このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント228_(3回目)「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン

  • Rライアン #2(SR版と同一)
    「あ、ありがとう。
     今年もくれるんだな……」
    「なんだか慣れないな……
     心が躍ってしまう。」
    「……そうだな。
     今年ははしゃいでみようか。」
    「…………
     ……す、すまない。
     だめだ、やっぱり恥ずかしいな。」
    「と、とにかく。
     ありがとう。(団長)。
     嬉しいよ。」 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-17 (土) 10:36:31
  • Rランドル #2
    「おい。
     ため息をついた理由を言え。」
    「ああ!?
     去年のバレンタインのことだろうが!」
    「俺を呼び出しておいて、
     勝負もせずに立ち去るとは
     よっぽど何か気に障ったと見える……」
    「……!?
     その手に持っているのは、
     バレンタインか!?」
    「なるほど……去年の勝負を今年に持ち越したということか!
     いいぜ、どっからでもかかって……」
    「って、どこへ行く(団長)!?
     お、おい! 待て――」 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-17 (土) 10:37:19
  • Rリチャード #2
    「今年も俺にチョコを?
     おいおい、まさか……
     嬉しいけど、ちょっと心配になるねぇ。」
    「だってそうだろ?
     俺のような男に本気になるなんて、
     人生のギャンブルみたいなものさ。」
    「イケナイ子だ……
     無論BETされたからには、
     悪いようにはしないけどね。」
    「さて、どうする?
     それでも俺という男に、
     賭けてみるかい――」
    「ははは、なぁんてね。
     冗談だよ、ありがとう。
     悪い男には引っかかるんじゃないぞ?」 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-17 (土) 10:37:49
    • 重複失礼しました… -- {wJftME/Wxow} 2018-02-17 (土) 12:30:35
  • Rリチャード #2
    「今年も俺にチョコを?
     おいおい、まさか……
     嬉しいけど、ちょっと心配になるねぇ。」
    「だってそうだろ?
     俺のような男に本気になるなんて、
     人生のギャンブルみたいなものさ。」
    「イケナイ子だ……
     無論BETされたからには、
     悪いようにはしないけどね。」
    「さて、どうする?
     それでも俺という男に、
     賭けてみるかい――」
    「ははは、なぁんてね。
     冗談だよ、ありがとう。
     悪い男には引っかかるんじゃないぞ?」 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-17 (土) 10:37:49
  • Sレア アイル(水着ver) #2
    「おい、またかよ……
    去年、言ったはずだろ?
    甘いものは苦手なんだよ、学習しろ。」
    「あぁ?
    今年はビターなチョコを用意した?」
    「……ああ、そう。」
    「まあそこまでする必要は……
    別のもんを用意するのも手間だろ……」
    「ってなんだよ、ニヤニヤしやがって。」
    「ウソ?
    箱の中身はチョコ大福?」
    「て、てめ……!
    つまんねえこと学習してんじゃねえ!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:17:50
    • SSレアのアイルが居ないので確認できませんが、#1を見るとSレア版と同じなので、#2も同じかもしれません。 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:20:11
  • レア アリステラ #2
    「はあ? チョコレートだって?」
    「はぁ、君には本当に呆れるね。」
    「そんな子供っぽい物もらって
    この僕が喜ぶとでも思った?」
    「ふーん、残念でしたー」
    「僕を誰だと思っているんだ。
    名門アレテイ家の希望の星
    アリステラ・アレテイだよ?」
    「そんなお菓子なんかで
    喜ぶわけないって、ちょっと
    考えればすぐにわかるのに……」
    「でも、まぁ、別に……
    どうしても君がくれるって言うなら
    もらってあげてもいいけどね〜」
    「ってちょっと! 勘違いしないでよ!
    ぼ、僕は、チョコが欲しくて
    言ってるんじゃないんだからね!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:29:45
  • レア ヴェリトール #2
    「え……これを私に?」
    「ずいぶんと高級そうな
    チョコレートだが……」
    「はぁ、まったく……
    つくづく呆れた人だ、君は。」
    「これもまた、私に関わることで
    出してしまった、余計な出費か。」
    「私などに関わってしまうから
    こんなことに……」
    「ふふ、ふふふ……」
    「しかし、この酔狂こそが
    君らしさとでも呼ぶべきもの
    なのかも知れないね……」
    「君の勇気と思いやりに
    敬意を表して
    素直に感謝させてもらおう……」
    「ハッピーバレンタイン。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:41:35
  • レア エシオ #2
    「(団長)?
    この甘い匂いは……」
    「バレンタインか。」
    「(団長)、今年も
    エシオにくれるのか。
    嬉しい。ありがとう。」
    「む……何故か、
    すこし顔が熱い。」
    「(団長)、
    あまりエシオを
    見ないでくれ……」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:47:56
  • Sレア エゼクレイン #2
    「なんの用だ?
    ……チョコレート?
    あぁ、バレンタインか。」
    「お前も律儀な奴だな。
    団員全てに渡すとなれば
    準備も大事だろうに。」
    「礼は言っておく。
    厚意を無下にする程
    不調法な人間でもないんでな。」
    「……気を遣うのはいいが、
    無理をするんじゃないぞ。」
    「無理される方が
    却って迷惑というものだ。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 05:55:25
  • レア スタン #2
    「ハッピーバレンタイン!
    いつも(団長)には
    世話になってるからな!」
    「まぁ、男がチョコレートを
    贈る日じゃないってことは
    わかってるんだけどさ。」
    「細かいことは抜きにして、
    今年は、
    俺からプレゼントさせてもらうぜ!」
    「……えっと……あれ……
    あ、ちょっと待っててくれ。
    うーん、どこにいれたかな……」
    「あ、あははっ!
    ……って笑いごとじゃないよな……
    どこかに落としちゃったみたいだ。」
    「(団長)、待ってろよ?
    もう一度、作って来るからな!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 06:10:05
  • レア セロニム #2
    「(団長)さん
    ハッピーバレンタイン!」
    「どうか、この勇者セロニムに
    聖なるお宝を……」
    「ち、違うってば!
    本物の財宝が欲しいんじゃないよ!」
    「ほら、去年もくれたアレだよ。
    甘くて美味しい漆黒のインゴット!」
    「そう、これこれ!
    板のチョコレート!」
    「えへへ……
    ありがとう、(団長)さん。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 06:28:24
  • レア デリフォード #2
    「(団長)殿。
    私に何か用か?」
    「むっ……これを私に?」
    「……ああ、チョコレートか。
    ありがたい!」
    「……ん?
    こっちの小瓶には
    何が入っているのだ?」
    「つ、漬け物だと!?
    確かに私は
    漬け物が好物だが……」
    「いやはや、チョコレートと
    組み合わせて渡すとは……
    なかなか思いつかぬ発想だ!」
    「子供の自由な考えには、
    まったく驚かされる……」
    「……はっ!」
    「……あ、すまない。
    こ、子供のというより、
    (団長)殿の発想だな!」
    「やれやれ。
    去年と同じ轍を踏んでしまう
    ところだった……」
    「チョコレートも漬け物も大好きだ!
    大事に食べさせてもらおう。」
    「心より感謝するぞ。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 06:38:53
  • レア バクラ #2
    「おおおおおおおおおおおおう……」
    「おっと……
    これは失礼、(団長)殿。」
    「ええ、左様。
    朝のお勤めに御座候。」
    「拙僧は諸国遍歴の身、お勤めと申すは
    部屋を訪ね歩きて喜捨を求む
    修行のことにて御座候。」
    「甘き風、吹きて開くはふきのとう、
    然れど我が腹、未だ春来ず。」
    「ははは、いささかはしたなきことを。」
    「どうにも昨年いただいた
    チヨコレイトなるものの味が
    忘れられぬもので、つい……」
    「拙僧もまだまだ修行が足りんですな。
    御無礼、御容赦を……」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 06:48:46
  • Sレア キハール #2
    「これはこれは(団長)殿、
    今年も吾輩はチョコレートを
    頂けるのであるか!」
    「いやいや、(団長)殿の
    気持ちを疑っていた
    訳では無いのであるが……」
    「なにせ、(団長)殿の周りには
    チョコレートを貰うに相応しい
    御仁が沢山いるのであるから。」
    「ンハハハ!
    (団長)殿の人柄が
    あってこそであるな!」
    「……さて、このチョコレート
    大切に食べさせて貰うのである。」
    「(団長)殿の
    気持ちであるのだから!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 07:11:57
  • Sレア シロウ #2
    「お……(団長)、
    今年も俺にくれるのか?
    たはは……ありがとうな!」
    「しかし……
    ひとつ気になっているんだが……」
    「いや、去年(団長)から貰ったのを
    マリエさんに報告したら
    えらい機嫌悪くしちゃって……」
    「何か俺、まずい事を……」
    「……って(団長)、
    なんで溜め息なんかつくんだ!?」
    「そんな、頭まで抱えちまうなんて……
    やっぱ俺か? 俺が悪かったのか?」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 07:21:27
  • Sレア パリス #2
    「今日はバレンタインなのだな。
    私も城の淑女達から貰った。」
    「こんなに沢山貰ったことは今まで
    例にないことだ。
    一体、何があったのか……」
    「ん? 最近私の雰囲気が
    柔らかくなった?」
    「だから渡したいと思う人が
    増えたのではと……
    うむ、そうか。」
    「それは(団長)と出会った
    お陰かもしれない。
    私はお前から多くを学んだからな。」
    「お前も私に
    チョコレートをくれるのか?」
    「では、遠慮なく受けっ取っておこう。」
    「私なりの敬意を表して、
    お前のチョコレートは一番に食べると
    約束しよう。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 07:41:02
  • Sレア モルフェ #2
    「わぁ……!
    ありがとうございます!
    (団長)さん。」
    「(団長)さんの『好き』の中に、
    僕が入っていて
    とってもとっても嬉しいです!」
    「だって、
    僕は(団長)だんが大好きで……」
    「大好きな(団長)さんと一緒だと
    すっごく幸せだなって思うから……」
    「(団長)さんもそんな風に
    僕のこと、感じてくれてたら
    もっともっと嬉しいなって……」
    「……えへへ。」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 07:56:47
    • 現在書かれている#2の内容は、#1の内容の続きのセリフです。 こちらが正しい#2です。 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 07:58:25
  • Sレア レッドラック #2
    「お、(団長)。ひょっとして、
    今年もバレンタインの贈り物を
    くれるのか?」
    「……ん?
    だはははっ!
    量なんて気にするな!」
    「俺は確かに大食いだが、
    ここでもそんな情緒のないことを
    言うつもりはねぇよ。」
    「今は、何よりも
    (団長)の気持ちが嬉しいぞ。
    ありがとうなぁ!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 08:10:18
  • Sレア ローアイン #2
    ローアイン
    「はぁ……はぁ……!
    クソぉ、体が震えて動かねえ……
    俺は一体Doしちまったんだ!?」
    トモイ
    「まさか防衛本能ってヤツか……?」
    トモイ
    「ローアインの体が自分の命を
    守るために、キャタリナさんのチョコを
    拒否ってんだ!」
    エルセム
    「なんてこった……今年は特に
    ヤバババレンタインってこと?
    ちょっと様子見しね?」
    ローアイン
    「本能……?
    ヤババ、だぁ……?」
    ローアイン
    「そんなもんなぁ……!
    俺の固い意志の力で
    乗り越えてやんよぉ!」
    トモイ
    「なッ……!?
    震える腕でチョコを掴んだ……!」
    エルセム
    「が、ガンバレ!
    あとちょっとだ、口に放り込め……!」
    ローアイン
    「うおぉぉぉ……!
    い、いッただッきまぁぁぁす!」
    ローアイン
    「……石?」
    エルセム
    「ローアイィィィン!?
    な、なんか
    喉にブッ刺さってんだけど!?」
    トモイ
    「意志より硬い石、か……」
    トモイ
    「あ、(団長)。
    え、今年もチョコもらえるんスか!?
    あざ〜ッス!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-18 (日) 08:27:39
  • この書き込み以前のセリフを表に記入しました。情報提供ありがとうございます。 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-18 (日) 12:44:32
  • SSRオーキスはオルキスとセリフ同じようです。
    ちなみにミルクチョコケーキ貰いました。 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 21:01:19
  • その他 ポンメルン
    「今年の妻からの
    手作りチョッコレイトォは、
    お酒との相性が良いものでしてネェ……」
    「妻の愛が籠ったチョコを、
    エルーンの作った最高のお酒と
    一緒に頂く……」
    「吾輩の人生において、
    これ以上の至福はありませんネェ……」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 22:52:05
  • その他 アルドラ
    「いたちょこと……バターと……
    えっとえっと……
    こむぎゅことー……」
    「それからえっと
    まぜまぜしまーしゅ。」
    「あ、(団長)しゃん!!
    まだだめでしゅよー
    いいこにして待っててくださいねー」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:00:03
  • その他 オルキス
    「(団長)。
    今年も自信作……あげる。」
    「みんなでおいしい物をたべて
    笑顔になるのが好き。」
    「だから、
    頑張っておいしくなるように作った。
    食べて。」
    「(団長)もルリアも
    イオもみんな……
    ずっと笑顔でいられますように。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:05:21
    • 3年目です。(↑のアルドラも) -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:09:48
  • その他 カンナ 2年目
    「あっ! (団長)さん!
    今年はチョコレートケーキに
    挑戦してみたんだ!」
    「お砂糖とかで人形作って、
    デコレーション!
    どうかな?」
    「ちょっと不細工だけど、
    初めてでこれだけできれば上出来だね!」
    「もしかして(団長)さんも
    興味出てきた?
    どう? 一緒にやってみない?」
    「新しい事に挑戦するって勇気いるけど、
    大丈夫だよ、できるできる!」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:16:20
  • その他 祭司 2年目
    「(団長)さん、
    いらしてたんですね。」
    「ふふ。今年もお会いできるかと思って
    用意しておいて正解でした。」
    「はい、どうぞ。
    チョコレートと、ついでにハンカチも。」
    「また口を袖で拭かれては困りますから。
    大変なんですよ?
    染みついたチョコレートを落とすのは。」
    「……ふふ、失礼しました。
    ついいつもの癖で、
    口うるさかったですね。」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:26:21
  • その他 シェロカルテ 3年目
    「いらっしゃいませ〜!
    今年もチョコレート、
    ご用意しましたよ〜」
    「おやおや〜、(団長)さんは
    今年もたくさんもらってるんですね〜
    にくいですね、このこの〜!」
    「でも、気を付けてくださいね〜
    本命チョコの返事を忘れてしまうと
    血を見る事さえある行事ですので〜」
    「女の愛情をないがしろにすると
    愛情だけに、こあいじょ〜……
    うぷぷぷぷ〜」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:34:32
  • その他 ジオラ 2年目
    「もぐもぐ……」
    「いま食べてるやつ?
    なんかリナリアが作ったみたい。」
    「(団長)さんも食べる?
    はい、あーん。」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:38:57
  • その他 スツルム 3年目 SSRも同様
    「……ほら、受け取れ。」
    「い、今更もったいぶっても
    仕方がないだろ。」
    「まったく……
    お前だって、どうせ
    わかってたんだろ。」
    「……もういい!
    用はすんだ!
    あたしは行くぞ!」
    ラズベリーチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-18 (日) 23:47:29
  • SR ディアンサ 2年目
    「(団長)さんっ!」
    「はい、チョコレート。どうぞ。」
    「ふふふ……また寝てるとこを
    見られないように、今年は頑張ったよ。」
    「……くぁ……」
    「え……目の下にクマできてる?
    嘘!? ちゃんと隠したのに……!
    う、う、ううん、なんでもない!」
    「あ……ち、ちょっと忘れ物!
    とってくるね!」
    (急いでメイク直さなきゃ……)
    「お、おまたせー! え……えっとね、
    チョコレートの包装に……
    リボンを追加……したんだ……」
    「うん? 私の顔がどうかした?
    いいの。そっちは気にしないで。」
    「はい、チョコレート。どうぞ。」
    ミルクチョコケーキ入手
    その他 ディアンサ 2年目
    「おかえり、(団長)さん!」
    「あはは。こういう行事のたびに、
    (団長)さん来てくれるでしょ?
    だから、もう島の人みたいに思ってる。」
    「……今日もきっと来てくれると思って、
    頑張って準備したんだよ、これ。」
    「受け取って……くれるかな。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 00:08:03
  • その他 ハリエ 2年目
    「あ、(団長)さん。
    ふふ、見てください、これ。」
    「ハリエ派の女の子達から、
    沢山届いたんです、チョコレート。」
    「なんだか巫女になってから私、
    もらってばかりなんですよね。」
    「あの……だからってわけじゃ
    ないんですけど、
    もらってくれませんか?」
    「(団長)さんには
    お世話になったし、何よりリーダー
    として尊敬しているので……」
    「よかった。受け取ってもらえて。
    少しずつ準備して、
    やっと手作りできたんです。」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 00:16:08
  • その他 モニカ 3年目
    「うむ……チョコレートだな?
    案ずるな、わかっている。」
    「しかし、
    今年はチョコレートの用意は無い。」
    「その代わり……
    今年は
    フルーツケーキを用意してみたぞ!」
    「ふふ……名店のフルーツケーキだ、
    朝から並んだ者だけが
    手に出来る逸品だ。」
    「貴公は今日のような日は、
    チョコレートを
    食べ飽きていると思ってな……」
    「私にとってはチョコよりも、
    貴公とこうして
    お茶をする時間のほうが大切なのだ。」
    「お茶もとっておきのものを用意したぞ。
    すぐに準備する。
    少しばかり待っていてくれ。」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 00:27:24
  • その他 リナリア 2年目
    「はぁ、はぁ……!」
    「あ……!
    (団長)さん、はっけーん……
    はぁ、はぁ……!」
    「はぁ、はぁ……ふう……
    ねえ(団長)さん、
    この島に来て、もう誰かに会った?」
    「まだ? ほんとに? よかった……」
    「あのね……
    はい、チョコレート!」
    「え?
    そうだよ。このために走ってきたの。」
    「んふふ♪
    だって、絶対あたしが一番に渡すって
    決めてたんだもん!」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 00:35:59
  • その他 ルリア イベントberも同様
    「すーはー……
    すーーはーーー……」
    「……よし!」
    「(団長)!
    バレンタインのチョコレート、
    受け取ってください!」
    「きっと去年よりもうまく
    できていると思うので
    喜んでもらえたら嬉しいです。」
    「……えへへ、本当は、今年も
    こうしてあなたに私の気持ちを
    渡せるだけで嬉しいんですけどね。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 00:47:26
  • レア アンナ 3年目 SRも同様
    アンナ
    「みて、カシマール……
    (団長)さん人気者だ……!」
    アンナが見つめる視線の先には、
    両腕いっぱいのチョコを持った
    (団長)の姿が。
    アンナ
    「よぉーし……今年は、
    (団長)さんのお部屋に
    おいておこう……」
    アンナ
    「ここに置いてっと……」
    カシマール
    「チョクセツワタサネーノカヨ!
    スッゲーハリキッテタジャネーカ!」
    アンナ
    「ボク、言葉で伝えるのが苦手だから
    お手紙ならちゃんと感謝の気持ちとか
    伝えられると思うんだ。」
    アンナ
    「へへ……
    どんなお顔でお手紙
    よんでくれるのかな……」
    アンナ
    「お返事くれたらうれしいな……
    それじゃあ、(団長)さんが
    戻ってくる前に――」
    アンナ
    「!?
    (団長)さん!?
    こ、ここここれは違うの!!」
    アンナ
    「ああああのね、ボクはえっと
    お、おおお手紙のお返事ほしいなとか
    おおお思ってなくて!」
    アンナ
    「おおおお
    お邪魔しました……!!」
    駆け出していくアンナの後ろ姿に
    呆気にとられる(団長)。
    机の上に残された小さな小包と手紙に
    笑みが零れる(団長)なのだった。
    ラズベリーチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 10:24:59
  • これ以前のセリフを表に記入しました。情報提供ありがとうございます。 -- {wJftME/Wxow} 2018-02-19 (月) 12:13:02
  • レア エルメラウラ 3年目
    「どんなチョコが食べたいか
    (団長)さんの
    オーダーを伺いまっす♪」
    「今までに食べたことが無いような
    最高のイケるチョコ、でっすか?
    はい! お任せ下さいまっせ♪」
    「発酵、焙煎したカカオマスに
    砂糖、ココアバター、粉乳。
    それから、魔物を粉末状にした……」
    「はい? なんでっすか?
    そうです! 魔物を粉末状に……
    入れちゃダメでっすか?」
    「それなら、こちらのトカゲの……」
    「はい? あ、大丈夫でっす♪
    決してビィではありませんでっす!」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 23:15:30
  • レア カイラナ 2年目
    「(団長)〜!
    はい、これ
    バレンタインのチョコレート!」
    「まぁ、地元にいた頃は
    あんまりこういう行事って
    興味なかったんだよね。」
    「だって、ずーっと海にいたし!」
    「でも、この騎空艇に来て
    (団長)達をそばで見てから
    イベント事に一生懸命なんだもん。」
    「な〜んか、私も
    張り切りたくなっちゃったんだよね!」
    「というわけで、私が張り切って
    作った渾身のバレンタインチョコ!
    味わって食べるようにー!」
    「感想は、『おいしい』以外
    受け付けませ〜ん♪」
    ラズベリーチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 23:25:55
  • レア カルテイラ 3年目 SRも同様
    「(団長)はん、
    チョコあげよかぁ?」
    「あー、ええねんええねん。
    お金なんてとらへんて。」
    「白状するとな、売れ残りや。
    今日またいでしもたら
    価値なんてほぼゼロやしな。」
    「せやから、ふたりで
    全部食べてまおと思てんや。」
    「ウチら相場師の言葉でな、
    「損切り」って言うんやで〜」
    「せやからほら、遠慮しぃな。
    じゃんじゃん食べたってや。」
    「ん〜、それとも何かぁ?
    商人のタダは怖いって言ったん
    まだ気にしとるんかぁ?」
    「にしししし……
    それはそれで期待してしまうねんなぁ。」
    「って、何でもあらへん!?
    ええから食べよ、
    ほら、(団長)はん、あ〜ん……」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 23:41:13
  • レア カルバ 3年目 SRも同様
    「(団長)、
    はい、チョコレート!」
    「ニヤニヤしてどうしたのかって?
    それは……
    へへへ、気になる?」
    「いいからいいから!
    その12粒のチョコからひとつ
    選んで食べてみて?」
    「……美味しい?
    おー! セーフ!」
    「へへへ、実はね……
    1個だけハズレのアブい罠チョコに
    なってるんだよね〜」
    「その中のひとつは……おおっと!
    これ以上は秘密!
    引っかかってからのお楽しみだぜ!」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-19 (月) 23:50:09
  • レア クムユ(火) 他verも同様
    「(団長)さんっ!
    今、いいですかっ!?」
    「こ、これっ!
    これ受け取って欲しいです!
    クムユ謹製チョコレート、です!」
    「ほ、ほら! 去年!
    去年約束したですから!」
    「去年のやつよりは、
    上手くできてると思うです!」
    「……あ。」
    「う、うう〜! そ、そうですよっ!
    きょ、去年も実は、
    作ったヤツだったですよ!」
    「ううう、いいから早く
    受け取りやがれです〜!」
    「(団長)さんのことなんか、
    だ、だ、……
    大好きですコンニャロー!!」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 00:01:33
  • SR クラウディア 3年目
    「どうぞ。例によって義理チョコで
    ございます。一ヶ月後のことを
    その心に留めて頂き……」
    「うん? 高級なチョコに見える、
    でございますか?」
    「失礼、そちらはルリアお嬢様用でした。
    ……貴方には、この素朴な板チョコを。」
    「もしも誰にも本命を貰えず心が折れたら、
    そのチョコを折ってみると良いでしょう。
    多少は気が晴れるかと……」
    板チョコ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 00:10:14
  • SR ドロシー 3年目
    「ご主人様、ご主人様☆
    今年もチョコを作ってきました!
    食感しっとり、愛情たっぷりですよ♪」
    「あとチョコクッキーと
    チョコケーキ、チョコムースなども
    作ってみました☆」
    「そうそう!
    本日のティータイムは、
    チョコラテで宜しかったですよね?」
    「えっ、チョコばっかり?
    すみません、言われてみると確かに……」
    「ちょこっと、作り過ぎちゃいましたね☆」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 00:16:56
  • SSR サーヴァンツ
    ドロシー
    「どうぞ、ご主人様☆
    ふたりで心を込めて作ったチョコです。
    実は特別な材料を使ってるんですよ!」
    ドロシー
    「まずは、胸いっぱい愛情と……☆」
    クラウディア
    「艇に乗せて頂いている義理と……」
    ドロシー
    「ご主人様のこと、
    もっと知りたいなっていう期待と……☆」
    クラウディア
    「一ヶ月後には、
    倍になって返って来るだろう
    下心と……」
    ドロシー
    「もう、クラウディア!
    なんでそういうこと言うかなぁ!?」
    クラウディア
    「事実だから?」
    クラウディア
    「さてルリアお嬢様に特注品を渡さねば。
    ……ふひひ。」
    ミルクチョコケーキ入手 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 00:26:07
  • SSレア シャノワール #2
    「フフフ……
    今年も変装は完璧だ。」
    「去年はうっかり(団長)の策に
    嵌まってしまったが、今回は絶対に
    (団長)の方から見つけてもらう!」
    「ん? この花びらは……!」
    「……倉庫の方から来ているようだ。
    行ってみるとしよう。」
    「さて……私はここだ。
    私の名を騙る悪党よ、
    姿を見せたまえ。」
    「……ん、(団長)か?」
    「フッ……なるほど。
    また私は君の策に嵌まってしまった
    ということか。」
    「見事だ。あの珍種のバラを
    よくぞ特定し、入手した。
    さすがの洞察力と探索力だ。」
    「フフフ……チョコをくれるのかい?
    では、敬意を表して
    ありがたく頂いておこう。」
    「だが、もうこの手には引っかからない。
    次こそは君の方から来てもらおう。
    さらばだ!」 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 04:22:06
  • バウタオーダ(SSRver) Sレア版と同じ
    バザラガ(土属性) 通常版と同じ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 05:06:29
  • SSレア アンスリア #2
    アンスリア
    「うーん、手作りは去年したし、
    今年は渡し方に工夫を……
    でも、本当にこんな渡し方……するの?」
    「この渡し方をすれば、
    夢中になるって
    本には書いてあったけど……」
    「ううっ、そ、そうね。
    (団長)を
    夢中にさせるためだもの!」
    「あのね、(団長)。
    バレンタインのプレゼントを
    用意したの。受け取ってくれる?」
    「ふふっ、チョコじゃないわよ。
    プレゼントは……わ・た・し♪」
    「好きなように私を食べて……
    (団長)……」
    「…………」
    (団長)
    「…………」
    アンスリア
    「……っ!!
    う、うそうそ! 冗談!」
    「あ、あの、後で
    チョコレートを渡すから
    今のは忘れてっ!」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 05:14:02
  • SSレア キャタピラとヴィーラ #1
    ※始まると同時に妄想に入る演出有り
    カタリナ
    「(これほどまでに緊張を覚えた
    バレンタインがあっただろうか……)」
    ローアイン
    「キャタリナさんッ!
    すんません、遅くなっちまって。
    それで、幼児ってなんすか?」
    カタリナ
    「あ、いや……その……
    大した幼児ではないんだが……
    あの……」
    ローアイン
    「そうなんすか? てっきり俺、
    キャタリナさんからバレンタインの
    チョコを貰えると思ってたんすけど……」
    カタリナ
    「なっ!? なぜそれを……!?
    (秘密にしていたはずなんだが……)」
    ローアイン
    「俺がどんだけキャタリナさんの事
    みてっか知んねーの?」
    カタリナ
    「え……!?」
    ローアイン
    「惚れてる女のことなら
    なんでもお見通しだっつの。
    そのチョコ、くれよ。俺用だろ?」
    カタリナ
    「ロ、ローアイン……
    不格好だが……
    良ければ貰ってくれ……」
    エルセム・トモイ
    「イッツァラァァァァヴ!!!」

    ラズベリーチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 05:28:57
  • SSレア オリヴィエ #1
    「ハッピーバレンタイン、
    (団長)殿。」
    「これを、君に。
    チョコレートと言うのだったか、
    とにかく菓子だ。」
    「ふふ、ルリアから聞いたよ。
    今日は親しく思う相手に
    贈り物をする日だと。」
    「贈り物など、生まれて初めてする……
    ような気がするな。」
    「私の初めて、是非受け取ってくれ。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 05:35:40
  • SSレア カリオストロ(闇属性)はその他のカリオストロとメッセージは同じでしたが、なぜか特別イラストではありませんでした。 -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 05:58:43
  • SSレア ケルベロス #2
    ミミ
    「ガルルル! お前ぇぇぇ!
    まだ去年のバレンタインのお返しが
    足りてないわんよ!」
    ココ
    「グルルル! 300万倍からの
    600万倍って言ったはずわん!
    達成するまでチョコはおあずけわん!」
    ケルベロス
    「もー……マスターいじめちゃダーメ♪
    かわいそうじゃない。
    ねー? よしよし♪」
    ミミ
    「キャウン!?
    ちょっと待つわん! 話と違うわん!」
    ココ
    「そうわん!
    コイツのハラワタ引きずり出してでも
    お返し回収するって言ってたわん!」
    ケルベロス
    「マスターにそんな事しないわよ♪
    じゃあ今年のチョコあ・げ・る♪」
    ミミ
    「な、なんか納得いかないわん!」
    ココ
    「そうわん! 甘やかすなわん!」
    ケルベロス
    「だってぇ……もっと一緒に楽しく
    お散歩したいじゃない? ねえ?
    うふふ♪ はい、あーん♪」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:11:10
  • SSレア コルワ #2
    「ん?
    なぁに、匿って欲しいの?
    モテる団長さんは辛いわね〜」
    「ふふっ、冗談冗談。
    はいはい、頬を膨らませないの!
    つついちゃうわよ?」
    「はい、チョコレート。
    美味しいお店のを選んでおいたわ、
    大事に食べてちょうだいよ?」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:15:22
  • SSレア ジュリエット #2
    「(団長)さん、
    チョコレートを作ってきたので、
    召し上がってくださいな。」
    「今年のチョコレートは去年と一味
    違いますのよ。腕利きのコックと
    一緒に作りましたから。」
    「折角お渡しするなら、
    美味しいものにしたい……
    私なりの真心です。」
    「民と話していて感じるのです……
    思うだけでは伝わらないと。ですから、
    心を伝える術にも拘ってみました。」
    「え? そういう心遣いこそが真心?
    まぁ、そんな優しい言葉を
    かけてくださるなんて!」
    「私の方が真心を受け取った気がします。
    (団長)さん、
    ありがとうございます。」

    ミックスチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:25:46
  • SSレア スカーサハ #1
    「世話になった相手、
    意中の相手に
    チョコレートを渡す……か。」
    「何故チョコレートなのだろうな。
    いや、吾も嫌いではないから
    構いはしないが……」
    「ヒトの子もいろいろと
    変わったことを考えるものだ。」
    「まぁ、理由の如何を問わず
    楽しめるのならば良かろう。
    ……そら、(団長)。受け取れ。」
    「吾からの日頃の礼よ。
    ふふん、真龍からの賜りもの、
    味わって食すが良い。」

    ラズベリーチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:32:11
  • SSレア ナルメア(闇属性)に特別イラストがありました。(他バージョンは不明) -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:46:47
  • SSレア ネモネ #2
    「んー……ヴァレンタインさん……
    会いたいなぁ……」
    「おや!? 知らないのかい!?
    かの有名なヴァレンタインさんを!」
    「世界で初めて手作りのチョコをねー
    大好きな人に渡した偉人さんなんだー!」
    「ヴァレンタインさんがやったみたいに、
    チョコを食べさせあうと
    二人は幸せになれるんだって♪」
    「まぁ、作り話なんだけどね?
    そんな人は多分いないよ〜♪
    にひひっ♪」
    「まーそんなことは置いといてっ!
    ネモ姉特性のチョコレート〜♪
    一緒に食べよ〜!」
    「幸せになれるとい〜ね〜♪
    にゃふふふ♪」

    ラズベリーチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 06:55:06
  • SSレア メリッサベル #2
    「(団長)、あのね、今年もね、
    パンケーキを焼いたの。」
    「とうもろこしって万能なんだよ。
    ケーキもできるし、ご飯もつくれるし
    そのまま食べてももちろんおいしい。」
    「(団長)も、これ食べて
    ぱわーまっくすになって
    明日も元気でがんばれますように。」
    「えと……君にはとってもお世話に
    なっているから、ほんとうは
    君が好きなものを贈りたいんだけど……」
    「私が得意なお菓子は
    とうもろこしのパンケーキだし、
    特別な日に失敗したくなくて……」
    「あ、気に入ってくれてたの?
    そうなんだ。よかったぁ……
    へへ、嬉しい……!」
    「えっと、たくさん焼いたから
    もっと食べるかな?」
    「ふふ、そんなちょっとじゃ
    おなかいっぱいにならないもんね。」

    ふっくらパンケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 07:08:18
  • SSレア ユグドラシル #1
    ユグドラシル
    「――――」

    一体、誰が教えたのだろうか――

    昼食を済ませて部屋へ戻ろうとすると、
    ドアの前にユグドラシルが立っていた。

    もちろん、その手には、甘くて淡い
    乙女の期待が握りしめられていた。

    ユグドラシル
    「――――」

    なんの屈託もない、無垢な微笑みを
    見つめながら(団長)は想う。

    そもそも、この贈り物の意味を
    彼女は理解しているのだろうか。

    だが、(団長)は
    そんな野暮など口にはしない。

    ただ、笑顔でそれを受け取って
    こう答えるだけだった。

    ありがとう――

    ユグドラシル
    「――――!」

    嬉しそうに笑うユグドラシルを見ながら
    やはり、それで正解だったのだと
    (団長)は胸をなで下ろした。

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 07:20:21
  • SSレア ラスティナ #1
    「(団長)。
    今、少しいいだろうか。」
    「実はチョコレートを作ったんだ。
    だから、受け取ってもらえないか?」
    「今日はバレンタイン……
    チョコレートを世話になっている人に
    贈る日だろう。」
    「(団長)には
    それなりに世話になっている。
    だからな……。」
    「しかし、初めてチョコレートを
    作ったのだが、
    中々に難しいものなのだな。」
    「何度も失敗してしまった。」
    「ん? 失敗作はどうしたって?
    安心しろ。
    全て部下やビィ達に食べてもらった。」
    「皆、味はいいと言ってくれたんだ。
    だから、安心して食べてくれ。」

    #2
    「(団長)。
    今年もチョコレートを作ったんだ。
    受け取ってくれないか?」
    「去年と違い、
    今年のチョコは自信作だぞ!」
    「なんせ何度も
    試行錯誤を繰り返した上で、
    作り上げたのだからな。」
    「ん、失敗作か?
    無論、部下たちに
    たべてもらったぞ。」
    「贖罪を無駄にするわけには
    いかないからな。」
    「皆、涙を流しながら
    「これ以上のチョコはない!」
    と言ってくれたんだ。」
    「だから、安心して食べてくれ。」

    ミックスチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 07:31:38
  • SSレア レナ #2
    「あらあらまあまあ(団長)さん、
    私に会いに来てくれたのねぇ。
    嬉しいわぁ。」
    「ふふ。実は、
    来てくれるんじゃないかって思って、
    お花をいっぱい咲かせて待ってたのよ〜」
    「はい、どうぞ。お花の香りの中で、
    一緒にお茶を飲んで、
    お菓子を食べましょう。」
    「うふふ……幸せねえ。」
    「思わずお祈りしちゃうわぁ。
    こんな穏やかで幸せな時間が、
    ず〜っと続きますように……」

    ミックスチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-20 (火) 07:38:39
  • SR ヴィーラ #3 SSRも同様
    「ねぇ、(団長)さん……
    私は貴方をとても大切に思っています。」
    「自身の属する騎空団の団長として……
    いいえ、
    それ以上の感情を貴方には抱いている。」
    「そう……言うなれば戦友として……
    かけがえのない戦友として、
    貴方を思っているんです。」
    「−−はい、というわけで、
    今年もこの季節がやって参りました。」
    「もちろん、報酬の用意はありますし、
    今年も私とお姉様のチョコ作りに、
    味見係として協力して頂けますね?」
    「まさか、(団長)さんは、
    大切な戦友を置いて、
    逃げたりなんてしませんよね……?」

    ラズベリーチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 22:21:30
  • SR イオ #3
    「はい、これ……(団長)にあげる。」
    「な、なによ!
    チョコ一つで、そんなに喜ぶ?」
    「そんなに素直に喜ばれちゃうと
    なんだかこっちが、
    照れくさくなっちゃうじゃない……」
    「顔が赤い? お、大きなお世話よ!
    もぉ……(団長)ったら、
    デリカシーがないんだから……」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 22:40:44
  • SR カタリナ #3
    「手作りチョコを考えていたんだが、
    どうも台所が込みあっていてな……」
    「既製品のチョコだが、
    人気のあるものだそうだ。
    受け取ってくれ。」
    「どうしたんだ?
    そんなにもホッとした顔をして……」
    「いや……そうじゃないな……
    もしかして、照れているのか?」
    「その……なんというべきか……
    (団長)にそんな顔をされると、
    私まで照れくさくなるじゃないか。」
    「長い間一緒に旅をしているのに、
    不思議なものだな……ははっ。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 22:48:14
  • SR ロゼッタ #3
    「(団長)さん、見ーつけた。
    今日は女の子から引っぱりだこで、
    とっても忙しいみたいね。」
    「となると……
    アタシがチョコをあげても
    ありがたみがないわよね。うーん……」
    「あら? それでも欲しいの?
    どうしようかしら……
    他の誰かにあげても――」
    「ふふ、冗談よ、冗談。
    (団長)のために
    用意したチョコだもの。」
    「はい、ハッピーバレンタイン。
    味わって食べて頂戴ね。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 22:54:55
  • ルリアの特別イラストは初期版、SR版どちらにもあります。 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 22:56:19
  • SR ダヌア #3
    ヘンゼル
    「(団長)、ちょっといいか?
    ダヌアから渡したいものがあるそうだ。
    さぁ、ダヌア。」
    ダヌア
    「(団長)……」
    ダヌア
    「あーん……」
    ヘンゼル
    「今年のプレゼントも手作りだ。
    味わって食べてほしい。」
    グレーテル
    「それからもうひとつ、ダヌアは
    とっておきの気持ちを伝えたいそうダゼ!」
    ダヌア
    「きゃふふ……
    (団長)………………ちゅ……」
    ダヌアは口づけをした自分の指先を
    (団長)に向けて
    フゥと息をかけた。
    ヘンゼル
    「投げキスというのだそうだ。
    ダヌア、練習した甲斐があったな。」
    グレーテル
    「ハハハ!
    (団長)、今日は特別だゾ!
    ありがたく受け取れヨ!」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 23:09:26
  • SR フェリ #3
    「……(団長)、
    その……今年もチョコを作ったんだ。
    受け取ってくれないか?」
    「ありがとう。
    それと……今年のチョコは
    私一人で作ってみたんだ。」
    「だから、その……
    もしかしたら、去年よりも
    美味しくないかもしれない。」
    「え、どうして、一人でって……
    その……私なりに(団長)への
    感謝をこめたかったんだ。」
    「え、心が籠ってて嬉しい?」
    「ありがとう。
    そう言ってもらえると助かる。」
    「さて、それじゃ、私は行くな。
    ペット達にもプレゼントを
    あげないといけないからな。」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 23:22:08
  • SSR カリオストロ #3
    ※SR版にも特別イラストあり
    「ふふっ、(団長)さん、
    今日はバレンタインデーだよっ☆」
    「カリオストロね、
    (団長)さんのために
    特別なチョコを作ったんだ☆」
    「受け取って……くれる?」
    「ありがとう☆ ね、(団長)さん。
    カリオストロのあまーいチョコ、
    食べてみてっ☆」
    「そうそう、よーく味わって……
    うんっ☆
    ちゃーんと食べたねっ☆」
    「よし……それで、どうだ?
    身体に変化はあるか?」
    「身体が熱くなったりとか、
    動悸が激しくなったりとか……」
    「そうか……
    ちっ、まだ改良が必要だな。」
    「ううん、なんでもないよっ☆」
    「ねぇ、(団長)さん、
    来年のカリオストロのチョコも
    楽しみにしててね☆」
    「今年より、もーっとすごいチョコ、
    プレゼントしちゃうからっ☆」

    ミックスチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 23:36:51
  • SSR シャルロッテ #3
    ※イベントberも特別イラストあり。
    「これはよいところへ、(団長)殿!
    今日はバレンタインであります!
    だから、これを受け取るであります!」
    「昨年、チョコレート作りが大変
    上手くいったこともあり、
    今年も手作りしたであります!」
    「ふふん。
    去年に負けず劣らず、
    良い出来でありますよ。」
    「(団長)殿に喜んで貰えると
    なんといいますか、
    心が穏やかになるであります。」
    「相手のことを想い心を尽くすという事は
    善い行いでありますね。これからも、
    大事にしていきたいであります。」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 23:49:16
  • SR グレア
    「アンと一緒に……
    あなたが喜びそうな
    チョコレート作ったんだ。」
    「口に合わないかも……
    ……それでも嬉しい?」
    「……ありがとう。
    私も嬉しいよ。」
    「(団長)さん、
    いつも、本当にありがとう。」

    ラズベリーチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-20 (火) 23:55:23
  • SSR サーヴァンツ ドロシー&クラウディア
    「どうぞ、ご主人様☆
    ふたりで心を込めて作ったちょこです。
    実は特別な材料を使ってるんですよ!」
    「まずは、胸いっぱい愛情と……☆」
    「艇に乗せて頂いている義理と……」
    「ご主人様のこと、
    もっと知りたいなっていう期待と……☆」
    「一ヶ月後には、
    倍になって返ってくるだろう
    下心と……」
    「もう、クラウディア!
    なんでそういうこと言うかなぁ!?」
    「事実だから?」
    「さてルリアお嬢様に特注品を渡さねば。
    ……ふひひ。」 -- {WsJJc5YjY3M} 2018-02-21 (水) 02:18:08
  • SR ラムレッダ 水verも同様
    「はっぴぃ〜ばれんらいん……」
    「ふぎゃあっっ!!!」
    「(団長)きゅん、
    ちょーどいいとこれ……
    受け止めてくれれぇ、ありがろにゃ〜」
    「チョコつくっらにゃ〜
    感謝の印にぃ、あげるにゃ〜!」
    「んにゃ? なに鼻つまんれんの?」
    「ふえぇ、あらし酒くしゃい?
    ごめんにゃ……」
    「チョコわらすの、緊張する……
    つい、お酒に頼ってしまったにゃ。」
    「ごめんれ〜
    酔いを醒ましてまた渡しにくるにゃ。」
    「ダメなお姉ちゃんらけど……
    チョコ、受け取ってくれるにゃ?」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 00:16:45
  • SR アステール #3
    「(団長)さん、
    ハッピーバレンタイン、なのです!」
    「今年は、ばっちりお菓子作りの
    準備をして、本番も成功したのです!」
    「ですけど、そのぅ……
    少々、作りすぎてしまって……」
    「(団長)さんの味の好みを
    考えながら作っていたら、
    いつのまにやら……」
    「た、たくさんあるのですが?
    大丈夫でしょうか?」
    「ほっ……よかったのです!
    えへへ……」
    「(団長)さん、いつも
    ありがとうございます、なのです!」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 10:25:00
  • SR アビー #2
    アビー
    「ふんふ〜ん♪
    (団長)! (団長)!
    今年のチョコは特別製だよーっ!」
    「取れたてのカカオの実を
    たっぷり使ってみたんだ!」
    「(団長)、食べて、食べてっ!
    ねぇねぇ、どーお?」
    「あははは!
    やっぱり苦かった?
    でも身体にいいんだって!」
    「あ、そうそう!
    ムンちゃんには、後でカカオの実を
    丸ごとあげるからね!」
    ムンちゃん
    「ムンムン……
    (実だけって、
    せめて加工してくれよ……)」

    ラズベリーチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 10:33:01
  • SR アルシャ #2
    「(団長)さん!
    これ、よろしければ
    受け取ってください!」
    「チョコレートのお菓子、
    今年も手作りしたんです。」
    「去年より美味しく作りたくて、
    色んな本を読んだんですけど……」
    「やっぱり実際にやってみると
    難しくて……上手にできているか……」
    「でも、私の気持ちはたくさん
    こもっていると思います!」
    「食べてもらえたら、
    嬉しいです……ふふ。」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 10:42:00
  • SR アルメイダ #2
    「な、なあ、(団長)……
    今年もやるよ、その、ほら。
    女子としての礼儀的なアレだ。」
    「「アレって何」って……
    わ、わかるだろ、そんなもん。
    どうせ貰い慣れてんだろうし。」
    「「わからない」?
    だ、だったら箱を開ければいいだろ!
    なんであたいに言わそうとすんだよ!?」
    「あぁもう、セクハラだ〜! 覚悟しろ、
    はれんち罪で訴えてやる! 女に
    チョコって言わそうとした重罪だぞ!」

    ラズベリーチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 10:49:42
  • SR アンジェ #2
    「実は……
    バレンタインはちょっと苦手なんだ。」
    「だってレディのために
    あるような日だろう?」
    「でもそんな事にこだわって
    (団長)に感謝を伝えるチャンスを
    みすみす逃したくはないし……」
    「だから、これ……」
    「女の子としてじゃなく、僕からの
    (団長)への感謝の気持ちとして
    受け取ってくれるかい?」

    ミルクチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 10:56:53
  • SSRヴァジラからはラズベリーチョコケーキ貰いました。 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 11:00:46
  • SSR ランスロット #3
    「ふぅ……やはり鍛錬は楽しいな。
    休憩が終わったら、
    次は何をする?」
    「ん? チョコを持ってきたのか?
    差し入れなんて気が利くな。」
    「……え? ……あ、そうか。
    今日はバレンタインデーか。
    すっかり忘れていたな……」
    「ありがとう。今年も
    貰えるなんて本当に嬉しいよ!」
    「はむっ……美味い!
    柑橘系のいい香りがするな。
    運動した後にピッタリだ。」
    「こんなに優しさのこもった
    チョコを直々に貰えるなんて。
    俺は王都一番の果報者だよ。」
    「さて、そろそろ鍛錬を再開するか……」
    「(団長)?
    顔が赤いけど、大丈夫か?
    鍛錬で無理しすぎたか?」
    「ならもう少し、ここでゆっくり
    話をしていようか。」

    SR イベントver
    看守
    「…………」
    ランスロット
    「ん? 差し入れ……
    差出人は(団長)か。」
    「中身はチョコ……? あ、そうか。
    バレンタインの時期か。
    また一年をここで過ごしたんだな……」
    「はむ……ふふっ、美味しい。
    もう一つ、はむ……もぐもぐ……」
    (ん? 箱の底に何か
    書いてあるぞ?)
    「これは……脱出経路!?
    (団長)、俺の為にそんな
    危険を冒さなくてもいいのに。」
    「もぐもぐ……うん、ごちそうさま。
    さて、美味しかったって
    手紙を出さないと。」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 11:22:20
  • ロザミア3年目 ※()内は青文字
    ……これ。あげるわ。
    (団長)に。

    (ルリアに渡すものの余りで、
    ささっと作ったものだけれど。)

    ふう……今年は凝りすぎた……
    まさか夜通しかかって
    しまうなんて……ハッ!

    これは違うの……
    特別な意味はなくて、
    ただ、日頃の感謝をこめて……

    ………ッ!

    (そう。特別な意味はないわ。
    ……ただ、世話になっている
    のは事実だもの。)

    くっ……! 思わず、らしくない事を
    口走ってしまった……!
    こんなはずじゃ……!

    ……!
    ……今日は疲労が溜まっているみたい。
    部屋に戻るわ。それじゃ。

     ----(キャラの表示が消え、去っていく足音) -- {lx3ildH4Qig} 2018-02-22 (木) 15:45:12
    • ミルクチョコケーキ貰えました。 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 18:48:47
  • 訂正 ロザミア3年目 主人公名部分の音声は(あなた)でした。 -- {lx3ildH4Qig} 2018-02-22 (木) 15:47:08
  • Sレア ガイーヌ #2
    「今日はバレンタインですわね。」
    「女性が男性にチョコを贈る日と、
    昨年お伺いしましたが……」
    「私からは、チョコの代わりに
    剣舞をプレゼントしますわ!」
    「……という訳にも参りませんわよね。
    ふふ、冗談ですわ。」
    「そんな顔をなさらなくとも、
    昨年同様、手作りのものを
    用意しておりますの。」
    「え? 昨年はバレンタインを
    知らなかったはず、ですって?」
    「……過ぎたことを蒸し返すのは、
    よくないのではないかしら?」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 16:53:13
  • Sレア セン #2
    「(団長)さん、これ‥‥」
    「あの、今日はバレンタインなので!
    その……!」
    「……今年は手作りなんです。
    ルリアちゃんと一緒に
    がんばって……」
    「喜んでもらえたら、
    嬉しいです、……にゃ。」

    ラズベリーチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 17:14:57
  • Sレア ゾーイ(イベントver) #1
    「えっと……はっぴー……
    む……何の日だ、今日は……」
    「昨日、
    ルリアに作った方がいいと言われて
    チョコを作ってきたのだが……」
    「なぁ、このチョコはなにを意味する?」
    「……なるほど。そうか。
    大切な者にチョコを渡す日……か。
    ははっ、ルリアの言ったとおりだ。」

    #2
    「愛だ。」
    「ふふ、知っているぞ。
    今日は大切な者に愛を込めて
    チョコを渡す日なのだろう。」
    「だから今年はルリアにもビィにも、
    団員のみんなにも、
    たくさんの愛を込めて渡してきた。」
    「だけど、変なんだ。
    (団長)。」
    「キミにも同じように、
    チョコを渡そうとすると
    妙に、顔が火照るんだ……」
    「……ふふ、まったく、
    キミと一緒にいると
    おかしなことばかり起きる。」
    「受け取ってくれ、
    (団長)。
    これはキミへの愛だ。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 17:27:10
  • Sレア マイム #2
    「(団長)!
    日頃、世話になっている礼だ!
    受け取ってくれ!!」
    「そ、その、これはあの……あれだ!
    いつも団をまとめる団長に、
    副団長として、感謝の気持ちだ!!」
    「例の如く、た、他意はないぞ!
    他意は!!」
    「べ、別に
    バレンタインだからといって――」
    「へ……?
    う、嬉しいか。
    そうか……」
    「それは、こちらこそだ……」
    「えっと……
    そんなに気に入って貰えたのなら、
    ら、来年も、作ってこよう……」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 17:41:49
  • Sレア マキラ #2 (1が同じだったのでSSRと同じと思われます)
    「(団長)君。
    どぞ、チョコサブレMARK兇任后」
    「真心を込めて計測器を改良して、
    丁寧に丁寧に調整を繰り返したんです。
    あと、装飾にも凝ってみまして……」
    「ん?
    そですよ、焼き菓子装置の話です。
    サブレの出来は去年と一緒ですね。」
    「では、どぞどぞ。
    今、お茶を用意してきますね。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 17:49:22
  • Sレア ミムルメモル&切り株 #2
    ミムルメモル
    「チョコをやる……
    溶かしてムースを作って、食わせろ……」
    切り株
    「かたじけねェ。お嬢は
    チョコを噛む気力もねェんだ……
    ふわふわで濃厚なヤツを頼む。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 18:06:08
  • Sレア ヴェトル #2
    「(団長)さん、
    (団長)さん……
    うん、こっちに来て。」
    「あのね……
    (団長)さんに、渡したいの。」
    「バレンタインのチョコレート。
    ……とっても甘い、チョコレート。」
    「どうして、とっても甘いのかって?
    ……だって(団長)さんのこと、
    大好きって気持ちを込めたから。」
    「大好きって、不思議。」
    「(団長)さんのこと
    考えてるだけで、
    なんだか幸せな気分になるの。」
    「……(団長)さんが、私のこと
    お友達って、仲間だって
    言ってくれたから……」
    「だから、こんな気持になれるの。
    ……ちょっとでも、お返ししたい。
    チョコレート、美味しく食べてね。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 18:14:12
  • Sレア ラグナ #2
    「心癒される甘いチョコッレートも
    素晴らしいものだ。」
    「しかし今回は、
    また違ったアプローチを
    してみようと思ったんだ。」
    「今回は、
    ダークチョコレートという、
    特殊なものを使用してみた。」
    「病気の予防や疲労回復など、
    様々な効能があり、
    身体にとても良いと聞く。」
    「だが、これはとても苦い。
    苦くて思わず顔をしかめてしまう。
    そこで……」
    「私特製のホットミルクだ。
    これを一緒に飲むといい。
    苦味が和らぐはずだ。」
    「よく味わってくれ。
    どちらも私の想いがこめてある。」
    「ふふ……いつも世話になってるな。
    ありがとう、(団長)。」

    ミルクチョコケーキ -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 18:23:53
    • 一行目訂正 ☓チョコッレート ○チョコレート -- {rRizPuhOqCg} 2018-02-22 (木) 19:43:25
  • SR エリン #2
    「(団長)。
    今年もチョコレートを用意したの。
    受け取ってくれるかしら?」
    「ええ、今年はチョコレートで
    細工を作ってみたの。」
    「去年と同じものを送るだけじゃ
    感謝の気持ちが
    伝わらないと思ったから。」
    「別に難しくはなかったわ。
    氷細工を作るのと
    ほとんど同じだったもの。」
    「ふふっ、どうかしら?
    自分ではうまくできたと
    思うんだけど……」

    ミックスチョコケーキ -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 19:18:31
  • SR ミムルメモル #3
    「板チョコをやる。
    本命を貰えなかったヤツの
    心の隙間に、ピッタリのサイズ感だ。」

    板チョコ

    ハロウィンver
    ミムルメモル
    「ん〜……?
    ここにもない、どこにいった?
    義理に塗れたチョコがないぞ。」
    パンプキン
    「ご、ごめんなさい……! 口の中に
    あったから飲み込んじゃって……
    切り株センパイに怒られる〜!」 -- {YDnzUx.birY} 2018-02-22 (木) 19:29:12
  • SSRイルザの台詞で、「私は年上でも年下でも一向に構わないが。」となっていましたが、正しくは「私は相手が年下でも一向に構わないが。」です -- {3oww924pcYg} 2018-02-22 (木) 21:00:17
  • SSR ハレゼナ #2
    「好き好き大好き超ラブリィな
    (団長)のために〜!
    あっまーいチョコ、作ってきたぜぇ!」
    「でも作ってたらボクも
    食べたくなってきてよぉー……
    その、ボクの分も作ってきたんだァ!」
    「だからさ、その……えっと……
    食べさせっこ……しない……?
    (団長)……えへへ……」
    ラズベリーチョコケーキ -- {ZmCA7wfhUxo} 2018-02-22 (木) 21:18:58

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-22 (木) 21:18:58