このエントリーをはてなブックマークに追加

「トリック・オア・トリート!」キャンペーン (SR)

季節ボイス集 > ハロウィン( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
「トリック・オア・トリート!」キャンペーン
 

 


 

このページについて Edit

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「トリック・オア・トリート!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧 Edit

あ行 Edit

キャラクター種別台詞
アイル(水着)(SSレア版と同一)
#3
マイページ「ふん、ハッピーハロウィンね」
「面倒だが多少は菓子を用意してやったよ。ガキの団員たちが来てもいいように。あぁん、オレはもらう側だと?てめ、ぶっとばす」
アウフスタ#1「トリック・オア・トリートたい!」
「ハロウィンは楽しかねーこの艇は子供が多いけん、ウチにとっては天国ばい。」
「あ、ウチは子供好いとうけん、いっぱいトリートして欲しいっちゃん!」
「いつか家庭を持ったら……ここの子達みたいに元気に、ちょっと生意気に育ってほしいんよね!」
#2
#3
マイページ「ハッピーハロウィンたい!」
「トリック・オア・トリートたい!」
アステール#1「トリック・オア・トリート!」
「ふぇっ、い、いたずらの方がいいのですか!? えっと、えっと……がおー!!」
#2「え〜いっ! ……ぎゅうっ……!」
「ど、どうでしょう(主人公)さん!? 急に後ろからぎゅっとされて、驚いたですか?」
「あうぅ、悪戯って難しくって……たくさん考えたのですけど……!」
「ほっ……良かったのです、びっくりしてくれたのですね(主人公)さん!」
「はいなのです! 一緒に悪戯しに行くのですよ! 今日は悪い子、なのです!」
#3「あ、(主人公)さん! 今日はハロウィンなのですよ! 楽しんでいくのです!」
「(主人公)さんも、アステールに悪戯、してもいいのですよ?」
「……えへへ、(主人公)さんが何もしないなら……」
「えいっ!」
「こちらから、悪戯を仕掛けていくのですよ!」
#4「(主人公)さん、ハッピーハロウィンなのです!」
「街中で「トリック・オア・トリート」を唱えていたら、たくさんのお菓子をもらえたのです!」
「ただ、ひとりでは食べきれない量になってしまって……よければ一緒に食べてもらえませんか?」
「えへへ……村にハロウィンは無かったのですけど、本当に楽しいお祭りなのです!」
「今度、村の人たちにも教えてあげようと思うのです!」
マイページ「トリック・オア・トリート!」
「トリック・オア・トリート! ふぇっ、い、いたずらの方がいいのですか!? えっと、えっと……がおー!!」
アニラ(SSレア版と同一)
#4
アビー#1アビー  「お菓子をちょーだい! ほらほらぁ! じゃないと木っ端微塵☆にしちゃうぞ!」
ムンちゃん「ムンムーン!(ま、待てアビー! なにか違わないか!?)
アビー  「んー、真っ二つと、木っ端微塵☆ならどっちがいーい?」
     「あはははは! やっぱりアタシは真っ二つかな! トリック・オア・真っ二つー!」
ムンちゃん「ムーン……!(そんな怖いハロウィン文句初めて聞いたぞ……)
アビー  「あ、ムンちゃんには虫を用意してあげてね? お菓子よりも大好きだもんね!」
ムンちゃん「ムンムーン!(だから、虫は嫌いなんだって〜!)
#2アビー  「(主人公)、そろそろだよ……隠れて……!」
     「3秒数えたら飛び出すんだよ! いーち、にー、さんっ!」
     「トリック・オア・真っ二つー!」
ムンちゃん「ムンムンッ!(何だよ急に! びっくりしたぁ……)
     「ム、ムンッ!?(なんで斧をピカピカに磨いてんだ? おい、それ、まさか……!)
     「ムンムンーッ!(ヤバい……本気の目をしてやがる……逃げろー!)
アビー  「逃げるってことはお菓子より、真っ二つを選んだんだね!」
     「(主人公)、ムンちゃんを追うよーっ!」
#3
マイページ「トリック・オア・トリート~!」
「このカボチャって、木っ端微塵用?真っ二つ用?」
アリーザ#1「ハッピーハロウィン!」
「キックオアトリート! お菓子をくれなきゃ蹴り飛ばすぞー!」
「じゃなかった……トリックオアトリート! 悪戯しちゃうぞー!」
「がおーっ! がおーっ! おかしよこせー! おかしー!」
#2「お菓子もらいに来たぞーっ!」
「あ、違う違うっ!トリック・オア・トリート!」
「(主人公)、お菓子を差し出せーっ!がおーっ!」
「な、何……?悪戯の方がいい?ちょっと待ってよ!それじゃ全然話が違うじゃん!」
「え?ならこっちが悪戯しちゃうって?ちょ、ちょっと待ってーっ!!」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
アリーザ
(水属性)
#1
#2
#3
マイページ
アルシャ#1「ハッピーハロウィン、(主人公)さん! 悪戯の用意はできましたか?」
「ハロウィンはあの世の扉が開き、 死者も生者と一緒になって楽しくお祭り騒ぎをする日です。」
「ハロウィンの王様、「迷子のジャック」を慰めるためにも思いっきり楽しみましょう!」
「今日という日ばかりは、恥ずかしがる方が損ですしね。」
「さぁ、子供達と一緒にトリック・オア・トリートを言いに行くとしましょう!」
#2「ハロウィンの文化は、島によってかなり異なるんです。」
「宗教的な扱いの差が大きいですし、パーティーでの余興ひとつとっても、随分と地域差があるんですよ。」
「たとえば、リンゴを用いたゲームで……」
「ひゃぁっ!?」
「ちょっと(主人公)さん、「トリックオアトリート」もなしに、羽ペンでくすぐってくるなんて……」
「まったくもう!私も仕返し、しちゃいますよ?」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
アルベール(SSレア版と同一)
#4
アルメイダ#1「ほれほれ(主人公)! トリック・オア・トリ〜ック!? どっちか選びなよ!」
「トリートがない? そんなもん鉱山にはなかったよ! あるのは2種類のイタズラさ!」
「ふっふっふ〜! 本気のイタズラってもんを見せてやる!」
#2「さあ、(主人公)!今年もトリック・オア・トリックだ!バルツの女にトリートなんてな〜い!」
「な、なに?カボチャプリンを作ったのか?果肉たっぷり……?」
「ゴクリ……」
「ふ、ふん!プリンでバルツの女を誑かそうとは……」
「まあ、ちょっと考えてやってもいいけど。」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
「ほれほれ団長!トリック・オア・トリ〜ック!?どっちか選びなよ!」
アルメイダ
(水着)
#1
#2
#3
マイページ
アルルメイヤ
(浴衣)
#1
#2
#3
#4
マイページ
アレク#1「トリック・オア・トリート! お菓子をくれないとイタズラだ!」
「って何でだよ! イタズラの方を求めんなよ! 普通お菓子だろ、お菓子!」
#2「(主人公)! スキありぃ〜!」
「そらそらそら〜。トリック・オア・トリートだぞ!」
「へへへ……お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ〜!」
「って、ちょ、(主人公)!? 待った、ストップ! ストップ!」
「やめろって、こしょぐってぇ! うひ、うは……うはははは……」
「って、こらーー! いたずらすんのはオレの方なの! (主人公)がしてどうすんだよ、もう!」
#3「トリック・オア・トリート!」
「へっへ〜、驚いたろ!」
「去年は(主人公)に驚かされたからな。その仕返しだぜ!」
「ああっ、やべ、やっちまった!いたずらしちゃったらお菓子もらえねえじゃねえか……」
「えっ、くれるの?いいのかよ、(主人公)……!」
「やったね!そんじゃ、遠慮なく……」
「いっただきまーす!あむぅ、もぐもぐもぐ……」
「うっ……げほっ、げほっ……!な、なな何だよこれ!?いきなり破裂したぞ!?」
「ず、ずりぃーぞ、(主人公)!こんないたずらアリかよ!」
#4
マイページ
アンジェ#1「トリック・オア・トリート!」
「僕にイタズラだって? ふふん、やれるものならやってごらん!」
「ただし、この甘くて美味しいお菓子はおあずけだからね!」
#2「この幻想的な夜に君をさらいにきたよ。今宵は僕とともに過ごさないかい?」
「ゾンビやお化け……チビッ子のいたずらからだって僕が君を守って見せる!」
「ふ……どうだい決まってるだろ……」
「ってちょ!!」
「ちょっとまってよ(主人公)!あははは!いきなりくすぐるなんてひ、ひどいよー!あはは!」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
「さあ団長!そのお菓子を僕にちょうだい!じゃないとイタズラしちゃうぞ!」
アンジェ(ハロウィン)(初登場版と同一)
#3
アンチラ(SSレア版と同一)
#3
アンナ(レア版と同一)
#4
アーサー#1
マイページ
ひよこ班#1モルドレッド「(主人公)さんっ!」
アーサー  「トリック・オアー……」
モルドレッド「あ、おい!アーサー待て!!」
アーサー  「トリートー!!」
モルドレッド「アーサー!!」
アーサー  「(主人公)さん、俺が先だよ!だから俺にお菓子ください!」
モルドレッド「トリック・オア・トリート!」「トリック・オア・トリート!!」
モルドレッド「(主人公)さん!オレに!!オレにしてくださいっ!!」
マイページ
アーミラ#1「トリック・オア・トリートー!」
「君、街に行こう! みんながお菓子をくれる!」
「変な恰好がたくさん! ねぇ、あれは何?」
#2「ふふふ! トリック・オア・トリート! お菓子たくさん!」
「この姿? 今日は姿を変えてお菓子を貰う日。街でそう聞いた。」
「え……この姿は、駄目? なぜ?」
#3
#4
マイページ
イオ#1「トリック・オア・トリート!」
「お菓子くれなきゃイタズラよっ!」
「あれ? お菓子ないの……? ふふん……じゃあ、イタズラけってーね!」
#2「(主人公)っ! トリック・オア・トリート!」
「お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうわよ!」
「ふ〜ん……配りすぎてお菓子を切らしてるんだ?」
「それじゃあ、悪戯決定ね! この日のために用意した魔法よ、覚悟しなさい!」
「ほ〜ら、逃げてもムダなんだから! ……えいっ!!」
#3「トリック・オア・トリート!」
「ほ〜ら、追い詰めたわよ、(主人公)!もう逃がさないんだから!」
「素直にお菓子を出しなさいよ。そ・れ・と・も……あたしに悪戯されたいわけ?」
「……追い詰められたのはあたしの方?え、何?急に笑い出して……」
「っ!?なに、この足音……!」
「も、もしかして……悪戯するために待ち構えてたの……?」
「うわぁーっ!待って、待って!あたしの持ってるお菓子、全部あげるから許してってば!」
#4
マイページ「ハッピーハロウィン!」
イッパツ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ヴァンツァ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ヴァンピィ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ヴィーラ#1「トリック・オア・トリート。」
「お姉様が私にイタズラしに来てくれないなんて……私は準備万端だというのに……」
#2「ん……? なんです? (主人公)さん。何をそんなに、不思議そうな顔を……」
「こんな物陰で何をしているか、ですか? ふふ……愚問です。今日はハロウィンですよ?」
「不届き者がお姉様に不埒な悪戯をしないか、こうして見張っているんです。」
「あ、もしよろしければ……(主人公)さんも手伝っていただけませんか?」
「お菓子なら後で差し上げますから。」
#3「(主人公)さん。お姉様に、トリック・オア・トリート、と告げてきてくれませんか?」
「報酬が欲しければ、お菓子を差し上げます。」
「私の手作りですから、味は保証しますよ。」
「……自分で言いに行かないのか、ですか?」
「私は、お姉様のお菓子が切れる、悪戯し放題の好機を狙って……」
「……いえ、なんでもありません。さぁ、ハロウィンを楽しんできてください。」
#4「ここはシンプルにドレス……いえ、奇をてらって、着ぐるみという手も……」
「ああ、(主人公)さん、少しよろしいですか?」
「実はいま、お姉様が最もお似合いになるハロウィンの仮装を検討していまして……」
「(主人公)さんからも、ご意見を頂けませんか?」
「ふむふむ……お姉様の……」
「だ、男装……っ!?」
「そ、それは……想像するだに恐ろしい破壊力ですが……」
「しかし……なんだか余計な虫を増やしてしまいそうでもありますね……」
マイページ「ハッピーハロウィン」
「トリック・オア・トリート」
「お姉様に……悪戯? あ、いえ、そんな破廉恥なことは……あ、でも……うふふ」
ウィル(レア版と同一)
#4
ヴェイン#1「トリック・オア・トリート!」
「子どもの頃、ランちゃんにかぼちゃのお化けで脅かされてさ……」
「それ以来、俺、カボチャがだめなんだよなぁ……」
#2「あぁー! (主人公)! こんな所にいたのか! ちょっとこっちに来てくれー!」
「……忙しい所ワリィんだけど、今からこのお菓子をオバケ達に渡すの手伝ってくれないか?」
「今、甲板で待たせてるから、(主人公)が先に行ってどんどん配ってきてくれ!」
「え……オバケって、何だって? あー! そかそか! 説明がまだだったな!」
「実は今日、村に買い出しに行ったらオバケの仮装した子供達がぞろぞろついて来ちまってよ!」
「巻き込んじまって悪いんだけど、なっ? 頼むから引き受けてくれー? ……おっ! 引き受けてくれるってか!」
「ふふっ、ありがとな、(主人公)! お礼に後でと〜っておきのお菓子を作ってやるからな!」
#3「わはははっ!今年は狼男の仮装に挑戦してみることにしたぜ!」
「衣装も自作してみたんだぜ。(主人公)、ちょっと見てくれよ!」
「その耳も尻尾ももふもふでよく出来てるだろ?へへっ、我ながら自信作だ!」
「今夜はこれを着て、仮装パーティーを楽しむぞ〜こんな風に手を上げて、ガオーって!」
「狼男にしては可愛すぎる?そういえば狼男ってガオーっていうよりかっこよく遠吠えとかするもんなぁ。」
「って、え!?遠吠え、やってみてほしいのか?確かに、練習は必要だろうけど……」
「わかった。初めてやるから、変でも笑わないでくれよ?」
「…………」
「アゥー……ウォオーン……ワォーーーン、オンオン……」
「へへっ、どうだった?やってみたら案外楽しいな!(主人公)も一緒に遠吠えしようぜ!」
#4「わはははっ!子供達の仮装パーティーに顔出したらいっぱい悪戯されたぜ!」
「やっぱり子供は元気なのが一番だよな!手作りのクモだの紙ふぶきだの、もうてんやわんや、もみくちゃ!」
「えっ、悪戯のお返しをしないのかって?」
「そうだな……小さい子もいるし、怖がらせたりしたらちょっと可哀想なんだよな……」
「そうだ、いいこと思いついた!みんなのフードの中にお菓子を入れて回るってのはどうだ?」
「ひとつひとつ包めば汚れないし、お菓子をもらえる悪戯なら嬉しいだろ?」
「よぉし、それじゃあ決まりだな!」
「そんじゃあ、お菓子を買いに行くとするか!」
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!子どもの頃、ランちゃんにかぼちゃのお化けで脅かされてさ……それ以来、俺、カボチャがだめなんだよなぁ……」
ヴェイン(ガチャ)(初登場版と同一)
ヴェリトール(レア版と同一)
#3
ウェルダー(レア版と同一)
#4
ウラムヌラン#1「トリックオアトリート! 団長、お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ?」
「おっと、悪戯がいいの? よぉし、ウラっちの大道芸であっと驚かせちゃうよ!」
#2「いや〜、仮装も悪戯も大道芸の参考になるなぁ。」
「おっと、(主人公)! 悪戯して回ってるとこ? あはは、そっか!」
「よっし、それじゃあウラっちも見てばっかりいないでそろそろ悪戯しようかな。」
「さ〜あ、悲鳴の後にはご喝采! ウラっちの大道芸をとくとご覧あれ!」
#3「あ、(主人公)。いま、艇中にウラっちのポスターを貼って回ってるんだ。」
「今夜、ハロウィンナイトの特別公演をやっちゃおうと思ってね!楽しみにしててよ!」
「え?ポスターの日付が違う?」
「……あっ、しまった!作った日の日付を入れてた……」
「う〜ん、どうしようかな……」
「……(主人公)が、みんなに呼びかけるのを手伝ってくれるの?」
「すごく助かるよ!ああでも、仮装とか悪戯とか、楽しいことをしたほうが……」
「そうだっ!じゃあ今日の大道芸は一緒にやろうよ!」
「ものすごい仮装して、ばっちり芸を決めて、みんなを驚かしちゃおう!」
「そうと決まれば、すぐ準備しないと!」
「え?呼びかけはどうしたって?(主人公)とウラっちで芸をやったら、勝手に人は集まるよ!」
#4
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリックオアトリート!団長、お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ?」
エジェリー#1「んっんー んんんぅー! (ハッピーハロウィーン!)
「んんんぅ! ん! (どんな仮装をしましょうか……!)
「ん、んんんぅ……ん、んんんぅ…… (あ! 吸血鬼なんてどうで……あ、牙つけらんない……)
#2「んぅ……んんん! (ふふ…(主人公)さん!トリック・オア・トリート!)
「ん、んんぅ……んん…… (あ、お菓子用意してたんですね。いたずらできなくて残念です……)
「……ん! んん、んんぅ…… (……あ! でも私、お菓子もらっても、食べられないんでした!)
#3
#4
マイページ
エシオ(レア版と同一)
#3
エゼクレイン(火属性)#1「トリック・オア・トリートだと? 抜かすな。反吐がでる。」
「それは脅しだ。菓子をくれてやらなければどんな目に遭わせるというのだ。」
「それが娯楽として 横行しているとはな。正気の沙汰じゃない。」
「そんな物騒な言葉をガキに教えるんじゃないぞ。ろくでもない思想が染み付く。」
「ハッピーハロウィンという言葉だけ教えてやればいい。」
#2「迷子のジャックを慰める……それがハロウィンの本来の目的だったと思うが。」
「今となってはガキ共が菓子を強奪するための方便だ。ジャック様様だな。」
「とはいえ、まあ、ジャックと死者のための祭りというのが悪いわけじゃない。」
「湿っぽく迎えられるのはジャックも死者も勘弁してほしいだろうからな。」
「……遊ぶなら節度を持って遊べ、ということだ。解ったな。」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン……」
「トリック・オア・トリート……」
エゼクレイン(光属性)(初登場版と同一)
#3
エリン#1「ハッピーハロウィン。」
「ええ、お祭りに行くつもりはないわ。わたしは、ここでお祭りの空気を味わえれば、それで十分よ。」
「……トリック・オア・トリートって……わたしはお菓子なんて、持っていないのだけど……」
「ま、待ちなさい。なら、イタズラをする……って、わたしに何をするつもり?」
「え、お祭りに連れて行く? はぁ……仕方ないわね。一緒に行けばいいんでしょう?」
「はぁ……まさか、こんなイタズラをされるなんて、思ってなかったわ……ふふっ……」
#2「(主人公)……トリックオアトリート。」
「あら、ハロウィンの時はこう言う風に言うのでしょう?」
「ふふっ、わたしもお祭りの空気に少しあてられたのよ。」
「たまにはこういうのもいいでしょう?」
「それで……(主人公)はどちらを選ぶのかしら?」
「お菓子をくれるのかしら?それともわたしにイタズラされたい?」
#3「ああ、今日はハロウィンだったわね……」
「……この時期は毎年、本当に賑やかよね……」
「……別に賑やかなのは嫌いじゃないわ。」
「子供たちの楽しそうな声を聴いていると私も楽しくなってくるもの。」
「そうね……来年はわたしも仮装をしてみようかしら。」
「なんとなく……そう……なんとなくそんな気分になったのよ。」
「ねぇ、(主人公)。その時は(主人公)も私と一緒に仮装をしましょう。」
「その……一人で仮装をするのは恥ずかしいもの。」
マイページ「ハッピーハロウィン」
「トリック・オア・トリート」
「貴方はわたしにお菓子をくれるのかしら?……それとも、わたしにイタズラをして欲しいのかしら?…フフッ、わたしもお祭りの空気にあてられたのよ。」
エルタ#1「ト、トリック、オア、トリート……」
「うう……お菓子上げますから! 悪戯はやめてください〜……!」
「僕、怖いもの……に、苦手なんです……わぁっ……! ト、トリック、オア、トリート……!」
「え? 今日という日を乗り切るための魔法の言葉だって、さっきラカムさんに教えてもらったんですけど……」
「ち、ちがうんですか!? え!? ぼ、僕が悪戯しなきゃいけなくなるんですか!?」
「そ、そんなぁ! ぼ、僕にはできないです〜……お、お菓子なら上げますから〜」
#2「ひぃっ、(主人公)さん!い、悪戯はやめてくださいね!」
「きょ、今日はたくさんお菓子を持っていたんです。」
「でも、子供達に配っていたら、なくなってしまって……」
「いまはもうお菓子がないんです〜……!」
「って、(主人公)さん、なんでニヤニヤしてるんですか!?」
「だ、だめですからね?本当にですよ?ちょ、ちょっと……」
「ひぃいいい〜〜〜!!」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
「わぁ!ビックリしたぁ……今日はお化けがいっぱいだぁ。」
エルタ
(光属性)
#1
#2
#3
マイページ
エルモート#1「トリック・オア・トリート。」
「あァ? (主人公)サンもお菓子が欲しいだって?」
「くれてやってもいいが、ちゃんと歯磨きするって約束しろ。いいな? 約束だぞ?」
#2「菓子なンザ持ってねェぞ。もうほかのガキ共に根こそぎ奪われちまったからな。」
「あァ? それなら悪戯するしかねェだと?」
「へっ。上等じゃねェか。ほら、悪戯してみろよ?」
「俺の獄炎で返り討ちにしてやるぜ!」
#3「な、何ィ? 俺のランタンを貸してほしい……? ハロウィンの仮装に使いたいだと?」
「ハッ……そんなモン駄目に決まってンだろ。ランタン舐めンなコラ。」
「あァ? 値が張るモンなのかって?」
「違ェよ。ガキがはしゃいで扱ったら危ねェだろ。」
「……ほら、こっちの偽モンで我慢しろ。」
#4
マイページ「ハッピーハロウィン」
「トリック・オア・トリート」
「チッ……この時期はやたらとクソガキどもがお菓子をたかって来やがるぜ。て、てめぇ!お菓子を渡したのにイタズラするなんて卑怯だぞ!」
エルモート(水着)(初登場版と同一)
炎獄先生エルモート#1〜3(初登場版と同一)
#4
マイページ「ハッピーハロウィン」
「ガキ共にやる菓子を焼かねェとなァ……あーあ、かったりぃ」
オイゲン#1「ああ? トリック・オア・トリート?」
「菓子ならやるから……あ、こら! いたずらすんじゃねぇって!」
#2「あ? 何ぼーっとしてんのかって?」
「う〜ん……へへ、ついな、思い出しちまってよ。」
「おかしいな……毎年、この時期になると、アポロのやつが妙にはりきりやがんだ。」
「ほれ、なんつうか、元気いっぱいでよ。何が楽しいのか知らねぇが、悪戯が半端じゃねぇんだ。」
「う〜ん……妙に殺気立ってやがって少しでも気ぃ抜いたらやられちまう。毎年ハロウィンは命懸けだったんだぜ。」
「くはははっ……」
「待った……! まさか、俺、本気で狙われてたんじゃ……」
「う〜ん……お、おう……そうだな、(主人公)。これ以上考えんのは止すぜ。」
「困っちまうなぁ……あれは父娘の美しき想い出だった……それでいいじゃねぇか……は、はは……」
#3「おいおい……悪戯は勘弁してくれ。オレはちと休憩だ、休憩。」
「用意してた菓子を全部、取られちまったってのによ……次から次へと悪戯しに来やがる。」
「くははっ!星晶獣との戦いよりもしんどいぜ、こりゃ……」
#4
マイページ「ああ? トリック・オア・トリート?」
「菓子ならやるから……あ、こら! いたずらすんじゃねぇって!」
オイゲン(水着)(初登場版と同一)
#4
オリヴィエ(イベント)(SSR版と同一)
オーウェン#1
#2
マイページ

か行 Edit

キャラクター種別台詞
カイン#1「ハロウィンのお祭りっていいよな! みんなで一緒に、ワイワイしててさ。」
「ハロウィンには確か、死んじまった人間が帰ってくるんだよな……」
「うん、まぁ……それが、本当の事なのかどうか、俺にはわからないけどさ。」
「今日はなんとなく、兄さんも一緒にお祭りを楽しんでくれてる気がするよ。」
#2
マイページ「ハッピーハロウィーン!」
「トリック・オア・トリート!」
ガイーヌ#1「ハッピーハロウィーン! ですわ♪」
「さあ、今日は思う存分、悪戯をしても許される日ですわよ。」
「ねえ、(主人公)さん。あなたは悪戯したい方? それとも……されたい方かしら?」
「ふふふ……もう、いやですわ。ほんの冗談じゃないですの。」
#2「な、なんですの……?」
「じろじろと不躾な視線を!セクハラですわよ!!」
「んまぁ……悪戯を仕掛けようとしていた、ですって……?」
「ふふっ今日はハロウィンですものね。悪戯をするのは構いませんわ。」
「…………?」
「どうしたんですの、急に恥ずかしがったりして……」
「そ、そんな反応をされたら、私まで恥ずかしくなってきましたわ!」
#3
マイページ「ハッピーハロウィーン! ですわ♪」
「トリック・オア・トリート! ですわ♪」
カイラナ
(SR)
#1
#2
#3
マイページ
カタリナ#1「ハッピーハロウィン!」
「クッキーにキャンディ、それからチョコレート! 準備は万端だ!」
「どこからでもかかってくるがいい!」
#2「子供の頃は私も、仮装をしてお菓子を集めて回ったものさ。」
「ふふ、毎年本当に楽しみにしていたよ。」
「だから今度は、私が子供達にハロウィンの楽しさを味わわせてあげる番だ。」
「思い切った悪戯も、今日は甘んじて受けてあげなくてはな。」
「(主人公)も遠慮せず、悪戯してみていいんだぞ? ハッピーハロウィン!」
#3「ふふっ、皆、思い思いに仮装を楽しんでいるな。こういった光景を見るのも実に愉快だ。」
「トリック・オア・トリート?うむ、もちろんお菓子は用意しているぞ。」
「どうした(主人公)、お菓子を受け取ってくれないか?」
「私も悪戯する側に?いや、こういうのは大人がやるものじゃ――」
「ははっ、わかったよ。(主人公)にそこまで誘われたのなら、断る理由もない。」
「よし、(主人公)!ラカムやオイゲンに悪戯しに行くぞ!」
#4
マイページ「トリック・オア・トリートー!」
カタリナ(水着)(初登場版と同一)
#4
ガラドア(レア版と同一)
#4
カリオストロ(SSレア版と同一)
#4
カルテイラ#1
#2
#3
#4
マイページ
カルバ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
カルメリーナ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
カレン#1「トリック・オア・トリート!」
「今宵の我が団はお菓子を略奪するのであーる! 野郎共、ついてこーい!」
#2「ハロウィンって最高! みんなの衣装見てるだけで楽しくなっちゃうし。」
「お菓子でいっぱいだし、みんな笑ってる〜!」
「やっぱりさ、家にこもってばかりじゃ 分からない楽しい事って たっくさんあるよね。」
「ハロウィンパーティーなんて(主人公)達と出会うまでしたことなかったもん。」
「へへへ。だから、今さいっこうに楽しい! ほら、(主人公)もお菓子貰いに行こう!」
#3「……いい?今日はあたし達の団結力が試される日。」
「誰を狙うか、いかに効率よく街を回るかでどれだけのお菓子を集められるかが決まるんだから。」
「仮装の準備はいい?お菓子もってそうな人の特徴は把握した?」
「ぃよっし!野郎ども!お菓子の略奪に出発であーる!全員あたしについてこーい!」
#4
マイページ「ハッピーハロウィーン。えへへ。こういうお祭りの雰囲気って好きー。」
「トリック・オア・トリート!今宵の我が団はお菓子を略奪するのであーる! 野郎共、ついてこーい!」
カレン(イベント)(初登場版と同一)
#4
ガンダゴウザ(水着)(SSレア版と同一)
#4
キハール#1「ハロウィンの時期はあの世の扉が開き、幽霊やお化けがこちら側に顔を出すものである。」
「ところが……ある島には幽霊やお化けばかりが住んでいて……」
「ハロウィンの時だけは、生きている者を迎えるのである!」
「ンハハハ、嘘だと思うのであるか?」
「何を隠そう、吾輩、吟遊騎空団と共にその島へ行ったことがあるのである!」
「年に一度のハロウィンパーティーで吟遊騎空団に演奏をお願いしたい、という依頼だったのである。」
「幽霊やお化けであろうとも、やはり楽しいことが好きなものなのであるなぁ。」
「(主人公)殿も、もし出会った時には遊んでやるといいのであるぞ。ハッピーハロウィン!」
#2「ハッピーハロウィン! (主人公)殿、楽しんでいるであるか?」
「カボチャのランタンは、家に悪霊が入ってくるのを追い返すという意味もあれば……」
「迷子のジャックを導くものだ、と伝えている島もあるのである。」
「さて真実はどうであるか……(主人公)殿はどう思うであるかな?」
「ンハハハハ! いずれにせよ、ハロウィンは楽しむものなのである。」
「さぁ(主人公)殿、悪戯とお菓子どっちが良いのであるか?」
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
ククル#1「トリック・オア・トリート! あはは、突然でびっくりした? だったら悪戯成功だ!」
「あれ? 先に驚かしたらお菓子とどっちか選べないからズルい……かな?」
「うっ……仕方ない!」
「それじゃあ(主人公)、ククル姉ちゃんに悪戯ど〜んと来いっ!」
「ふひゃっ!? あははっ! ダメダメっ! くすぐるのダメっ! ひゃんっ! あははははっ!」
#2「よーし、こんなもんかな?見て見て(主人公)!かぼちゃのランプだよ!」
「……ふふっ。あ、ゴメンゴメン、思い出し笑い!」
「ちっちゃい頃のクム坊がね、かぼちゃの顔が怖いーって泣いちゃったの思い出して。」
「でも、お母ちゃんが作ったかぼちゃのパイ食べたらね、にこーって笑ったんだよ。」
「それがすっごく可愛くてね……うちの妹は全空一可愛い!って本気で思ったもんだよ〜」
「もっとも、うちのクム坊はハロウィン以外もいつでも超可愛いんだけどね〜!」
「あとで一緒に、かぼちゃのパイ作ろっかな!(主人公)にも分けてあげるね!」
#3
マイページ「トリック・オア・トリートー! クムユ?どこ行った?」
「ハッピーハロウィン!」
クムユ(水着)(レア版と同一)
#4
クラウディア#1「トリック・オア・トリート。」
「いたずら? 私にでございますか? 肋骨の2、3本を犠牲にするおつもりですか?」
#2「本日は、ハロウィンでございますね。だからと言って、いたずらなどは論外です。」
「さあ、どうぞ子供達へお菓子をお配りになってください。」
「さて……ルリアお嬢様は、お召し変えなどなさらないのでしょうか……?」
#3「(主人公)さん。ルリアお嬢様の仮装につきまして、ご提案がございます。」
「落ち着いた紺色のブラウスに、肩まで広がる大きな襟を加え、胸元には赤いスカーフを結び……」
「まるで上下一対かのような、紺色のプリーツスカートを合わせた服は、如何でしょうか?」
「はい?それは一体なんの仮装だ……と?」
「今はそのことについて、論ずる暇はありません。そんなことより……さぁ、ご決断を!」
#4
マイページ「ハッピーハロウィン。」
「トリック・オア・トリート。」
「お菓子の用意がございます。どうぞふざけた格好で子供達に配り歩いておいでになってください。」
グレア#1「あ、(主人公)さん。はい、お菓子。」
「子供達に渡す用だよ。……驚く練習も、アンと一緒にしてきたんだ。」
「楽しい日にしたいね。(主人公)さん。」
#2「どうしよう……」
「あ、(団長)さん、
いいところに……」
「そのね、アンがハロウィンの日に
一緒に仮装をしようって……」
「でも、私、仮装って
したことなくて……」
「あまりに怖い恰好をしたら、
子供が泣いちゃいそうだし……」
「でも、可愛い恰好をしても
私には似合わないし……」
「ねぇ、(団長)さん。
(団長)さんは私に
どんな仮装が似合うと思う?」(選択肢出現)
➤可愛いの
「か、可愛いのは
私には似合わないよ!」
「その……あまり、愛想もよくないし。
こういうのはアンの方が……」
「え、とりあえず一度、
着てみてって……」
「うっ……わかった。
(団長)さんがそこまで言うなら、
一度、着てみるね。」
「だから、その……
後で感想を聞かせて。」
➤怖いの
「で、でも、怖い仮装だと
子供達が泣かないかな?」
「私、ただでさえ愛想がよくないし……」
「え、とりあえず一度、
着てみてって……」
「うっ……わかった。
(団長)さんがそこ言うなら、
一度、着てみるね。」
「だから、その……
後で感想を聞かせて。」
マイページ
クロエ(水着)(レア版と同一)
#3

さ行 Edit

キャラクター種別台詞
ザザ#1「トリック・オア・トリート! 死にたくなければ菓子を寄越すがいい……」
「……なに? 大人はやらない? ……すまない。」
#2「ふふ……」
「本当に空には祝い事が多いな……同じ蒼空に暮らしていたというのに、こうも、違うのか……」
「幸せそうにはしゃぐ子供達を見ていると、とても……とても穏やかな気持ちになれるな……」
「……朋よ。君も私に気を使わず、はしゃいで来るといい。」
「ほら、菓子だ…… ふふ……」
#3「た、大変だ!朋よ……!私の親指が……親指が取れて……!」
「…………」
「私と朋達の間では……指が取れたように見える悪戯が……流行っていたんだが……」
「その……驚かせて……いや、驚かせられず……すまない……」
「……朋よ、くれるのか……お菓子を…… ……ありがとう……」
「来年は……もう少しまともな悪戯を……約束しよう……」
#4
マイページ「トリック・オア・トリート!死にたくなければ菓子を寄越すがいい……。……なに?大人はやらない?……すまない。」
「ハッピーハロウィン。ふっ、楽しい行事だな。」
「朋よ、聞いてくれ。何もしていないのに素晴らしい仮装だと褒められたのだが……。私は、どうすればいいのだ……。」
サビルバラ#1「えーっと、……はっぴーはろうぃん?……ハロウィンっちゅうのは、どうも身に馴染まんぜよ。」
「ま、だが子供らが楽しげにしとるっちゅうのは悪くはないしな。」
「……そういやぁ、親戚にいつも忍者の仮装をしとる子がいたぜよ。元気にしとるかなぁ?」
#2「は〜、弱ったもんだ。仮装だか不審人物だか判断つかんぜよ。」
「今さっき、団の小さいのが驚かせようとしてきたのに刀を抜いちまってなぁ……」
「怪我はさせずに済んだんだが、とはいえ怖い思いをさせちまったことは変わらんぜよ。」
「ん……あぁ、そうだな。もう一度謝りついでに、せめて菓子をやるとするかぁ。」
「はぁ……なんともはや、難しい行事じゃ……」
#3
マイページ「はっぴーはろうぃん」
「とりっく、おあ、とりーと」
サラ#1「ト、トリックオア、トリートっ!」
「ええっ!? い、いたずらがいいんですか!?」
「ふぇ……ええーと……む、無理です〜!」
#2「うーん、うーん……悪戯……悪戯…………あっ、(主人公)さん。」
「そのぅ……ハロウィンの悪戯って、どんなことを すればいいんでしょう……?」
「ボレミアとジンさんが、思いっきり悪戯してみなさい、って言ってくれたんですけど……」
「……えっ? もしかしてその言葉がふたりの悪戯だったのかも……ですか? そ、そうなんでしょうか!?」
#3
#4「……ふふっ……」
「びっくりしましたね、(主人公)さん!」
「まさかボレミアが、ジンさんに悪戯するだなんて……!」
「ボレミアも、ジンさんも楽しそうで私もとっても楽しいです!」
「……あの、ボレミアに悪戯を教えてくれたのは(主人公)さんなんですよね……?」
「もし良ければ、私にも悪戯を教えていただけませんか?」
「私も、ジンさんとボレミアが笑ってくれるような悪戯をしてみたいです……!」
マイページ「トリック・オア、トリート!」
「ハッピーハロウィン!」
サラ(水着)(初登場版と同一)
#4
白蛇のナーガ#1「ふっ……この私ともあろうものが 子供達にお菓子を根こそぎ奪われてしまったわ。」
「やられっぱなしで黙っている私ではないわ! すぐに奪い返しに行くわよ! (主人公)!」
マイページ
サーヤ#1「私、ハロウィンの仮装見るのが好きなんです!」
「仮装の仕組みを推理するの、楽しいですよ!」
「たまーに、ホンモノのお化けとしか思えないのが混ざってるのが面白いですよね、ハロウィンって!」
#2「ハロウィンってほんとうにワクワクしちゃいます!お化けの衣装ってとても凝ってますよね!」
「どんな構造になってるのか?どんな素材を生かしているのか?そんなことをよく考えちゃいます。」
「今年は、仮面をつけた方が多いですねー……うん?」
「あれ?今の仮面の人、近くの女性のカバンをもっていきませんでした?」
「あ、やっぱり!カバンがないって言ってます!じ、事件です!」
「こんな楽しい夜を台無しにするなんて許せません!ここが探偵の腕の見せどころです!」
「(主人公)さん!仮面の人を探しましょう!」
#3
#4
マイページ「私、ハロウィンの仮装見るのが好きなんです!仮装の仕組みを推理するの、楽しいですよ!」
「たまーに、ホンモノのお化けとしか思えないのが混ざってるのが面白いですよね、ハロウィンって!」
サーヤ
(光属性)
(初登場版と同一)
#4
マイページ
ザーリリャオー#1「ハロウィンですね。お菓子の準備はぬかりないですよ。」
「ド、ドッキリなんかされてはたまりませんからね。」
#2「トリック・オア・トリート! はっ、(主人公)殿! 本日のオペレーションは悪戯です。」
「ほらほら、見てください。このお菓子の山を。」
「ええ、そうですとも! これ、全部、配ってやるんです。」
「もちろん、悪戯される前にです! そうすれば誰も悪戯できません!」
「ふっふっふ、どうですか? これぞ先手必勝の戦術ですよ。」
「今年のハロウィンは、機先を制してやりましょう!」
#3
#4
マイページ「ハッピーハロウィン。」
「ハロウィンですね。お菓子の準備はぬかりないですよ。ド、ドッキリなんかされてはたまりませんからね。」
J・J#1「トリック・オア・トリート!」
「ヘイ、どっちでも好きな方、選びやがれ!」
#2「ハピハロメーン! おまつりメーン!」
「え? なんだって? 浮かれてる割には 全然仮装してねーだって?」
「ハハハ……言うじゃねーか、(主人公)。 笑えるジョークだぜ。」
「違うぜメーン? オレ達リリシストは 外面を飾らねえ。」
「飾んのはハート。 リリックという バイブス乗せた熱い言葉で飾るんだ。」
「どうだ、見えるか(主人公)? オレの心のブリンブリン、目が潰れんばかりのダイアがYo!」
#3
#4
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!ヘイ、どっちでも好きな方、選びやがれ!」
J・J(水着)(初登場版と同一)
#3
#4
ジェシカ(火属性)#1「ハッピーハロウィン!」
「ねぇねぇ、団長さん、団長さんは、私にはどんな仮装が似合うと思いますか?」
#2「(主人公)さん、トリック・オア・トリート!」
「お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃいますよ!」
「ふふ。お菓子がないんですね? それなら……」
「こちょこちょ! くすぐりの刑です! こちょこちょこちょ〜!」
「あ、逃げたらだめですって! まてー!」
#3
#4
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
「お菓子かイタズラ?ああ……持ち合わせが……。へ、変なことはしないでくださいね?」
ジェシカ(水着)(初登場版と同一)
#3
#4
ジェシカ(土属性)(初登場版と同一)
#3
#4
シグ#1「なぁ、あんた! この辺でバケモノを見なかったかい!? さっき甲板にいたんだよ!」
「いやぁ、あんなもん初めて見たね……まるでカボチャみたいなヤツだった。ふふふ、あの獲物は必ず仕留めてやる!」
「……え、ハロウィン? バケモノに仮装する日ぃ? そ、それなら先に言っとくれよ!」
#2
#3
マイページ
シグ(ガチャ)(初登場版と同一)
シャオ#1「(主人公)さん、トリック・オア・トリート。」
「あ、いえお菓子はいりません。ちょっと言ってみたかっただけなので。」
「ちなみに、僕はお菓子は持ってません。いたずらしますか?どうしますか?」
「(主人公)さんが、僕相手にどんな面白いイタズラをしてくれるか興味あるんですよねぇ。」
「なので……さあ!遠慮しないで、どうぞ。」
#2
#3
マイページ
ジャスミン(レア版と同一)
#4
ジャミル(土属性)#1「ううん……ハロウィンなので仮装したんですが、なかなか上手いこといかないですね。」
「一族の技を駆使して、ビィ様のフリをしてみたんです。ですが誰にも何ひとつ反応されず……」
「まだまだ俺は未熟なようです。来年こそはもっと精度の高い、完璧な仮装をしなければ……!」
#2「けほっ……今年こそは完璧なビィ様のフリを……と思ったのですが……」
「オイラはトカゲじゃねぇ! と発声練習をしていたところをカタリナ様が通りかかりまして。」
「熱烈な指導を頂いたのですが、すっかり喉がやられてしまい……」
「……完璧なビィ様のフリは、また来年に持ち越しになりそうです。けほっ……」
#3
マイページ
ジャミル(闇属性)(初登場版と同一)
#3
シャルロッテ(SSレア版と同一)
#4
シャルロッテ(水着)(SSレア版と同一)
#4
ジャンヌダルク#1「ハッピーハロウィン!え、何をしているかって……?」
「それが、小さな子達が折角の衣装を破ってしまって。」
「とても悲しそうで、放っておけなくてな……」
「なので衣装を預かって、繕っているところなんだ。」
「折角のハロウィンだ。みんな笑顔で楽しく過ごせればそれが一番だ。」
#2「ハッピーハロウィン!子供達はみんな、仮装をして楽しそうにしているな。」
「……その、実は……私も、簡単だけれど仮装を作ってみたんだ……」
「……時間がなかったから、エルーンの耳を模したカチューシャだけなのだけれど。」
「……浮かれ過ぎだろうか……何日か前から子供達がウキウキしているのを見て、つい。」
「(主人公)殿、その。もし良ければ、カチューシャをつけてみるから……おかしくないか、見てくれないか。」
「……いいのか?ありがとう!それじゃあ、部屋に来てくれ!」
マイページ
シロウ#1「ついにこの日が来てしまったか……」
「ははっ! 俺ぁ機械技師だぜ?大げさなイタズラだったら任せとけってな!」
「よぉし……まずはお化け役の機械兵を組み立てるかな!さ、やるぞ(主人公)!」
#2
#3
マイページ
ジン(土属性)#1「ハッピーハロウィン! (主人公)殿は仮装はしないのかな?」
「某は……まあ、日頃から侍の仮装をしているようなものだからな。……冗談だぞ?」
#2「折角のハロウィンだ、サラ殿に一度思いっきり悪戯をしてみるよう言ったんだが……」
「却って困らせてしまったらしい。……確かに、子供らしくと言われてそう振る舞えるものではないな。」
「……(主人公)殿、もしこれから悪戯を試みるのであれば、サラ殿を誘ってみてくれないか。」
「(主人公)殿やルリア殿と一緒であれば、サラ殿も気兼ねなく悪戯ができよう。」
「サラ殿の笑顔のため、(主人公)殿渾身の悪戯、某、謹んでお受けいたす。」
#3
#4
マイページ
ジン(克己浪人)(初登場版と同一)
#3
#4
ジン(風属性)(初登場版と同一)
#3
#4
ジン(水着)(初登場版と同一)
#3
#4
スィール#1「トリック・オア・トリート!ほら、一緒に言ってみて!トリック・オア・トリート!」
「……そうそう!さぁ、お菓子を貰いに行こうよ!勿論、悪戯もねっ!」
#2「(主人公)、(主人公)!準備できた?」
「うん、オレは準備万端!いたずらも、お菓子をもらうためのカゴもねっ!」
「いい?トリック、オア、トリート! だよ?ほら〜、恥ずかしがらないで!」
「トリック・オア・トリート!そうそう! そんな感じ!」
「それじゃあ、行こう!いたずらもお菓子もお腹いっぱいになるまで楽しもうよ!」
#3
#4
マイページ「トリック・オア・トリート。」
「ハッピーハロウィン。」
「トリック・オア・トリート!ほら、一緒に言ってみて?トリック・オア・トリート!そうそう!さあ、お菓子も貰いに行こうよ!もちろん、悪戯もね!」
スカル#1「ハッピーハロウィィィィィン!!」
「なぁ……! 今日ってやばくねぇか……?」
「暴れまわる日なんだろ……!? うずうずしてしゃあねぇよ……!!」
「あぁぁ!? 菓子をあげるから我慢しろだとぉ……!?」
「…………」
「ヒャアアアアッ! 我慢できねェ!! オラオラ、騒ぐぞ!」
「ヒャァァァッハァァァァッ!」
「あ、菓子は貰っとくぞ。」
「ヒャァァァッハァァァァッ!」
#2
#3
マイページ
スタン#1「ハッピーハロウィン。」
「(主人公)。トリック・オア・トリート!」
「って、もちろん。トリート、だよな。ふふ、じゃあお菓子を……」
「なに?トリックがいい? そ、それは予想外の答えだな……あーえっと……えー……」
「へ!? やらないなら、こっちから行くだって!? や、ま、待てって!」
「お、お菓子が手元に無い……! くっ……だが、まぁいいか。 お前の悪戯なら、歓迎だ。ははっ……」
#2
#3
マイページ
スフラマール
(水着)
(レア版と同一)
#4
スーテラ
(風属性)
#1「トリック・オア・トリート!」
「この言葉を合図に決闘をし、負けたものは勝者に甘味を渡すのだそうです!」
「……え、違う……?」
#2「うぅ……姉様、メーテラ姉様はいずこに……」
「(主人公)殿ですか? そのぅ……メーテラ姉様の悪戯で目がしょぼしょぼしていまして……」
「んー……あぁ、やはり(主人公)殿ですね! すみません、顔を近づけないとお顏が見えなくて。」
「あっ! 手を引いてくださるのですか!ありがとうございます、(主人公)殿!」
「まったく、メーテラ姉様の悪戯にも困ったものです。」
「……今日なら少し、やり返しても……いいかもしれないですね?」
#3
#4
マイページ
スーテラ
(火属性)
(初登場版と同一)
#3
#4
スーテラ
(イベント)
#1
#2
#3
#4
マイページ
セイラン#1「トリック・オア・トリート!」
「お菓子はたーっぷり用意して……って、ちょ、なんでイタズラするんですか!」
#2「トリック・オア・トリー……っわ! ちょっと待っ……!」
「きゃはは、はひっ!ふはははは……!」
「はぁ……はぁ・・・・・・言い終わる前にイタズラするなんて反則ですよぅ……!!」
#3「えーっと……?ここが、こうで……ん……違いますね……」
「」
#4
マイページ
セシール#1「あー、今年もハロウィンの季節かー 楽団でも仮装とかやってる子いたけど、アタシはああいうの苦手でねー」
「ん……本当は、仮装したいんじゃないかって?ば、馬鹿いわないでよ……」
「そんな訳ないじゃない?いい年した大人が仮装してはしゃぐなんてさ……ねぇ?」
「ま、まぁ、(主人公)が命令するなら仕方ないけどさ。しょうがない、やってあげるけど。」
#2「あら、(主人公)サン……仮装、ステキじゃない。なかなか似合ってるわよ。」
「でもアタシはそういうのはしないわよ。」
「嫌いっていうのとは違うんだけど……落ち着かないのよ。」
「な、何よ……そんな大きなため息ついたってしないものはしないんだから。」
「何よこの仮面?え? つけてほしいの?」
「はぁ……しょうがないわね。そこまで言うなら……」
「ってちょっと! この仮面、ベタベタしてるじゃない!悪戯でハチミツが塗ってあったのね?」
「ったく、甘ったるいニオイするし髪にくっつくし、あったま来たわ!仕返ししてやるから待ってなさい。」
「(主人公)、一応言っておくけど、アタシ、怒ると怖いわよ……?悪戯、覚悟しててね?」
マイページ
ゼタ
(イベント)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ゼヘク(レア版と同一)
#4
セレフィラ#1「ハッピーハロウィン!」
「亡くなった人を静かに偲ぶのも良いけれど、こういう風に賑やかにするのも悪くないと思うわ。」
「お父さんとお母さんには、私の元気な姿を見せたいものね。」
#2「ハロウィンって、お化けや死んだ人が遊びに来ると言うわね。」
「……私の両親も、遊びに来ているのかしら?」
「ふふ、来てくれてたらいいなと思うわ。例え、話ができなくても。」
「……両親に見て貰うためにも、お化けやみんなを楽しませるためにも今日は明るい曲を演奏しようかしら。」
「あなたも演奏を楽しんでくれると嬉しいわ、(主人公)。」(演奏音♪)
#3
#4
マイページ「トリック・オア・トリート。」
「ハッピーハロウィン。」
「ハッピーハロウィン。亡くなった人を静かに偲ぶのもよいけれど、こういう風に賑やかにするのも悪くないと思うわ。お父さんとお母さんには私の元気な姿を見せたいものね。」
セワスチアン#1
#2
マイページ
セン#1「(主人公)さん! ハッピーハロウィン! です!」
「今日はハロウィンというお祭りで こうやって挨拶するって、教えてもらったんです。」
「……え? 仮装ですか? 私はいいです。雰囲気だけでも十分楽しいです。」
「猫の恰好? し、しませんよ……あの、えっと……にゃ、これで許してください……にゃ。」
#2
#3
マイページ
セン
(クリスマス)
#1
#2
#3
マイページ
ソフィア
(SR)
(SSレア版参照)
ソリッズ(土属性)#1「トリック・オア・トリート!」
「待ちわびたぜ……この時をよぉ!」
「ネェチャン達にイタズラし放題だからな!腕がなるぜぇ……!!」
#2「おう……今、作戦練ってんだ。真剣も真剣だぜ。」
「何せ今日は、ネェチャン達に合法的に悪戯ができるすっげぇ日だからなぁ!!」
「アァン? ジジイは菓子を配ってろって?」
「おいおい、楽しいところを独り占めする気かァ、(主人公)! そうは問屋がおろさねぇぜ!」
「ほれ、お前も作戦会議に加わりな! 最っ高のハロウィンにするぞ!!」
#3
#4
マイページ
ソリッズ(光属性)(初登場版と同一)
ゾーイ
(イベント)
(SSレア版参照)

た行 Edit

キャラクター種別台詞
ターニャ
(水着)
(レア版と同一)
#4
ターニャ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ダーント(レア版と同一)
#4
タイアー#1「げほっ! ごほっ!……こ、これは(主人公)殿、お見苦しいところを……!」
「ふぅ〜……いや、子供たちの悪戯に付き合っていたのですが……」
「どうも自分相手だと子供達も手加減なしでして。はぁ、酷い目に遭いました……」
「とはいえ、自分も子供のころは容赦なく悪戯していましたし、これも大人の役割、ですね。」
「……(主人公)殿?あ、あの(主人公)殿、その手の中のものは一体……!」
「うわーッ!?(主人公)殿までェ〜!?」
#2「(主人公)殿! 自分、本日はお若い先輩方や小さな団員の皆さんとご一緒してきます!」
「実は、皆さんから誘っていただきまして。大変光栄です!」
「自分も、この騎空団に少しは馴染めてきたようです!」
「それでは、皆さんがはしゃいで怪我などなさらないように見守って参ります!」
「おっと! 忘れるところでした。(主人公)殿、ハッピーハロウィン!」
マイページ
ダエッタ(レア版と同一)
#3
ダヌア#1ダヌア  「はろぉ……」
ダヌア  「とりぃ……」
ヘンゼル 「ダヌアは怖がりだからな。悪戯ではなく、おやつを与えてもらえると助かるのだが。」
ダヌア  「おやぁ……きゃふふ」
グレーテル「おっ、たんまりおやつをもらってご機嫌そうだナ! ダヌア!」
#2ヘンゼル 「ところで……グレーテル。今日はハロウィンらしいな。」
グレーテル「ああそうダヨ!ソレより(主人公)! ダヌアはどこ行っタ!」
ダヌア  「くさぁ……」
グレーテル「ウワッ! そんな所に隠れてやがったのカ! 急に脅かすなヨ!」
ダヌア  「とんちぃ……」
ヘンゼル 「グレーテルを出し抜いて満足そうだな、ダヌア。」
ダヌア  「ふふふ……」
グレーテル「ま、まぁダヌアにしちゃ、上出来だな、ホラ!御菓子をくれてやるヨ!」
ダヌア  「ありぃ……」ダヌア  「はいぃ……」
ヘンゼル 「ふむ……ふむふむ……このお菓子をキミにあげるそうだ。喜べ、(主人公)。」
グレーテル「アタシのお菓子が(主人公)に移動しただけじゃねーかヨ!」
ダヌア  「きゃふふ……」
#3
#4
マイページ
ディアンサ#1「う〜ん……どうしよう……あっ!ハリエ……じゃなかった(主人公)さん、私、どんな仮装にしよう?」
「私、昔からこうなんだよね。一回詰まっちゃうとアイディア出なくって……」
「こんな時はいつもハリエに相談してたから、つい間違えちゃった。あはは……」
#2
#3
マイページ「うふふっ、仮装して外歩くのって、ちょっと楽しみ。」
「うーん……お化けかなあ、ゾンビかなあ……。あとは、うさぎ?どうしよう……。」
ティナ#1「ハッピーハロウィーン!」
「ふふふ、昔を思い出すなぁ。 信じられないかもしれないけど、小さい頃は兄さんも仮装したんだよ。」
「当時の兄さんはイタズラっ子で、リアルな魔物の仮装をしてたら、驚いた父さんが戦おうとしちゃって。」
「ふたりとも、母さんに叱られてたなぁ。台所でしゅんとしちゃってね、あはは!」
#2
#3
マイページ
ティナ
(バレンタイン)
#1
#2
#3
マイ&ページ
デリフォード
(SR)
#1
#2
#3
マイページ
テレーズ(水属性ver)#1「え…… は、ハロウィンの仮装、私もですか?」
「どんな仮装がしたいか……ですか? えっと、バニーガールとかじゃなければ……」
#2「イエーイ☆ みんな、ハロウィン楽しんでるー?」
「今日はイタズラオッケーな日だけど、カジノでイカサマはしないようにね!」
「ははっ! ノッてきた! イカサマ野郎を見つけたら絶好調でぶちのめす!」
#3
#4
マイページ
テレーズ(火属性ver)#1(水属性版を参照)
#2「あの…… 昨日から、ちょっと嫌な予感はしてたんです……」
「クリス様が、明日はハロウィンだなって…… すごくいい笑顔をしていたので……」
「今朝起きてみたら、私の着替え、これしかなくて……」
「うぅ……ハロウィンのイタズラって、結構怖いんですね……」
#3
#4
マイページ
ドロシー#1「ハッピーハロウィン☆」
「お菓子の準備は万端です、ご主人様☆ さぁ、街に繰り出しましょう☆」
#2「ご主人様、ハッピーハロウィンです☆ さあ、今年もお菓子の準備は万端ですよ☆」
「見てください。クッキー、キャラメル、チョコ……キャンディに焼き菓子☆」
「街の子供達に配りに行きましょう☆ ドロシーは、どこまでもお供します☆」
#3
#4
マイページ

な行 Edit

キャラクター種別台詞
ナーヴェ#1「ハッピーハロウィン!」
「ハッピーハロウィンって、みんなでお化けの格好をするお祭りですよね?でも……怖いですよね、ハロウィン」
「え……だってその中に本物のアンデットが紛れ込んでたら大惨事になるじゃないですか!?」
「その時は……被害を最小限に抑えるために、リーダーの私が進んで汚れ役を引き受けます……」
「感染した仲間達を、泣く泣く…………って、怖いですか?私?ふふふ……冗談ですよ冗談。」
#2
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
「ハロウィンって、みんなでお化けの格好をするお祭りですよね?でも、怖いですよね、ハロウィン」
ナルメア
(バレンタイン)
#1
#2
#3
マイページ
ネツァワルピリ
(SR)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ノア#1「ああ、(主人公)さん、ちょうどいいところに……」
「ふふ……(主人公)さんが一緒なら百人力だ。さぁ、楽しいハロウィンにしようじゃないか。」
#2「トリック・オア・トリート? おや? 困ったな……」
「さっきラカムにあげたクッキーで最後だったらしい。お菓子を切らしてしまったみたいだ」
「こうなっては、(主人公)さんの悪戯を受け入れるしかないかな……」
「悪戯合戦も、このお祭りの醍醐味のようだからね」
「ここは、(主人公)さんのお手並み拝見といこうじゃないか」
#3
マイページ「仮装の用意に飾り付け。お祭り自体も楽しいけれど、準備の期間もなかなかに捨てがたいものがあるね」
「ふふっ、実は…グランサイファーにも幾つか悪戯を仕掛けてあるんだ。皆が楽しんでくれると良いのだけれど…」
ノイシュ(光属性)#1「ハッピーハロウィン。」
「何事も、過ぎたるはなお及ばざるがごとしと言います。」
「余りお菓子を食べすぎて過剰に糖分を摂取してはいけませんよ。」
「口うるさいことを言って申し訳ありませんが、団長殿を想っての事ゆえ、お許しください。」
#2「(主人公)殿、いたずらもお菓子もほどほどが肝要かと思います。」
「やりすぎ、食べすぎは相手も自分も困るもの。」
「どうかお気をつけ……「……おふっ!?」
「っ!! ……やられた……」
「はぁ……まったく。楽しそうで何よりです、(主人公)殿。」
#3
#4
マイページ「トリック・オア・トリート」
「ハッピーハロウィン!」
ノイシュ(火属性)(初登場版と同一)
#3
#4

は行 Edit

キャラクター種別台詞
バウタオーダ#1「トリック・オア・トリート。」
「仮装はまだしも、悪戯というのはいただけませんね。」
「代わりに何か、良い行いをするというのはいかがですか?」
#2「さぁ、仮装をして子供達にお菓子を配りに行ってあげてください。(主人公)が行けば、きっと喜ばれるでしょう。」
「ん? ……私もですか? 子供達が喜んでくれるならご協力したいのですが……」
「私はこの通りかなり大柄ですから 怖がらせてしまうのではないでしょうか。」
#3
#4「今年も、驚かせる側には回らないのか……ですか?」
「やはり私のこの大柄な身体では、子供達を怖がらせてしまいますから。」
「……(主人公)?そんな大きな布を持ってきて何を?」
「ふむ。布をよく見ればわかると。では、失礼して……」
「おや、表面に顔のようなものが描いてあるのですね。」
「となればこれは……お化けの仮装のための布でしょうか。」
「(主人公)が顔を描かれたのですか?お人柄が出るようで、なんだか可愛らしい顔ですね。」
「なるほど……確かにこの布を被れば、威圧感も緩和されるかもしれません。」
「とても良いアイデアです。有難くお借りしましょう。」
マイページ
パメラ#1
#2
マイページ
パリス#1「…(主人公)、人の上に立つ者なら、いつ何時でも自分を厳しく律することだ。」
「特に……こういう浮かれきった催しごとの日にはな……」
「といいつつ……あれだな……団長は既に全力で楽しむ格好をしているな……」
「まぁいい……若い内は何事も経験だ。」
「何事も本気で取り組めば、きっと何かが見えてくるはずだ。」
#2
#3
マイページ「団長は、幽霊やお化けの類は信じているか? 俺は……信じている。」
バロワ(レア版と同一)
#3
#4
バロワ(光属性)(レア版と同一)
パーシヴァル
(イベント)
#1・2(SSR版と同一)
#3「ふっ……今年は特に机の上には何も置かれていないようだな。」
「ハロウィンだからと警戒していたが、今夜は妙な格好をさせられずに済みそうだ。」
「(主人公)……お前……」
「チッ、またそのつけ耳と尻尾か。今年は何と言おうが絶対につけん!」
「しかもさりげなく一つ増えている……爪のついた毛皮の手袋か。」
「なっ、手袋をはめた手で鎧を引っ掻くな!」
「今年はこれもつけろと言うんだな?お前、一体俺を何にしようと企んでいる?」
(主人公)は悪戯っぽく微笑み、手袋をはめた手で剣の鞘をカリカリと引っ掻いた。
「ぐっ……わかった。……今回だけだぞ、今回だけは我慢してやる。」
「勘違いするな。引っ掻く音が耳障りなだけだ。」
ファスティバ#1「トリック・オア・トリート!」
「んもぅ、アタシの恰好を仮装と勘違いする人、結構いるのよ……」
#2「あらあら、みんな悪戯を満喫してるみたいね。これは後片付けに時間がかかりそう……」
「んふふ、でもハロウィンですものね! こんな時くらい、後先を考えずに悪戯を楽しまなくっちゃ。」
「あらっ! (主人公)さん。ハッピーハロウィーン! そうねぇ、悪戯は困るから……はい、どうぞ!」
「……ふふっ! びっくりした? その箱、びっくり箱になっているの。アタシからの悪戯よ!」
「底にお菓子を詰めておいたわ。んっふふ、二度美味しいでしょ!」
#3
#4
マイページ
ファスティバ
(クリスマス)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ファラ
(イベント)
(レア版参照)
#4
ファラ
(水着)
#1
#2
#3
#4
マイページ
フィーナ
(イベント)
#1「ひゃっほー! 団長、仮装大会しよーよ! もちろん優勝はアタシだけどね!」
「だってこの日のために、何か月も準備したんだよ? 寝る間も惜しんでヘカトンケイルの……」
「あーっと、ネタバレ厳禁! 楽しみに待ってなさいよ〜!」
#2「仮装大会があるの!? (主人公)、みんなで出ようよ!」
「もちろん、あたしが優勝するけどねー! みんなの仮装見るのも楽しそうだしさ!」
「今年はそうだな〜 ミニゴブに協力してもらって、ゴブリン族になり切ってみようかな?」
「ゴブゴブゴブゴブ〜! なんちゃって♪」
#3「トリック・オア・トリート〜! (主人公)、お菓子をくれなきゃアタシのボウガンが火を噴くわよっ!」
「えっ!? お菓子ないの〜そんな〜!」
「って、そういえばよく考えてみたら(主人公)も悪戯する立場だったわね。」
「うーん、それじゃあほかの大人達のところにお菓子貰いに行こうっ!」
「(主人公)と二人なら、お菓子もいいけどイタズラも楽しそうだしね!」
「この無敵最強カワイイフィーナちゃんと(主人公)の無敵☆コンビに敵う大人がいたらでてこーいっ!」
#4
マイページ「ハッピーハロウィーン!」
「トリック・オア・トリート!」
「ひゃっほー! 団長、仮装大会しよーよ! もちろん優勝はアタシだけどね!」
フィーナ
(クリスマス)
#1
#2
#3
#4
マイページ
フェザー(レア版参照)
#4
フェザー
(ハロウィン)
#1
#2
#3
#4
マイページ
フェリ#1「はぁ……」
「ああ、いや、うん…… わかってるとは思うが……」
「私の居た村は、 年中ハロウィンのような 状況だったからな……」
「いまさらこういうお祭りを見ても、 逆に妙に落ち着くというか、 変に懐かしい気持ちになるというか……」
「ああ、いや……でも、せっかくのお祭だ。」
「いまは(主人公)もいることだし、 ふたりでハロウィンを 楽しもうじゃないか。」
#2「こら! 待て!」
「ああ、(主人公)。 ちょうどいいところに……」
「ハロウィンだからって、 ペット達がはしゃいで、 言うことを聞かないんだ……」
「ペット達を捕まえるのを、 一緒に手伝ってくれないか?」
「え? 幽霊のペット達に、 (主人公)が 触れられるのか、って……?」
「うーん…… と、とりあえず私で試してみるか……? へ、変なところは触るなよ?」
#3
#4
マイページ
フェリ(ハロウィン)(Sレア版と同一)
#3
#4
プレデター#1「騎空団の皆、楽しそうにはしゃいでるなぁ…」
「(お父さんが生きてた頃は アタシも達も…… あーあ、懐かしんでも仕方がないのに)」
「(主人公)、 この騎空団のハロウィンは、 いつもこんな感じなのかな?」
「そっか…… 皆でこんな風に楽しめるのは、 (主人公)の人柄かもしれないね。」
「えっ!? アタシの仮面はいつも ハロウィン気分なのかって?」
#2
マイページ
ベアトリクス
(ハロウィン)
#1
#2
#3
マイページ
ヘイゼン(レア版と同一)
#4
ベス#1ベス   「ぎゃおー!! ぎゃおー!!」
ヴァンピィ「ふぇーこわいよー! たすけてー!!」
ヴァンピィ「あ、けんぞくぅ! ベスちゃんがおどかそーとしてるみたい!」
ヴァンピィ「一緒にこわがろーよ! たのしーよ!」
ベス   「ぎゃおおお! ぎゃおおお!!」
#2ベス   「ぎゃおー!! ぎゃおー!!」
ヴァンピィ「ぎゃおー! ぎゃおー!」
ヴァンピィ「あ、けんぞくぅ! ベスちゃんと一緒に、みんなをおどろかそーよ!」
ヴァンピィ「ほらほら、一緒にやろー?」
ベス   「ぎゃおおお! ぎゃおおお!!」
#3
#4
マイページ
ヘリヤ
(SR)
#1
#2
#3
マイページ
ヘルナル#1「ハッピーハロウィン。」
「仮装って、なんだかドキドキするよね。」
「ねぇねぇ、君も普段とは違う自分になってみたらいいんじゃない?」
#2「あぁぁ、俺は今最高にハッピーだ。なぜって?それはハロウィンだからさ!!」
「日頃、控えめな女の子も、この日だけはみんな違う自分になりきるだろう?」
「少し恥ずかしそうでいて、どこか自信をつけたような表情が何とも言えない色っぽさを演出する……!!」
「(主人公)、素晴らしいよ。今夜の艇の中は、とても素晴らしい。」
「むしろ、お菓子もあげるし みんなにいたずらしたいくらいだね!!」
「……て、え? あ、いいい今の台詞は訂正しよう!!」
#3
#4
マイページ
ヘルナル(水着)(Sレア版と同一)
#3
#4
ペンギー#1「トリック・オア・トリートいぇい☆」
「いっけー!ちびペン1号、2号、3号!」
「お菓子をゲットしてくるのだーっ!」
#2「ハッピーハロウィン☆」
「前方に(主人公)発見! お菓子も捨てがたいけど……」
「今年は盛大にイタズラしちゃうよー☆ 油断しているいまがチャーンス!」
「ちびペン1号、2号、3号! 出撃よーーーい!」
「トリック オア トリーーーック☆ ねぇ(主人公)、イタズラかイタズラ。それともイタズラ、どっちがいい?」
#3
#4
#3 
マイページ
ペンギー
(ガチャ)
#1「トリック・オア・トリートいぇーい☆」
「いっけー!ちびペン1号、2号、3号ー!」
「お菓子をゲットしてくるのだーっ!」
※テキスト上の差異
#2
#3
#4
ボレミア(レア版と同一)

ま行 Edit

キャラクター種別台詞
マイシェラ#1「今日はやけに騒がしいと思っていたら ハロウィンだったか。」
「お主も仮装をするのか? まだ何をするか決めていないなら わらわに任せろ。」
「その体に、包帯を巻いてやろう。古代の謎にはミイラはつきものであるからな。」
「ふふ……彼奴にもルーンを織り込んだ包帯を捲きつけたものだ。」
「魔力を封じるには覆うのが最適だ。包帯である意味はないが、わらわの遊び心を取り入れたまでよ。」
#2
#3
マイページ
マイム#1
#2
マイページ
マキラ
(イベント)
(SSR版と同一)
マライア#1「ハッピーハロウィン! ……これって、亡くなった人を偲ぶお祭りなんだって。」
「こういう明るい方が、いいのかもね。」
#2「子供の頃はさ、ハロウィンって悪戯が楽しくてお菓子が美味しくて最高だな〜、って思ってた。」
「あはは、単純でしょ? ……そんくらい、悩みがなかったんだ。」
「大人になってさ、……姉さんが……いなくなって。」
「ハロウィンなんだから、遊びに来てくれないかなって……つい、思っちゃうんだよね。」
「また姉さんと、仮装して街を歩けたら、なんて……」
「あはは、この年で仮装はないか。」
「…………」
「……うん。そうだね。姉さんに見られてもいいよう、笑顔でいなくちゃね。」
#3
#4
マイページ
マリー(レア版参照)
#4
ミニゴブ#1「トリック・オア・トリート! お菓子ちょうだいゴブ〜! あとイタズラもするゴブ〜!」
「フィーねーちゃんが教えてくれたゴブ。 今日はイタズラしていい日で、お菓子も貰える日なんだゴブ!」
「……んん? お菓子とイタズラ、どっちかしかダメ? それは聞いてないゴブ。」
#2「どっせーいゴブ! いけいけどんどんゴブ〜!」
「あ、(主人公)! フィーねーちゃんのかちょうゴブ! 今日は真似っこする日って聞いたゴブ。」
「(主人公)も一緒にするゴブ! ……せぇの、ヴィクトリ〜ゴブ!」
#3
#4
マイページ
ミムルメモル#1「トリック・オア・トリート。」
「イタズラか……やれるもんならやってみろ。」
#2「菓子をよこすか菓子をよこせ。」
「イタズラだと……? 上等だ。」
「♪〜」
#3「イタズラだと?はぁ……いつまで子供でいるつもりだ?」
#4「トリート・オア・トリート。」
「四の五の言わず、菓子をよこせ。」
「お、そうだ。
それでいいんだ。」
「ぷぉん♪」
マイページ
ミムルメモル&切り株#1ミムルメモル「あぅ……」
切り株「まさか、お嬢にイタズラか?
そいつぁ冗談でも見過ごせねェな。
……俺に車輪パンチをさせるなよ?」
#2ミムルメモル「あぼぅ……」
切り株「おいおい、去年も言ったはずだぜ。」
切り株「お嬢にいたずらをするつもりなら、
俺の車輪パンチで
爆散する覚悟で来いよ?」
マイページ
ミムルメモル
&パンプキン
#1ミムルメモル「見ろ、豊作だ。
大量の菓子を収穫した。
台座の収納口もぱんぱんだぞ。」
パンプキン「あがが……
ひめしゃま、もうむり……
あごがはずえひゃうよぉ……!」
#2ミムルメモル「いたずらか、なるほど。」
ミムルメモル「この台座に落書きなら、
していいぞ。」
パンプキン「ええ! 姫様なにを
許可してるの〜!?」
パンプキン「ああっ、ダメ! くすぐったい!
やめてってば〜!」
ミュオン#1「おい(主人公)、今騎空団のみんながそわそわしてるのはハロウィンだからなんだろ?」
「(主人公)はそんないつもと同じ格好でぼんやりしてていいのかよ。」
「……なんでだ?仮装とかすればいいのに。」
「お前とかルリアとか、真っ先にこういうの張り切りそうなのにな。」
「俺か?俺はいいよ、もう子供じゃねぇし。」
#2「……よし、これくらいあればいいだろ。」
「ああ、(主人公)。これか?ハロウィンだから、子供らの為に菓子を用意してるんだよ。」
「そうだ、(主人公)もいるか?ほら、あれを言ってみろよ。トリックオア……?」
「……はははっ!冗談だって。子供扱いして悪かったよ。」
マイページ
ミラオル#1「トリック・オア・トリート。」
「……私がこんな事を言うの、意外? 最低限の社交性は持っているつもりよ。」
#2「お菓子をくれないと 身ぐるみはがすわよ?」
「……ハロウィンの決め台詞を私なりにアレンジしてみた結果よ。……いけなかったかしら?」
「悪戯と言っても何をすればいいのか思い浮かばなかったの。」
「これじゃダメなのね?そう……イベントごとを上手くやるのは、少し難しいわ。」
#3「お菓子の調達が完了したわ。中々の物量でしょう? この団には(主人公)始め幼い団員も多いもの。」
「それじゃ、どれがいいかしら?クッキーもキャンディーもいろいろ――」
「な……っ!?」
「何をするの、降ろしなさい!いきなり抱き上げて何するつもり……」
「子供扱いをやめろですって?ええ、ええ、了解よ。もうしないから早く降ろして。」
「はぁ……まったく。いきなり変な事しないで。」
「え? いたずら成功……はぁ。やられたわね。今回は私の負けよ。」
#4
マイページ
ミリン#1
マイページ
モルフェとヴェトル#1ヴェトル「トリック・オア・トリート〜お菓子をくれなきゃ、強奪するぞ〜」
モルフェ「ち、違うよ姉さん!お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ、だよ!」
ヴェトル「……どう違うの?」
モルフェ「えっ? あ、あれ? 言われてみれば……」
ヴェトル「……お菓子をくれるまで、悪戯し続けるぞ〜 こちょこちょこちょこちょ〜」
ヴェトル「こちょこちょこちょこちょ…… ……あれ? 動かなくなった?」
モルフェ「わーっ!? 姉さん、やりすぎだよぅ! しっかりしてください、(主人公)さん!!」
#2ヴェトル「トリック・オア・トリート♪お菓子をくれなきゃ、悪戯するぞ〜?」ヴェトル「えっと……悪戯、がいいの?えーと……それじゃあ……」
モルフェ「わーっ!?ね、姉さんっ!なんで僕の服をまくるの!?」
ヴェトル「(主人公)さん、お菓子をくれないとモルフェを困らせ続けるぞ〜?」
モルフェ「ええー!?なんで僕を!?」
ヴェトル「……(主人公)さんも、モルフェに悪戯したの?……うん、じゃあ一緒に……」
モルフェ「(主人公)さんまで〜!?そんなぁ……! お、お菓子……!お菓子を出さなくちゃ……!」
#3モルフェ「…………」
モルフェ「……あっ! (主人公)さん!……はい、今姉さんから隠れてるところなんです。」
モルフェ「たまには、僕から姉さんに悪戯をしてみようと思って……!」
ヴェトル「モルフェ〜……?どこ〜?」
モルフェ「……今だ!」
モルフェ「ばぁ〜っ!!」
ヴェトル「…………ッ!?」
モルフェ「ふふっ! 驚いた、姉さん?偶には僕も悪戯を……」
モルフェ「……姉さん?」
ヴェトル「…………きゅう。」
モルフェ「えっ!? えっ、姉さん!?だ、大丈夫っ!?息して、息っ!!
モルフェ「しっかりして、姉さん〜!!」
マイページ

や行 Edit

キャラクター種別台詞
ヤイア#1「いそがし、いそがし……あ、ヤイアね、おかしつくってるの!みんなにあげるんだー」
「クッキーと、マフィンと〜……いろいろおいしいのやいたんだよー!」
「え、それはおとなのやくめ?こどもはおばけのかっこするの?……ヤイア、おばけキライだよー!」
#2「ばあ〜!の、のろってやるぅ〜!トリック・オア・トリートぉ〜……」
「…………」
「う……うぅ……うわ〜ん、こわいよぅ!おばけの、まね、こわいよぅ……!」
「うぅ……ふぅ……ヤイア、やっぱりおかしつくってる……おばけはきょうかぎりでいんたいです!」
#3「うう……やっぱりこわいよぅ……!」
「ヤイア、トリック・オア・トリートはいえません! だっておばけはきょねんでいんたいしたのです!」
「……え? いいの?おばけ、いんたいしたままでいい?おかしたべていいの?」
「えへへ……やっぱりヤイアの(おにいちゃん/おねえちゃん)はやさしい(おにいちゃん/おねえちゃん)なのでした!」
マイページ
ユイシス(浴衣)(初登場版と同一)
ユエル
(イベント)
(初登場版と同一)
ユーリ#1「トリック・オア・トリート!」
「ははは……幼い頃、こうして家を回ったものです。」
#2「自分の子供の頃の話でありますか? もっぱら、仮装といえば両親に着せられるままで。」
「なぜか母は自分に、女の子の服を着させたがっていましたね。はは……」
「な……今日もその恰好をしてみよと!? い、いえ! 別に自分は女装がしたくてお話ししたわけでは!」
「さっそく服を買いに街に…… って(主人公)殿! 待ってください!」
「ええと、その……自分はこう見えて鍛えていますから!」
「そうです!鍛えてますから、この体格では、さすがに滑稽が過ぎるというか!」
「ですから、その……ええと、なんと言いますか……」
「あ……冗談? そうでありましたか…… ああ、イタズラという奴ですか?」
「はは、確かにハロウィンとは、そういう日でしたね……はは……」
#3
#4
マイページ
ユーリ
(風属性)
#1
#2
#3
#4
マイページ
ヨハン#1「ハッピーハロウィン!」
「ははっ! 僕、このお祭り初めてなんです!すっごいなあ!みんな仮装している!」
#2「(主人公)さん、ハッピーハロウィン! 今年もこの日が来ましたね!」
「去年の経験と、色々な書物からの研究を経て、今年の僕は最早ハロウィンマスターですよ!」
「はやりまずは仮装ですね。さあ、(主人公)さんの分も用意したので、準備に行きましょう!」
#3
#4
#3 
マイページ
ヨハン(ガチャ)#1
#2(初登場版の#2を参照)
#3
#4
マイページ
ヨハン(ガチャ)(初登場版と同一)

ら行 Edit

キャラクター種別台詞
ライアン(レア版を参照)
#4
ラインハルザ#1
マイページ
ラカム#1「トリック・オア・トリート!」
「いいじゃねぇか、大人が楽しんだってよ!」
#2「ったく、騎空団の連中どいつもこいつも容赦ねえ悪戯しやがる。」
「こいつぁ、後片付けも大騒ぎになりそうだな。」
「ま、たまにゃこうやって羽目を外すのも悪かないさ。」
「俺も、思いっきり悪戯ができるってもんだ。」
「ははっ! めちゃくちゃに散らかされたグランサイファーの敵討ち、ってな! ほら、行こうぜ(主人公)!」
#3
#4
マイページ
ラカム(クリスマス)(初登場版と同一)
#3
#4
ラグナ#1「ハッピーハロウィン。」
「持論だが……今日は素晴らしい日だな!」
「皆、仮装をしたり、お菓子を貰ったり、見ているだけで楽しい!」
「ふふ、やはり空は広い。いい文化だ……」
「なぁ、団長!私と一緒にこの日を過ごそう!子どもに配るお菓子なら作ってきた!」
「ああ、いや……悪戯されてみるのもありか……?とにかく、行こう! 団長!」
#2
#3
マイページ
ラムレッダ#1「ハッピーハロウィン!お菓子か悪戯かにゃ……?」
「うーん……あたしは、それよりもお酒がいいにゃ〜」
#2「ふふふ……イイ事を思いついたにゃ!」
「誰かにお酒入りのお菓子を作ってもらえば、一石二鳥にゃ!」
「問題は誰に頼むかだけど……(主人公)きゅんは誰がいいと思うにゃ?」
「……え? 自分で作れ?でもそこは誰かの手作りがいいにゃ〜」
「例えばカタリニャなんかどうかにゃ〜?」
「……ん?その微妙な顔はなんにゃ?」
「……ま、いっか。カタリニャぐらいしか頼める友達がいないし!カタリニャに頼んで来るにゃ〜!」
#3「(主人公)きゅん、ごほっごほっ……」
「一大事にゃ! いつもの場所にあたしのお酒がないにゃ!」
「誰かの悪戯に間違いない……犯人を特定して取り返したいにゃ!」
「んにゃ? あー、そういえば一週間禁酒するために(主人公)きゅんに預けたっけ……」
「忘れてないにゃ! 風邪が治るまでは我慢するって約束したにゃ。」
「……はぁ、へそくり酒でも出すか。」
「ひえぇ! へそくり酒も没収ってそんにゃあ……ごほっ、ごほっ。」
「わかった……ちゃんと薬を飲んで療養するにゃ。」
「部屋にお菓子があるから、食べるか配るかして、あたしの分までハロウィンを楽しんできてほしいにゃ。」
マイページ「ハッピーハロウィーン! …ん、なんにゃ? あたしと飲み比べしたいにゃあ?」
「にゃーっはははははは〜、面白いにゃあ。カボチャのお化けと飲み比べするのは初めてにゃあ」
「トリック・オア・トリート〜。せっかくなら大好きなお酒の仮装したいにゃあ」
ラムレッダ(水属性)(初登場版と同一)
ランスロット#1「はぁ……はぁ……ん……どうした? その格好は、なんだ?……そうか! 今日はハロウィンか!」
「ふっ……ならば俺の仮装はさしずめ、囚われの騎士、といったところかな……」
「あ……え、いや!そ、そんな顔をしないでくれ!今のは笑うところだ!」
#2「ハッピーハロウィン。今日は良い仮装日和だ。」
(……ここを脱出するには、今日をおいて他にない……)
(この……極秘ルートで手に入れた看守の制服姿に仮装をして、何食わぬ顔で抜け出す……)
(……用意周到に計画された大胆な作戦こそ、相手の目を欺けるということだ……)
(待っててくれ……みんな……)
#3「トリック・オア・トリートか。ふふっ、仮装、似合ってるぞ。はい、お菓子をあげよう。」
「でも、驚いたな。(主人公)の格好、俺がさっき夢で見たのと全く同じだ。」
「ああ、凄く生々しいというか現実と錯覚するような夢だったんだけど……」
「(主人公)はその恰好で団員達を脅かしていたんだ。部屋の前に置いた大きな樽からワッと顔を出してさ。」
「え? それ、(主人公)も本当にやってたことなのか?……それは驚いたな。」
「ふっ……長年牢屋に繋がれた結果、俺は遂に遠く離れた場所の出来事を透視する力を手に入れてしまったか……」
「なんてな。ふふっ、冗談に決まってるだろ?」
「……なぁ、ちなみに聞くけどさ、今日の昼ご飯のメニューってなんだった?」
「…………嘘、だろ……?そこまで的中していたなんて!ふっふっふ……面白くなってきたぞ!」
#4
マイページ
ランドル
(SR)
#1
#2
#3 
マイページ
リタ#1「ハロウィンのお祭り? ふーん、楽しそうね。」
「私の術でゾンビを呼んでイタズラしたい? 別に構わないけど。」
「その代わり、街の人が何人か消えても私は責任持てないわよ。」
#2
#3
マイページ「トリックオアトリート」
「ハロウィンが、私の本領発揮?冗談言わないで」
「ハッピーハロウィン」
「街に本物のゾンビが出歩いてるなんて、誰も思わないでしょうね」
リナ=インバース#1「ふふふ……あたしにイタズラさせるとどうなるか……わかってる?」
「さ、観念することね、(主人公)! お菓子くんないと暴れちゃうぞ!」
マイページ
リリィ
(イベント)
#1
#2
#3
マイページ
リルル(水着)(SSレア版と同一)
マイページ
リーシャ#1「トリック・オア・トリート。」
「(主人公)さん、お菓子は持ってますか?」
「ふふっ、今日くらいは私も悪い子になっちゃいます。悪戯……容赦しませんよ!」
#2「皆で仮装をして楽しむお祭りって、よく考えると結構変わってますよね……」
「でも、衣装があると、この日だけ特別な感じがして……」
「いつもよりちょっとだけ大胆になれちゃう気がします。」
「それで、(主人公)さんは……お菓子は持っていますか?」
「ふふ……お菓子を持ってないのなら、悪戯、覚悟してくださいね?」
#3
#4
マイページ
リーシャ(水着)(初登場版と同一)
#3
#4
ルシウス#1「トリック・オア・トリート。」
「ふっ……故郷の村では、母さん手作りの衣装を着て兄妹で回ったものだ……」
#2「ハロウィンか……幼いころに菓子を貰いにティナと近所を巡ったものだ。」
「明るく人当たりのいいティナと違って、俺はその頃から辛気臭い顔をしていたのだろう。」
「貰える菓子が少ないからと、ティナはいつも俺にも沢山の菓子を分けようとするんだ。」
「……皆が同じくらい嬉しくないと嫌だと言ってな。」
「……俺は、あいつの幸せを願っている。ただ、それだけだ……」
#3
#4
マイページ
ルシウス
(火属性)
#1
#2
#3「ふん。俺に悪戯を仕掛けるというのか?度胸があるじゃあないか。」
「さぁ、相手をしてやる!いつでもかかってくるがいい。」
「なに?ああ、この菓子はティナの手を借りて焼いたものだが……?」
「なら菓子をくれだと?ティナの手製だとわかるなり悪戯をやめるとは現金なやつだな。」
「ふっ……受け取れ。」
#4
ルドミリア#1「ぜひゅーぜひゅーくはっ、う、うふふふっ……(主人公)……あはははっ。」
「けひゅっ、くふっ……きょ、今日の私は、何か変……なのだろうか、はひゅっ、あははは!」
「な、なぜか、みんな……私を見たら、お菓子を差し出して、逃げていくんだ……くふっ、ふふふっ!」
「何、そうか……今日はハロウィンか……つまり、私はお化けと思われているわけか……あははははっ!」
「くふっ、な、なら、あはははっ!私もハロウィンらしく、お化けとして、楽しませてもらおう……くふふふっ!」
「(主人公)……ぶふっ、ひあっ、くふふふっ!トリック・オア・トリート、あははっ!」
「ふふっ、それで、(主人公)は、お菓子とイタズラ、どちらを選ぶんだ? あははっ!」
#2「あはははっ!むっ、何をしているだと?」
「あはははっ!お化けの衣装を選んでいるんだ。なんせ、今日はハロウィンだからな!」
「くふっ、くふふふっ……(主人公)はどれが似合うと思う?」
「私としては……くふっ……この魔女服がいいと思うんだが……」
「あーはっはっは!だって、魔女と言えば、怪しげな笑いだろう?」
「あっはっはっ!笑いの止まらない私にぴったりじゃないか!」
「それで、くふふっ、(主人公)はどう思う?」
「あははは!(主人公)の意見を聞きたいんだが……くふふ。」
マイページ
ルリア
(イベント)
#1
#2
#3
#4
マイページ
レオナ#1(初登場版と同一)
#2
マイページ
レッドラック#1「(主人公)、トリック・オア・トリート!」
「お、キャンディーか。用意がいいな。」
「よしっ! じゃあ他の奴らのところにも行ってくるか。(主人公)も行かねぇか?」
「小さいやつらが楽しそうにしてるのもいいが折角なら、自分も楽しまねぇとな。」
#2
#3
マイページ
ロザミア(レア版と同一)
#4
ロゼッタ#1「トリック・オア・トリート!」
「お菓子と悪戯……どっちがお好みかしら?」
「だーめ、アタシに悪戯なんて、十年早いわ。」
#2「あら(主人公)さん。そんなところでどうしたの?」
「ふふ、残念ね。アタシに悪戯しようなんて、まだまだ貴方には早いわ。」
「……でも、そうね……」
「アタシから貴方へ、なら 今悪戯してもいいかしら。」
「さぁ、どんな悪戯がお好み? 怖いのかしら、それとも……」
#3
#4
マイページ
ロベルティナ#1「おうあー! なんや団長!今日はハロウィンやんかー!ええやん、ええ日に来たな―!」
「ハロウィンはみんなでおやつを楽しむ、おやつ好きにはたまらん行事やもんなー」
「ん、子供と間違えられてないか?はははー、冗談も大概にしいよー?こんなお姉さん捉まえてよういうわー」
「実際めっちゃトリートしとる側やっちゅうねん!」
「ほら団長にもトリートしたるわ!おやつトリート! トリートおやつ!」
#2
#3
マイページ「ハッピーハロウィン!」
「トリック・オア・トリート!」
ロボミ#1「トリック、オア、トリート。」
「行事・ハロウィンに関する情報の入力が完了しました。」
「菓子類の調達はすでに終えています。団長、私へのいたずら、もしくは菓子類の奪取を要請します。」
#2「ハッピー、ハロウィン。」
「子供達の襲撃を お菓子の提供によって撃退しています。」
「目標多数、残弾数、残りわずか。 (主人公)、弾薬の補給を要請します。」
「子供達のイタズラによる被害を報告します。」
「複数個所が落書きによって汚損されたほか、無数の飾り付けを施されています。」
「破損箇所無し。機体性能に影響はありません。お菓子の提供を続行します。」
#3
#4
#3「ハロウィンのお祭りへの参加に伴い装備、及び機能を一新しています。」
「菓子製作が可能な屋台を調達、その操作技術の習得を行いました。また営業許可も取得済みです。」
「これにより去年と比較して長時間の戦闘が可能になります。
「作戦の目的は子供達の笑顔。準備に要した時間を差し引いてもより高い戦果が挙げられる目算です。」
「――街の子供達が接近しています。その数、計測不能。まもなく戦闘が始まります。(主人公)、退避を。」
「調理器具、起動。――作戦開始。」
マイページ
ロミオ#1「今日はお菓子を貰う日、ってだけじゃない。」
「死者の魂が死者の世界から帰ってくる日でもあるんだ……」
「……マキューシオ。君も、帰って来ているのかい……?」
#2「今年もまた、この季節がやって来たんだな。」
「光陰矢のごとしとは、良く言ったものだ。」
「僕も、いつまでもめそめそしていたら、マキューシオに笑われてしまうな。」
「マキューシオ、父上、僕は立派な、王になって見せます。」
「どうか……見守っていて下さい。」
#3「ハロウィンナイトか。 死者の魂が帰ってくるというが……」
「やはり、何も見えないし、感じられないものだな……大切でかけがえのない存在だった人達なのに……」
「え? 感じられなくてもいると信じることはできる?ああ、その通りだな。」
「僕達は彼らに元気な姿を見せるべきだ。こちらからは見えなくても向こうからは見えているだろうしな。」
「よし……僕もパーティーへ出掛けよう。楽しんでいる姿をマキューシオ達にも見せるんだ!」
#4
マイページ
ローアイン
(イベント)
#1エルセム 「お菓子クソほど準備したのに……」
ローアイン「「トリート」って答えたのに……」
トモイ  「Doしてイタズラ一択なんだ……」
ローアイン「エルっち嫌われてんじゃねー? とりまキッズ達の機嫌とんねーと!」
エルセム 「俺かよ!? どっちかってとトモちゃんじゃね?」
トモイ  「ウケる。は? Do考えてもローアインだし。……あ、ダンチョに聞いてみよーぜ!」
ローアイン「ダンチョ…… 俺ら、誰がッベェんスかね? この場でハッキリと答えて頂きたい!」
ローアイン「あ、全員スか。」
3人   「……盲点ッ!」
#2※3人はゾンビのリアル仮装をしています。
トモイ「ウェーイ!
ハッピーハロウィン的な!
DoDoDoよ、このッベェ仮装!?」
トモイ「……ってなんだよ、俺が一番かよ。
とりま店長、お冷もらっていッスか?」
エルセム「トリック・オブ・トリートぉ!
バビんなよ、俺の本気の仮装!
クッソ時間かかったんだけどさぁ――」
トモイ「……は?」
エルセム「……あ。」
ローアイン「うはははは!
ワリ、ちょ遅れちゃったわ!
でもパねえっしょ、この仮想――」
エルセム・トモイ「…………」
ローアイン「お?
え〜っと……」
3人「カブッた!?」
#3※3人はゾンビのリアル仮装をしています。
ローアイン「オオ……オオオ……」
(とりま街のハロウィンの後片付け、
終わった感じ?)

エルセム「オオオ……オォ……」
(お疲れーい! いやー俺らの仮装、
超ウケてたじゃん!)

トモイ「ウウオォ……」
(本気の仮装に、怪しい店で買った
変声ポーション的なの使ったから……)

トモイ「オオオオウゥ……」
(俺らの事、モノホンのゾンビと思って
街頭ピーポーがビビってたべ!)

ローアイン「オオオ……オォォ……」
(ぶはは! アレはマジでウケた。
いやーいいハロウィンでしたね的な)

エルセム「オオオオオ……!」
(すみませーん! テンチョ、
とりまお冷いいッスか?)

店長?「…………」
ローアイン「オオ……オオオオ……」
(オイオイオイ、テンチョも
マジパネェ仮装じゃないッスか)

店長?「…………」
エルセム「オオオ……オオ……」
(ちょ……テンチョ?
無言でDoしたよ?)

店長?「…………」(剣を抜く効果音)
トモイ「オオ……」
(……コレ、テンチョじゃねーべ。
モノホンの警備兵だわ)

ローアイン「ウウオオ……」
(あ、ゾンビ討伐しに来ちゃった系?)
マイページ
チーム・ローアイン#1(R版と同一)
#2
#3
#4
マイページ

わ行 Edit

現時点では無し

コメントフォーム Edit

雑談・感想板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「トリック・オア・トリート!」?

お名前:

セリフ情報提供板 Edit


コメントはありません。 コメント/季節ボイス集/「トリック・オア・トリート!」/セリフ情報提供?

お名前:

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-21 (水) 02:22:38