵を受けられます。
詳しくは「騎空団について」のページもご覧下さい。

  • アサルトタイム
    1日2時間の決められた時間だけ、マルチバトルをパーティーメンバーの奥義ゲージが全員最大の状態で始めることができます。また、獲得経験値、獲得ルピが1.2倍になります。
  • 騎空艇サポートの存在
    戦闘時にキュアポーションが貰えるポーションメーカーなど、便利なサポートがあります。詳しくはこちら → 騎空艇パーツ一覧
    また、アクティブな騎空団ならマルチバトルの救援も盛んなため討伐ミスが減ると思われます。
    本Wikiの騎空団員募集板やモバゲーの公式サークル(ゲームのトップページ下部にリンクあり)に募集トピックがあるので、自分と合うところを探してみましょう。
  • どうしてもソロでやりたい場合は自分で立ち上げても良いですが、アサルトタイムの恩恵は受けられるものの、騎空団サポートはほぼ受けられず厳しいものとなります。初心者ならば他の騎空団に所属する事をお勧めします。

フレンド・フレンド申請を利用しましょう Edit

  • グラブルの「フレンド」は単に交流目的で申請する他に、ゲームをプレイする上で協力関係を結ぶために申請をするというニュアンスが強いです。
  • 本Wikiのフレンド募集板を利用して探すことも一つの手です。相手の条件をしっかり読んで自分と気が合う人や希望の召喚石を持った人にフレンド申請を行いましょう。
    • ただしこの板は色々なプレイ層が活用しているため、募集の際には申請相手に迷惑をかけないように「新規で始めた」旨を必ず記載しておきましょう。

サポーターの召喚石を頼ろう Edit

サポーター召喚石とは戦闘に参加する際に出てくるサポーター召喚石一覧にある召喚石群のことである。
その一覧に出て来る召喚石は自分のフレンドもしくはランダムなプレイヤーから選出され、
プロフィール欄のサポーター専用召喚石に設定している石が一覧に出てくる。
サポーター召喚石の加護効果は属性が一致していれば乗るので、一部の召喚効果が強い召喚石を除きできるだけ属性を一致させた方がいい。

目当ての召喚石がサポーター召喚石一覧に出ない場合は、マイページ中央のCampaignボタン→Traial Battleを選択
→適当なサポーター召喚石を選んでトライアルバトルを開始→右上のMenuから撤退するを選んで撤退→これを目当ての召喚石が出るまで撤退を繰り返せばよい。
サポーター召喚石一覧に目当ての召喚石が出たらブラウザバックして、使いたいクエストでそのサポーター召喚石を選択すればOK。

どんな召喚石を選べばいいのかは、おすすめ召喚石のページを参照。
(サポーター設定するにはどれがフレンドに喜ばれる? という観点から書かれたページですが、自分が戦闘時に選ぶべき召喚石も同じです)

回復アイテムは惜しまず使おう Edit

スタミナ(AP・BP)回復アイテムについて Edit

グランブルーファンタジーは、クエストやバトルを進める際に消費するAP、BPを回復するアイテムは課金しなくても入手しやすいゲームバランスになっています。

例えば、カジノ景品としてエリクシールハーフを毎月最大100個、ソウルシードを200個もらえます。
中級者以上になると、イベントを1回それなりにプレイするだけで、報酬としてたくさんのスタミナ回復アイテムを獲得できます。
また、無償配布されるガチャチケや宝晶石で、無課金でもレジェンドガチャを回すことができますが、
その副産物として手に入るシルバー/ブロンズムーンと交換することで、簡単には使い切れないほど大量のスタミナ回復アイテムがもらえます。

なので、初心者のうちはスタミナ回復アイテムを惜しんで溜め込む必要はありません。
(初心者が溜め込めるスタミナ回復アイテムの数など、たかが知れています)
むしろ惜しまず使って積極的に装備などを集め、どんどん強くなって、イベント等で多くの報酬を得られるように努める方が効率的と言えます。

ただし、エリクシールには「バトルで負けた際の復活アイテム」という役割もあります。
エリクシールの使用の可否や使用回数はクエストごとに異なりますが、
極端な話エリクシールを何本か飲めばゴリ押しでクリアできるクエストもあります。
スタミナ回復アイテムとして使うなら、エリクシールではなくエリクシールハーフのほうを優先しましょう。
エリクシールハーフは復活には使わないので、スタミナ回復として使い切ってしまって安心です。
エリクシールもゲーム内でも様々な報酬で入手できますが、エリクシールハーフに比べて入手手段は限られています。
エリクシールはスタミナ回復というより復活用アイテムだと割り切ってここぞというボスに使うようにするとよいでしょう。

スタミナ回復アイテムの入手法は「攻略まとめ/エリクシールハーフ・ソウルシードの集め方」も参照。

クエストバトル中の回復アイテムについて Edit

グランブルーファンタジーでは、クエスト攻略時に確率ドロップする回復アイテム「ポーション」や「オールポーション」はそのクエストのバトルが終了すると自動的にルピに換金されて次のクエストに持ち越すことが出来ません。
同クエスト内で連戦でも行われない場合は、積極的に使って生き残りましょう。
ただし、回復アイテム兼AP回復アイテム扱いの「エリクシール」だけは例外です。ご利用は計画的に。
エリクシールは一部を除くどのクエストでも使える上に上記のエリクシールハーフ同様にAP回復アイテムとして活用出来るため、クエストやマルチバトルでの無駄遣いは控えましょう。
俗語集:汁グランも合わせて参照。

コメントフォーム Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • [小ネタ]ページに「光と闇のSSRマグナ武器(一部除く)のドロ率が他属性と同じくらいに修正された」とあるけど、このページや[オススメ装備編成/初級・中級編成例]にあるドロ率が低いという記述は修正していいということなのかな。初心者向けの話なので少し気になります -- {4tASujLy6Dk} 2018-03-29 (木) 13:24:26
  • 公式告知では他属性と同じくらいの泥率云々とは言ってなかった覚えがあるので、多分その方がたまたま運が良くて他属性と同じくらい〜と記載されたのではないかなと…。確か上方修正されてから検証された方もいない筈なので他属性並と書くのは避けた方がいいかなと思います。
    あくまで泥率が上方修正されましたという文だけ追記でいいと思います。 -- {YY4oKhDiQg6} 2018-04-03 (火) 14:56:22
  • ↑当時どのような話があったのかが分かり助かりました。遅くなりましたがコメントありがとうございました。 -- {4tASujLy6Dk} 2018-04-06 (金) 22:39:27
  • 初心者だけど無料ガチャとマグナ武器配布のおかげでここに書いてあること半分くらいすっ飛ばした感。
    ある程度進めてすっ飛ばしてしまったところとまだやらなければいけないことの区別が、ちょっとずつだけどやっとつくようになってきた。
    階段をジャンプで登ろうとするのは危険だね。 -- {5JWcrhRl6hw} 2018-04-16 (月) 03:06:53
  • 初回クリア報酬マグナのおかげで3分の1くらいはすっ飛ばせるな
    少なくともヨダルラーハ無しでも大差なさそう。
    セラフィックウェポンは序盤から作れるし、ここで扱ってもいいのでは? -- {U1z/lRCEaYY} 2018-05-13 (日) 08:29:40
  • ↑追加しときました。一応テーブルの方にだけセラフィックウェポンの記載あった状態でしたので、丁度良かったです -- {7RWWvYf5sfI} 2018-05-23 (水) 12:30:21
  • 各マグナを確定流しするには計算機でこれくらい攻撃力があれば出来るみたいな一覧無いかな?
    目安もなしにSRに餌突っ込むの辛い -- {9LzbrNksttM} 2018-06-01 (金) 02:32:06
  • ↑1所持キャラでまた左右される(特にコロッサス・リヴァ)んだからそれは自分で確かめないと…
    それで記載の戦力で確定出来なかったら不満コメされるの目に見えてるのと、編集人サイドもある程度はランク高い人多いと思うし、それゆえジョブのマスターボーナスやLBで初心者とはステの差もあるから同条件下で検証は難しいと思う -- {RIArCxWsW8Y} 2018-06-06 (水) 14:20:24
  • ↑2他の人が言ってる通り、所持キャラで左右されるから安定した無属性ダメ出せるヨダ爺が推されてる訳で、ヨダ爺ない前提なら手持ちのキャラで確定ライン行けるか試しながら武器鍛えてくしかないよ
    自分はヨダ爺無しでマグナ装備集めきった(光以外)けど、確定流しに拘らずに自発の赤箱や金箱で地道に集めてったよ -- {.6OgsYbH6Vk} 2018-06-06 (水) 16:53:40
  • ガチャで出たSSR中心に組んで、マグナSR編成組まないって手もある
    使い勝手のいいアビ持ったキャラで属性合わせたパーティー組めないと厳しいけど -- {EbcBBh2R43c} 2018-06-11 (月) 22:16:54
お名前:

TOPに戻る


*1 無属性ダメージなど一部は素通しになります。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-29 (土) 23:59:50