このエントリーをはてなブックマークに追加

「謹賀新年!」キャンペーン (R)

季節ボイス集 > お正月 :( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
謹賀新年!キャンペーン
 

 


 

このページについて Edit

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「謹賀新年!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧 Edit

あ行 Edit

キャラクター種別台詞
アリステラマイページ
#1「あー、はいはい。
 あけましておめでとう。」
「ところで、君さ、
 お年玉って知ってる?」
「…………」
「この場合、考えられる仮説は
 大きく分けて2つだね。」
「仮説1、
 君が僕を馬鹿にしているパターン。」
「仮説2、
 君が正真正銘の馬鹿だったパターン。」
「さ〜て、どっちだろ〜ねぇ。」
#2「だから(団長)!
 何度も言ってるでしょ!」
「馬鹿なの? わかんないの?
 てか、こんなの常識じゃん!」
「お雑煮におもちをいくつ入れるか、
 そう尋ねられたら、君は何て答える?」
「うん、2つだね。
 でも母上は3つ茹でてくれるんだ。」
「え、何故かって?」
「当然、おもちは茹でるのに
 時間がかかってしまうからね。」
「それなのに、実に不思議なことに
 お雑煮という代物は
 食べているうちに、何だか……」
「あれあれ? もう1個食べたいなぁ〜
 2個って言ったけど3個って言えば
 よかったなぁ〜」
「って、そう思ってしまうものなんだ。
 だから母上は必ず申告されたおもちの数
 プラス1個、を茹でるものなのだよ。」
「そう、これが
 お雑煮に入れるおもちの逆説。
 学会を騒がせた究極の難問の1つさ!」
「どう、勉強になったかい?
 わかったらすぐにもう1個茹でるよ!
 ほら、(団長)、急いで!」
アンナマイページ
#1カシマール
 「ダンチョー!
  ハツモウデイコウゼ!
  ハツモウデ!」
アンナ
 「(だ、団長)さん……
  その、もし時間があったら……」
 「え? い、いいの……?
  やったぁ……!
  あ! ま、待って! えと、その……」
 「みんなと一緒じゃなくて……
  さ、三人がいいな……ボクと
  (団長)さんと、カシマールで……」
#2「(だ、団長)さん……!
 い、1年の計は、元旦にあり、って……
 お婆さまが、よく言ってたの……」
「ボ、ボク……だからえっと……
 あの……ボ、ボク……!」
「だ、誰よりも早く、一番に
 (団長)さんにあけまして
 おめでとうって言いたかった、の……!」
「へへ……こ、これで、今年も、
 (団長)さんと
 一緒にいられるかな……」
「こ、今年も、よろしくね……?」
#3アンナ
 「ああああけまして、おめでとう……!」
 「ふぅ……えっと、新年のあいさつ……
  (団長)さんに、
  ボ、ボクが一番に言えたかな……?」
カシマール
 「ネズニマッテタンダゼ!
  トウゼンイチバンダヨナ!?」
アンナ
 「カ、カシマール……!
  あのね、べ、別に、
  意地になってるわけじゃなくて……!」
 「ただ……(団長)さんの
  一番がほしかったから……」
 「だって……あの、えっとボク……
  今年も、(団長)さんと
  一緒に居たいんだ……!」
 「だから……これはボクなりの
  験担ぎのようなもので……」
 「だ、だから、来年も……
  (団長)さんの一番は
  ボクが、も、もらいにくるから……!」
 「今年もよろしくね……!」
アンナ(水着ver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
イッパツマイページ
#1「あけましておめでとうございます。
 今年は何杯のラーメンを
 食べられるのか……」
「まだ見ぬ出会いに胸が高まります!」
#2「あけましておめでとうございます。
 (団長)さん、
 新年の抱負決めましたか?」
「僕ですか?
 僕ぁもちろん!
 一杯でも多くのラーメンを食う、です!」
「あ〜、あとそれと、
 食った分だけ運動もしないと……」
「健康あっての旨いラーメンですからねぇ!」
#3「あけましておめでとうございます!
 本年もどうぞ宜しくお願いします。」
「いやぁ、この騎空団には
 料理上手な方が多いですね!」
「お節って正月料理、
 実に美味しいす!」
「ただ……あれですね、
 美味しすぎて口が驕るというか。」
「こりゃ本年一発目のラーメンは、
 慎重に選ばなくちゃなりませんねぇ。」
「いやぁ、贅沢な悩みだなぁ!」
イッパツ(水着ver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
ヴァンツァマイページ
#1「新たな年を迎えたな。
 今年はめでたいな……
 よし、今から新年初ケーキを作るぞ。」
「はは、ちょっと付き合え。」
#2「年が明けたな……
 だが、だが俺は……!」
「俺はまだ、
 何も手掛りを掴めていない……!」
「……すまない。
 ……謝ることは無い?
 力になる……?」
「……泣かせるじゃねぇか。」
「いや……なんでもない。
 お前はお人好しだな、相変わらず。」
「かつて俺は、お前のそういう所に
 危機感を覚えていた……だが、
 共に旅をし……幾度も救われた。」
「ありがとう。
 (団長)、
 今年もよろしく頼む。」
#3「ふふっ。
 騎空団の団員達はお祭り騒ぎだな。
 (団長)、何か用か?」
「モチをついてくれだと? ふむ、
 その杵というので、そのモチとやらを
 ぶっ叩けばいいんだな。よし!」
「いいか……行くぞ!!」
ぬりゃあッ!!
おぉッりゃッ!!
「な、なんだこのモチというヤツは……
 モチモチとして全く手ごたえが……
 はっ!? だからモチというわけか……」
「ふふ、はっはっは!」
ウィルマイページ
#1「あけましておめでとう。」
「お正月といえば、
 やっぱりスライムを思い出すよね。」
「あの、ぷにぷにっとした感触……
 まるでおもちのようじゃないか!」
「ああ……
 食べちゃいたいほどかわいいなぁ。
 キミもそう思うだろ?」
#2「あけましておめでとう。
 さぁ、寝ぼけてる暇はないよ。
 さっさと準備して出発しよう!」
「え、何を急いでるのかって?
 もちろん、今年の初魔物日記だよ。
 記念すべき節目は大事にしないとね!」
「当然、明日は年始二日目記念。
 そして明後日は年始三日目記念さ。
 ……あぁ、魔物が僕を待っているっ!」
#3「あけましておめでとう!
 いやぁ、今年も素敵な一年に
 なりそうだ!」
「うん?
 何か良いことがあったのかって?
 ふふふ、実はさっき『大凶』を引いてね。」
「説明文も凄惨きわまりないよ。」
「『旅の先々で未知の脅威アリ』
 『道中も危険に注意されたし』
 だってさ。」
ヴェリトールマイページ
#1「ハッピーニューイヤー」
「新しき年に幸多からんことを。
 君の旅路の無事を祈ります。」
「え?
 自分のことよりも、
 私の願いを祈って欲しいですって?」
「ふふふ、感謝します、
 (団長)君。しかしですね、
 それはできそうもありません……」
「私の願いが叶う時は、
 この艇を降りる時になりますから……
 ええ、私はまだここにいたいのですよ。」
#2「おっと……失礼。
 (団長)君、そこでストップだ。」
「いえ、今日だけは
 私に近寄らない方がいいと、
 私は申しているのです。」
「触れるだけでも惨事、
 ましてや話しかけるなど言語道断。」
「さもなくば、手痛い出費を
 はき出すことになりますよ。」
「ええ、そうですとも、
 やっと思い出しましたか。」
「私に関わると必ず
 金銭のトラブルに見舞われる。」
「そして、今日は新年……
 聞けば艇ではお年玉という
 金銭授与の風習が流行中とか。」
「ですから、私はどうあっても
 君に近寄ることは――」
「はっ、何を……」
「待ってください、どうして?
 君はそれでも、私とともに……」
「ふふ、ふふふふ……」
「まったく……
 君は本当に可笑しな人だ。」
「でも、本当に私とともに
 過ごしても恨まないでくれよ。
 私は確かに忠告したからね……」
ウェルダーマイページ
#1「あけましておめでとう!」
「凧上げ、羽子板、福笑い……
 どれで勝負する?
 俺は負けんぞ!」
#2「ハッピーニューイヤー!」
「明けましておめでとう!
 んー……っ! 清々しい気分だ!」
「聞くところによると
 新年には初詣に行って
 オミクジとやらを引くらしいな。」
「ふっふっふ、勇猛なる森の戦士
 フォレストレンジャーの強運を
 見せてやろう!」
「……ふぉーーーっ!!
 だ、だ、ダイキチ!?」
「ダイキチ出た俺すっげーーー!!
 見たか(団長)ーーーっ!!」
#3「明けましておめでとう!
 さあ、今年もオミクジを引こう!」
「俺は去年、大吉を出したが……
 「二年連続はないだろう」なんて、
 常識の範疇に留まる男ではないぞ?」
「ふっふっふ!
 見せてやろう、この俺の強運を――」
うわぁぁぁ!
 ほほほほ、本当に、また大吉だ!?」
「俺すっげぇ!
 というか、ちょっと怖ぇ!
 コレどう思う、(団長)!?」
ウェルダー(水着ver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
ウェルダー(クリスマスver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
エアロバイスマイページ
#1「あけましてめでてぇぜ。」
「あ、お年玉くれって?」
「へへ、言うと思ったぜ。」
「ちゃんと用意してっから心配すんねぃ。」
「受け取りやがれ、やっとこほいっとな。」
「なんでぇなんでぇ、
 ちっとも嬉しそうじゃねぇじゃねぇか。」
「そんなに鉄の玉が気にいらねぇか?」
「だっはっは! これが本当の
 落としだ―― って、なんだぁ?
 やっぱりそう言うと思っただぁ?」
「だっはっはっは!
 なま言ってんじゃねぇぜぃ。」
#2「あけましてめでてぇぜ!」
「なあなあ、(団長)、
 ちょっと聞いとくれよ。」
「雑煮ってぇの? あの餅が入ったヤツ。
 あれ、食ってて思ったんだけどよ。」
「餅と鉄って似てねぇか?」
「どっちもカチンコチンだが、
 熱すりゃトロトロんなって、
 形が変わんじゃねぇか。」
「な、そっくりだろぃ?」
「っつうことはよぅ……
 餅の代わりに鉄の玉ぶっこんだらよ、
 もっと美味ぇ雑煮になんじゃねぇか?」
「だっはっはっは!
 冗談に決まってんだろ。
 正月ジョークってヤツだ。」
#3「あけましてめでてぇな!
 (団長)!」
「なあなあ、(団長)、
 ちょいと聞いとくれよ。」
「さっき、甲板で餅つきっつうの?
 あのぺったんぺったんするやつ?」
「あれってやっぱり
 鉄に見えんだよ!」
「え? 去年も聞いただぁ?
 細けえことはいいんだよ!」
「合金料理人って呼ばれるオイラが
 言いてえのはなぁ!」
「あの餅に色々混ぜくりゃ
 一等美味え餅になるんじゃねぇか
 ってことなんでぃ!」
「なぁ、(団長)?
 今からオイラとこっそり、
 何か混ぜに行ってみねぇか?」
エシオマイページ
#1「あけましておめでとう!」
「新しい年、気持ちがいい。
 背筋がのびる。」
「古い年が去り、新しい年が生まれる。
 この日は、エシオたち一族にとっても
 とても大切な日。」
「……家族や一族の皆も、
 元気でいること、祈ってる。」
「一族のため、騎空団の仲間のため
 エシオ、今年もますますがんばる。
 だから、(団長)。よろしく。」
#2(んんっ、団長、んんっ)、大変だ!
「エシオ、初めて餅を食べた。
 そうしたら……」
「の、のびて……
 切れない!」
(んんっ、団長)!
 助けてくれ!
エルメラウラマイページ
#1「あけましておめでとうございまっす!」
「年初めの運試し、
 おみくじ入りのクッキーを
 どうぞ♪ でっす!」
#2「あけましておめでとうございまっす!
 さてさて!
 新年のおせちもアタシにお任せでっす!」
「モノはデカいに限ると言いますが、
 アタシ、こまごましたお料理も
 大得意なんでっすよ?」
「あちこちから取り寄せた
 縁起のいいお魚、お野菜、
 そしてマモ……えふん!」
「んふふ♪
 なんでもないでっす♪」
#3「今年のおせちは巨大なおせちでっす♪
 団員の皆さんの
 お腹はペコペコだと思いまっす!」
「全てのおかずが巨大サイズでっすので
 びっくりしないよう〜〜♪」
「ん〜ふふ♪
 皆さんに美味しそうに食べて頂き
 料理人冥利に尽きまっす♪」

か行 Edit

キャラクター種別台詞
カイラナマイページ
#1「あ、(団長)も行く?
 初日の出をバックに初波乗り!
 水面も整ってるし景色も最高なんだよ!」
「これをやらないと、新年がきた実感
 わかないんだよね〜
 さ! 早くいこ!」
#2「あけましておめでとっ!
 私はもう初乗りして来たよ〜!
 さいっこうだったぁ!」
「あー……
 心地よい疲れがどっ、と……」
「はぁあ……
 眠なってきちゃったな……
 このまま寝ちゃおうかな……」
「ねぇ(団長)、一緒に昼寝しない?
 ひとりで寝るのも一肌恋しくてさ〜」
「ふわぁあ……
 よし、そんじゃあ
 ねよねよ〜……」
ガラドアマイページ
#1「新年ってなぁ真っさらな気持ちで
 始めねぇといけねぇぜ。」
「なぁに、遠慮なんてするんじゃねぇ。」
「ほうれ、しっかり受け取れよぅ!
 ぴっかぴか、鋼鉄の丸餅だ!」
「って、ただの玉鋼だがなぁ。
 だっはっはっは!」
「これが本当のお年玉だぁっ!
 だっはっはっは!」
#2「だっはっはっは!
 ハッピーニューイヤーだな、
 (団長)!」
「ん? なんでぇ改まって……
 いつ見てもオレは元気そうだってか?」
「だっはっはっは!
 毎日熱い鉄鍛えてんだ。
 そりゃ元気にもなろうもんだぜ!」
「どうだい、おまえさんも
 一丁やってみるかい?」
「とん、ちん、かん!
 とん、ちん、かん! ってな!」
「だっはっはっは!
 そんじゃ景気よく、
 打ち始めといこうじゃねぇか!」
#3「だっはっはっは!
 ハッピーニューアイアーン、
 (団長)!」
「あん? 挨拶が間違ってるって?」
「いいんだよ、何せ、今、俺が作った
 新しい挨拶だかんな、だっはっは!」
「え? どんな挨拶だってえ?」
「んなもん決まってる。
 新しい鉄ができた時に
 その喜びを讃える挨拶だぜ!」
ハッピーニューアイアーン!
「ほれ、(団長)も一緒に言わんか。
 ハッピーニューアイアーン!」
「だっはっはっは!
 気持ちのいい鉄の誕生だ!」
カルテイラマイページ
#1「あけましておめでとうさん。」
「え、なんやて? お年玉が欲しい?」
「新年早々、会っていきなりおねだりか。」
「はぁ〜、よりによって、
 ゼニせびるんはどうかと思うでぇ〜。」
「ま、ウチやったら、
 も少し上手におねだりするけどなぁ〜。」
「(団長)はん、
 お年玉、ちょーだい♪」
#2「にしししし……
 (団長)はん♪
 ハッピーニューイヤーやでー!」
「ゆうてもやっ!
 その前にやなぁ……」
「台帳、ぺらぺらぺらぺら〜♪」
「あっちゃ〜
 アカンでぇ(団長)はん。」
「しこたまためてんやんかー
 こないにためてどないすんねん。」
「せっかく気持ちいい新年やで?
 ツケぇ全部返して、すっきりせな。」
「なんやったら……
 うち、手伝うたろか?
 なぁ、すっきりしとこうや。」
「は〜い、毎度あり〜♪
 心配せんでも利息は良心設定やぁ。
 債務整理はうちに任せとき〜」
「にしししし……
 どんどん膨らんでくなぁ〜
 あんたの借金♪」
#3「にしししし、(団長)はん……
 ガマグチ開けましておめでとさーん!
 年始の無駄遣い、してってんか〜」
「もー、財布のひも、固いなぁ。
 買い初めや、少しくらいええやん。」
「ほらほら、ちょっとこれ見てぇな。」
「ええやろ? おもち言うてな、
 遠〜くの方の島の人に
 教えてもろてんけど……」
「それを改良して
 ウチ独自のブランド商品に
 開発してみたんやで。」
「その名もズバリ……
 太鼓餅やぁ!」
「そやそや、ウチが背負っとる
 大太鼓がモチーフなんやで〜♪」
「これを食べたら商売繁盛!
 家内安全、恋愛成就、子孫繁栄!
 おまけに健康第一もつけたろかー」
「にしししし、幸せてんこ盛り、
 大盤振る舞いのお餅なんやで〜♪」
「どやどや、売れる思うやろ?
 仰山売れたら店持つんや。」
「どっか、ええ島のな……
 小さくても、立派な店で……
 そこで……アンタと一緒に……」
「って、何言わせてんねん!
 あほくさ! 何でもないわー!」
カルバマイページ
#1「ハッピーニューイヤー!」
「今年は罠とスリルに
 恵まれますよーに!
 へへへ、新年のお願いだぜ!」
#2「私、オトシダマって聞くと
 ドキッとしちゃうね。」
「よくある罠じゃん?
 大きな石の玉が落ちてきて
 ゴロゴローって追いかけてくる奴!」
「あー、早く遺跡いきたーい!
 ねえ(団長)、新年の休みは
 ヤバい遺跡でお宝さがし、どう!?」
「へへへ……
 新年一発目の罠は何かね!」
#3「あー、うー……
 新年は皆、楽しそうで
 本当にいいことだと思う……」
「でも私……
 のんびりするのが苦手で……
 あー……」
「スリルが欲しい……
 危険な罠にハマりたい……」
「え? グランサイファー……
 今、遺跡に向かって飛んでるの!?
 罠てんこ盛りのアッブい遺跡!?」
「ありがと(団長)〜!
 やっぱり
 この騎空団に入ってよかったぜ!」
ガルママイページ
#1「年が明けたな。 この時期は
 浮かれている奴が多いからな……
 盗賊の頃は稼ぎ時だった……」
#2「新しい年が始まるな。
 もう一年が経ったのか……」
「最初は、これも
 すぐに終わる生活だと
 思っていたんだがな……」
「さあ今年はどうなるか……
 何が起こったとしても、
 俺はそれを受け入れるだけだがな。」
#3「新年だとかなんだとか、
 そういう節目は
 俺には無意味だった。」
「だが、お前のように
 そういうものを大切にする人間も
 沢山いる……」
「ここでの生活で
 そのことを理解は
 できるようになった。」
「……お前は、幸福なんだな。」
クムユ(火属性)マイページ
#1「あけましておめでとうです!
 騎空団と工房のますますの発展を
 祈りに、お参りに行かないですか?」
「あっ!
 あとビビりがなおりますように、
 ってお願いもしないとです!」
#2「あけましておめでとうございますです、
 (団長)さん。
 今年もよろしくお願いします!」
「今年はビビりもそうですけど、
 頭に血が昇りやすいのも
 なおしたいです……」
「(団長)さんや皆さんを、
 頼ってばっかりじゃ
 ダメですもんね!」
「クムユ、
 頑張ってしっかり者になるですよ!
 見ててください、(団長)さん!」
#3「あけましておめでとうございますです、
 (団長)さん!
 本年もよろしくお願いするですよ!」
「今年も、
 ビビりと頭に血が昇るの治るように、
 初日の出にお祈りしてたです。」
「毎年、ちょっとずつだけど、
 治ってる……って
 思いたいですけど……」
「前よりは、大丈夫になってるですか?
 (団長)さんがそう言って
 くれるなら、安心です!」
「今年も、ちょっとずつかもしれないけど
 前に進めるよう頑張るですよ!」
クムユ(土属性)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
クルーニマイページ
#1「明けましておめでとう。」
「ははは、年が明けたな。
 運試しにダイスを振ってみるかい?」
#2「(団長)。
 このダイスを振ってごらん。」
「……おお、いい出目だ。
 今年一年、いい年になる。」
「絶対さ。
 僕が作ったルーンダイスが
 そう告げてるんだからね。」
「今年もよろしく頼むよ。
 (団長)。」
#3「夢占いを信じるかって?
 (団長)、愚問だよ。」
「僕が信じるものは
 このルーンダイスだけだ。
 どんなことがあろうとね。」
「……でも、(団長)に出会って
 もう一つだけ信じるものができた。
 それは……」
「ふふっ……やめておこう。
 新年早々、感傷に浸るのは
 僕に似つかわしくないからね。」
「とにかく、今年もよろしく頼む。
 それだけだ。」
クロエマイページ
#1「去年ゎぁ、チョー充実してた。
 まじリァ充したゎ。彼ぴぴは
 ぃなかったケド。みたぃな。わら。」
「クロエは今、(ダンチョ)達と一緒に
 旅してるじゃん?」
「なんかぁ〜村のみんなとママ達に
 早く会ぃたぃ〜って思うんだケド……」
「もちっと強くなってカラでも
 ぃぃかなぁ〜とかも思ってんのね。」
「だってクロエ、(ダンチョ)みたぃに
 強くなって、村のみんなを守れるょぅに
 なんなきゃだしぃ。」
「んまだからぁ、ことょろ的な感じでっ☆」
#2「ぉ☆ (ダンチョ)!
 ぁけぉめ、ことょろ!!」
「んじゃ初詣ぃこ! 初詣!!」
「ぉみくじ引ぃてぇ〜
 今年の運、クロエとどっちが
 強ぃか勝負ね。」
「クロエ、運はぃぃほぅだょ。
 (ダンチョ)に出会ぇた時点で
 クロエは強運確定っしょ☆」
コワフュールマイページ
#1「ハッピーニューイヤー!」
「えへへ……
 今日からまた、
 まっさらな一年が始まるね♪」
「私の育った島にはなかったけど、
 島によっては、こんな日でもまだ
 大忙しの庭師がいるんだって〜」
「何でも……マツ? タケ?
 針の葉っぱや、中身が空っぽの樹で
 飾りを作るんだって〜」
「えへへ……何なんだろうね?
 どんなものなのか、
 私も一度作ってみたいな〜♪」
#2「ほら〜、(団長)さ〜ん。
 ぴっかぴかの1年が始まるよ〜」
「ふふふ、私、この感じだーい好き!」
「ちょっぴり寒いんだけど
 清々しくて、ぴりってする感じ。」
「よーし、今年こそは
 お姉さん、頑張っちゃうよ〜」
「目指せ、凛々お姉さん!」
「てへ、な〜んちゃって♪
 私にはお姉さんは無理かな〜」
「でもね、ちょっとだけ
 憧れてるんだ〜」
「ふふふ、ねえ、(団長)さん?
 ちょっと、今だけ
 お姉さんって呼んでくれる?」
「え、待って待って!
 冗談、冗談だってば〜!」
「ふふ、ふふふ、もう……
 (団長)さんって
 素直で可愛いな〜♪」
コーデリアマイページ
#1「ハッピーニューイヤーだ、
 (団長)殿。」
「元旦と言えども、
 任務についていることが多くてね。
 いまいち実感がわかなかったが……」
「どうやら貴君のおかげで、
 今年こそ新年を堪能できそうだ。」
「あはははは……
 なかなか良いものだね、
 こうして貴君とゆっくり過ごすのも。」
「でも、明日からまたしっかりと
 監視させてもらうから、
 ふふ、宜しく頼むよ、(団長)殿。」
#2「明けましておめでとう、
 (団長)殿。」
「おや?
 今起きてきたという様な顔だね?」
「私は、今し方任務を終えたところでね。
 急いで戻って来たわけだが
 新年のあいさつに間に合って良かった。」
「ふふ、
 しかし貴君は相変わらずだ。」
「私という監視の目がありながら、
 無防備な姿をさらし
 余裕を見せつけてくるとは。」
「やましいことがないという
 余裕の表れか……」
「はたまた、私の目をごまかそうと
 巧みに策を講じているのか……」
「貴君の傍にいると
 刺激が絶えないね。」
「今年も、リュミエール聖騎士団
 遊撃隊のエースとして……
 貴君らをしっかり監視させてもらう。」
「ふふ、今年もよろしく頼むよ。」

さ行 Edit

キャラクター種別台詞
ジャスミンマイページ
#1「あけましておめでとうございます!」
「(団長)さん、
 新年早々、体調を
 崩さないようにしてくださいね?」
「え? 私が居るから安心?
 もう、(団長)さんったら!」
「そんな人にはお薬、
 作ってあげませんよ?
 ……うふふ♪」
#2「(団長)さーん!
 ハーブティー淹れてきましたよ〜」
「身体にいいハーブを
 い〜っぱい淹れたので、
 病気の予防にもなるはずです!」
「それを飲んで今年も一年、
 私と一緒に健康に過ごしましょうね!」
「今年も、
 よろしくお願い致します♪」
#3うさぎ
 「♪」
ジャスミン
 「ふふ〜♪ あ、(団長)さん。
  一緒にうさぎさんを
  撫でませんか?」
 「うさぎさんは、縁起がいい動物さん
  らしいので〜、きっとなでなですれば、
  いい一年になりますよ♪」
 「ひゃっ!
  って、もー! (団長)さん!」
 「私をなでても何もありませんよ?
  ふふふ……♪」
ジョエルマイページ
#1「あけましておめでとう。
 一年の最初からいい加減に
 過ごすのは、良くない。」
「寒いからと部屋に籠らず、
 外に散歩にでも行こう。
 なに、体を動かせば温かくなる。」
#2「正月をあまりダラダラ過ごすと、
 それを正月が終わってからも
 引き摺りかねない。」
「だから、少しは
 体を動かすべきだ。
 ……その方が、お節も美味しい。」
「ほら。ぶーたれてないで、
 散歩にでも行こう。
 歩いているうちに温かくなる。」
「歩いて汗をかいた時のために、
 脱げるような服を着ておくといい。
 上着の下にカーディガンを着るとか。」
「不精すると、
 却って風邪の引き金になって
 体に悪いから。」
「……ん、よし。
 それじゃあ行こうか。
 初散歩に。」
#3「……はっ、はっ、はっ、はっ…………」
「(団長)、あけましておめでとう。
 俺……? 朝の空気が気持ちよくて、
 ひとっ走りしてきた。」
「今日は天気がいい。
 ……キミも少し体を動かした方がいい。」
「そういえば、途中で新年の参拝者の
 行列を見かけた。
 あの小さな山のところだ。」
「千段の階段を登り、そこで板に
 願い事を書けば叶えてくれるらしい。」
「行ってみたい?
 ……うん、キミなら
 そう言ってくれると思った。」
「千段登れば体にはかなり負担がかかる。
 だから焦らずゆっくり行こう。」
「……着替えて待っていてくれ。
 体を冷やさないように、
 今、温かい茶を用意してくる。」
スタンマイページ
#1「ハッピーニューイヤー!」
「今年こそは!!
 俺は強い男になって見せる!
 力だけじゃなくて、心も強い男に!」
「(団長)、今年一年も、
 お前と一緒に旅を続けて……
 色んな経験をさせてくれ!」
「今年も変わらず、
 仲良くやっていこうぜ。
 (団長)。」
#2「俺は去年、
 強い男になってみせるって、
 誓ったけど……」
「なぁ、(団長)から見てどうだ?
 俺は成長したと思うか?」
「…………」
「お、おい、(団長)!
 なんか言えって!!」
「っ!? そ、そうか……
 まだまだってことなんだな?」
「今年こそは、(団長)を
 唸らせるぐらい強くなってやるからな!
 しっかり見ててくれよな!」
スフラマールマイページ
#1「ハッピーニューイヤー!
 (団長)さんもビィ君も、
 今年をいい年にしましょうね!」
「新年最初のレッスン、はじめるわよ!」
#2「あけましておめでとう。」
「(団長)さん、
 寒い時には手洗い、
 うがいを忘れちゃダメよ?」
「風邪を引いて熱なんか出したら、
 お勉強、
 頑張れなくなっちゃいますからね?」
「ふふ、ビィ君だって
 ちゃーんとやってるんだから!」
「うふふ、お説教はここまでにして、
 今年もよろしくお願いしますね、
 (団長)さん!」
#3「聞いてください、
 (団長)さん!」
「ついに、見ることができたんです!
 ビィ君が杖から魔法を放つ瞬間を……!」
「……という初夢を見たの。
 ふふ……今思い出しても、
 涙ぐんじゃうわ。」
「正夢にするためにも、
 今年もしっかりお勉強、
 頑張りましょうね!」
「もちろん、
 (団長)さんも
 一緒に、ですよ?」
ゼヘクマイページ「ハッピーニューイヤー。」
「あけまして、おめでとう……」
#1「あけましておめでとう……
 今年こそは、この病を
 治したいものだ……」
「ぐっ……がはっ……
 はぁ……はぁ……
 お前も風邪には気をつけろよ……」
#2「がはっ……(団長)……
 ぐ、ぐぎ……ぐふっ……はぁ、はぁ……
 明けまして、おめ、で、とう……」
「ぐああああああ!!!
 があっ!! ぐっ……ぐはっ……
 ぜえ……ぜぇ……はぁ……」
「はぁ……こんな時にすまな、い……
 急に、魔力が……ぐふっ……何とか……
 落ち着かせる! ……はぁ……」
「はぁ、はぁ……はぁ……
 ははは……ええと……その……
 見苦しい姿を見せてしまってすまない。」
「とんだ一年の始まりになってしまったが
 今年も、よろしく、頼む……」
#3「(団長)……ぐっ、ぐはっ……
 ……ぜぇ……はぁ……明けまして……
 ぐあっ……明けまして、おめでとう……」
「うぐ……ぐあああああああああ!!!!
 ……す、すまない……魔力、が…………
 ……ぐぎぎぎぎぎ……ぜぇ……はぁ……」
「……少し、落ち着いてきた……
 今朝、出かけた時は
 なんともなかったのだが……」
「ん? これか?
 実は、参拝をするついでに
 おみくじという物を引いてみたのだ。」
「病気の項目に「必ず治る」と
 書いてあったのだが……うぐっ……
 やはり、人生そう上手くはいかないな。」
「コイン1枚で買える言葉などに
 特別な力があるとは思っていない。
 それでも、治ると出て嬉しかったのだ。」
「こんな物に縋るのはやめよう……
 (団長)? どうした?
 おみくじをもっとよく読め、と?」
「願事「他人の助けあって叶う」
 ふっ……なるほど……」
「がはっ!!」
「うぐ……ぐっ……ぐぎぎぎぎぎ!!!!
 ……はぁ……はぁ……そうか、叶うか。
 (団長)が言うなら、今年こそ……」
「……ぐはっ!! がああああああ!!!
 ……はぁ、はぁ……絶対、叶えよう……」
セロニムマイページ
#1「ハッピーニューイヤー!」
「なんだろう、
 この高揚感!」
「セロニムに流れる
 勇者の血が
 そうさせるのか……」
「なんだか
 今日はすごく
 ソワソワするんだ。」
「ああ、わからない。」
「何だかわからないけど、
 今日はとても良いものを
 (団長)さんから貰える気がする。」
「えへへ……
 全然わかんないんだけど、
 まだかな、まだかな♪」
#2「(団長)さん、
 ハッピーニューイヤー!」
「へへ、艇の人達から聞いたんだ。
 今日は1年の目標を決める日
 なんだってね。」
「え、ボクの目標?」
「そんなの決まってるよ。
 今年こそ、修行を積んで
 一人前の勇者になることさ!」
「どう、すごい? 偉い?
 頑張ってるよね、ボク?」
「……だったら、その……
 いつもの、欲しいな……」
「ええっ、去年もらったやつだよ!
 ほら、おと、落とし……」
「そう、落とし穴!」
「って、違うよ! お年玉!
 お・と・し・だ・ま!」
「もう、(団長)さん、
 わざとやってるでしょ……」

た行 Edit

キャラクター種別台詞
ダエッタマイページ
#1「おせち料理は好きらなー!
 お正月だけのオンリーワンら!」
「一番いいのは栗きんとんら。
 鉄球みたいな形してて、かわいいろ!」
「ん? なんら、その腑に落ちない顔は?
 ……鉄球はかわいいろ!」
#2「くかー……すぴー……」
「あ、(団長)……
 あけまして、おめれとう……
 うん、ねむい……」
「えへへ……さすがのあちしも、
 このコタツの破壊力には
 勝てないろ……むにゃ……」
「え、ごはん……?
 んぬぬ……!
 あちし、まだ出たくないろ……!」
「かくなる上は……
 (団長)を引きずりこんで
 巻き添えにしてやるろ……!」
「えへへ、つかまえた……
 (団長)も、一緒に……
 このコタツの闇に堕ちるのらー……」
「くかー……すぴー……」
ターニャマイページ
#1「あけましておめでとう。」
「この一年、君と出会えたおかげで……
 その、とっても良い日々が送れたよ。
 来年も、よろしく頼むよ。」
#2「今年も、(団長)達との旅を続けて
 これて、大変なことも多々あったが……
 共に過ごした日々は、貴いものになった。」
「私の旅は……孤独で、
 どこまでも続く、闇の中にあった……」
「けれど、終わりの見えないその道の中で
 私は……ひとつの光を見つけたんだ。」
「道の小石に躓かない様に……
 寒さに凍えてしまわない様に……」
「(団長)……お前がその道を
 照らしてくれた光なんだ……」
「私はその光をこの先も、失いたくない。
 今年も(団長)の傍にいたい。
 だから、今年も……よろしく頼むよ。」
#3「(団長)、
 明けまして、おめでとう。」
「どこかへ出かけるのか?
 はつ、もうで……?」
「そうか……
 わ、私も……
 一緒に行っても、いいか?」
「誘いに来てくれたんだ、な。
 すまない、先走って……
 ありがとう。」
「実は……今年は自分から
 みんなの輪に入れるよう
 努力したいと思って、いるんだ。」
「口下手な私だが……
 みんなの優しさに
 甘えてばかりでは情けない、し……」
「今年の私の成長を……
 みていて、くれ……!」
ダーントマイページ
#1「あけましておめでとう。」
「コタツ……
 それは遥か異国にあるという、
 魔法のような道具らしい。」
「噂では、
 瞬時に温もりとまどろみに包まれる、
 人知を超えた装置と聞いている。」
「フ、ぜひとも見てみたいものだ。
 我の魔法の参考になるかもしれん。」
#2「あけましておめでとう。
 (団長)、ついにやったぞ。
 我は炬燵なるものを手に入れたのだ。」
「あの温もりは心まで染み渡るはず……
 フッ、この身を預ける日が待ち遠しい。」
「む?
 まだ使っていないのかだと?」
「当然だ。
 今はリベラ殿達が身を丸めておられる。
 我が足を入れるなどもっての他だろう?」
#3ダーント
 「ふぅむ……
  これもまた、修行ということか……」
 「む、(団長)。
  新年、あけましておめでとう。
  今年も世話になる。」
 「そうだ、汝も一緒にどうだ?
  今、「福笑い」をしていてな。
  だが、リベラ殿達がこのように――」

床を見るとリベラ達が、
紙で出来たおかめの面の上で寝ており、
移動する気配は一切なかった。

ダーント
 「この状況から如何にして、
  おかめを完成させるか……
  それが自由を掴む鍵なのだろう。」
 「不肖、このダーント……
  必ず期待に応えてみせましょう!」
デリフォードマイページ
#1「明けましておめでとう(団長)殿。」
「よく眠れただろうか?
 すっきりと目覚めの良い朝ほど
 すがすがしいものはないな。」
「なに?
 いい夢をみたと?」
「それは……悪い事ではないが、
 現実は今(団長)殿の
 目の前にあるのだぞ。」
「夢に傾倒せず、
 目の前にあることをしっかりと
 見据えて歩んでいかねばならぬのだ。」
#2「(団長)殿か。
 明けましておめでとう。」
「……ふと思い立ってな。
 去年の日記を見返していたのだ。」
「ふっ……振り返ってみると、
 この騎空団は毎日が賑やかで、
 話題が絶えないな。」
「なぁ、(団長)殿。
 今年も一年、
 無事に旅を続けたいものだな。」
「そして、
 この旅の目的を
 共に果たそうぞ!」
ドロッセルマイページ
#1「ふぅ……
 ……あっ、(団長)さん。」
「あけましておめでとう
 ございますですの!」
「ため息ですの?
 ……ちょっと家のことを
 思い出してたんですの。」
「年末はお店が何かと忙しくて
 年始のお休みで久々に
 お父様の顔を見るくらいで……」
「……べ、別に、お父様と
 お母様に会いたいなんて、
 思ってないですの!」
「本当ですの!
 だからナデナデなんて
 しなくていいですの〜っ!」
#2「(団長)さん……
 初日の出、まだですの……?」
「暗いですし、寒いですの。
 こんなことなら、わざわざ
 外で見なくても……ふわぁあ。」
「はっ! ち、違いますの!
 お子様ではありませんし、
 眠いわけでは……ふわぁ。」
「え、なんですの……?
 これを飲めば、眠くなくなるんですの?」
「ああ、コーヒーですの!
 知っていますの!」
「でもこれ、にがっ……
 い、いえ、なんでもありませんの。」
「ま、まあ、
 眠いわけではないのですが……
 い、いただくとしますの!」
「〜〜〜〜!
 に、にが〜〜〜っ!!」
「……い……のもまた味わい深い、
 大人の味ですの……うぅ……」
(ま、まだお日様は昇りませんの!?
 早くしてくださいですの〜っ!)

な行 Edit

キャラクター種別台詞
ネネマイページ
#1「あけましておめでとうさん!」
「ほな、頂いとこか〜」
「え? 何が? やあらへん。
 ヤエのお年玉に決まってるやんか!」
「用意してんねやろ?
 ほら、ええからさっさと渡しぃな。
 ヤエやない、ウチにや!」
「ええねん、ええねん。
 ヤエが大きうなった時のため、
 ウチが預かっとくんやさかい。」
#2「はぁ? アホ抜かせ!
 なぁ〜にが
 ハッピーニューイヤーやねん!」
「あんたなぁ、うちから
 お年玉せびろうったって
 そうはいかへんでぇ!」
「なんやぁ、知らんのんかぁ?」
「今年から10歳以上は
 お年玉禁止やって、
 法律できてんやんか!」
「まさか、あんたぁ……
 うちを罪人にするつもりや
 ないやろなぁ?」
「そやそや、違法行為はアカンねんでぇ♪
 っちゅうわけで、あんた、
 うちのヤエにあげたってんか〜」
「お年玉に決まってんやろが!
 かまへんかまへん、ヤエはおおきにや。
 余裕の10歳以下やねんから。」
「ほらほら、早う渡しぃな。
 合法や、合法やぁ!
 合法お年玉やねんでぇ!」
ノルセルマイページ
#1「あけましておめでとう。
 今年もよろしくなぁ!」
「外はさんびぃから、
 家であったけぇものでも食べて
 ゆっくりすんべな。」
#2「おやぁ、(団長)さん、
 眠そうさ見えるけども、
 おぎだばりかぁ?」
「あはは、ねぷかきしてたかぁ!
 初日の出さ見ようと
 ずっと起きでだからなぁ。」
「あら、ぶじょほしたなや!
 まんず、あけましておめでとうさん。
 今年もよろすくなあ!」
「この一年も
 何事もひやみこがず、
 まめでがりっとやってかねばなぁ。」
#3「やっぱり都会の正月はすげな。
 田舎ど違って、
 街が賑わってらもんなあ。」
「綺麗なおべべ着た人達ば、
 いっぺいらきゃあ。」
「おっ母にも、この賑やかな街ば
 見せてあげてぇ。」
「あはは。
 しっかし驚いて腰ば抜かしちまうかも
 知れねなぁ。」
パヴィーダマイページ
#1パヴィーダ
 「ハッピーニューイヤー!
  あけまして、おめでとう!」

 「フゴゴ…
  (明けましておめでとう。
  年が明けたがまだまだ冷え込むからな)

 「フゴゴゴ……
  (体調に気をつけろよ、パヴィ。
  (主人公)もな)

パヴィーダ
 「うん! 健康が一番だからね!
  (団長)もあったかくして、
  今日は楽しく過ごそうね!」
#2小鳥
 「チチチッ!!
  (パヴィ!! パヴィ!!
  お年玉くれ!! お年玉!!)

パヴィーダ
 「へぇあっ!?
  お、お年玉ぁ!?
  そんなの無いですよぉ〜〜!!」

 「クワワ……
  (そうか……ねぇのか……)

 「クワワッワワワッ!!
  (ならとっとと用意しやがれ!!
  10秒以内な!! ほら早くしろ!)

パヴィーダ
 「し、新年早々、
  理不尽すぎますよぉぉ〜!!」
#3パヴィーダ
 「……あ、(団長)。
  いま、先輩達の要求に
  応えるために準備してて……」
 「お、お年玉も用意したし、
  餅も用意したし……
  えっと、それに……」
小鳥
 「チチチッ!!
  (パヴィ!! パヴィ!!
  おせち作れ!! おせち!!)

パヴィーダ
 「はいぃっ!? お、おせちぃ!?
  流石にありませんよぉ〜〜!!
  お、お年玉は用意しましたけど……」

 「クワックワワワ!
  (お、粋じゃねえか、
  それはもらっとくぜ!)

 「クワワッワワワッ!!
  (だがおせちは別だ!!
  10秒以内に出せ!! 今すぐ作れ!!)

パヴィーダ
 「し、新年早々、
  やっぱり理不尽ですよぉぉ〜!!」

は行 Edit

バクラマイページ
#1「謹賀新年、目出度きことに御座候。」
「(団長)殿、本年も
 何卒宜しうお願い申し上げ候。」
「拙僧、今年こそは
 念願の一〇八秘曲を全て集め、
 世の迷える御魂を救い申し上げたく候。」
「その為には(団長)殿の
 お力添えが不可欠にて候故、
 重ね重ね、何卒お頼み申し上げ候。」
#2「(団長)殿、
 新年、謹んでお祝い申し候。
 何卒本年も宜しくお願い申し候。」
「ははは、いささか堅苦しく候哉?」
「それはそれは……
 新年早々、不躾にて御免候え。」
「どうにも拙僧の性分にて
 此れ許りは如何ともし難き
 ことにて候えども……」
「成る程、然もありなん。
 (団長)殿の申す通り、
 挑戦なくして成長は望めぬな。」
「では、改めて……
 んんっ、おほん……」
「(団長)殿、アケオメ申し候。
 何卒コトヨロ申し候。」
「ふぅ……
 拙僧、全身全霊を以て頑張ったが
 これでよろしかったであろうか?」
バルルガンマイページ
#1「ヒャッハーニューイヤー!」
「へへ……
 やっぱりサイコーだぜ、
 宴ってヤツぁよ。」
「こうして仲間と騒いでっと、
 団で兄弟達と
 楽しくやってた頃を思い出すぜ。」
「へへ……いけねぇいけねぇ。
 湿っぽいのはオヤジが好かねぇ。」
「なあ、(団長)、楽しもうぜ。
 今日はとことん
 つきあってもらうからよ。」
#2ヒャッハーニューイヤー!
「(団長)、血がたぎるよな?」
「おいおい、とぼけんなって。
 団の連中から聞いたぞ?
 年の初めはケンカ三昧だって。」
「えーと、ケンカ独楽にケンカ凧、
 ケンカ羽子板にケンカカルタ!」
「お年玉賭けて双六して、
 命を張って札打って……」
「餅の競い食いに!
 酒の飲み競べ!」
「っかぁ、我慢できないぜ!
 早く始まんねぇかな、(団長)!」
「真剣勝負に明け暮れて
 大暴れのスタートダッシュだぜ!」
バロワマイページ
#1「んあ? そうか、年が明けたのか……
 昨晩は調子に乗ってオイゲン殿達と
 飲みすぎてな……ははは」
「さて……パイプの掃除でもしようか。
 はは、新年といえば、二日酔いで
 道具の手入れをするのが恒例だ。」
#2「ふわぁ〜あ……おっと、失礼。
 あけましておめでとう、
 (団長)君!」
「さて、毎年恒例のパイプ掃除をするか。
 新年は、二日酔いで道具の手入れを……」
「なに、去年も同じことを言った?
 そ、それは完全に酔っ払っていたな……
 失礼、今年こそはちゃんと記憶しよう!」
#3「あけましておめでとう!
 (団長)君!」
「む? どうした(団長)君!
 新年に俺がシャキっとしているのが
 そんなに不思議かな?」
「実を言うとな。
 最近は筋トレのために早寝早起きを
 徹底しているのだ! はっはっは!」
「筋肉の成長のためには
 食事と生活リズムを整え、
 そして筋トレで汗をかくのが肝要。」
「おかげで何度か風邪を引いているが、
 体は健康そのものだ! 今年も存分に
 俺を頼ってくれたまえ(団長)君!」
ファラマイページ
#1「ハッピーニューイヤーっす!」
「明けましておめでとうっす!
 (団長)!」
「だらだらしてられないっすよ!
 先輩の背中目指して、
 気合入れて頑張るっす!」
#2「あけましておめでとっす、
 (団長)!」
「……実は、ちょっと悩みがあるっす。」
「先輩の背中を追いかけるべきか、
 それとも先輩のために
 後輩力に磨きをかけるべきか……」
「新年に目標を立てるのが大事、って
 先輩にアドバイスされたっすけど、
 どっちにすればいいのか、迷うっす……」
ぐぁーっ! アタシは
 どうすればいいっすか!
#3「去年は迷った挙句、「先輩の背中を
 追いかけつつ後輩力を磨く」という
 目標にしたっすけど……」
「今年の目標が思いつかないっす。
 去年欲張りすぎたせいで
 ネタ切れっす。困ったっす……」
「別の視点から考えてみればいいっすか?
 なるほどっすね。(団長)も
 たまにはいいこと言うっすね!」
「女を磨く……しっくりこないっす。
 癖っ毛を直す、背を伸ばす……
 ……これもなんかピンとこないっす。」
「困ったっす! どうしようっす!
 アタシはただ先輩みたいな人になりたい
 だけっす! それだけっす!」
ん……あ、ああああ!!!
「わかったっす!
 名案が浮かんだっす!
 これに決まりっす!」
「聞かせてほしいっすか?
 わかったっす。特別に教えるっすよ。
 聞いて驚くなっす。」
「「もっと先輩の背中を追いかけつつ
 後輩力を磨く」。これで完璧っす!
 早速墨で書いて壁に貼るっすよ!」
フィラソピラマイページ
#1「新年、明けまして
 おめでとうございます。」
「今年も一緒に、語り合えたら
 嬉しいな…… ついでに君の困った顔、
 見せてくれたらいいんだけども……」
#2「今年もまた一緒に、
 君と何かを語り合いたいな……」
「ふふ、哲学的なことだけじゃなく。
 別のことも、ね。」
「あはっ。
 今年もよろしくね♪
 (団長)さん。」
#3「年も明けたし、良い機会だから、
 哲学とは一体なんなのか……
 それをまず話そうと思うの。」
「あはっ……それを理解していれば、
 よりよい語り合いが
 出来ると思うなぁ……」
「簡単に言うと……
 物事の根本的な真理を探究する行為、
 それこそが哲学なの。」
「知恵を愛することを意味しているとも
 言われてるし、考えることそのものが
 哲学なんて……」
「(団長)さん、
 今、寝てた?
 寝てない? 本当?」
「もうっ! 意地悪しないでよ。
 ……いっぱい困らせちゃうよ?」
「あは。今年もたくさん、
 君の困った顔がみたいな♪」
フェザーマイページ
#1「今年も年が明けたな!
 さぁ、(団長)、さっそく拳を
 合わせ合おうぜ!」
「年初めにお互いの魂を
 ぶつけ合おうッ!」
#2「今年も年が明けたな!
 さぁ、(団長)、
 全力で……遊ぼうッ!!」
「拳を合わせる以外にも!
 (団長)、
 アンタと分かりあいたい!」
「今年は、
 そういう一年にしたい!!
 だから、遊ぼうッ!」
「まずは手始めに……!!
 凧揚げだッ!!」
#3「年が明けたな! (団長)!
 見てくれ、すがすがしい朝だ!!」
「こんなにも気持ちよく晴れて、
 まるで新たな年が俺達の新しい一歩を
 祝福してくれてるようだな……」
「さっき、ランドルのヤツにも
 新年の挨拶に行ったんだが……」
「ふっ……
 俺達の間に言葉なんて
 必要なかった……ッ!」
「アイツは強烈な足技を俺に
 食らわせ、
 それを思い出させてくれたんだッ!」
「もちろん相殺したが、
 やはりアイツとの語り合いは
 熱くなれるッ!!」
「というわけで、(団長)!
 俺達も初語り合いをしないか!?」
「(団長)!
 俺達の間にも言葉は要らないはずだ!
 そうだろうッ!?」
ブリジールマイページ
#1「明けましておめでとうございますです!」
「(団長)さん、
 未熟な自分に長く付き合って頂き、
 ありがとうございますです!」
「今年も一年、
 とことんよろしくお願いしますです!」
「自分、まだまだ未熟で、
 出来る事も少ないですが……」
「今年はとことん頑張って、
 出来ることを多くしたいです!」
「(団長)さん!
 自分、とことんやるです! だから、
 今年もご指導をお願いするです!」
#2「(団長)さんのおかげで、
 自分、強くなってきていますです!
 確実に、確実にです!」
「腕立て伏せ、
 20回はできるようになったですから!」
「この調子で、今年もとことん!
 程よくがんばるです!
 よろしくお願いしますです!」
#3「(団長)さん!
 あけまして
 おめでとうございますです!」
「自分、今年は素振りを
 50回できる様になるです!」
「毎日、1回ずつ数を増やすです。
 そうすれば、50日後には
 50回振れるようになってるです!」
「自分、とことんやるですから!
 見ててください!
 今年もよろしくおねがいしますです!」
フレッセルマイページ
#1「あけましておめでとう!」
「山には一年に一度、
 今日しか見られないものがあるんだけど
 知ってる?」
「そう、初日の出。
 なかでも山頂で見る初日の出は
 格別なんだ。」
「今から、それをきみと一緒に
 見に行こうと思ってる。」
「さあ、いくよ!
 準備はぼくがしといたから、
 大丈夫、大丈夫♪」
#2「ね、ね、覚えてる?
 去年、きみと一緒に
 山登ったの!」
「え、忘れちゃったの?
 うそだよ……ほら、初日の出だよ?
 ぼくと一緒に見たのにぃ……」
「ううう……
 (団長)さん、ひどいよぅ……
 どうして忘れちゃうんだよぅ……」
「え? うそ?
 ……ちゃんと覚えてるの?
 初日の出だよ? 初日の出!」
「あー、よかったよぅ……
 (団長)さん、いじわるだよ、
 もう……ひどいよぅ……」
「罰として、今年もぼくと一緒に
 登ってもらうんだから……
 約束だからね、(団長)さん!」
ヘイゼンマイページ
#1「明けましておめでとう!」
「今年も年が明けたな。
 いい年になるよう、私が導いてやろう。
 今年もよろしく頼むよ。」
#2「年が明けたね。
 去年は君にとって、
 後悔が残る一年だったかい?」
「もしそうだとしたら、反省し、
 今年は後悔の無いように
 気を引き締めていこう。」
「後悔が無い一年だったなら、
 何よりだ。
 また一年、楽しんでいこう。」
「今年もいい一年にしていこう。
 (団長)。」
#3「明けましておめでとう!」
「新年だからといって、
 浮つきすぎてはいけないよ。
 気を引き締めていこう。」
「初日の出は、やはり特別だなあ。
 (団長)と
 この景色が見られて、嬉しいよ。」
「でも、太陽は毎日昇っている。
 日々の感謝を忘れずに、
 生きていかなければいけないね。」
「一日ずつを積み重ねて……
 さあ、今年も良い一年にしよう。」
ペトラマイページ「あけましておめでとうございます。」
「あけましておめでとうございます。今年の目標は、えと……その……たまには羽目を外してみることです!」
#1「あけましておめでとうございます。」
「今年の目標は、えと…その……
 たまには羽目を外してみることです!」
「えっ……無理にそんなことを
 する必要はないって?
 ふふ……それもそうですね。」
#2「あけましておめでとうございます。
 年が明けました!
 今年はどんな年にしたいですか?」
「私は、真面目だと言われることが
 多いので、少しユーモアを
 勉強してみたいと思っています。」
「なので、今はユーモアを学ぶため
 良い先生を探しているんです。」
「来年には、ユーモアで
 みなさんを和ませられる
 ムードメーカーになりますから!」
#3「覚えていますか?
 私の去年の目標は
 ムードメーカーになることでした。」
「今日はその成果をお見せしよう
 と思います。
 是非、聞いてください!」
「うふふ、いきますよ……
 グランサイファーが強風で
 グラングランする〜」
「艇の名前と風で揺れている様子を
 かけてみました。
 ど……どうでしょうか?」
「む……無理に笑ってるのがわかります。
 はぁ……イマイチだったんですね……
 ムード……メーカーって難しいです。」
「あ、そういえば、お餅が焼けた
 そうなんですが、いくつ欲しいですか?
 はい! お持ちしますね!」
「え?
 なんで笑ってるんですか?
 おもちをおもち…………あっ!」
ヘリヤマイページ
#1「ハッピーニューイヤーだな、
 (団長)殿。」
「しかし、こんなに安らかな新年は
 初めてのことだ。」
「父が健在であった頃は
 朝稽古で厳しく鍛えられたし、
 鉄槍傭兵団入団後に至っては……」
「そう、稽古始めと言ってだな。
 正月と言えば、団総出で
 一日中汗を流すのが恒例だったのだ。」
「あははっ……
 そういう訳で(団長)殿、
 ちょっと付き合ってはくれないか。」
「さあ、私と稽古始めで
 心地良い汗をかこうではないか!」
#2「(団長)殿。
 明けましておめでとう。」
「今朝は、団の仲間たちと一緒に
 おせちというものを作ってみたんだ。」
「もし、よかったら食べないか?
 うまくできていると思う。」
「何やら、縁起物だそうで、
 気休め程度のものだろうが……」
「良いと言われたら
 ぜひ試してもらいたくなってな。」
「他でもない(団長)殿には、
 いつまでも健やかにいてほしいのだ!」
「たくさん作った。
 遠慮せずに食べてくれ!」
ボレミアマイページ
#1「新しい年の幕開けだ。
 心新たに、
 抱負を掲げるのもよかろう。」
「……ん、私か?
 うーん……そうだな……」
「…………」
「少しは、自然に笑えるように
 なること、だな。」
「……はぁ……笑ってくれるな。
 私としては、真剣な悩みなんだ。
 本当に。」
#2「あけましておめでとう。」
「……ん? 笑顔?
 ……ああ、昨年の抱負か……」
「それが……芳しくなくてな。
 自然に笑うというのは
 難しいものだな……」
「いや、まあ、だからといって
 わざと笑うのが簡単かというと
 全くそんなことはないが。」
「……何かいい練習法を思いついたら、
 是非教えてくれ。」
「サラに仏頂面ばかり見せては、
 あの子が気にするだろうからな。」

ま行 Edit

キャラクター種別台詞
マリーマイページ
#1「あけましておめでとう!
 ね、おみくじ引きに行こう?」
「神頼みはしないけど、
 占いって好きなのよね〜。」
#2「あ、起きたの?
 おはよ……じゃなくて、
 あけましておめでとう!」
「別に、今日なんて昨日の続きで
 そんなの元旦と大晦日でも
 変わらないのに……」
「なーんか、特別な気分になるよね。
 つい、明け方まで起きちゃってて。
 あはは、キミも?」
「……ホントはさ、今日っていうのは
 毎日特別なのかもしれないね。
 普段は忘れちゃうけど……」
「なんてね!
 そうそう、支度できたら声かけて。
 おみくじ引きにいこ?」
#3「あけましておめでとう!
 今年もよろしくね、(団長)。」
「……ふふ、今年も……だって。
 こんな風に長く一緒にいるって、
 アタシにとってはちょっと珍しくて。」
「……うん、まあ、(団長)達と
 会う前は手を組むって言っても
 一時のことだったしね。」
「(団長)達と旅して、
 協力するとか、お互い心配するとか……
 ホント、色々教えてもらったよ。」
「貰いっぱなしってのは性に合わないし、
 教えてもらったこと、ちゃんと
 (団長)達に返すから。約束ね。」
マリー(水着ver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3

や行 Edit

キャラクター種別台詞
ヨダルラーハマイページ
#1「やれやれ、新年早々釣りに行く事に
 なったわい。 どこぞの料理人が
 祝いの料理に使うと言っての。」
「まぁ、頼まれんでもワシャ釣りに
 行っとったがな! きっちっちっち!」
#2「さぁて、年も明けた事じゃ。
 ひとつ大物を
 釣り上げてくるとするかのう。」
「おん? 知らんのか?
 新年にゃあよーく肥えた魚を食って
 英気を養うもんじゃ。」
「うむ。どこぞの島で獲れる、
 キャンブリやアーラーマ・キー鮭
 っちゅうのが有名じゃぞ。」
「どっちも煮てよし焼いてよしの
 大変に美味い魚でな。」
「なに、食ってみたいなら
 ワシが釣ってきてやるわい!
 それともお前さんも一緒に行くか?」
#3「ほれ、珍しい魚じゃろう?
 去年、教えてやったキャンブリと
 アーラーマー・キー鮭がこれじゃ。」
「きっちっちっち……そりゃ覚えて
 おったわい。お前さんが、今にも
 涎を垂らしそうな顔をしとったでの。」
「どうじゃ?
 想像より大きくて驚いたじゃろうて。
 さて……久々に腕を振るおうかのう。」
「食堂に皆を集めるんじゃ。
 アーラーマー・キー鮭の
 解体ショーを見せてやるわい!」

ら行 Edit

キャラクター種別台詞
ライアンマイページ
#1「あけましておめでとう。」
「俺は度胸を学ぶため、お前に同行した。」
「今思えば、あの時の俺は
 本当にいい判断をしたと思える。」
「今年一年、また学ばせてくれ。
 よろしく頼む。(団長)。」
#2「ふふ……
 (団長)と二回も
 新年を迎えられるとはな。」
「俺と出会ってくれたこと。
 心から感謝するよ。」
「今年も共に頑張ろう。
 よろしく頼む。
 (団長)。」
#3「あけましておめでとう。」
「……もう、3度目になるのか。」
「(団長)と
 出会ってから、
 日々が過ぎるのがあっという間だ。」
「これからも、
 (団長)と共に
 旅を続けていきたいな。」
「(団長)、
 今年もよろしく頼む。」
ラムレッダマイページ
#1「あけまして……おめでとう……
 新年早々……この体たらくにゃ……」
「(団長)きゅんは……
 こんな大人にだけは、
 なったらダメだにゃあ……」
#2「うぅ……しってたにゃ……
 おねえちゃん……
 ことしもこうなるって……」
「うヴぉえ……っぷ……
 で、でも……くいはないにゃ……
 おねえちゃん……ほんもうにゃ……」
「あたしは……おしゃけがすきにゃ……」
「(団長)きゅんと
 おなじくりゃい…
 だい……しゅきにゃ……」
「……えっ?
 そんなこといってもダメ?」
「おへやをかたづけないと……
 アタシがふねからかたづけられる……
 にゃ……?」
「……わ、わかったにゃ!
 かいふくしたら、そうじするにゃ!」
「だ、だから……
 はやまらないでほしいにゃ〜」
ランドルマイページ
#1ランドル
 「あぁ?
  一年の運勢が書かれたクジだと?」
 「ふん……確かに、天の導きってのも
  あなどれねぇモンがあ……」

『待ち人:来たらず』

ランドル
 「……ふんっ!」
 「神頼みなんて、当てになるかよ……
  お前もそう思うだろ、(団長)……」
#2「よぉ、(団長)。
 今年は神頼みはしねぇぞ?
 ああいうモンは当てになんねぇだろ。」
「それよりも、
 今年は己の足で道を切り開く……!」
「「空域最強」を狙う猛者どもを
 拳ひとふりで吹っ飛ばしやがった
 あのヤローと相見えるためにな。」
「だから、(団長)!
 その高みに行くために、
 お前にも付き合ってもらうぜ。」
「強者には強者が寄ってくるモンだ。
 お前の実力は本物だ。
 いずれ会うことになるだろう。」
リチャードマイページ
#1「ハッピーニューイヤー
 (団長)。」
「今年は勝負事で大勝ちできる……
 そう、まさにハッピーなイヤーに
 したいところだねえ。」
「ってあれ? 待てよ……」
「賭け事に負けないってことは……
 俺は一年中不幸に見舞われるって
 ことになるな……」
「…………」
「……いや、まぁ、そうだな。
 やはり、ほどほどにってことで、
 今年もよろしく頼むよ。」
#2「あけましておめでとう。
 君も一杯どうだい、(団長)?」
「ああ、君は未成年だったな……
 じゃあ、お年玉を上げるとしよう。
 なぁに、新年ばかりは勝負師も休業さ。」
「……じゃあ、いいかい?
 ここに三種類の袋がある。
 大きい袋、普通の袋、小さい袋だ。」
「お年玉が入った袋はたったひとつ。
 もしハズレを引いた場合、君は俺に――」
「え、勝負師は休業じゃないのかって?
 はは、やっぱりやめるのをやめるよ。
 新年こそ運を試して楽しまないとね。」
ルナールマイページ
#1「う〜ん、構図がなあ……
 ああ、あけましておめでと。
 ちょうどラフスケッチしてたところよ。」
「え、被写体? 鏡餅の優しい青年と、
 門松の渋い紳士。でも、
 門松は不良中年の方がいいかな……」
「あ、そうか……!
 鏡餅を少年にすればいいんだわ!
 まだまだ未熟ね、自分にガッカリよ。」
#2「去年の初耽美、覚えてる?
 鏡餅の少年と門松の紳士。
 でも、ちょっと出来が粗かったわ。」
「やっぱり、設定が強引だったのよね……
 そこで今年はシンプルな題材にしたの。
 鏡餅の一段目と二段目。」
「そう、わかる?
 シンプルゆえに禁断の領域……
 ふふ、今夜も机に向かうのが楽しみ!」
ルナール(水着ver)マイページ
#1(初期版の#1と同一)
#2
レオノーラマイページ
#1「あけまして
 おめでとうございやす!
 親分!」
「今年もいち子分として
 張り切って参りやす!
 よろしくお願いいたしやす!」
#2「親分!
 あけましておめでとうございやす!」
「今年は剣に磨きをかけて、
 親分の右腕にふさわしい
 子分になってみせまさぁ!」
「どうもジロキチの奴も、今年こそ
 トカゲの旦那を振り向かせるって
 息巻いてるみてぇでございやして……」
「きゃっはっは!
 こいつぁ来年が楽しみだねえ!」
#3「さぁあ、お立会い。
 御用とお急ぎでない方は、
 ゆっくり聞いておいで。」
「手前持ちい出したる棗の中には、
 この空域で生みだされし、一寸八分の
 細工人形――なんてねぇ。」
「へへっ、どうですかい、
 この商売の口上!」
「親分! アタイ、
 今年は新しいことに挑戦しやす!」
「シェロカルテ殿を見習って
 商いってぇのは、
 如何でございやしょう?」
ロザミアマイページ
#1「年が明けたようね。
 馬鹿みたいに浮かれて騒ぐのは嫌いよ。
 静かに過ごしたいわ。」
「今年は……帝国との戦いに
 決着がつけられれば、
 他に望むことはない。」
#2「早起きね。
 初日の出を見るために?
 そう。」
「私は朝食を作っていたの。
 ……美味しそう?
 (貴方)も食べる?」
(いつも世話になっているから、
 これくらいはするわ。)

「別にいいか。どうせ余るし。」
「……なんでもないわ。
 本音と建前を間違えただけよ。」
#3「おみくじ……
 あんなものをありがたがって、
 バカなのかしら。」
「あんなに並んで……
 ……って、(団長)。
 なぜニヤけているの。」
「先に並んでもらってきておいた?
 ……そう、まあどうでもいいけど。
 ひとついただくわね。」
「……!
 ……凶……!?」
「ありがとう、(団長)。
 ……おかげで、新年早々、
 良いちぎり絵ができそうだわ。」
ロジーヌマイページ
#1「明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。」
「新たな年を迎えるたびに
 心が改まる思いだわ……」
「一日一生、
 日々を大切に過ごしてくださいね。」
#2「明けまして、おめでとうございます。
 今年も健やかに日々を送って下さいね。
 はい、これは(団長)さんに。」
「おばあちゃんから、お年玉です。
 ふふふ。もちろん(団長)さんは
 この騎空団の立派な団長さんだわ。」
「でもね、おばあちゃんにとっては
 可愛い可愛い孫のように
 思えることもあるの。」
「しっかり者の(団長)さん。
 今年もみんなのことを頼みました。」
「こんな頼りないおばあちゃんだけれど
 いつでも、(団長)さんの
 おそばに居ますからね。」
ローアインマイページ
#1「ハァーッピィーニューイヤー!
 新年からテンションバハリマックス
 で行っちゃうよオイー!」
「新年の抱負?
 今年もキャタリナさん
 推し推しで行きマックス!」
#2ローアイン
 「エルっち!
  そろそろベジ刻んだ奴
  持ってきてくんね?」
エルセム
 「はい切った野菜、喜んでー」
ローアイン
 「んでトモちゃんは
  ゆでスパ、ザルっといて。」
トモイ
 「パスタの湯切りな?
  ウィース。」
ローアイン
 「あ、(ダンチョ)。
  あけおめッス。」
エルセム・トモイ
 「あけおめーッス。」
ローアイン
 「いや、マジ去年も世話んなったし?
  ことよろッス! マジで。」
エルセム・トモイ
 「ことよろーッス!!」
ローアイン
 「あ、サセン。
  料理しながら挨拶とかナイっすよね。
  ちょっと手が離せなくて……」
エルセム
 「いやマジ団の新年会ヤバぽよすね。
  皆スペンド(消費)がハイペすぎて
  マジでこのままじゃ食糧難だわ。」
トモイ
 「作る側としちゃヤリガイあるわー
  俺らは手伝いだけど。」
ローアイン   
 「ンな事よりアレな?
  キャタリナさんの〜……」
エルセム・トモイ
 「……リ〜ソ〜デ〜フ〜?」
ローアイン
 「Yeah! 振袖!
  さっき見かけたんだけど
  マブすぎてヤベんだわ。」
エルセム・トモイ
 「それな!」
ローアイン
 「っしゃダチ公! 次のメニューも
  ソクアゲでキャタリナさんの
  リーソーデーフーおがみに行くべ!」
3人
 「ッシャオラー!
#3ローアイン
 「ウィッス、(ダンチョー)!
  おけおめ的なの来たっスね!」
トモイ
 「年末年始お疲れッス(ダンチョー)!
  今年もバイブス、
  アゲていきましょーい!」
エルセム
 「ちょ、(ダンチョー)!
  気持ち表情がエモいッスよ?」
ローアイン
 「年末年始で色々お疲れッスかね?
  したらアレやっかダチ公!」
 「あせーの……」
 「だよねー!」
エルセム・トモイ
 「だよねー!」
3人
 「でーすーよーねー!
ローアイン
 「からの、スリートゥーワン……」
3人
 「ウェーイ!
ローアイン(水着ver)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3

わ行 Edit

現時点では無し

コメントフォーム Edit

雑談・感想板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「謹賀新年!」?

お名前:

セリフ情報提供板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「謹賀新年!」/セリフ情報提供?

お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-20 (火) 03:06:26