このエントリーをはてなブックマークに追加

「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン (SSR)

季節ボイス集 > バレンタイン ( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン
 

 


 

このページについて Edit

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧(贈り物を貰えるキャラ) Edit

あ行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
アニラ#1「そうじゃ……
 ちょっと菓子を作りすぎてのぉ……」
「お口に合うかわからんが……
 そなたも召し上がってくれんかの?」
「くふふふ……
 なぁに、バレンタインの
 さぷらいずじゃ!」
「見よ、そなたのために特別にこしらえた
 チョコ羊羹じゃ! チョコと羊羹の
 見事なはあもにぃが絶品なんじゃ!」
「さぁさぁ……早く召し上がるがよい!
 ほれ……あーんじゃ、あーん……」
ミックスチョコケーキ「そうじゃ……
 ちょっと菓子を作りすぎてのぉ……
 お口に合うかわからんが……
 そなたも召し上がってくれんかの?
 くふふふ……
 なぁに、バレンタインの
 さぷらいずじゃ!」

「見よ、そなたのために特別にこしらえた
 チョコ羊羹じゃ! チョコと羊羹の
 見事なはあもにぃが絶品なんじゃ!
 さぁさぁ……早く召し上がるがよい!
 ほれ……あーんじゃ、あーん……」
#2「くふふふ……
 今年もまたこの季節がやってきたのう。
 そう、バレンタインデーじゃ!」
「去年のチョコ羊羹に続き、
 今年も新たなチョコレシピを
 開発したぞ!」
「さぁさぁ……
 そなたの為に用意した
 チョコ尽くしの席じゃ!」
「チョコ大福にチョコ最中!
 ふふふ……遠慮なく、
 好きな物を選ぶと良い!」
「まずは一番右のこれからだな!
 では早速召し上がれ!
 ほれ、あーんじゃ! あーん!」
「ん? どうじゃどうじゃ?
 味の感想を聞かせてくれ?
 これぇ、顔を背けるでない!」
ミルクチョコケーキ
#3「今日はバレンタインじゃな。
 そなたには珍しい物を用意してきたぞ。」
「じゃじゃん! チョコ玉羊羹じゃ。
 羊羹を包むコーティングがカラフルで
 毬のように綺麗じゃろう?」
「これには粋な食べ方があるんじゃ。
 コーティングを尖った串で
 ぷちっとするとな……」
「おっとっと、羊羹が落ちそうじゃ!
 そなた、口を開けるんじゃ、あーん!」
「くふふふふ〜〜〜。美味いか?
 では、もうひとつ。
 ぷちっ。」
「ほれほれ〜〜、急がないと
 羊羹が落ちてしまうぞ〜
 あーんじゃ、あーん!」
「くふふふふ〜〜!
 ぷちっとあーん、癖になるのう〜」
「って、ついぷちっとしすぎて
 全部なくなってしまったのう……」
「そんなこともあろうかと、
 手作りチョコもたんまり持ってきたぞ。
 さぁ、好きな物を選ぶんじゃ!」
アリーザ(SSRver)#1(SR版と同一)(SR版と同一)
#2
アルルメイヤ#1「ハッピーバレンタイン、(団長)。
 手作りでなくて悪いけれど、
 チョコレートを受け取ってくれないか?」
「そういえば、ある言い伝えによると
 チョコレートは恋の妙薬……
 惚れ薬なんだそうだよ。」
「ん? 私のはどうなのか、って?」
「ふふっ……どうなのだろうね?
 君は、それでは困るかな?
 それとも……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ハッピーバレンタイン、団長。
 手作りでなくて悪いけれど、
 チョコレートを受け取ってくれないか?」
#2「どうしたんだい、(団長)?
 ……まさか今日に合わせて、
 恋占いでもしてほしいとでも?」
「それを私に求めるのは、
 随分無粋な気がするけれど……
 どうかな?」
「どういう意味かって?
 そうだね……」
「……これでも食べながら、
 考えてみると良い。」
「そのチョコレートを
 甘く感じるか苦く感じるか、
 それはキミ次第といったところかな。」
ミルクチョコケーキ
#3「ふふ、今日はいつにも増して
 人気者だな、(団長)。」
 「ん? ここに来れば会えると思った……
 私にかい? まるで占い師のようだね、
 (団長)。」
 「君にかかれば私の行動など
 予想するに容易い……
 ということかな。」
 「理解されているというのは、
 悪い気分ではないよ。
 勿論、君だからだけれど。」
 「さて、もうひとつ君の予想通りに……
 さぁ、私からのチョコレートだ。
 受け取ってくれるね?」
アルルメイヤ
(クリスマスver)
#1(初登場verと同一)ミルクチョコケーキ(初登場verと同一)
#2
#3(初登場verと同一)
アン#1「今日は(団長)さんに
 チョコを作ってきたよ!」
「……え? 意外だって?」
「ふふーん! 私だって
 チョコぐらい作れるんだからね!」
「じゃーん!
 ほら見てっ! ここに……」
「あ、あれ?」
「てへへ……
 寮の部屋に忘れて
 来ちゃったみたい……」
「本当に申し訳ないんだけど!
 今から(団長)さんも一緒に
 取りに来てもらってもいいかな?」
「えっ? ってそんなに嫌そうにしないで〜」
「一口食べたら美味しくて
 ヤミツキになっちゃうんだから!」
アンスリア#1「ハ、ハッピーバレンタイン。」
「あ、あのね、
 貴方のためにチョコレートを作ったの……
 う、受け取ってくれるかしら?」
「あ、ありがとう。
 なら、その……食べさせてあげるから、
 あ、あーん……して?」
「ううっ……
 やっぱり、これ……恥ずかしいっ!」
ミルクチョコケーキ
#2アンスリア
 「うーん、手作りは去年したし、
  今年は渡し方に工夫を……
  でも、本当にこんな渡し方……するの?」
 「この渡し方をすれば、
  夢中になるって
  本には書いてあったけど……」
 「ううっ、そ、そうね。
  (団長)を
  夢中にさせるためだもの!」
 「あのね、(団長)。
  バレンタインのプレゼントを
  用意したの。受け取ってくれる?」
 「ふふっ、チョコじゃないわよ。
  プレゼントは……わ・た・し♪」
 「好きなように私を食べて……
  (団長)……」
 「…………」
(主人公)
 「…………」
アンスリア
 「……っ!!
  う、うそうそ! 冗談!」
 「あ、あの、後で
  チョコレートを渡すから
  今のは忘れてっ!」
アンチラ#1「ふへへ〜見て見て、
 キミにチョコを作ってみたんだよ?」
「おじいちゃんと一緒に作ったから、
 見た目はあんまりかもだけど……」
「気持ちはたっぷりこめてあるから、
 その……ちゃんと味わって食べてね?」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ふへへ〜見て見て、
 キミにチョコを作ってみたんだよ?」
#2「さぁさぁ!
 アンチラクイズの時間です!」
「ひひひ〜
 今日は何の日でしょうか?」
「はい!
 正解したら、良い物あげます!
 さぁ、答えを聞かせておくれ!」
「ふふふ! そうですそうです!
 今日はバンレンタインの日ー!
 大好きな人にチョコを渡す日だよ!」
「ということで……
 (キミ)には取っておきのを
 プレゼントします!」
「みてみて!
 かわいいでしょ〜?」
「今年も(キミ)の事を
 想いながら心を込めて作ったよ!
 だから味わって食べてね?」
ミルクチョコケーキ
#3「おはよう! 朝だよ〜!
 ほらほら起きて〜!」
「うふふ、今日は大事な日だから
 早起きしちゃった!
 偉い? 偉いでしょ?」
「大事な日って何の日、って?
 やだな、キミ、寝ぼけてるの?」
「今日はバレンタインだよ!
 だからね、一番に渡しにきたんだ。
 ほらほら! 早く受け取って!」
「今年も愛情をたっぷり込めて
 作ったんだよ。
 だから味わって食べてね!」
「うふふっ……
 だ〜いすき!!!」
アンリエット#1「あ、(団長)さん、
 チョコを作ったんだけど、
 良かったらもらってくれる?」
「セレナーデを奏でるように、
 チョコを練り込んでおいたわ。
 あ、セレナーデっていうのはね……」
「ふふ、内緒。
 興味があったら調べてみて?」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「あ、団長さん、
 チョコを作ったんだけど、
 良かったらもらってくれる?」
#2「ねえ、(団長)さん。
 今年もチョコを作ってみたの。
 上手に出来てるといいんだけど。」
「味見?
 ええ、もちろんしたわ。
 でも……」
「なかなか上出来だったから、
 最初のはうっかり全部……ね。
 で、これは、ふたつ目なのよ。」
「材料がぎりぎりだったから、
 こっちは味見できなかったわ。
 でも、きっと大丈夫よね?」
ミルクチョコケーキ
#3「(団長)さん、お待たせ♪
 今年作ったチョコはこれ!
 ねえ、私の演奏を聴きながら食べて?」
「チョコレートの甘さと繊細なメロディが
 恋の気分を高ぶらせてくれるの。
 素敵でしょ?」
「(団長)さんは
 どんな子と恋に落ちるのかな?
 いつか素敵な恋の歌、聞かせてね?」
アーミラ(SSRver)#1(SR版と同一)(SR版と同一)「君、これあげる。
 教会の女に渡された。」

「私は食べないで、大事な人達に配れ
 と言っていた。だから君が食べろ。
 でもお母さんの分は駄目。」
#2
#3「(団長)、チョコレート!
 今年も貰ってきた!」
「こっちが君のぶん。
 それから、こっちは私のぶん。」
「協会の女は、一緒に食べるなら
 と言って私にもくれた。
 だから君は私と一緒に食べろ。」
「ふふ、これでチョコレートたくさん!
 一緒にバレンタイン、楽しい!」
ラズベリーチョコケーキ
イオ
(水着ver)
#1「チョ、チョコ?
 ななな、なに期待してんのよ!?
 バッカじゃないの!?」
「あ、あるわよ? チョコレート……
 で、でも義理だからね!?」
(SR版と同一)(SR版と同一)
#2(SR版と同一)
#3(SR版と同一)
イオ
(リミテッド)
#1(水着verと同一)(SR版と同一)
#2(SR版と同一)
#3
イシュミール#1「チョコレート……好き?」
「そう……よかった。
 それじゃあはい、これ食べて。」
「あ……ここで食べて欲しい……
 私のチョコレートを、
 貴方が食べる姿をみたいの……」
「いいの? ふふ、ほんとに優しい……
 いつも私のお願い聞いてくれる。
 ……好きよ、(団長)。」
「はい、じゃああーん。」
「…………
 ふふ……おいしい?」
「あら……
 そんなに見つめていたかしら?
 ……でも、やめない。」
「ビィにもさっきあげたの。
 そしたら……ふふ……
 貴方たち、同じこと言ってる……」
「ほんと仲良しね……」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピー、バレンタイン」

「チョコレートを溶かして……
 冷やし固めて……って、あら?
 ……氷漬けになったわ。
 意気込みすぎた……?
 ……ふぅ、しみチョコ、
 ということにしよう。」
#2「(団長)、
 今年も貴方に、
 チョコレートを作ったの。」
「ここで、食べて?」
「私のチョコレートを食べる
 貴方の姿を見ると……
 とても心が満たされるの……」
「いいの?
 ふふ……嬉しいわ。」
「それじゃあ、はい、あーん……」
「ふふ……可愛い……」
「美味しい?
 気に入ったのなら……
 もう一つあげる。」
「それじゃあ、口を開けて?
 あーん……」
イシュミール(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
イルザ#1「(団長)、
 少し時間はあるか?」
「今日はバレンタインだろう?
 チョコレートを作ってきたので
 受け取って欲しい。」
「これが本命かだと?
 (君)も鬼と呼ばれた私相手に
 大胆なことを聞くものだ。」
「ならば聞くが、年上が好みなのか?
 私は相手が年下でも一向に構わないが。」
「ふふふ……
 なんて少しからかいが過ぎたか。」
「これは日頃の感謝の気持ちだ。
 誠心誠意込めて作らせてもらった。」
「味わって食べてほしい。」
ラズベリーチョコレートケーキ「ハッピーバレンタイン。
 …さあて、どんなチョコレートを作ろうか?」

「この時期は、チョコ系の期間限定メニューが目白押しだ。
 ぜひとも一日休暇を取って、食べ歩いてみたいものだ。」

「試しに訓練で一番頑張った奴には
 チョコをくれてやると言ってみたのだが、
 奴らの士気が随分と上がってな。
 ……ふっ、普段からあれくらいの気概で
 取り組んでくれたらいいのだが。」
ヴァジラ#1「(団長)!
 ハッピーバレンタイン!」
「……ふふ、実は、
 バレンタインって初めて参加するんだ。」
「ガル達はチョコが食べられないし、
 故郷では、こういう習慣が
 なかったから。」
「だから、わしが初めて
 バレンタインチョコレートを渡したのは
 (団長)ってことになるな!」
「……ん?
 ああ、ガルにはさっき
 チョコじゃなくて肉をあげたぞ!」
ラズベリーチョコケーキ
ヴァンピィ#1「えへへへー!
 これなーんだ!
 当ててみてー!」
「……なによぅ、分からないって、
 今日が何の日か知らないのー!?」
「仕方ないなぁ!
 ヴァンピィちゃんが教えてあげるっ!」
「今日はねー、
 大切な人にチョコ渡す日、
 なんだってー!」
「(アンタ)のために
 作ってきたんだから、
 よーく味わって食べなさいねっ?」
「ヴァンピィちゃん、
 チョコ作るのも好きだけど、
 食べるのも好きー!」
「だからチョコちょーだいーっ!
 けんぞくぅ、チョコちょーだーいっ!」
「もぅーお腹すいたーっ!
 かぷっとしたいぃーっ!」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「今日はねー、
 大切な人にチョコ渡す日、
 なんだってー!」

「アンタのために作ってきたんだから、
 よーく味わって食べなさいねっ?」
#2「けんぞくぅ〜!
 チョコだよ〜
 つくってきたよ〜」
「だからほらほら〜
 ヴァンピィちゃんの傍においで〜
 ほらほら〜」
「……なーんにも企んでないですよー?
 傍にきたら
 かぷってしよーだなんてー……」
「……あっ……!
 言っちゃった……」
「もー!! ずるいよけんぞくぅー!!!
 バツとして、
 かぷかぷしちゃうんだからぁ!」
ミルクチョコケーキ
#3「けんぞくぅ〜!
 チョコレート欲しい?
 ね、ね、欲しいでしょ?」
「じゃ〜ん!
 ヴァンピィちゃん、けんぞくぅに
 チョコ作ってきてあげたんだよー!」
「欲しい? 欲しいでしょ?
 じゃあねえ、
 ヴァンピィちゃんと約束して!」
「かぷっとされなくても、
 けんぞくぅはず〜っと
 ヴァンピィちゃんのけんぞくぅだって!」
「……チョコなくても、
 約束してくれるの?」
「…………やったー!!」
ヴィーラ
(SSRver)
#1(SR版と同一)(SR版と同一)(SR版と同一)
#2
#3
ヴィーラ
(水着SSRver)
#1(SR版と同一)(SR版と同一)(SR版と同一)
#2
#3
ヴィーラ(リミテッド)#1
#2
#3
キャタピラとヴィーラ#1カタリナ
 「(これほどまでに緊張を覚えた
  バレンタインがあっただろうか……)

ローアイン
 「キャタリナさんッ!
  すんません、遅くなっちまって。
  それで、用事ってなんすか?」
カタリナ
 「あ、いや……その……
  大した用ではないんだが……
  あの……」
ローアイン
 「そうなんすか? てっきり俺、
  キャタリナさんからバレンタインの
  チョコを貰えると思ってたんすけど……」
カタリナ
 「なっ!? なぜそれを……!?
  (秘密にしていたはずなんだが……)
ローアイン
 「俺がどんだけキャタリナさんの事
  みてっか知んねーの?」
カタリナ
 「え……!?」
ローアイン
 「惚れてる女のことなら
  なんでもお見通しだっつの。
  そのチョコ、くれよ。俺用だろ?」
カタリナ
 「ロ、ローアイン……
  不格好だが……
  良ければ貰ってくれ……」
エルセム・トモイ
 「イッツァラァァァァヴ!!!
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

カタリナ
 「バレンタインだというのに、こんな姿じゃ、色気も何もあったものでは……
  って、何を考えているんだ私は!」
エッセル#1「ん……チョコレートって、
 結構扱いが難しいんだ。」
「単なるホットチョコレートだけど、
 良ければキミも飲んで。」
「……いつも、ありがとう。
 気持ちだけは、込めたから。」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ん……チョコレートって、
 結構扱いが難しいんだ。
 単なるホットチョコレートだけど、
 良ければキミも飲んで。
 ……いつも、ありがとう。
 気持ちだけは、込めたから。」


「ん?……バレンタインデーだね。
 いつもカトルにもあげているんだけど、
 姉からって却って迷惑かなって迷うんだ。
 でも、他の弟達にはあげるんだし、
 カトルにだけのけ者ってヘンだよね……」
#2「食べることは、
 生きること。」
「私にとっては、
 それは大きな力を持つ
 世界の理なんだ。」
「ん……
 ……お腹が減るって、
 とっても悲しいことだしね。」
「だから……こうして、(君)に
 お菓子を渡せること自体が
 私はとっても幸せなんだ。」
「もし、(君)が受け取って
 くれるならもっともっと幸せだし……」
「……喜んでくれるなら、
 他になんにも要らない。
 ……大げさ? そうかな……」
「……大げさでもいいや。
 私が嬉しいんだ、ってことだけ
 (君)は覚えてて。」
ぽかぽかホットチョコレート
#3「ん……(団長)。もしよければ、
 ホットチョコレート……どうかな。」
「はい、どうぞ。
 熱いから火傷に気を付けて。」
「……ホットチョコレートって、
 飲むと体が温まるし……甘いし……
 素敵な飲み物だな、て思うんだ。」
「カトルなんかは、
 冬に体を動かす前に飲むと
 丁度いい、なんて言うんだけど。」
「でも、ほら。
 寒いと体も辛いし、
 心もなんだか疲れてしまうから。」
「……私も、ホットチョコレートみたいに
 君や星屑の街の子達のこと、
 温めてあげられる人でありたい。」
「うまく言えないけど。
 そう思うんだ。」
オリヴィエ#1「ハッピーバレンタイン、
 (団長)殿。」
「これを、君に。
 チョコレートと言うのだったか、
 とにかく菓子だ。」
「ふふ、ルリアから聞いたよ。
 今日は親しく思う相手に
 贈り物をする日だと。」
「贈り物など、生まれて初めてする……
 ような気がするな。」
「私の初めて、是非受け取ってくれ。」
ミルクチョコケーキ
オーキス(リミテッド)#1(オルキス (その他)と同一)
#2
#3

か行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
カタリナ
(リミテッド)
#1(SR版 水着verと同一)(SR版と同一)
#2(SR版 初登場verと同一)
#3
カタリナ(闇属性)#1
#2
#3
カリオストロ#1(特別イラスト有)
「ハッピーバレンタイン☆」
「カリオストロね?
 (団長)さんのために、
 あまーいチョコを作ったんだ☆」
「受け取ってくれる……よね?」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン☆」

「カリオストロね?
 団長さんのために、
 あまーいチョコを作ったんだ☆
 受け取ってくれる……よね?」


「ククク……やっぱ世界で一番かわいい
 美少女としちゃ、バレンタインにチョコを
 作らないわけにはいかねえよなぁ……。
 おっと!おあずけだぜ。
 オレ様からのチョコがほしけりゃひざまづいて
 オレ様をあがめ称えろ」
#2(特別イラスト有)
「(団長)さんっ☆
 (団長)さんっ☆
 カリオストロ、チョコ作ったんだっ☆」
「だってほら……
 今日は、バレンタインデーでしょ?
 チョコ、少し失敗しちゃったけど……」
「…………
 いや、待て。やっぱ変だ。」
「いかに演出とはいえ、
 この天才美少女錬金術師のオレ様が、
 料理に失敗するってのはありえねぇ……」
「いまのやり直すぞ。
 お前なら、どんなシチュエーションで
 チョコを渡されたいんだ?」
ミックスチョコケーキ
#3(特別イラスト有)
「ふふっ、(団長)さん、
 今日はバレンタインデーだよっ☆」
「カリオストロね、
 (団長)さんのために
 特別なチョコを作ったんだ☆」
「受け取って……くれる?」
「ありがとう☆ ね、(団長)さん。
 カリオストロのあまーいチョコ、
 食べてみてっ☆」
「そうそう、よーく味わって……
 うんっ☆
 ちゃーんと食べたねっ☆」
「よし……それで、どうだ?
 身体に変化はあるか?」
「身体が熱くなったりとか、
 動悸が激しくなったりとか……」
「そうか……
 ちっ、まだ改良が必要だな。」
「ううん、なんでもないよっ☆」
「ねぇ、(団長)さん、
 来年のカリオストロのチョコも
 楽しみにしててね☆」
「今年より、もーっとすごいチョコ、
 プレゼントしちゃうからっ☆」
カリオストロ
(ハロウィンver)
#1(初登場verと同一)ミックスチョコケーキ(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3
カリオストロ(闇属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3
カルメリーナ#1「バレンタインの日のお客さんって、
 いつもより反応いいんだよ!
 恋人同士で見てるお客さんは特に!」
「ねぇねぇ(団長)さん、
 これ、いつものお礼ねっ!
 はい、チョコレート!」
ミルクチョコケーキ「バレンタインの日のお客さんって、
 いつもより反応いいんだよ!
 恋人同士で見てるお客さんは特に!」

「ねぇねぇ団長さん、
 これ、いつものお礼ねっ!
 はい、チョコレート!」
#2「んふふ……
 (団長)さんっ☆」
「あのね、あのね……
 今日、バレンタインだよね?」
「だから……はいっ!
 とっておきのチョコレート、
 受け取ってほしいな?」
「えへへ!
 喜んでもらえた?
 ぴぃーす☆」
#3
キャサリン#1「ハッピーバレンタイン。」
「ね、ほら。見て。
 特製のチョコ。手作りよ。」
「あなたのために、作ったのだけど……
 欲しい?」
「ふふ、じゃああげるわ。
 ……誰かさんが羨ましがりそうね。
 ふふ……」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」
#2「今年も作ってきたわよ。
 あなただけのために作った、
 特製チョコレート。」
「嘘じゃないわよ。
 誰かのために手作りだなんて、
 そうそうしないんだから。」
「ちゃんと受け取ってよね?
 私の、気持ち。
 うふふ……」
クラリス#1「(団長)……えと……あの、
 これ……あ! ぎ、義理だかんね!?
 あ、でも! その……」
「み、みんなの前では食べないでね。
 みんなにあげたのとは
 違うのバレちゃうし……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「団長……えと……あの、
 これ……あ! ぎ、義理だかんね!?
 あ、でも! その……
 み、みんなの前では食べないでね。
 みんなにあげたのとは
 違うのバレちゃうし……」


「ん?チョコォ?あげるあげる!
 団のみんなの分作ったから!
 ありがたぁく味わってよね!」
#2「えーっとさ、その……
 うちさ、去年さ、
 チョコレート、あげたよね?」
「あれ、その……どうだった?
 美味しかった?」
「……!
 そ、そっかぁ……!
 良かったぁ〜……」
「うん、それでさ、
 今年も作ったんだ☆ チョコ☆」
「きっと去年よりも上手く出来てるから、
 受け取ってくれると嬉しいなっ☆」
ミルクチョコケーキ
#3
クラリス
(クリスマスver)
#1(初登場verと同一)
#2
#3「ね、ねぇ、(団長)。
 あのね、その……
 今年もチョコを作ったんだ。」
「だから……受け取ってくれる?」
「そ、そりゃあ手作りデスヨっ!
 (団長)には日ごろから
 お世話になってるしね☆」
「えへへ……ありがと☆
 あのね、今年のは自信作なんだ☆」
「去年のよりも絶対においしいから。
 だから、味わって食べてね☆」
「え、後ろの紙袋?
 これはその失敗……」
じゃないっ!
「こ、これは……その……
 あ、あれだよっ!
 みんなに配る義理チョコっ☆」
「だ、だから、(団長)は
 気にしないで!」
「それじゃ、うちは失敗……コホン。
 義理チョコをみんなに配ってくるから☆」
ミルクチョコケーキ
クラリス(光属性)#1
#2
#3
クリスティーナ#1「ハッピーバレンタイン!」
「ほら、コイツを受け取るんだ
 子猫ちゃん。
 今日はバレンタインだからな。」
「そう怯えた顔をするな。
 鞭をあげたくなるだろう?
 それとも誘ってるのか?」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」
#2「そう物欲しそうな顔をするな。
 勿論、ちゃんと用意してあるとも。」
「そら!
 子猫ちゃんの大好きな
 チョコレートだ。」
「ハハ、アタシが素直に
 願いをかなえてやるのが
 意外か?」
「時には解りやすい飴をあげるのも
 飼い主の務めだからな。」
「ん……?
 どうした、その顔は。
 物足りないか?」
「そうか、それじゃあ……
 ふたりで楽しいことでも
 するとしようか。」
グレア(SSR)#1
黒騎士
(リミテッド)
#1「……おい、こいつを受け取れ。
 日頃の礼だ。
 他意はない。」
「……聞こえなかったか?
 他意はない、と言ったんだ。
 何をにやけている?」
「まったく……
 そのにやけ面、いい加減にしなければ
 その菓子は返してもらうぞ……」
ラズベリーチョコケーキ
#2「こいつを受け取れ。
 お前には世話になっているからな。
 ……礼だ。」
「店で買ったものではあるが、
 お前の口に合うことを
 願っている。一応な。」
「……昔、オルキスに
 バレンタインだからと買い物に
 付き合わされたのを思い出した。」
「あの時は、もっぱら自分で食べるための
 チョコレートだったがな。
 ……懐かしいものだ。」
ケルベロス#1ケルベロス
 「ハッピーバレンタイン♪」
ミミ
 「お前! これやるわん!
  今日はバレンタインわん!」
ココ
 「感謝しやがれわん!
  ウチらの手作りわん!」
ケルベロス
 「うふふ、美味しそうでしょ♪
  どうやって作ったかはヒ・ミ・ツ♪
  はい、アーン♪」
ミミ
 「こいつホントに食ったわん!
  ていうかデレデレすんなわん!
  キモいわん!」
ココ
 「こいつ受け取ったわん!
  これで契約完了わん!
  あとで三百万倍にして返すわん!」
ケルベロス
 「うふふ……
  オ・カ・エ・シ……
  期待してるから♪」
ミルクチョコケーキケルベロス
 「ハッピーバレンタイン♪」


ミミ
 「ガルルルル!
  犬にチョコは毒だからダメってどういうことわん!
  ウチらをただの犬だと思ってるわんか!」
ココ
 「お、おお落ち着けわん。
  誰か、何でもいいから
  食べ物を与えるわん!」
ケルベロス
 「じゃあ、チョコは
  あたしがいっただっきまーす!
  んふふっ!」
ミミ
 「ぎゃわわん!
  辛いわん、辛いわん!」

ミミ
 「街には浮かれたやつらが
  いっぱいわん!」
ココ
 「爆発しろわん!
  全員まとめてあっちに送ってやるわん!」
ケルベロス
 「ちょっと、イタズラはダァーメッ!」
#2ミミ
 「ガルルル! お前ぇぇぇ!
  まだ去年のバレンタインのお返しが
  足りてないわんよ!」
ココ
 「グルルル! 300万倍からの
  600万倍って言ったはずわん!
  達成するまでチョコはおあずけわん!」
ケルベロス
 「もー……マスターいじめちゃダーメ♪
  かわいそうじゃない。
  ねー? よしよし♪」
ミミ
 「キャウン!?
  ちょっと待つわん! 話と違うわん!」
ココ
 「そうわん!
  コイツのハラワタ引きずり出してでも
  お返し回収するって言ってたわん!」
ケルベロス
 「マスターにそんな事しないわよ♪
  じゃあ今年のチョコあ・げ・る♪」
ミミ
 「な、なんか納得いかないわん!」
ココ
 「そうわん! 甘やかすなわん!」
ケルベロス
 「だってぇ……もっと一緒に楽しく
  お散歩したいじゃない? ねえ?
  うふふ♪ はい、あーん♪」
コルワ#1「騎空団の女の子達、
 浮き足立っちゃって……
 色男さんも大変ね。」
「ん?
 なぁに、物欲しそうな顔しちゃって。」
「ぷっ……あはは!
 はいはい、チョコレートね。
 ちゃんと用意してあるわ。」
「まったく、おねだり上手なんだから。
 せっかく用意したんだから、
 美味しく食べてちょうだいよ?」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」
#2「ん?
 なぁに、匿って欲しいの?
 モテる団長さんは辛いわね〜」
「ふふっ、冗談冗談。
 はいはい、頬を膨らませないの!
 つついちゃうわよ?」
「はい、チョコレート。
 美味しいお店のを選んでおいたわ、
 大事に食べてちょうだいよ?」
コルワ(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2

さ行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
サラ(SSRver)#1(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
サラーサ#1「なんかこの時期は、
 すっげー色んなチョコが売ってんのな!
 どれも美味そうだぜ!」
「あたしもその……
 チョコ作ってみたんだけど……
 これ……い、一緒に食おうぜ!?」
ラズベリーチョコケーキ
#2「なぁなぁ! 今日のバレンタインって、
 好きな奴にチョコを
 あげる日だったんだな!」
「どういう日なのか、
 去年はよくわかってなかったけど……」
「まぁ、あたし、
 お前のこと好きだし問題ないな!」
「ほら! 今年もチョコ作ったから、
 一緒に食おうぜ!」
#3
ザルハメリナ#1「ええと、その……
 ハッピー、バレンタイン……。」
「(団長)さん、今お時間いいかしら……?
 ええとね、そのう……ほら、今日は、
 バレンタイン……でしょう?」
「あの…………そのぅ……
 これを、受け取っていただけないかしら……。」
「お店の可愛らしいのでなくてごめんなさいね。
 私の手作りなの。」
「(団長)さんは若い人から
 沢山いただくでしょうけど……。」
「まあ! ふふっ、お上手ね。
 ……良かった、喜んで頂けて。」
ミルクチョコケーキ「ハッピー……バレン……タイン……」

「どうしましょう。
 却って団長さんのご迷惑にならないかしら……?」
#2「(団長)さん、あの……
 今お時間をいただけますか?
 ほっ……あぁ、良かった。」
「その……今日は、
 バレンタイン、でしょう?」
「それでね、ええと……
 こちらをお渡しできれば、と
 思ったんです。」
「(団長)さんは皆さんから
 頂くでしょうし、
 却ってお邪魔かしら……?」
「まあ! 良かったわ、
 喜んで頂けて。
 作った甲斐がありました。」
「手作りですから、
 少し不格好ですけど……
 私の、気持ちです。」
「ふふ、
 だから甘い物、なんですよ?」
サーヴァンツ#1ドロシー
 「どうぞ、ご主人様☆
  ふたりで心を込めて作ったチョコです。
  実は特別な材料を使ってるんですよ!」
 「まずは、胸いっぱい愛情と……☆」
クラウディア
 「艇に乗せて頂いている義理と……」
ドロシー
 「ご主人様のこと、
  もっと知りたいなっていう期待と……☆」
クラウディア
 「一ヶ月後には、
  倍になって返って来るだろう
  下心と……」
ドロシー
 「もう、クラウディア!
  なんでそういうこと言うかなぁ!?」
クラウディア
 「事実だから?」
 「さてルリアお嬢様に特注品を渡さねば。
  ……ふひひ。」
ミルクチョコケーキ
シャルロッテ#1(特別イラスト有)
「ハッピーバレンタインであります!」
「じ、自分もチョコを作って
 みたのでありますが、
 ……あっ、いえ、その……」
「(だ、団長)殿に食べてほしい……
 とか……では……その……う……
 受け取ってくれるのでありますか?」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタインであります!」

「じ、自分もチョコを作って
 みたのでありますが、
 ……あっ、いえ、その……
 団長殿に食べてほしい……
 とか……では……その……う……
 受け取ってくれるのでありますか?」
#2(特別イラスト有)
「ハッピーバレンタインであります!
 (団長)殿!」
「ふふん……
 今年のチョコレートは、
 自分でも会心の出来であります!」
「この一年の自分の成長を、
 とくと御覧じよ、でありますよ!」
「ところで(団長)殿……
 喜んでもらえるのは、
 自分も嬉しいのですが……」
「どうしてそんな、
 子供を見守るような温かい目で
 自分を見てるでありますか……」
「自分は立派な大人であります!
 いい加減、
 子供扱いはやめるであります!!」
ミルクチョコケーキ
#3(特別イラスト有)
「これはよいところへ、(団長)殿!
 今日はバレンタインであります!
 だから、これを受け取るであります!」
「去年、チョコレート作りが大変
 上手くいったこともあり、
 今年も手作りしたであります!」
「ふふん。
 去年に負けず劣らず、
 良い出来でありますよ。」
「(団長)殿に喜んで貰えると
 なんといいますか、
 心が穏やかになるであります。」
「相手のことを想い心を尽くすという事は
 尊い行いでありますね。これからも、
 大事にしていきたいであります。」
シャルロッテ
(ハロウィンver)
#1(初登場verと同一)ミルクチョコケーキ(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3
ジャンヌダルク
(光属性)
#1「ハッピーバレンタイン。
 このチョコレートは日頃のお礼だ、
 貰ってくれ。」
「……ん? こちらの包みか?
 これはビィ様にだ。
 喜んで下さるだろうか?」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ハッピーバレンタイン。
 このチョコレートは日頃のお礼だ、
 貰ってくれ
 ……ん? こちらの包みか?
 これはビィ様にだ。
 喜んで下さるだろうか?」
#2「(団長)。
 これを受け取って貰えないか?
 日頃の礼だ。」
「確か甘い物は平気だったな?
 ……うん、良かった。」
「はは、私の手作りなんだ。
 意外だろうか?
 これでも女の嗜みは一通りこなせる。」
「普段はどうしても、
 人々を守るために
 武器を手にすることが多いから……」
「こうして、(団長)に渡すため
 久々に菓子作りをして、
 私も楽しかった。ふふ……」
ミルクチョコケーキ
#3「ハッピーバレンタイン、
 (団長)。」
「日頃の感謝をこめて……
 これを受け取って欲しい。」
「ふふ……今年も私の手作りだ。」
「旗を泡立て器に持ち替え、
 腕を振るったからな。
 味には少々自信がある。」
「それに、キミの分については、
 他の者達に渡しているものとは
 別に作ったんだ。」
「……ああ、あとはビィ様の分も
 別に作ったのだが……
 まあ、それは本当に特別だ。」
「とにかく、味わって
 食べて貰えると……嬉しい。」
ジャンヌダルク
(闇属性)
#1「この菓子を、君に。
 うん? あぁ、手作りだ。
 ふふっ……意外か?」
「ふふふ、そう慌てるな。
 君は本当に可愛いな……
 本当に、食べてしまいたいくらい。」
「ハッピーバレンタイン」
#2「(団長)、キミに渡したいものがある。
 ……ふふ、そう焦らずに。
 急かされると取り落としてしまう。」
「ほら、これを。
 月並みだが……手作りの菓子だ。」
「月並みすぎて、つまらなかったか?」
「ふふ、ならばせめて
 口移しで食べさせてやれば
 良かったかもしれないな。」
「……そうだな、
 次のバレンタインには……
 それも考慮しよう。」
ジュリエット#1「あ、あの……(団長)さん……
 ちょっといいですか?」
「こ、これ、手作りのチョコレイトです!
 お口に合うかわかりませんが……」
「お……美味しい、ですか?
 わぁ! とっても嬉しいです!」
「実は……隠し味に
 守護精霊の力を込めてみました!」
「ふふふ……(団長)さんに、
 良いご加護がありますように。」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「団長さんに
 お菓子を作ってみました。
 たまにはお菓子と紅茶を楽しみながら、
 私達とお話してくださいませんか?」
#2「(団長)さん、
 チョコレートを作ってきたので、
 召し上がってくださいな。」
「今年のチョコレートは去年と一味
 違いますのよ。腕利きのコックと
 一緒に作りましたから。」
「折角お渡しするなら、
 美味しいものにしたい……
 私なりの真心です。」
「民と話していて感じるのです……
 思うだけでは伝わらないと。ですから、
 心を伝える術にも拘ってみました。」
「え? そういう心遣いこそが真心?
 まぁ、そんな優しい言葉を
 かけてくださるなんて!」
「私の方が真心を受け取った気がします。
 (団長)さん、
 ありがとうございます。」
シルヴァ#1「ハッピーバレンタイン!
 いつもお疲れ様。 これは私から、
 日頃お世話になっている君へのお礼だ。」
「甘い物を食べて英気を養って欲しい。
 時には頑張りすぎず、
 休むのも大切だぞ。」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「っ……ハッピー……バレン……タイン……
 その……年甲斐もないかもしれないが
 チョコレートを用意してきたんだ、
 日頃お世話になっている礼だ。
 キミはたくさん
 もらっていることだろうが……
 受け取ってもらえないだろうか……。」

「ハッピーバレンタイン!
 いつもお疲れ様。これは私から、
 日頃お世話になっている君へのお礼だ。
 甘い物を食べて英気を養って欲しい。
 時には頑張りすぎず、
 休むのも大切だぞ。」
#2「(団長)、今時間を貰えるかな?
 ……そうか、良かった。」
「その、大したものでなくて
 すまないんだが……
 これを貰ってくれないか?」
「日頃のお礼……というか、
 私の気持ちだ。
 いつもお世話になっているだろう?」
「もっと華やかな方が好みだったかな?
 ……そうか、ほっとしたよ。」
「……なんとなく緊張してしまうな。
 ん? 顔が赤い……?」
「こら、大人をからかうな。
 つい触って
 確かめてしまったじゃないか。」
#3「(団長)、その……
 ハッピー、バレンタイン。」
「……うぅ、私の柄ではないな。
 すまない、やり直させてくれ。」
「コホン。
 ……これを、君に。
 私からの気持ちだ、受け取って欲しい。」
「日頃のお礼、というか……
 ……君への尊敬や感謝を、
 形にしたものというか……」
「……言葉や形にして表に出すのは、
 どうも、私はあまり得意ではなくて。」
「ただ、偶には君に
 きちんと伝えたかったんだ。
 ……それだけだよ。」
スカーサハ#1「世話になった相手、
 意中の相手に
 チョコレートを渡す……か。」
「何故チョコレートなのだろうな。
 いや、吾も嫌いではないから
 構いはしないが……」
「ヒトの子もいろいろと
 変わったことを考えるものだ。」
「まぁ、理由の如何を問わず
 楽しめるのならば良かろう。
 ……そら、(団長)。受け取れ。」
「吾からの日頃の礼よ。
 ふふん、真龍からの賜りもの、
 味わって食すが良い。」
ラズベリーチョコケーキ
スツルム#1(スツルム (その他)と同一)「ハ……ハッピーバレンタイン……」
#2
#3(スツルム (その他)と同一)
ゼタ#1「ほら、作ってきたよ?
 バレンタインのナントカってやつを。」
「あたしだって
 戦うばかりが
 能じゃないってーの!」
ラズベリーチョコケーキ「はぁ!? バレンタイン!?
 あぁ……やっぱりめんどくさい」

「ほら、作ってきたよ?
 バレンタインのナントカってやつを。
 あたしだって
 戦うばかりが
 能じゃないってーの!」
#2「あー、疲れた……」
「ん、おはよう(団長)。」
「え、何してたのって?
 ほら、バレンタインの。
 朝から作ってたのよ。」
「ったく、
 一回あげちゃうとめんどくさい!
 今年もってなるし、団員も増えてるし!」
「よし、飾り付けはこんなもんね!
 ほら、食べていいよ。」
#3
ゼタ(水着ver)#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2ラズベリーチョコケーキ
#3「お待たせ。
 バレンタインの、持ってきたよ。」
「ん? 何? なんか気になる?」
「ああ、そうそう。
 今年のはハートつけてみた。」
「……はぁ? あたしのガラじゃない?」
「くくく……確かに。
 言われてみれば、ハートって
 キャラじゃない……けど。」
「ちょっと(団長)、笑いすぎ。
 あんま笑ってるとあげないよ?」
「わかればよろしい。
 ほら、さっさと食べなさい!」
ゼタ(闇属性)#1
#2
#3
ソシエ#1「え、えと……ハッピーバレンタイン。」
「え、えと、そのこれ、あげる……
 えぁ!? な、何で……?
 うぅ……(主人公)はんのいけず……」
ミックスチョコケーキ
#2「こ、これ。
 その、今年も……」
「(団長)はんのために、
 つくってきたんよ。」
「わ、渡す理由、
 聞かんといてな。」
「はれがましくて……
 もう、うち、その、
 い、いっぱいいっぱいなんよ。」
「うぅ……
 よ、よく、味わって食べてな……」
ミルクチョコケーキ
#3
ソシエ(火属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3
ソフィア#1「ハッピーバレンタイン……
 あの……甘い物はお好きですか?」
「チョコを作ってみたんですけど……
 お口に合うかどうか……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ハッピーバレンタイン……
 あの……甘い物はお好きですか?
 チョコを作ってみたんですけど……
 お口に合うかどうか……」
#2「ハッピーバレンタイン、
 (団長)さん。」
「あの……えっと、チョコレートを
 用意してみたのですが……
 甘いものは召し上がられますか?」
「お好きですか?
 ふふ……それはよかった……
 これ、受け取ってください。」
「甘いものが苦手な方もいらっしゃるし
 どうかな……って思ったんですけど、
 喜んでくださって安心しました!」
「どうぞ、お召し上がりください。」
#3「(団長)さん、
 チョコレートを作ってきたんです。
 お口に合うといいのですが……」
「難しいレシピに挑戦したので
 上手くできたか心配していたんですが、
 その顔を見て安心しました。」
「実は作る時に、(団長)さんの
 旅路にゼエンの加護があるよう
 思いを込めて作ったんです。」
「うふふ。
 きっといいことが起こりますよ!」
ゾーイ#1ミルクチョコケーキ
#2
ゾーイ(水着ver)#1「えっと……はっぴー……
 む……何の日だ、今日は……」
「昨日、
 ルリアに作った方がいいと言われて、
 チョコを作ってきたのだが……」
「なぁ、このチョコはなにを意味する?」
「……なるほど。そうか。
 大切な者にチョコを渡す日……か。
 ははっ、ルリアの言ったとおりだ。」
(初登場verと同一)「ハッピーバレンタイン」
#2「愛だ。」
「ふふ、知っているぞ。
 今日は大切な者に愛を込めて
 チョコを渡す日なのだろう。」
「だから今年はルリアにもビィにも、
 団員のみんなにも、
 たくさんの愛を込めて渡してきた。」
「だけど、変なんだ。
 (団長)。」
「キミにも同じように、
 チョコを渡そうとすると
 妙に、顔が火照るんだ……」
「……ふふ、まったく、
 キミと一緒にいると
 おかしなことばかり起きる。」
「受け取ってくれ、
 (団長)。
 これはキミへの愛だ。」
ミルクチョコケーキ
ゾーイ(ガチャver)#1
#2
ソーン#1「今日はバレンタインでしょう?」
「ふふ、
 張り切ってチョコレート作らないと!」
「団員全員に配るのは大変だな!」
ミックスチョコケーキ「私のチョコレート、
 どうだった? ふふふっ♪」
#2「…………」
「あ……ねえ、(団長)……
 ちょっといい?」
「…………」
「あのね?
 作ってきたの。チョコレート。」
「うん。団員達に配りたいんだけど……
 ちょっと、見てくれる?」
「えへへ……デコレーション、お花とか。
 こだわりすぎちゃって……
 可愛くしすぎたかな、って……」
「十天衆のイメージに合わないって
 笑われたら、どうしようって思って
 たんだけど……変じゃない?」
「本当? 配っても平気かな?
 よかったら、食べた感想……
 あとで、聞かせて?」
#3

た行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ダヌア
(水着SSRver)
#1(SR版と同一)(SR版と同一)(SR版と同一)
#2
#3
ダヌア(ハロウィンver)#1
#2
#3
ディアンサ(水着ver)#1(SR版と同一)
#2
テレーズ(SSRver)#1
#2
#3

な行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ナルメア#1(新規特別イラスト有)
「(団長)ちゃん!
 (団長)ちゃん!
 はい、どうぞ!」
「(団長)ちゃんのために、
 チョコレート、作ってきちゃった。」
「お口に合うといいんだけど……
 ……ねぇ、(団長)ちゃん?
 大丈夫? 一人で食べられる?」
「お姉さんが食べさせて
 あげよっか?
 ほら、こっちへおいで?」
「はい、あ〜ん。」
「どう……?
 美味しい……?」
「ふふっ……また、来年も
 お姉さんが作ってあげるからね。
 だからこれからも……」
「よろしくね。(団長)ちゃんっ。」
ラズベリーチョコケーキ
#2(新規特別イラスト有)
「(団長)ちゃん!
 (団長)ちゃん!
 チョコレート作ってきたよ!」
「はい、あ〜ん♪
 美味しい? ふふ、よかった♪」
「……でも、今年もただ、
 あーんするだけじゃ……
 つまらないよね……」
「く、口移し……するとか……?
 さすがにそれは……
 あ、ありなのかな……?」
「(団長)ちゃんは……
 どうやって食べさせてほしい?」
#3(新規特別イラスト有)
ナルメア
(水着ver)
#1
#2
#3
ニオ#1「ハッピーバレンタイン。」
「はい、チョコレート。
 今日はバレンタインだから買ってきたの。
 欲しそうな旋律、聴こえてたよ?」
「照れないで。」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「はい、チョコレート。
 今日はバレンタインだから買ってきたの。
 欲しそうな旋律、聴こえてたよ?」

「照れないで。」
#2「…………」
「…………」
「(団長)、これ。食べて。」
「チョコレート。初めて作ったの。」
「ねえ、嬉しい?」
「もちろん、言わなくてもわかるわ。
 私と貴方の間に流れる旋律、
 ちゃんと聴こえているから。」
「でも、貴方の言葉で聞きたいな。」
「……照れてるの?」
ミルクチョコケーキ
#3「…………」
「ねえ、(団長)。
 チョコレート、また作ったの。」
「今年は私の演奏を聴きながら食べる?
 ちょっと照れた(団長)の気分を、
 そのまま旋律にしてあげる。」
「ふふ……冗談。
 少し、いじわるしてみただけ。」
「ねえ、お茶も飲みたい?
 いれてあげる。」
ニーナ・ドランゴ#1
ネモネ#1「ハッピーバレンタイン〜!」
「チョコなぁ……
 わたしさんも欲しいなぁ……
 食べたいなぁ……」
「都合よく手作りチョコとか
 私の懐に入って……
 入ってたよ! やったぜ!」
「にゃふふ♪
 てことで一緒にたーべよ!
 (団長)〜!」
「……いつもありがとねっ♪」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン〜!」
#2「んー……ヴァレンタインさん……
 会いたいなぁ……」
「おや!? 知らないのかい!?
 かの有名なヴァレンタインさんを!」
「世界で初めて手作りのチョコをねー
 大好きな人に渡した偉人さんなんだー!」
「ヴァレンタインさんがやったみたいに、
 チョコを食べさせあうと
 二人は幸せになれるんだって♪」
「まぁ、作り話なんだけどね?
 そんな人は多分いないよ〜♪
 にひひっ♪」
「まーそんなことは置いといてっ!
 ネモ姉特性のチョコレート〜♪
 一緒に食べよ〜!」
「幸せになれるとい〜ね〜♪
 にゃふふふ♪」

は行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ハレゼナ#1「チョコチョコチョコ〜!!
 チョ〜コ〜ッ!!
 作ってきたぜ〜〜! ケケケッ!」
「昨日、ルリアに
 作った方がいいと言われて、
 チョコを作ってきたのだが……」
「超ラブリィ〜な出来だぁ〜!
 ほらほらみろみろぉ〜
 名付けて美殺甘味(デリシャスデスチョコ)〜」
「サイコーにクールだよなぁッ!
 サイコーにクレ〜ジ〜だよなぁッ!
 ほら、はやくあ〜んしろぉっ!」
「どうどう!? デリシャスだろぅ〜!?
 サイコーにクレ〜ジ〜だろぅ!?
 ケケケケッ!」
ラズベリーチョコケーキ「ハァッピィ〜〜バレンタインッ!」
#2「好き好き大好き超ラブリィな
 (団長)のために〜!
 あっまーいチョコ、作ってきたぜぇ!」
「でも作ってたらボクも
 食べたくなってきてよぉー……
 その、ボクの分も作ってきたんだァ!」
「だからさ、その……えっと……
 食べさせっこ……しない……?
 (団長)……えへへ……」
フィーナ(SSRver)#1(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
フェリ(SSRver)#1(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
フォルテ#1「ふん。世の中は浮かれているな。
 ずいぶんと腑抜けた祭事だよ、
 今日は……」
「……だが、(貴様)と
 出会って……私も浮かれて
 みたくなってしまった。」
「不思議な奴だよ、(団長)は。
 ……我ながら似合わないとは
 思っている……」
「だが、(貴様)に何も
 しないわけにはいかないからな。」
「受け取れ。
 これが私の気持ちだ。」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」
#2「(団長)、
 これを受け取れ。」
「私の持てる技量を
 すべて注ぎ込んで、
 菓子を作ったんだ。」
「久々に興が乗ったよ。
 私の全力……とくと味わうといい。」
「……心配するな、
 本来の目的も弁えている。」
「(団長)への
 感謝と期待の念も、
 十分に篭っているはずだ。」
フュンフ#1「ハッピーバレンタイン!
 ねえねえ、
 このチョコ美味しいんだよ〜!」
「今日のために、
 ギンミにギンミを重ねたんだ!
 一緒に食べよ〜!」
ミルクチョコケーキ
#2
#3
ベアトリクス#1「ほ、ほら……
 これやるよ……」
「……い、意味なんてない……
 ただ、その、(団長)に、
 チョコあげたくなっただけだ。」
「ほ、本当に意味なんてないからな!
 勘違いするんじゃないぞ!!
 本当だからな!!」
「……た、ただよ。
 その、もしそれ気に入ったら……
 いつでも作ってやるよ……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「ほ、ほら……
 これやるよ……」

「……い、意味なんてない……
 ただ、その、団長に、
 チョコあげたくなっただけだ。」
#2「ん。作ってきたぞ。
 今年も(あんた)のために。」
「ちょっと、工夫してみたんだ。
 味、(団長)好みにさ。」
「……え!? ぎ、義理かだって!?
 そ、それは……こ、こんな手間
 掛かること……義理ならしないだろ……」
「あ、ああもう!!
 早く食えよ! 食え食え!!」
ミルクチョコケーキ
#3(新規特別イラスト有)
「ふふっふーん♪ 今年の私は
 去年の私を超えていく……!」
「さー食べてみてくれっ!
 絶対に美味いはずだっ♪」
「なんたって去年よりも
 想いをたくさ――」
っだー! 今のナシ!
「ちょっと口が滑っただけだ!
 き、気にしないでくれ……」
「あ……そ、そんな顔するなよ……
 う、うぅ〜〜〜〜……!」
ああもう早く食えって!!
 もー……!
ベアトリクス
(水着ver)
#1(初登場verと同一)
#2
#3
ぺトラ(SSRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
ヘルエス#1「ハッピーバレンタイン。
 この菓子は私から……
 日頃のお礼です。」
「ふふ、弟やノイシュとの
 ティータイムのために
 茶菓子をよく作っていたのです。」
「それなりに自信はありますが、
 好みというものもありますから……
 貴方の口に合うと良いのですが。」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「ハッピーバレンタイン。
 この菓子は私から……
 日頃のお礼です。」
#2「ハッピーバレンタイン。
 どうぞ、こちらの菓子を
 召し上がってください。」
「ふふ、王女であった身で
 料理を嗜むのは意外ですか?
 確かに父に叱られたこともありますね。」
「ですが、自分の手によるもので
 身近な人の笑顔が見られるのは
 代えがたい喜びだったのです。」
「もちろん、今もそれは変わりません。
 あなたがこの菓子を喜んでくれるなら、
 作った甲斐があるというもの。」
「……他の方の贈り物と、
 比べるような真似だけは
 してはいけませんよ。」
#3「ハッピーバレンタイン。
 こちらをどうぞ、
 日持ちのする茶菓子です。」
「ふふ、隠さなくても結構。
 (団長)殿は沢山の方から
 慕われていますからね。」
「これならば
 口にするのが遅くなっても
 大丈夫でしょうから。」
「……この菓子と同じように、
 私の貴方への敬愛も
 変わることはありません。」
「そのことを、
 覚えていていただければ
 私にとって幸いです。」
ヘルエス
(水着ver)
#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3ラズベリーチョコケーキ

ま行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
マギサ#1「バレンタインは毎年忙しかったわ……
 どこに居ようと女の子達に恋の魔法や
 おまじないをせがまれて……」
「え? 効果があるのかって?
 ふふふ……
 貴方で試してあげましょうか?」
ミックスチョコケーキ「ねぇ、貴方は甘いものは好き?
 少し、魔法の実験を手伝って欲しいんだけど……。
 とっておきの恋の媚薬があるの。
 さぁほら、口を開けてちょうだい。」
#2「あなたの為に、作ってきたの。
 チョコレート。
 受け取ってくれるかしら?」
「ふふ……大丈夫よ。
 そりゃ私にとっては、恋の魔法や
 媚薬なんてものもわけないけれど……」
「でも、あなたには使ったりしないわ。
 ここに入っているのは、純粋な
 私の想いだけよ。」
ミルクチョコケーキ
#3
マキラ#1「(団長)君。
 どぞ、チョコサブレを焼きました。」
「真心を込めて作りましたよ。
 煉瓦を組んで石窯を作って、
 焼き加減を自動で調整する計測器を……」
「ん?
 そですよ、焼き菓子装置を作りました。
 ちょっぴり自信作です。」
「サブレ自体は、まあ普通です。
 さ、どぞどぞ。」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタインですね。」

「んふふ、
 この日のためにシェロカルテ君に
 いろいろ手配を頼んだんですよ。」
#2「(団長)君。
 どぞ、チョコサブレMARK兇任后」
「真心を込めて計測器を改良して、
 丁寧に丁寧に調整を繰り返したんです。
 あと、装飾にも凝ってみまして……」
「ん?
 そですよ、焼き菓子装置の話です。
 サブレの出来は去年と一緒ですね。」
「では、どぞどぞ。
 今、お茶を用意して来ますね。」
マリー(クリスマスver)#1
#2
#3
メドゥーサ#1
メドゥーサ(バレンタインver)#1
メリッサベル#1「ハッピーバレンタイン、(団長)。」
「とうもろこしを粉にして、
 それでパンケーキを焼いたよ。
 チョコソースが合うと思う……」
「とうもろこしは元気の源だから。
 沢山食べて、力つけて。」
「も、もちろん髪の毛は入れてない……!
 そんな嫌がらせしない。」
「もう……
 あんまり意地悪いうと
 没収するから……」
ふっくらパンケーキ
#2「(団長)、あのね、今年もね、
 パンケーキを焼いたの。」
「とうもろこしって万能なんだよ。
 ケーキもできるし、ご飯もつくれるし
 そのまま食べてももちろんおいしい。」
「(団長)も、これ食べて
 ぱわーまっくすになって
 明日も元気でがんばれますように。」
「えと……君にはとってもお世話に
 なっているから、ほんとうは
 君が好きなものを贈りたいんだけど……」
「私が得意なお菓子は
 とうもろこしのパンケーキだし、
 特別な日に失敗したくなくて……」
「あ、気に入ってくれてたの?
 そうなんだ。よかったぁ……
 へへ、嬉しい……!」
「えっと、たくさん焼いたから
 もっと食べるかな?」
「ふふ、そんなちょっとじゃ
 おなかいっぱいにならないもんね。」
メルゥ#1「ハッピーバレンタイーン。」
「チョコ……あげよっか?
 さっちゃんお手製の。」
ラズベリーチョコケーキ
#2「甘い香りがするねー
 (君)持ってるそれ、
 チョコレート?」
「そうなのかー……
 実はさー
 ここにもチョコレートがあってー」
「これはさっちゃんと作ったんだー
 (君)にあげよーと思って。」
「そのチョコレートとー
 このチョコレートをー……
 ここで一緒にたべようじゃないか。」
「え? いいのー?
 ふふ、(君)ってばお人よしー」
#3
メーテラ(風属性)#1「ハッピーバレンタイン!
 期待してるんでしょ、チョ・コ!」
「天才にかかれば料理なんて、
 ちょちょいのちょいよ♪
 だからはい、あ〜ん!」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「ハッピーバレンタイン!
 期待してるんでしょ、チョ・コ!
 天才にかかれば料理なんて、
 ちょちょいのちょいよ♪
 だからはい、あ〜ん!」
#2「ん〜? なぁに(団長)。
 その期待に満ちた小鹿みたいな目は?」
「ぷっ……はは!
 や〜だ、拗ねないの!
 解ってるったら。」
「ほい、お姉さま特製の
 チョコレート。受け取ってくれる?」
「ま、この天才にかかれば
 料理なんて楽勝楽勝。」
「もちろん、アナタ好みの
 味付けで……ね?」
「あーはいはい、あ〜んして欲しいのね。
 ふふっ、んじゃ今日は特別ね……」
「ほら、その可愛い
 お口を開いて。あ〜ん♪」
ミルクチョコケーキ
#3「はい、(団長)。
 チョコレート。」
「素直……?
 まぁね、ストレートなのも、
 たまにはいいでしょ?」
「なんかさ、
 街を歩いてたら、
 ウブなカップルが目につくじゃない?」
「それを見てたら、
 こういうのもアリかな〜って。」
「……何? 物足りないの?
 去年は「あ〜ん」してあげたから……
 そうねぇ。今年は、口移し?」
「ふふっ、動揺しちゃってカワイイ♪
 そんな反応してるようじゃ、
 まだまだ早いかなぁ〜?」
メーテラ(火属性)#1(初登場verと同一)ミルクチョコケーキ(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3

や行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ユイシス#1「この時期になると、
 若い男衆がそわそわしだすのよね……」
「その上、むやみやたらに
 私に話しかけてきたりして……」
「はぁ……
 私がチョコレートをあげるのは、
 私が認めた人だけ。」
「そう何度も言っているのに……」
「ああ、そうだ、(頭)。
 これ、受け取ってくれる?」
「もちろんチョコレートよ。
 だって、(頭)は
 私が認めた人だもの。」
「……考えてみれば、
 両親以外にチョコレートをあげたのは
 初めてね。」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「日頃の感謝を込めて、
 チョコレートを作ったの。
 受け取ってくれる?」
#2「(頭)、日ごろの感謝をこめて
 チョコレートを作ったの。
 受け取ってくれる?」
「もちろん手作りよ。
 手作りの方が
 感謝の気持ちが伝わると思ったから。」
「え、手に持ってるこの紙袋?
 これもチョコレートが入った紙袋よ。」
「ルリアさんから
 義理チョコレートという制度が
 あるって聞いたから……」
「だから、今年は他の仲間たちにも
 義理チョコレートを配ろうかと思って。」
「やっぱり、同じ騎空団の仲間だもの。
 義理はしっかりと通すべきでしょう。」
「あ、(頭)に
 渡したのは義理じゃなくて本命よ。」
「だって、(頭)は
 私が認めた人だもの。」
ユエル#1「ハッピーバレンタイン〜!!」
「ほら〜アンタのために
 わざわざチョコ買ってきてんで〜?」
「ん、なんや? 手作りと違うんかって?
 ……めんどいやん。作るの。」
「ん……? チョコが不恰好?
 う、うっさいな……」
「そら、初めて作ってんから……
 上手いことできひん……ッ!」
「ちゃ、ちゃうで!
 その、きっとお店の人が
 初めて作りはったんや!」
「ウチが手作りするはずないやん!
 そのチョコもほんまに
 買ってきたんやからな!」
「ほ、ほらほら、はよ食べて!
 ……よく、味わってな。」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン〜!!」

「じゃーん! ウチ特製のチョコや!」

「アンタの為につくってるからな。
 じーっくり、味わって食べんねんで!」
#2「今年も(団長)に
 チョコ、もってきたで!」
「て、手作りかどうかって?
 ……秘密や!
 秘密っ!」
「……って、バレバレやんな……
 ……あかん、観念するわ。」
「そうや。これはアンタのためや。
 ……う、ウチの気持ちやから……
 ちゃんと、食べてな。」
ミルクチョコケーキ
#3「……ほれ。
 去年と同じ手作りや。
 嘘ついたってしゃーないからな。」
「今年は素直に
 渡すって決めたんよ……」
「んん〜〜〜……!
 でも、なんか照れくさいわ……!」
「ってなに意外そうな顔してんのや……
 ウ、ウチやって……
 照れるときぐらいあるんやで。」
「……でも、そうやな!
 ウチらしくあらへんかったわ!
 よし! こうなったら開き直ったるっ!」
「こんなにウチを照れさせたんや!
 今からアンタを思いっきり、
 照れさせたる……!」
「ふっふっふ……容赦せんで?
 覚悟しぃや♪」
ユエル(水属性)#1(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3
ユグドラシル#1ユグドラシル
 「――――」

一体、誰が教えたのだろうか――
昼食を済ませて部屋へ戻ろうとすると、
ドアの前にユグドラシルが立っていた。
もちろん、その手には、甘くて淡い
乙女の期待が握りしめられていた。

ユグドラシル
 「――――」

何の屈託もない、無垢な微笑みを
見つめながら(主人公)は想う。
そもそも、この贈り物の意味を
彼女は理解しているのだろうか。
だが、(主人公)は
そんな野暮など口にはしない。
ただ、笑顔でそれを受け取って
こう答えるだけだった。
ありがとう――

ユグドラシル
 「――――!」

嬉しそうに笑うユグドラシルを見ながら
やはり、それで正解だったのだと
(主人公)は胸をなで下ろした。
ミルクチョコケーキ「――――」

「――――」

「――――」
ラスティナ#1「(団長)。
 今、少しいいだろうか。」
「実はチョコレートを作ったんだ。
 だから、受け取ってもらえないか?」
「今日はバレンタイン……
 チョコレートを世話になっている人に
 贈る日だろう。」
「(団長)には
 それなりに世話になっている。
 だからな……。」
「しかし、初めてチョコレートを
 作ったのだが、
 中々に難しいものなのだな。」
「何度も失敗してしまった。」
「ん? 失敗作はどうしたって?
 安心しろ。
 全て部下やビィ達に食べてもらった。」
「皆、味はいいと言ってくれたんだ。
 だから、安心して食べてくれ。」
ミックスチョコケーキ
#2「(団長)。
 今年もチョコレートを作ったんだ。
 受け取ってくれないか?」
「去年と違い、
 今年のチョコは自信作だぞ!」
「なんせ何度も
 試行錯誤を繰り返した上で、
 作り上げたのだからな。」
「ん、失敗作か?
 無論、部下たちに
 たべてもらったぞ。」
「食材を無駄にするわけには
 いかないからな。」
「皆、涙を流しながら
 「これ以上のチョコはない!」
 と言ってくれたんだ。」
「だから、安心して食べてくれ。」

ら行 Edit

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
リリィ#1「あ、あの、えと!
 リリィ、チョコを作りました!
 良かったらもらってほしいの!」
「こうゆうの初めて作ったから、
 たぶんちょっと変な味だけど……」
「(団長)さまと、
 ルリアおねえさまに、
 いっぱい喜んでほしかったから……」
「え、美味しい?
 ……わあいわあい、褒められたあ!
 ありがとなの、またがんばるの〜!」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタインなの!」

「とんでもないこと聞いたの……
 チョコは冷やすと美味しくなくなるの……
 リリィ、チョコの天敵なの!
 うわあぁぁ〜ん!」
#2
リルル#1「ハッピーバレンタイン!」
「あ、その顔!」
「ほらほらほら……
 やっぱり期待してたんじゃないですか。」
「いいですよ、日頃の感謝の気持ちです。
 受け取ってください、リルルの――」
「と、その前に、聴いてくださいね。
 リルル、愛を込めて歌います……」
「恋するチョコレート大作戦」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「と、その前に、聴いてくださいね。
 リルル、愛を込めて歌います……」

「恋するチョコレート大作戦」
#2「ラブラブ♪
 ハッピーバレンタインです、
 (団長)さん。」
「また今年も、
 女の子から甘い香りのする
 季節がやって来ましたね。」
「でもですよ、甘さの中にも
 ほんのりビターが混ざっていることを
 どうか忘れないでくださいね。」
「では、チョコレートのその前に、
 リルル、オン・ザ・ステージ!
 あなたに送るスイートライブです♪」
「リルルは諦めませんよ。
 リルルの歌を聴いてくれたひとが、
 毎日笑顔でいられますように。」
「聴いてください……
 『恋のチョコレート☆爆弾』」
#3「ラブラブですね♪
 ハッピーバレンタインです、
 (団長)さん。」
「ふふ、気づいちゃいました?」
「そうなんです、艇の女の子達から
 甘い香りがしてきますね。」
「1年で1番、女の子が
 ドキドキする1日が始まります。」
「リルル、オン・ザ・ステージ!
 チョコレート(と?)ともに
 あなたに送るスイートライブ♪」
「バレバレのドキドキを歌います……
 『あなたの本命、選バレタイン』」
リーシャ
(リミテッド)
#1(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
レディ・グレイ#1「ハッピーバレンタイン。
 夫と息子以外にこのような
 贈り物をするのは初めてのことで……」
「味も、久しぶりに作りまして、
 いささか自信の方が……」
「え? 今何と? 美味しい?
 本当ですか。 ああ、よかった……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンターイン!」

「ハッピーバレンタイン。
 夫と息子以外にこのような
 贈り物をするのは初めてのことで……
 味も、久しぶりに作りまして、
 いささか自信の方が……
 え? 今何と? 美味しい?
 本当ですか。ああ、よかった……」
#2「ハッピーバレンタイン
 (団長)さん。
 さあ、どうぞ召し上がれ。」
「あら、本当に?
 そんなに喜んでもらえるなんて
 お世辞でも嬉しいわ。」
「え? どうして私のチョコレートは
 他にはない格別な味がするのか、
 ですって?」
「うふふふ……
 ダメよ、それは秘密なの。」
「そうねぇ……
 でも、(団長)さんにだけは
 教えてあげようかしら……」
「しいて言うなら、経験の差ね。」
「うふふふ……
 それはとても豊潤で、
 贅沢な隠し味なの……」
ミルクチョコケーキ
#3「どうぞ、(団長)さん。
 私の日頃の感謝の気持ち、
 受け取っていただけるかしら。」
「あらあら、(団長)さんったら、
 少し喜び過ぎよ……」
「そんなに期待してくれていたの?」
「ふぅん、でもいいのかしら?
 私みたいなおばさんで……」
「うふふ、ハッピーバレンタイン……
 今日が素敵な1日になりますように。」
レナ#1「あら、(団長)さん!
 来てくれたのねぇ〜」
「今日はバレンタインだもの。
 私からも、プレゼントよぉ〜」
「ふふふ……
 喜んでもらえてよかったわぁ。」
「(団長)さんの笑顔が見られて
 私、と〜っても幸せよぉ♪」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ねぇ、団長さん。
 部屋にお花を敷き詰めてみたの。
 見に来ない?」

「ふふふ、
 せっかくチョコレートを渡すのだから、
 私もロマンチックに渡したいわぁ。」
#2「あらあらまあまあ(団長)さん、
 私に会いに来てくれたのねぇ。
 嬉しいわぁ。」
「ふふ。実は、
 来てくれるんじゃないかって思って、
 お花をいっぱい咲かせて待ってたのよ〜」
「はい、どうぞ。お花の香りの中で、
 一緒にお茶を飲んで、
 お菓子を食べましょう。」
「うふふ……幸せねえ。」
「思わずお祈りしちゃうわぁ。
 こんな穏やかで幸せな時間が、
 ず〜っと続きますように……」
レ・フィーエ#1「今日はその……
 バレンタインですわよね?
 私もチョコを作ってみましたの……」
「べ、別に他意はありませんことよ!?
 ほら、その、折々の行事を嗜むのも
 王族の勤めというか……」
「ああもう!
 なんでもいいから、
 さっさとお受け取りなさい!」
「ど、どうですの?
 私の作ったチョコの味は……」
「手作りですから、
 高級なお店のものなんかには、
 見劣りするかもしれませんけど……」
「え? お、美味しい? 本当ですの!?」
「ふふ、この味を喜んでもらえるなんて、
 私、本当に嬉しいですわ……」
ミルクチョコケーキ「ハ、ハッピーバレンタイン、ですわ」

「今日はその……
 バレンタインですわよね?
 私もチョコを作ってみましたの……
 べ、別に他意はありませんことよ!?
 ほら、その、折々の行事を嗜むのも
 王族の勤めというか……
 ああもう!
 なんでもいいから、
 さっさとお受け取りなさい!」

「ど、どうですの?
 私の作ったチョコの味は……
 手作りですから、
 高級なお店のものなんかには、
 見劣りするかもしれませんけど……
 え? お、美味しい? 本当ですの!?
 ふふ、この味を喜んでもらえるなんて、
 私、本当に嬉しいですわ……」
#2「(団長)さん? 貴方……
 その手に沢山のチョコレートを
 抱えているという事は……」
「甘いものを嫌いではない、
 ということですわね……
 よろしくてよ。では差し上げます。」
「え? 何って……
 チョ、チョコレートですわ!
 貴方が欲しそうな瞳をなさるから!」
「してない? いいえ、してますわ!
 顔にも書いてあります!」
「さぁ、はっきり仰いなさい!
 私のこのチョコが欲しいと!」
「そ、それでいいんですのよ。
 早く仰ってくださいな。
 まったく……素直じゃない人ですわ!」
ミックスチョコケーキ
#3「(団長)さん。
 えっと、今日はバレンタインデー
 ……ですわよね?」
「今年もチョコを作ってみたんですの。
 ですから、
 どうぞお受け取りなさいませ。」
「その……お世話になっている方に
 感謝の気持ちをこめてチョコを贈るのも
 王族の義務……ですもの。」
「ふふっ、中を開けて
 みてくださいな。」
「どうです? 美しいでしょう。
 宝石を真似て作った
 チョコですわ。」
「本物の宝石のように
 ツヤを出すのに
 苦労したんですのよ……」
「ですから、
 味わって食べてくださいな。」
レ・フィーエ
(水着ver)
#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3ミックスチョコケーキ
レ・フィーエ(土属性)#1
#2
#3
ロザミア(SSRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
ロゼッタ
(クリスマスSSRver)
#1「ハッピーバレンタイン。」
「期待してるの? チョコレート。
 ふふ、どうしようかしら……」
「チョコよりも、
 もーっと良いものをあげましょうか?」
(SR版と同一)
#2
#3
ロゼッタ
(リミテッド)
#1(クリスマスverと同一)
#2(SR版と同一)(SR版と同一)
#3

わ行 Edit

現時点では無し

 

 

台詞一覧(チョコを渡せるキャラ) Edit

あ行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
アイル#1「……オレにチョコだ?
 おいおい、笑わせるな。
 アンタはオレの獲物なんだぞ。」
「それに甘い物は苦手なんだ。
 悪いが、他のヤツにでも……
 なんだよ、ニヤニヤしやがって。」
「なっ……
 か、勝手にオレの私物を見るな。
 あのチョコ大福はオレの物じゃない。」
「……賞品だ、地下闘技場の。
 黙れ、質問に答える気はねえ。
 そのチョコ貰ってやるから失せろ。」
「バレンタインデー?
 ああ……、そんな行事もあったな」
#2「おい、またかよ……
 去年、言ったはずだろ?
 甘い物は苦手なんだよ、学習しろ。」
「あぁ?
 今年はビターなチョコを用意した?」
「……ああ、そう。」
「まあそこまでする必要は……
 別のもんを用意するのも手間だろ……」
「ってなんだよ、ニヤニヤしやがって。」
「ウソ?
 箱の中身はチョコ大福?」
「て、てめ……!
 つまんねえこと学習してんじゃねえ!」
アオイドス#1「ほう、チョコレイトか? さすが
 (団長)だ、気が利いている。
 早速、頂こうじゃないか。」
「む……これは……!
 イドに訴えかける甘さ……
 アガペーに包まれるような柔らかさ……」
「まさにカオスであり、コスモス!
 君のパトス、確かに受け取ったぞ……!」
「今日はバレンタインだぞ、団長。」

「甘い恋、甘いチョコ、アオイドス……
 ああ、世界はこんなにも愛おしい……」
#2「ほう、今年も俺にチョコを?
 君の配慮にはいつも感心させられる。」
「俺もバンドのフロントマンとして、
 メンバーに配慮するべきだろうが……」
「馴れ合った関係では、
 練習で緊張感が失われてしまう。
 それはGIGにも影響するだろう。」
「すまん、アカイドス、キイロイドス!
 俺は心を鬼にして、チョコを贈らん!
 いつか音の雨が止む、その日まで……」
Ahhhhh――……ッ!
アギエルバ#1「ハッピーバレンタイン!」
「アルドラたんがチョコをくれてよぉ!
 いやぁ、娘の成長ってのは
 嬉しいもんだなぁ……」
「いつか他の奴に渡す日が
 来ると思うと……ぐすっ。」
アルドラ
 「ハッピーバレンタインでしゅ!」

アルドラ
 「ん〜?
  団長しゃん、さっきから
  いったりきたりしてどうかちましたか?」
#2「ハッピーバレンタイン!
 おっ、チョコレートくれんのか?」
「子持ちのおっさんに
 気ぃ遣わせて悪いな!
 本命にもちゃんと渡せよ?」
「……はっ? よ、よせやい!
 大人をからかうんじゃねぇ!」
#3「そうか、今日はバレンタインだったか。」
「今年も俺に用意してくれたのか?
 なんだが気を使わせちまって悪ぃな。」
「ありがたく、アルドラたんと
 いただくとするぜ。」
「ありがとうな!」
アザゼル#1「ブラッディ・バレンタインだ、
 (団長)!」
「どいつもこいつも腑抜けた顔を
 しやがって……
 フン、実にくだらん風習だ。」
「もう2度と浮かれる気になれんほど
 この俺がチョコを真っ赤に染めてやる。」
「ククク、そうだ、それがいい!」
「手始めに、(団長)、
 お前のチョコレートからだ!」
「おい、ぐずぐずするな!
 お前の持っているチョコレートを
 俺に寄越せと言っているのだっ!」
「フフフ……フフハハハ……
 ブラッディ・バレンタインだ団長!」
アルタイル#1「バレンタインの贈り物を私に?」
「ふふ、(団長)殿のお気遣い
 ありがたく頂戴しましょう。」
「ちょうどティータイムにしようと思って
 いたところです。(団長)殿も
 ご一緒にいかがですか?」
「おいしい緑茶を淹れましょう。」
「ハッピーバレンタイン。」

「ハッピーバレンタイン。
 ん、この本ですか?
 チョコレート菓子の
 レシピ本ですが、何か。」
#2「おや、今年はチョコレートではなく
 和菓子を用意してくださったのですね。」
「前回、私がティータイムに
 緑茶をふるまったことを
 覚えていたようですね。」
「バレンタインとは趣が異なりますが
 今年はこの和菓子に合う
 抹茶を点てましょう。」
「私たちなりのバレンタインを
 楽しむといたしましょうか。」
アルベール#1「ハッピーバレンタイン。」
「俺にチョコレートをくれるのか?
 ふふっ……君から貰えて嬉しいよ。
 ありがとう。」
#2「うん?
 俺にこれを?」
「フッ……
 まさか、君からチョコレートを
 貰えるとは……」
「嬉しくて、にやけてしまいそうだよ。
 ……大事に食べる。
 ありがとうな。」
#3「はぁ……はぁ……はぁっ!?
 なんだ……、(団長)か。
 驚かすんじゃない。」
「実は、街の女性達に追われていてな。
 ……どうしてって、
 バレンタインの贈り物だよ。」
「堂々と受け取ればよいのだが、
 集団で押しかけられてな……
 勢いに呑まれて思わず逃げてしまった。」
「? ……(団長)、
 今、何かを後ろに隠したな?」
「……何でもない、だと?
 俺に嘘をついても意味がないことは、
 よく知っているだろう?」
「いま後ろ手に持っているものを、
 見せてもらおうか。」
「……その小包を……俺に……?
 ……そういうことか。
 察しが悪くてすまなかった。」
「たくさんもらって迷惑だろう……だと?
 何を言う! 迷惑なものか!
 とても嬉しいよ。」
「フッ……
 君からの贈り物は特別だ。
 本当にありがとう。」
イングヴェイ#1「ほぉ、チョコだと?
 悪いな、気を遣わせちまったようだ。」
「それともまさか、俺が本命か?
 だとしたら艇の男共全員に恨まれるな。」
「まぁ、俺はそれでも構わんが。
 ……いずれにせよ、ありがとう。」
#2「おいおい、今年も俺にチョコだと?
 ありがたいが、覚悟は出来てるのか?」
「歳を食おうがなんだろうが、男ってのは
 馬鹿な生き物だ。毎年もらえば
 誤解して舞い上がっちまう。」
「ふっ……
 まぁ、忠告はしたぜ?
 来年を楽しみにしてる。」
ヴァイト#1「ハッピーバレンタイン。」
「ありがとう。(団長)さん。」
「必ずくれると思っていたよ。
 フフ、やっぱり○○サンに
 とって僕は特別ってことかな?」
「全く悪い気はしないよ。
 むしろ、歓迎だ。お返し、
 楽しみにしておいてくれ。」
「ハッピーバレンタイン」

「団長サン。
 もちろん、僕にくれるんだよね?」
#2「(団長)サンの想い、
 確かに受け取ったよ。」
「フフフ……やっぱり
 (団長)サンなら
 僕の眷属にしても……」
「掟を破るのは忍びないけど、
 (団長)サンが自ら望むなら、
 僕も応えよう。」
「痛みはないさ。
 怖がる必要はない。
 すこしチクっとするだけだ。」
「フフフ……あくまで、
 (団長)サンが、
 望むならの話さ。」
「もしその気になったら、
 いつでも言ってよ。」
「フフフ……」
ヴェイン(SSRver)#1「ええっ!? 俺にもチョコくれるの!!
 チョッコレート! チョッコレート!」
「信じられん!」
「本当にありがとうございます!」
※テキスト上の差異
#2(SR版 初登場verと同一)
#3
ウーノ#1「おや……?
 このチョコレートを私に……?」
「ふふ、そうか……
 いや、何だか妙な気分だね。」
「世界を憂うあまり自分自身のことは、
 どうにも蔑ろにしがちでね。」
「しかし、人の心を持たぬ者が、
 世界に安寧をもたらせるはずもない……」
「ありがとう。
 自分自身を取り戻す、
 良い機会になったよ。」
#2「おや……?
 今年もチョコレートをくれるのかい?」
「ふふ、ありがたく頂戴するよ。」
「そんなに嬉しそうに見えるかい?
 ふふ、そうかもしれないね。」
「一年が過ぎても、変わることなく
 自分を想ってくれる相手がいる……」
「それはとても素晴らしく、
 かけがえのないことだ。」
「(団長)のように、
 皆が誰かを想う気持ちを持っていれば、
 世界から争いはなくなるだろう。」
オイゲン(リミテッド)#1(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
オクトー#1「バレンタイン……バレンタインか。
 近頃はハイカラな祝い事が
 増える一方だな。」
「とはいえ、
 時流に乗るもひとつの習い、
 うぬも甘味を食するがよい。」
#2「ふむ、我にこれを恵むか。
 礼を言おう。」
「与えられることに
 嫌悪を覚えるは
 若い印よ。」
「周囲を見、学び、
 それでこそ身につくものもある。」
「己が身のみで得られるもの
 ばかりではないと、
 知るのも良かろう。」
「……さて、茶でも淹れるか。
 うぬも飲むであろうな?」
#3「ふむ、バレンタインに因んだ
 チョコレート……か。
 貰っておこう、礼を言う。」
「我がこのような
 催し事に関わろうとは、
 この世は先の読めぬことばかりよ。」
「己が身ひとつで学べることなど、
 狭きものよな。」
「畢竟、ヒトというものは
 他者と交わらねば理を学ぶも
 ままならぬのかもしれん。」
ガウェイン#1「なに……? そのチョコを
 俺にだと……? そうか、
 今日はバレンタインとやらだったな。」
「ふん……まぁ、いまさら貴様から
 チョコをもらったところで
 どうとも思わんが…」
「せっかくだ、
 ありがたく受け取っておいてやろう。」
「ふん……
 想いを伝える日とは、
 またまどろっこしいことを。」

「考えていることなど、
 いついかなる時であろうと
 さっさと言ったらいいだろう。」

「なあ団長、
 貴様もそう思うだろう?」
#2「はは、貴様は物好きだな。
 また今年も俺にチョコを渡すか。」
「ふん、まぁ……
 貰っといてやるがな。」
「また来年も……
 貰ってやらんことも無い。」
「あ、ありがとな。
 (団長)。」
#3「ふん、毎年懲りずによくもまぁ……
 つくづく酔狂な奴だな、貴様は。」
「味も……いや、
 味は貴様、上達しているな?
 去年よりも心なしか美味い……」
「くくく……これならば、
 来年も期待できるな……
 楽しみにしているぞ。」

か行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
カトル#1「毎年バレンタインになると、
 姉が律儀にチョコレートをくれるんです。」
「あの無愛想な姉が、
 チョコを作ってるところを想像すると、
 なんだか微笑ましいですよね。」
「今日はバレンタインですね」
#2「……え?
 今年も(団長)さんから
 僕にチョコをくれるんですか?」
「去年は喜び方が良く分からなかったので
 思わず他人行儀な態度を取ってしまい、
 もう貰えないものと思っていたので。」
「え……もう他人じゃ、ない?
 そ……それは……
 ふふ……そうかもしれませんね。」
「では……せっかくなので
 後でゆっくり味わって
 頂きたいと思います。」
「……あ、そうだ忘れるところでした。
 バレンタインのチョコレイトを
 どうもありがとうございました。」
#3「今年も僕にチョコをくれるんですか?
 えっと…………
 どうもありがとうございます。」
「あの……お返しは
 何がいいですか?
 リクエストがあれば聞きますよ。」
「え……僕に選んでほしいんですか?
 あまりそういったお菓子は
 詳しくないんですが……」
「仕方ありません。
 姉に相談……いや……
 僕の方で選んでみます。」
「……好みから外れても文句は
 言わないでくださいね。」
ガンダゴウザ#1「ハッピーバレンタインなりぃッ。
 ……ん、なんぞ、ワシにくれるのか?
 甘いもの? うむ、嫌いではない。」
「拳豪たるもの栄養補給は命の要。
 ……ありがたく食べてくれるわ。
 ガハハハ……」
#2「ぬぅぅぅぅっ……
 (団長)殿、ニコニコであるな。
 なんぞ、良いことでも――」
「ハッ……
 左様であったか。」
「本日はバレンタイン……
 世の乙女達が心落ち着かぬ日……」
「斯く言うワシも、若き頃は
 ご婦人方からよく頂いたものぞ。」
「ガハハハ
 この肌もちょうどその頃、
 チョコレートの食べ過ぎでな……」
「ん、なんぞ?
 全然面白くないとな?」
「ぬぅぁっはっはっはっは……
 そうかそうか。大拳豪、渾身の
 冗談であったのだがのぅ……」
#3

さ行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
サルナーン#1「私にもチョコレートを?
 そういう事なら、
 もらっておきましょう。」
「いいですか、ハニー。 誤解があっては
 いけませんが、私は決して
 (団長)になびくつもりは……」
「はぁっ!?
 べ、別にどうでもいいですって!?
 好きにすればって!? えっ!?」
「それ本気じゃないですよね!?
 からかってるんですよねぇ!?
 ちょ、ハニー!?」
「ハッピーバレンタイン!」

「私にもチョコレートを?
 そういう事なら、
 もらっておきましょう。」
#2サルナーン
 「おや……
  チョコレートをいただけるんですか?
  貰える物は貰っておきましょう。」
 「魔法を使う際に色々と消耗しますから、
  甘い物はありがたいですね。」
 「ハニー、繰り返しになりますが、
  私は(団長)に気があるわけでは
  ありませんからね。」
 「ハニー以外に特別な感情を抱かないのは
  当然のこと、
  付け加えるなら歳の差もありますし。」
ハニー
 「「…………」」
サルナーン
 「……え、どちらにせよ不健全とは……?
  ちょっと、それどういう事です?
  あの、詳しく説明してもらえます?」
#3「ああ……毎年この日がもどかしい!」
「ハニー! なぜ君が目の前にいるのに!
 ハニー!
 なぜ僕は指先ひとつ
 触れられないのか! ああ、ハニー!」
「おや(団長)。
 なにかご用でしょうか?」
「む、今年も私に
 チョコレートを用意したのですか?
 マメですね。ありがとうございます。」
「実を言うと少し楽しみにしていました。
 去年いただいた物も
 美味しかったですからね。」
「素敵な贈り物をいただいて嬉しいです。
 惜しむらくは……今年もハニーから
 受け取れないということ、一点のみ!」
「ああ、ハニー! なぜ君は!
 ああ、ハニー! なぜ未だ肉体を!
 持てずにいるというのか!」
「あぁあ!」
サルナーン(闇属性)#1(初登場verと同一)
#2「おや……?
 そうでした。
 今日はバレンタインでしたね。」
「このように、
 団員のために
 手間を惜しまない貴方は……」
「深い愛を持っているという点で、
 私と似ているのかもしれませんね。」
「チョコレート、ありがとうございます。」
「時間はかかるかもしれませんが、
 最後まで大切にいただきます。」
#3「(団長)、今年も私に
 贈り物をくださるんですね。
 ありがとうございます。」
「ふふ……やはり、いいものですね。
 こうして贈り物に、
 直に手で触れられるというのは。」
「こんな事があるたびに、
 いつか人間になたハニーと
 過ごす日々の喜びを思い浮かべます。」
「きっと、京都は比べ物に
 ならないほどの喜びが私の体を
 支配するのでしょう。くくく。」
「……変な勘違いしないでくださいね。
 (団長)からの贈り物に
 興味がないわけでなく……」
「きっとこの先味わうはずの至上の
 喜びには及ばないだろうと思うだけで、
 私はとても嬉しいです。」
「ふふ。
 ありがとうございます。
 (団長)。」
シエテ#1「今日はバレンタインデーだな。」
「(団長)はチョコをもらったのかい?
 俺? 俺は優に三千個はもらったな……」
「えっ、これは冗談じゃないぞ、
 はははは!」
「今日はバレンタインデーだな。」

「団長はチョコをもらったのかい?
 俺? 俺は優に三千個はもらったな……
 えっ、これは冗談じゃないぞ、
 はははは!」
#2「去年は三千個っていう冗談が
 全然通じてなくて困ったなぁー
 あっははー、どうしよっかなー」
「……え?
 今年は何個チョコもらったって?
 ……ええっと、そのー」
「今年はねー、一万個は固いよ!
 (どうだ! これならさすがに、
 冗談って通じるだろう!)

「……じゃあ今年はチョコいらないね?
 って、
 ……いやなんで!」
「(団長)ちゃんのチョコは
 特別っていうか……ほら!」
「一万個は、剣拓取らせてもらった人達に
 全部送ったから、日ごろの感謝として!
 いつも使わせてくれてありがとうって!」
「……じゃああげますって。ははは、
 ひょっとして(団長)ちゃん、
 俺の反応見て楽しんでないかーい?」
#3「今年もらったチョコの数?
 たっっっくさんだよ。
 もう数えきれないくらい!」
「もう、モテモテすぎて困っちゃうなー
 チョコの重みで騎空艇も
 沈んじゃいそうだよー、ははは!」
「あれ? (団長)ちゃん……?
 ねぇ、泣いてるの?
 え? どうして? ねぇ?」
「そうかそうかー
 そんなに俺のことが好きかー
 モテる男は罪だなー あははは!」
「って、(団長)ちゃん……
 いつまで泣いてるのー?
 ほらほら、顔上げて? ね?」
「え……マジなの……?
 そ、そうかそうかー!」
「あー、でも貰ったやつは全部フュンフと
 サラーサに食べられたんだったー
 だから俺は腹ペコだなー 困ったなー」
「じゃあこれどうぞって、あははは……
 (うっそーん! (団長)ちゃん
 泣く演技上手すぎるでしょ!?)

「ありがとう、(団長)ちゃん。
 でも、女の武器はここぞという時以外は
 駄目だよー?(マジ焦るから!)
シス#1「バレンタイン……?
 なんだそれは。」
「俺に、チョコを……くれるだと!?
 なんだ……いったい何を企んでいる……」
「感謝の気持ち、だと……
 ……ならば俺からも、
 お前にチョコレートをくれてやろう!」
「バレンタイン……?
 なんだそれは。」

「俺に、チョコを……くれるだと!?
 なんだ……いったい何を企んでいる……」

「感謝の気持ち、だと……
 ……ならば俺からも、
 お前にチョコレートをくれてやろう!」
#2「バレンタイン……か。」
「……覚えているぞ。
 1年前、感謝の気持ちだと
 チョコレートをくれたな……」
「…………」
「………………」
「…………っな!
 焦らしてるつもりか!?
 ば、馬鹿にするな!!」
#3「……バレンタイン、か。
 感謝の気持ちを伝えるというのは
 表向きで……」
「……意中の相手を
 落とす日だ、と
 艇の連中から聞いた……」
「これを使うといい……
 カルム一族に伝わる劇薬だ。」
「これをチョコレートに仕込んで
 意中の相手に食わせるだけだ……」
「ほんの欠片、口にしただけで
 そいつを闇に葬ることができる。」
「なに……ッ!?
 落とすの意味が……違う、だと!?」
シャノワール#1「フフフ……
 この完璧な変装なら、誰も私が
 シャノワールだと気付くまい。」
「いや、(団長)には
 気づかれないと困るが。」
「……おい、(団長)!
 この程度の変装を見破れないとは、
 どうした! 見損なったぞ!」
「……なに? 放って置けば、
 ここに現れると思っていた、だと。」
「フッ……見事だ。私自ら正体を
 明かさせるように仕向けるとは、
 なんたる慧眼。」
「やはり(団長)の才能は、
 末恐ろしいな……」
「ん……私にチョコを、くれる?
 な、ならば、今回は有り難く
 受け取っておこう。」
「だが、この次はそう簡単に行くと
 思わないでくれたまえ。
 では、さらばだ! (団長)!」
#2「フフフ……
 今年も変装は完璧だ。」
「去年はうっかり(団長)の策に
 嵌まってしまったが、今回は絶対に
 (団長)の方から見つけてもらう!」
「ん? この花びらは……!」
「……倉庫の方から来ているようだ。
 行ってみるとしよう。」
「さて……私はここだ。
 私の名を騙る悪党よ、
 姿を見せたまえ。」
「……ん、(団長)か?」
「フッ……なるほど。
 また私は君の策に嵌まってしまった
 ということか。」
「見事だ。あの珍種のバラを
 よくぞ特定し、入手した。
 さすがの洞察力と探索力だ。」
「フフフ……チョコをくれるのかい?
 では、敬意を表して
 ありがたく頂いておこう。」
「だが、もうこの手には引っかからない。
 次こそは君の方から来てもらおう。
 さらばだ!」
シャリオス17世#1
ジークフリート#1「バレンタインおめでとう。
 敬意を込めてプレゼントを
 贈る日だそうだな。」
「……ん、男からは要らない……?」
「ハッピーバレンタイン」

「バレンタインおめでとう。
 敬意を込めてプレゼントを
 贈る日だそうだな。」
#2「ふっ……昨年は俺から(団長)に
 プレゼントを贈ろうとする、
 大変な失態を犯してしまったからな。」
「今年は……
 どんなプレゼントにも対応できる、
 心構えを数日前から整えてきた。」
「さぁ、(団長)。
 いつでも好きな時に渡してくれ。
 ……ん……渡しづらい、だと?」
「そ、そうか……こ、こういうものは、
 その……男女の機微というか……
 予想外の反応が大切だったのか?」
「ぐっ……俺としたことがまた失態を!
 (団長)もう一度俺に機会をくれ。
 その入り口から入り直してくれないか?」
#3「バレンタインデーか……
 今年こそは(団長)に
 失礼のないようにしなければな。」
(噂をすれば(団長)だ。
 よし、遠くを見て気付かないフリを
 しているか……)

「…………」
「………………………………
 ………………………………」
「ん? 俺の体調が悪そうだと?
 心配ない。俺は頗る快調だ。」
「……ん。まさか、
 気付かないフリをしたことで
 要らぬ不安を煽ってしまったか?」
「そうか……さぷらいずを成功させるには
 自然体である必要があったのだな。」
「くっ……俺はまた何たる失態を!」
「挨拶、談笑、拝受……
 よし、わかった。」
「(団長)、
 毎度のことですまないが
 もう一度俺に機会をくれ。この通りだ。」
ジークフリート(浴衣ver)#1
#2
#3
セルエル#1「ん? 私にチョコレート、ですか。
 お気遣いありがとうございます。」
「はむ……まぁ、
 及第点は差し上げましょう。」
「僅かながらでも、
 貴方にお菓子作りの
 才能があったとは驚きです。」
「ただ、いささか不手際が
 目立つようだ…… 今度、
 私が一から指導をして差し上げます。」
「あと欲を言えば、ノイシュの淹れた
 紅茶と共にいただきたいですね。
 もちろん貴方も一緒にです。」
「ハッピーバレンタイン。」

「ん? 私にチョコレート、ですか。
 お気遣いありがとうございます。」
#2「これを私に? そうですか。
 (貴方)のお心遣いとあらば
 受け取らないわけには参りませんね。」
「なんですか?
 ここで開けてはならない、と?」
「それはどういう意図か
 お伺いしても?」
「ふむ……
 目の前で品評されたくない、と。」
「私の事を鬼とでもお思いで?
 ……まぁいいでしょう。」
「それでは、リクエストにお答えして、
 こちらはじっくり、自室にて味わわせて
 いただくこととします。」
「感想は、後日、書面にまとめて
 お渡しさせて頂きますね。」
「ただ……(貴方)が厨房に立つ姿は
 とても好ましく思っています。
 では。」
#3「これを私に……
 なるほそ、バレンタインですか。
 礼を言います。」
「解っています、
 目の前での品評は禁止なのでしょう。」
「きちんと味わって、
 あとで書簡にて
 感想をお伝えしましょう。」
「昨年よりも
 腕前が上がっていることを
 期待しますが……どうですかね。」
「フッ……実に楽しみです。」

た行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ドランク(リミテッド)#1
#2

な行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ネツァワルピリ#1「バレンタインとな? はっはっはっ!
 そのような風習が
 外の世界にはあるのだな!」
「む? それを我に……?
 そうかそうか!
 ありがたくいただくとするぞ!」
「はっはっはっ!
 我は大酒のみだが、
 甘いものも嫌いではないぞ!」
「バレンタインとな? はっはっはっ!
 そのような風習が
 外の世界にはあるのだな!」
#2「ほう、それを我にくれるというのか!
 むう。
 これはバレンタインというものだな?」
「ありがたくいただこう!
 なに? バレンタインが何かを
 知っているかとな?」
「うむ。去年もこうして
 貰ったではないか。」
「(団長)殿に教わったことは
 全て覚えているとも。」
#3「またしてもチョコレートを
 貰えるとは、感謝である!」
「娘達にとって、
 今日は大事な日らしいではないか。
 我とて、日夜、文化を学んでいる。」
「感謝をこめて贈る場合と
 想いを寄せた者に贈る場合と
 二通りあるのだろう?」
「本命とやらも、義理とやらも、
 我は大歓迎であるぞ!」

は行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
バウタオーダ(SSRver)#1(SR版と同一)
#2
#3
バザラガ#1「む? 俺に菓子をくれるのか?
 ……ああ、バレンタインという奴か。」
「団員全員に配って回るとは、
 マメな事だ。」
「バレンタインだからといって
 張り切りすぎだ、(団長)。」
「今朝からずっと準備をしていただろう。
 見張りは俺に任せて休んでいろ。」
#2「このチョコレートを……俺に?
 ……そうか。」
「ありがとう、(団長)。
 大事に食べるとしよう。」
「……バレンタインだからと言って、
 また早起きして準備していたのか?」
「ならば、今日は休んでいろ。
 お前の用事は俺が済ませておく。」
「任せておけ。これで昔、
 騎空団にいた事もある。よろず屋との
 依頼の段取りもお手の物だ。」
#3
バザラガ(土属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3
パーシヴァル#1「今日はバレンタインか……
 悪いが俺は甘いものが苦手でな。」
「ん……なっ! そ、そんな悲しい
 顔をするな……わかった……
 お前のだけは特別にもらってやる。」
「ハッピーバレンタイン」

「今日はバレンタインか……
 悪いが俺は甘いものが苦手でな。
 ん……なっ! そ、そんな悲しい
 顔をするな……わかった……
 お前のだけは特別にもらってやる。」


「甘いものが苦手だというのに、
 この時期は沢山チョコレートが届いたなぁ。
 かといって、捨てるのもしのびないので
 代わりに騎士団の仲間に
 食べてもらっていた」
#2「……誰だ? なんだ、(団長)か。
 こんな早朝に部屋の前でどうした?
 ……チョコを一番に渡したかった?」
「ふっ……外はまだ冷えるだろう。
 さぁ、早く中に入れ。
 何か温かい飲み物でもいれてやる。」
「ん……今年は甘さを控えめにしただと?
 ならばその労に応えぬ訳にはいかぬな。
 どれ、とっておきの茶を淹れてやろう。」
「……さて、後は湯が沸くまでのひと時、
 そうだな、互いの質問に一つずつ
 答えながら待つ、というのはどうだ?」
「なぁに、ほんの気まぐれのお遊びだ。
 では、俺から行くぞ……」
#3パーシヴァル
 「準備はいいな?
  では、この街の視察に行くぞ。」
 「ん、(団長)、震えているのか?
  こんな寒空の下に薄着で出るからだ。」
 「新しい服を買ったから……
  ふん、ならば時と場所を選んで着ろ。
  そんな恰好で風邪でも引かれたら困る。」
 「今温めてやるから
  少し下がっていろ。」

パーシヴァルが剣の切っ先を
軽く掌で撫でると、ゴウと音を立てて
深紅の炎が立ち昇った。

パーシヴァル
 「ふっ……震えは止まったみたいだな。」
 「ん? バレンタインのプレゼントを
  くれるのか……
  ふっ、ありがたく貰っておこう。」
 「熱気で溶けてしまっては味が落ちる。
  早速お前の作ってくれた
  チョコを頂くとしようか。」
パーシヴァル(水着ver)#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3

ま行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
マルキアレス#1「ふぉふぉふぉ、(団長)殿よ。
 すまんのう、ワシのような老いぼれに
 本命のチヨコレイトなど……」
「ほえ? 本命じゃない?」
「そうか……それは残念じゃのう。」
「(団長)殿は
 いつもワシに親切にしてくれるもんで
 つい勘違いをしてしもうたわい……」
「すまぬのう、恥ずかしいのう……
 いや何とも居たたまれんので、
 ちょいと照れ隠しの爆裂をばーー」
「イヤアアアアアアアオウ!」
#2「ほえぇぇぇぇ……
 チョコレイトじゃぁぁぁぁ……」
「(団長)殿、いつもすまんのう。
 ワシのような者にも
 感謝を忘れぬとは立派な若者じゃ。」
「もし、(団長)殿が
 我が弟子であれば大アストラルの秘奥義、
 余す所なく教えておったところよ。」
「ふむ、秘奥義とは……
 是即ち爆裂魔導術なり。」
「要領はこのチョコレイトと同じじゃ。
 気持ちを込め、一心に思い、
 念じるが如く祈りを捧げる。」
「さすれば自ずと爆裂の花は咲き誇り、
 念じた分だけ大きな実を落とすだろう。」
「ん? 講釈は苦手であったかのう?
 ならば実践して進ぜよう。」
「ウィィィィ……
 イヤアアアアアアアオウ!」

や行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ユーステス#1「バレンタイン……
 知らない文化だ。」
「団長、お前がくれた
 これは何を意味する。」
「感謝を伝える日、か。
 ……本当か?」
「大丈夫か。顔が赤いぞ。」
「……フフッ、冗談だ。
 本当は知っている。
 今日は何という日か。」
「感謝する。じっくり味わおう。」
「ハッピーバレンタイン。」

「感謝する。じっくり味わおう。」
#2「感謝する。」
「……なんだ。
 物足りないか。」
「……こっちへ来い。」
「頭。
 嫌でなければ撫でてやる。」
#3
ユーステス
(ハロウィンver)
#1(初登場verと同一)
#2
#3
ヨダルラーハ#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3

ら行 Edit

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ラカム(リミテッド)#1(SR版 初登場verと同一)(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
ランスロット#1「ああ、そう言えば、
 今日はバレンタインだったな。」
「俺にも用意してくれたのか……
 ありがとう! チョコレートも
 マカロンも、甘いものは大好きなんだ!」
「ああ、そう言えば、
 今日はバレンタインだったな。」

「俺にも用意してくれたのか……
 ありがとう! チョコレートも
 マカロンも、甘いものは大好きなんだ!」
#2「おお! (団長)は
 今年も俺に甘いモノを
 用意してくれたのか?」
「もちろん喜んで頂くよ!
 わぁ……可愛い包装だな?
 ちょっと味見してもいいか?」
「ん……はむっ……う、美味いな!
 こんなに美味しいもの初めて食べたよ!
 一体どこで手に入れたんだ?」
「なっ!? これが手作りだって?」
「……(団長)は
 何でもできるんだな
 本当に、心から尊敬するよ!」
「ところで……
 もう本命チョコは渡したのか?
 ……ん、急に黙ってどうした?」
「ふふっ……そうかそうか。
 言うのが恥ずかしいんだな?」
「お返しに、俺でよければ
 いつでも相談に乗るから、
 気軽に言ってくれよな!」
#3「ふぅ……やはり鍛錬は楽しいな。
 休憩が終わったら、
 次は何をする?」
「ん? チョコを持ってきたのか?
 差し入れなんて気が利くな。」
「……え? ……あ、そうか。
 今日はバレンタインデーか。
 すっかり忘れていたな……」
「ありがとう。今年も
 貰えるなんて本当に嬉しいよ!」
「はむっ……美味い!
 柑橘系のいい香りがするな。
 運動した後にピッタリだ。」
「こんなに優しさのこもった
 チョコを直々に貰えるなんて。
 俺は王都一番の果報者だよ。」
「さて、そろそろ鍛錬を再開するか……」
「(団長)?
 顔が赤いけど、大丈夫か?
 鍛錬で無理しすぎたか?」
「ならもう少し、ここでゆっくり
 話をしていようか。」
ランスロット(風属性)#1
#2
#3
ルシオ#1「(団長)。
 改まって、私に話とは、いったい……」
「ああ、内密に、とのことでしたので。
 ここならば人はおろか、魔物の出入りも
 数万年ありませ……」
「は?
 チョコレート、ですか……?」
「これは……
 気づきませんでした!
 感謝します、(団長)!」
「危うく、また無用な争いを生むところ
 でした……私は、しばらく、この地に
 とどまりましょう。」
「ですが……こちらは
 ありがたくいただいておきますよ、
 (団長)。」
「バレンタイン……ですか?」

「好意の証を、数や金品で
 計るのは、恥ずべき行いですよ」
#2「バレンタインの贈り物、
 ありがとうございます。
 大切にいただきましょう。」
「ええ。今年もこの地におりました。
 私が外にいては無用な争いが
 起きてしまいますので……」
「ここはいったい何なのか、ですか?
 難しいですね。人の言葉では
 数日を費やしても説明が終わりません。」
「ふふ、ここに何があるのか
 気になりますか?
 探検してみるのもいいでしょう。」
「ただしお気を付けください。
 ひとたび足を踏み外せば戻ることが
 難しくなりますので。」
「では、ご案内いたしましょう。
 決して、私の手をお離しにならぬよう。」
ロミオ(SSRver)#1「(団長)? ん?
 これを僕に?
 甘い匂いがするが……」
「チョコレート?
 ああ……
 今日はバレンタインだったな。」
「もしかして、
 気を遣わせてしまったんだろうか……
 すまない、ありがとう。」
「僕は大丈夫だ。
 確かに、ジュリエットへの気持ちは
 少しも消えてはくれないけれど……」
「今はこうして
 彼女を想い続けることさえ、幸せだと
 思えるようになってきたからな。」
「ハッピーバレンタイン。」

「大切な人に想いを伝える日か……
 今の僕には、とても羨ましく思えるよ。」
#2「これはバレンタインの……?
 ありがとう、(団長)!
 相変わらず、君は律儀で優しいな。」
「…………バレンタイン、か……」
「ああ、すまない。こういう日は、
 どうしてもジュリエットのことを
 思い出してしまって……」
「いや、これでは君に失礼だな。
 でも、どうしても君には
 甘えてしまうみたいだ。」
「(団長)は、僕が心からの
 本音を語れる、数少ない
 大切な友人だからな。」

わ行 Edit

現時点では無し

コメントフォーム Edit

雑談・感想板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「HAPPY VALENTINE!」?

お名前:

セリフ情報提供板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「HAPPY VALENTINE!」/セリフ情報提供?

お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-20 (火) 03:17:37